New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型フォレスター】2020年10月22日「1.8Lターボ」C型マイチェン日本発表!最新情報、サイズ/燃費、価格は?

f:id:carislife:20191126124635j:plain

スバルが、ミドルクラスSUV「フォレスター」の改良発売を予定しています。

 

改良により性能をアップする新型フォレスターについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新世代1.8Lターボ!スバル「新型フォレスター」改良!

f:id:carislife:20191126124748j:plain

スバルが、SUV「フォレスター」の改良発売を予定しています。 

 

スバル・フォレスターは、「シンメトリカルAWD」の走りを本格SUVスタイルで楽しむことができるモデルとして人気になり、「世界で一番売れているスバル車」になっています。

  

C型となる新型フォレスターの改良では、これまでベースモデルとしてラインナップしていた2.5Lガソリンエンジンを廃止し、新たに新世代の「レヴォーグ」にあわせて開発した最大熱効率40%超を達成する新開発1.8Lリーンバーンエンジンを搭載します。

  

新型フォレスターの販売スケジュールは、前モデルの2.5Lエンジンが2020年7月20日にオーダーをストップし、改良モデルは2020年10月22日の発表が予定されています。

 

▼スバル・レヴォーグ

【新型レヴォーグ】「310.2万円から!」2020年10月15日発表&11月26日発売フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、価格は?

▼スバルXV

【スバル新型XV】「E型」マイナーチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

▼スバル・レガシィアウトバック

【スバル新型レガシィアウトバック最新情報】フルモデルチェンジ!発売日や燃費、価格は?

   

スバル新型フォレスターの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スバル新型フォレスターの変更点

  • 2.5Lエンジンを廃止し、最大熱効率40%超を達成した1.8Lリーンバーンエンジンを搭載
  • ハイブリッド「e-BOXER」搭載グレードを拡大

▽2020年1月の変更点

  • 特別仕様車「フォレスターXエディション」を新設定。
    2.5Lエンジン車をベースに、アウトドアレジャーでの使い勝手を高める装備を充実

▽2019年7月B型マイナーチェンジ時の変更点

  • 後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新採用
  • 新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用
  • 「X-BREAK」「Premium」「Touring」グレードのライセンスランプにLEDランプを標準装備

▽2018年6月フルモデルチェンジでの変更点

  • スバルの新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を採用
  • 新世代の外装、内装デザインを使用
  • モーターアシストをメインとした「e-BOXER」を搭載するハイブリッドモデル「Advance」と、2.5Lエンジンを搭載する「Touring」「Premium」「X-BREAK」の4グレードを設定
  • 乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」により、ドライバーの運転状況を認識しサポート 

 

力強く!スバル新型フォレスターの外装(エクステリア)デザインは?

▼新型フォレスターAdvanceの画像

f:id:carislife:20180518113909j:plain

f:id:carislife:20180518113906j:plain

スバル新型フォレスターの外装は、ブランドデザイン「DYNAMIC x SOLID」に基づき、SUVらしい存在感、力強さ、機能性が表現されています。

 

▼新型フォレスターTouringの画像

f:id:carislife:20180518113927j:plain

f:id:carislife:20180518113925j:plain

▼新型フォレスターPremiumの画像 

f:id:carislife:20180518113921j:plain

f:id:carislife:20180518113918j:plain

ボディは逞しさや躍動感、荷室空間や機能性の高さを重視した、モダンなキュービックフォルムに仕上げ。

 

▼新型フォレスターX-BREAKの画像

f:id:carislife:20180518113915j:plain

f:id:carislife:20180518113912j:plain

新型フォレスターX-BREAKは専用のエクステリアアクセントにより、アクティブな印象とされています。

 

f:id:carislife:20180329103027j:plain

f:id:carislife:20180329103024j:plain

f:id:carislife:20180329103030j:plain

f:id:carislife:20180329103032j:plain

エクステリアには随所にアクセントカラーやハイグロスブラックを採用し、専用アルミホイールなどによりSUVらしさを強調。

 

その他、サイドシルをドアパネルで覆い、汚れが付着しにくいクリーンサイドシルを採用。

 

リアドア開口部のステップの幅を広げてフラットな形状に変更することで、乗降時をはじめ、ルーフレールに荷物を積んで固定する時や洗車時などの足場としても活用できるようになっています。

  

スバル新型フォレスターを前モデルと比較!

