New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型フォレスターF型】「ガイザーブルー&黒内装STIスポーツ設定!」2024年4月11日日本発表!最新情報、サイズ/燃費、価格は?

スバルが、SUV「フォレスター」の改良発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型フォレスターについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新特別仕様車!「新型フォレスターSTI Sport Black Interior Selection」発売!

▼スバル新型フォレスター「STI Sport Black Interior Selection」の画像

スバルが、SUV「フォレスター」の改良発売を発表しました。

 

スバル・フォレスターは、「シンメトリカルAWD」の走りを本格SUVスタイルで楽しむことができるモデルとして人気になっています。

 

改良された新型フォレスターでは、新しい特別仕様車として「フォレスターSTI Sport Black Interior Selection(ブラックインテリアセレクション)」を設定。

 

フォレスターSTIスポーツブラックインテリアセレクションでは、「STI Sport」グレードをベースに、本革シート(ナッパレザー[ブラック/シルバーステッチ])、インパネアッパートリム(シルバーステッチ)、ブラック表皮巻インパネ加飾パネル&フロアコンソールリッド(シルバーステッチ)、ピアノブラック調ピラーカバー(Bピラー&Cピラー)、アイサイトセイフティプラス(視界拡張[フロントビューモニター/スマートリヤビューミラー])を採用し、インテリア全体を質感高く精悍な黒一色でコーディネート。

 

さらに「オフショアブルー・メタリック」が、フォレスターとして初めてSTIスポーツブラックインテリアセレクション専用色に設定されています。

 

その他、新型フォレスターでは、先に特別仕様車として設定されていた「X-EDITION」「XT-EDITION」に専用ボディカラーとして「ガイザーブルー」を設定。

 

カイザーブルーは北米向け「ウィルダネス」モデルで採用されているボディカラーとなり、特別仕様車のアクティブでタフなイメージがアップされています。

 

改良されたスバル新型フォレスターは2024年4月11日に日本で発表され、価格は306万9000円~385万円。

 

フォレスターは海外で新世代モデルも発表されており、今回の改良モデルが現行日本最終仕様となります。

 

▼スバル新型フォレスター「STI Sport Black Interior Selection」の動画

▼スバル・フォレスター(次期型)

【新型フォレスターSL系】「6代目進化!」フルモデルチェンジ発表!最新情報、ハイブリッド、スペック、価格は?

▼スバル・レヴォーグ

 【新型レヴォーグD型】「レイバック設定!」マイナーチェンジ日本発表!最新情報、価格は?

▼スバル・クロストレック

 【新型クロストレック】「新世代!」フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

▼スバル・レックス

 【スバル新型レックス】「スバル版ライズ/ロッキー!」発売!最新情報、燃費、価格は?

 

スバル新型フォレスターの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スバル新型フォレスターの変更点

  • 特別仕様車「フォレスターSTI Sportブラックインテリアセレクション」を設定
  • 特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」に専用ボディカラー「ガイザーブルー」を設定

▽2023年10月の変更点

  • 特別仕様車「X-EDITION」を設定

▽2023年8月の変更点

  • 「後退時ブレーキアシスト」の警報タイミングを早め、安全性能を向上
  • ブラック塗装のシャークフィンアンテナとルーフスポイラーを全グレードに標準装備
  • 「X-BREAK」、「Advance」にパワーリヤゲートを標準装備
  • 「X-BREAK」に、運転席&助手席8ウェイパワーシートを標準装備

▽2022年12月の変更点

  • 特別仕様車「XT-EDITION」を設定

▽2022年8月の変更点

  • スポーツモデル「STIスポーツ」を追加設定
  • ボディカラー「ダークブルー・パール」を廃止、「サファイアブルー・パール」を設定
  • ライティングスイッチに「TAIL/AUTO」ポジションを追加

 

306万円から!スバル新型フォレスターの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スバル新型フォレスターの価格

  • 【2Lエンジン + e-BOXER】
    Touring:306万9000円
    X-BREAK:330万円
    Advance:339万9000円
    【特別仕様車】
    X-EDITION:337万7000円
  • 【1.8Lターボエンジン】
    SPORT:346万5000円
    STI SPORT:374万円
    【特別仕様車】
    XT-EDITION:346万5000円
    STI Sport Black Interior Selection:385万円【新設定】