▼スバル・フォレスター(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170725/20170725140242.jpg

スバル新型フォレスターを前モデルと比較すると、人気だったボディスタイルが維持されています。

 

しかし、バンパーデザインはシンプルで引き締まった印象に仕上げることで、搭載される最新パワートレインなどとイメージをあわせ、先進性がアピールされています。

  

スポーツ!スバル新型フォレスターSTI設定へ!

▼スバル新型フォレスターSTIの画像

f:id:carislife:20181226090630j:plain

スバル新型フォレスターは、市販化を予定する「フォレスターSTI」が公開されています。

  

f:id:carislife:20181226090633j:plain

新型フォレスターSTIは、ハイブリッドの「Advance」をベースに、外装に専用色「ファイターグレー」を採用しアルミホイールを19インチ化。

 

さらにbrembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕上げとされます。

 

▼スバル新型フォレスターSTIの専用装備

  • ベースグレード:「Advance」
  • 専用ボディカラー「ファイターグレー」
  • brembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパー
  • 専用ビルシュタイン製フロントストラット(DampMaticRⅡ)&コイルスプリング
  • 専用バンパー&グリル
  • 専用本革シート(ボルドー/ブラック)
  • 専用ボルドーカラーインテリアトリム

  

最新装備!スバル新型フォレスターの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180518114639j:plain

f:id:carislife:20180518114642j:plain

f:id:carislife:20180518114652j:plain

f:id:carislife:20180518114655j:plain

スバル新型フォレスターの内装は、機能的かつ操作性のよい室内レイアウトに仕上げられています。

 

▼スバル新型フォレスターX-BREAK

f:id:carislife:20180518114658j:plain

f:id:carislife:20180518114701j:plain

新型フォレスターX-BREAKには外装と同じく、アクセントカラーを配置。

f:id:carislife:20180329103001j:plain

ナビゲーションには8インチディスプレイを採用し、スマートフォンとの連携を強化。

 

スマートフォンなどの充電に使用できる最大2.1AのUSBポートは、前席に加え後席用にも用意されています。

 

インテリアデザインは、インストゥルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現したほか、ピラー形状の最適化によって死角を減らして視界性能を確保。

 

f:id:carislife:20180329103020j:plain

リアシート空間は、ホイールベース拡大分の30mmすべてを活用することで、前後席間距離はクラストップレベルに。

 

シート形状やクッションの素材も最適化することで、乗車時の疲労も軽減。

 

B型への改良時には、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」が新採用され、機能がアップしています。

 

f:id:carislife:20180329095857j:plain

その他、パーキングブレーキには電動式を採用し、「アイサイト」を使用した停止時にホールドする機能も搭載。

 

f:id:carislife:20180518114957j:plain

f:id:carislife:20180329091626j:plain

f:id:carislife:20180329102951j:plain

ラゲッジスペースは、最大1300mmの荷室開口幅とスクエアな形状を採用して積載性を向上。

 

新型パワーリアゲートにより、駆動ユニットをカーゴスペースに影響しないようにしたほか、開閉スピードを向上。

 

f:id:carislife:20180329095739j:plain

さらに、リアゲートの自動閉操作から車両全体の施錠までを連続して行なうことができる新しいロックシステムが採用されています。

 

新開発!スバル新型フォレスターのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180329103012j:plain

▼スバル新型フォレスターのパワートレインとスペック

  • 【新搭載】
    水平対向4気筒1.8Lターボ
    出力:177ps/30.6kgm
  • グレード:【Advance】
    水平対向4気筒2L「FB20」+「e-BOXER」ハイブリッド
    エンジン出力:145ps/19.2kgm
    モーター出力:13.6ps/6.6kgm
  • トランスミッション:7速マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」
  • 駆動方式:4WD「シンメトリカルAWD」

スバル新型フォレスターには、新開発された1.8Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されます。

 

▼参考:フォレスター2.5Lエンジンのスペック

  • 水平対向4気筒2.5LデュアルAVCS直噴「FB25型」
  • 最高出力:184ps/5800rpm
  • 最大トルク:24.4kgm/4400rpm

これまでフォレスターには、従来型から約90%の部品を刷新して直噴化した2.5Lエンジンが搭載されていましたが、新型フォレスターでは新世代の「レヴォーグ」にあわせて開発された1.8Lターボエンジンを搭載。

 