スバル新型フォレスターの価格は、変更なく維持されています。

 

新設定された「STI Sport Black Interior Selection」は、ベースモデルから11万円のアップで選択できるようになっています。

 

力強く!スバル新型フォレスターの外装(エクステリア)デザインは?

f:id:carislife:20210614112958j:plain

▼スバル新型フォレスター「SPORT」

f:id:carislife:20210614110712j:plain

▼スバル新型フォレスター「X-BREAK」

f:id:carislife:20210614113117j:plain

f:id:carislife:20210614110715j:plain

▼参考:フォレスター(前モデル)

f:id:carislife:20180518113909j:plain

スバル新型フォレスターの外装には2021年の改良時に最新のデザインが採用され、より先進的なスタイルに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20210614110730j:plain

f:id:carislife:20210614110727j:plain

ヘッドライトのデザインは、ボクサーエンジン内を移動するピストンをイメージしたC字型とされ、六角形のフロントグリルと組み合わせ。 

 

▼スバル新型フォレスター「Touring」

f:id:carislife:20210614110717j:plain

新型フォレスターでは加えて、「ツーリング」「アドバンス」グレードのグリルをブラックに変更。

 

▼スバル新型フォレスター「Advance」

f:id:carislife:20210614110721j:plain

f:id:carislife:20210614113155j:plain

18インチホイールには新デザイン採用することで、質感がアップされています。

 

ジェスチャー機能搭載!新型フォレスターの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180518/20180518114639.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180518/20180518114642.jpg

スバル新型フォレスターの内装は2021年の改良時に、機能的かつ操作性のよい室内レイアウトに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20210819121627j:plain

改良では、ドライバーモニタリングシステムに新しくエアコンの操作が可能となる「ジェスチャーコントロール機能」が追加され、「グー」で温度を下げ、「パー」で温度を上げることが可能に。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180329/20180329103001.jpg

ナビゲーションには8インチディスプレイを採用し、スマートフォンとの連携を強化。

 

スマートフォンなどの充電に使用できる最大2.1AのUSBポートは、前席に加え後席用にも用意されています。

 

インテリアデザインは、インストゥルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現したほか、ピラー形状の最適化によって死角を減らして視界性能を確保。

 

f:id:carislife:20180329103020j:plain

リアシート空間に前世代からのホイールベース拡大分の30mmすべてを活用することで、前後席間距離はクラストップレベルに。

 

シート形状やクッションの素材も最適化することで、乗車時の疲労も軽減。

  

f:id:carislife:20180329095857j:plain

その他、パーキングブレーキには電動式を採用し、「アイサイト」を使用した停止時にホールドする機能も搭載。

 

f:id:carislife:20180518114957j:plain

f:id:carislife:20180329091626j:plain

f:id:carislife:20180329102951j:plain

ラゲッジスペースは、最大1300mmの荷室開口幅とスクエアな形状を採用して積載性を向上。

 

新型パワーリアゲートにより、駆動ユニットをカーゴスペースに影響しないようにしたほか、開閉スピードを向上。

 

f:id:carislife:20180329095739j:plain

さらに、リアゲートの自動閉操作から車両全体の施錠までを連続して行なうことができる新しいロックシステムが採用されています。

 

最上位!「新型フォレスターSTI Sport」も!

▼スバル新型フォレスターSTIスポーツの画像

フォレスターには、よりスポーティで質の高い走りを求めるユーザーのニーズに応える「STI Sport」が設定されています。

 

新型フォレスターSTIスポーツでは、STIチューニングによる専用ダンパーとスーパーブラックハイラスター塗装18インチアルミホイールを装備することで、スポーツセダンのようなハンドリングと上質な乗り心地を実現。

 

また、エクステリアでは、艶のあるブラックパーツをあしらい、STI Sportの「上質さとスポーティさ」を表現。

  

インテリアでは専用メーターを装備するほか、熟成された深みのあるボルドー×ナッパレザー素材に包まれる「上質な空間」が演出されています。

 