第4世代となる新開発1.8L BOXERターボエンジンでは、リーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。

 

最大熱効率40%超を達成しながら、大きなトルクによるストレスのない質感高い走りが実現されます。 

 

▼スバルe-BOXERシステム

f:id:carislife:20180426093558j:plain

新型フォレスターではその他、現行モデル発売移行人気になっているハイブリッド「e-BOXER」を搭載する「Advance」グレードをラインナップ。

 

「e-BOXER」システムは13.6ps/6.6kgmの出力を持つモーターによる低速トルクのアップをメインにするハイブリッドシステムとされ、高い動力性能を実現。

 

また、走行システム「X-MODE」や安全システム「アイサイト」との協調制御により、モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能が高められます。

 

改善!スバル新型フォレスターの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スバル新型フォレスターの燃費

  • 1.8Lターボ
    ・WLTCモード:15.0km/L
  • 2Lハイブリッド
    ・JC08モード:18.6km/L
    ・WLTCモード:14.0km/L

スバル新型フォレスターの燃費は、新たに1.8Lターボエンジンが搭載されることで改善します。

 

これまで搭載されていた2.5LエンジンはWLTCモード値で13.2km/Lとされていましたが、最新の1.8Lエンジンでは15km/Lほどが見込まれ、2Lハイブリッドモデル以上の燃費値となります。

 

▼参考:フォレスター2.5Lエンジンの燃費

  • 2.5L自然吸気
    ・JC08モード:14.6km/L
    ・WLTCモード:13.2km/L

 

新世代!スバル新型フォレスターの安全装備は?

▼スバル・ドライバーモニタリングシステム

スバル新型フォレスターの安全装備には、最新の「アイサイト」と乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」が搭載されます。

 

アイサイトは、後退時自動ブレーキにより車両後退時の衝突回避または衝突による被害を軽減するほか、後側方警戒支援システムにより自車の後側方から接近する車両の検知に対応。

 

ステアリング連動ヘッドライトやハイビームアシストにより夜間走行時の視認性がアップされます。

 

f:id:carislife:20180329091629j:plain

乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」は、マルチファンクションディスプレーの上に顔を検知するカメラを設置し、ドライバーの居眠りやわき見運転の検知、注意喚起機能により安全運転をサポート。

 

その他、ドライバーの顔を5人まで登録し認証することで、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整することができるようになっています。

 

「X-MODE」搭載!スバル新型フォレスターの走行システムは?

f:id:carislife:20180329095412j:plain

新型フォレスターの走行システムには、滑りやすい路面などで、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどをコントロールする「X-MODE」が搭載されます。

 

「X-MODE」は制御を最適化することで悪路走破性を向上し、路面状況に合わせて2つのモードを切り替えられるスイッチを設定。

 

また、あわせて装備される「SI-DRIVE」では制御を見直し、スポーティな加速とダイレクトな変速を愉しむことができる「S#モード(スポーツシャープモード)」が設定されます。

 

4WDシステムには、走行状況にあわせ駆動力を最適化するアクティブトルクベクタリングも採用され、より高いコーナリングパフォーマンスを発揮することができるようになります。

  

PHEV!スバル新型フォレスターEVOLTISも計画!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171116/20171116102926.jpg

▼スバル新型フォレスターPHVのエンジンとスペック

  • 水平対向4気筒2L「FA20」+リア電気モーター
    最高出力:300ps/5600rpm
    最大トルク:40.8kgm/2000-4800rpm
  • トランスミッション:マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」
  • 駆動方式:4WD「シンメトリカルモーターAWD」

新型フォレスターには、新世代パワートレインとしてプラグインハイブリッドモデルバージョン「フォレスターEVOLTIS」の設定が予定されています。

 

新型フォレスターPHVは、協力関係にあるトヨタから提供されるハイブリッドシステムに、水平対向エンジンを組み合わせて搭載。

 

電気モーターのみで走行するEV航続距離は60kmほどに設定されるとみられ、日常では電力だけでの走行もできるようになります。

 

新型フォレスターPHVの「シンメトリカルモーターAWD」とは?

新型フォレスターPHVには、コンセプト「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT」で搭載が発表されていた「シンメトリカルモーターAWD」が搭載されます。

 

「シンメトリカルモーターAWD」は、リアタイヤの駆動を電気モーターが行うことで、駆動力をリアに伝達するプロペラシャフトが除去されます。

 

これにより室内空間を広げ、回生エネルギーを使用し走行することで燃費も向上することができるようになります。

 

スバル・フォレスターを試乗動画でチェック!

スバル・フォレスターは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

進化した走行パフォーマンスが評判になっています。

 

 

大きく!スバル新型フォレスターのサイズ、車体設計は?

f:id:carislife:20180329090226j:plain

▼スバル新型フォレスターのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm
    (X-BREAKルーフレール装着車は全高+15mm)
  • ホイールベース:2670mm
  • 最低地上高:220mm
  • ※参考
    ・フォレスター(前モデル)
     全長×全幅×全高:4595×1795×1715mm
     ホイールベース:2640mm
    ・アセント
     全長×全幅×全高:4998×1930×1819mm
     ホイールベース:2890mm

スバル新型フォレスターのボディサイズは、スバルの主力市場になっている米国でサイズアップのニーズが多かったことから、前世代から全長+30mm、全幅+20mmと一回り拡大されています。

 

米国では新しく3列シートSUVであるアセントが用意されたため、その拡大幅は小さめになっていますが、新型フォレスターではこれまでより大きな室内空間が魅力になっています。

 

加えて、ボディサイズを拡大しつつも、最小回転半径は従来型比0.1m増の5.4mに抑えられており、低速域での取り回しのよさと高速域での直進安定性を両立したVGR(Variable Gear Ratio)ステアリングギヤボックスも採用。

 

新型フォレスターではSUVらしい悪路走破性能も重要視され、斜面への乗り上げなどに重要な車体前後対障害物角度(アプローチアングル/ディパーチャーアングル)、丘部分の頂上を越える時の車体下角度(ランプブレークオーバーアングル)も最大限確保されています。

 

アップ!スバル新型フォレスターの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スバル新型フォレスターの価格

  • 1.8Lターボ:295万円~330万円
  • 2L e-BOXER:300万円~330万円

スバル新型フォレスターの価格は、最新パワートレインの採用や装備の充実によりアップします。

 

アップ幅は1.8Lターボモデルで10万円ほどが見込まれ、300万円を切るスタート価格が維持されます。

 

ハイブリッドモデルとなる「e-BOXER」は2.5L自然吸気エンジンの廃止にあわせグレードを拡大し、これまでより選びやすくなります。

 

▼参考:スバル・フォレスター(現行モデル)の価格

  • 【2.5L自然吸気エンジン】
    Touring:2,860,000円
    X-BREAK:2,970,000円
    Premium:3,080,000円
    X-Edition:3,179,000円
  • 【2L + e-BOXER】
    Advance(ドライバーモニタリングシステム標準搭載)
    3,157,000円

 

いつ?スバル新型フォレスターの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

 

C型にマイナーチェンジする新型フォレスターの発表は、2020年10月22日が予定されています。

 

これにあわせ、2.5Lエンジンは2020年7月20日にオーダーがストップされます。

 

スバルは新世代エンジンのラインナップを拡大することにより最新の環境規制に対応し、ユーザーにアピールしていく予定です。

 

スバル・フォレスターを「おさらい」

▼スバル・フォレスター(初代)

98-00 Subaru Forester.jpg

▼スバル・フォレスター(2代目)

2002-2005 Subaru Forester Cross Sports.jpg

スバル・フォレスター(Forester)は、1997年に初代が登場したクロスオーバーSUVです。

 

フォレスターの車名の由来は、英語の「森をはぐくむ者」からとなっており、世界共通で使用されています。

 

インプレッサのワゴンにオフロード装備を搭載した「インプレッサ グラベルEX」の後継モデルとなり、初代と2代目はタフな外観を持つクロスオーバーワゴンのスタイルを採用。

 

WRCに参戦していたインプレッサをイメージするSTIモデルも設定されました。

 

▼スバル・フォレスター(3代目)

2007 Subaru Forester 01.jpg

2007年に登場した3代目からはボディラインが大きく変更され、現行モデル同様のSUVデザインに。

 

▼スバル・フォレスター(4代目)

Subaru Forester 2.0i-L EyeSight X-BREAK SJ5.jpg

2012年に登場した前モデルの4代目では、走行システムに「X-MODE」を新搭載し、ボタンでエンジン・トランスミッション・AWD・VDCの統合制御を行い悪路走破性を高めることができるようになりました。

 

新型フォレスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。