▼フォレスターSTI Sportの装備

  • STIチューニング 日立Astemo製SFRDフロントダンパー&STIチューニング リヤダンパー
  • ブラックカラードドアミラー
  • ナッパレザーシート(ブラック/ボルドーアクセント、レッドステッチ)
  • 本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ、ブラックラスト加飾付、高触感革)
  • ブラックラスト加飾付本革巻セレクトレバー
  • ピアノブラック調シフトパネル(ブラックラスト加飾)
  • シャークフィンアンテナ(ブラック塗装)
  • ボルドー表皮巻インパネ加飾パネル(レッドステッチ)
  • STI Sport専用メーター
  • ブラックルーフ&ピラートリム
  • ブラック塗装加飾付フロントフォグランプカバー
  • ブラック塗装加飾付バンパーガード(フロント、リヤ)
  • ブラック塗装加飾付サイドクラッディング
  • リヤガーニッシュ(ブラック塗装)
  • FORESTER&シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)
  • 18インチアルミホイール(スーパーブラックハイラスター塗装)
  • ルーフスポイラー(ブラック塗装)
  • STIオーナメント(フロント・リア)

▼スバル新型フォレスターSTIスポーツの動画

 

車高UP!「新型フォレスター・ウィルダネス」も!

▼スバル新型フォレスター・ウィルダネスの画像

f:id:carislife:20210901062821j:plain

新型フォレスターには北米で、「フォレスターWilderness(ウィルダネス)」が発表されています。

 

f:id:carislife:20210901062823j:plain

新型フォレスターウィルダネスは、「レガシィアウトバック・ウィルダネス」に続く第2弾となり、専用サスペンションと17インチのヨコハマGEOLANDARオールテレーンタイヤにより、最低地上高をベースモデルから13mmアップした233mmに。

 

あわせて、専用の前後バンパーやスキッドプレートなどにより対障害性能を向上。

 

f:id:carislife:20210901062832j:plain

エクステリアにはその他、専用のフロントグリル、LEDフォグランプ、ホイールアーチトリムのほか、マットブラックのエンジンフードデカール、ボディカラーにガイザーブルーを採用。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210903/20210903062204.jpg

ルーフレールは、ベースモデルから幅を20mm広げ積載量をアップし、ルーフテントを装着することもできるようになっています。

 

f:id:carislife:20210901062829j:plain

パワートレインには水平対向4気筒2.5Lエンジンが搭載され、トランスミッションは最終減速比をベースモデルの3.70:1から4.11:1に変更することで駆動力をアップ。

 

f:id:carislife:20210901062826j:plain

インテリアには、StarTex撥水素材のほか、エンボス加工されたロゴなどが採用されています。 

 

▼スバル新型フォレスター・ウィルダネスの動画

 

力強く!スバル新型フォレスターのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180329103012j:plain

▼スバル新型フォレスターのパワートレインとスペック

  • グレード:【SPORT】【STI SPORT】
    水平対向4気筒1.8Lターボ
    出力:177ps/30.6kgm
  • グレード:【Touring】【X-BREAK】【Advance】
    水平対向4気筒2L「FB20」+「e-BOXER」ハイブリッド
    エンジン出力:145ps/19.2kgm
    モーター出力:13.6ps/6.6kgm
  • トランスミッション:7速マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」
  • 駆動方式:4WD「シンメトリカルAWD」

スバル新型フォレスターにはC型への改良時に、新開発された1.8Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されています。

 

▼参考:フォレスター2.5Lエンジンのスペック

  • 水平対向4気筒2.5LデュアルAVCS直噴「FB25型」
  • 最高出力:184ps/5800rpm
  • 最大トルク:24.4kgm/4400rpm

以前フォレスターには、従来型から約90%の部品を刷新して直噴化した2.5Lエンジンが搭載されていましたが、新型フォレスターでは新世代の「レヴォーグ」にあわせて開発された1.8Lターボエンジンを採用。

 

第4世代となる新開発1.8L BOXERターボエンジンでは、リーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。

 

大きなトルクによるストレスのない質感高い走りが実現されています。 

 

▼スバルe-BOXERシステム

f:id:carislife:20180426093558j:plain

新型フォレスターではその他、現行モデル発売移行人気になっているハイブリッド「e-BOXER」をラインナップ。

 

「e-BOXER」システムは13.6ps/6.6kgmの出力を持つモーターによる低速トルクのアップをメインにするハイブリッドシステムとされ、高い動力性能を実現。

 

▼e-アクティブシフトコントロール

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201022/20201022111549.jpg

2021年の改良では、これまで「X-BREAK」に搭載されていたアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をe-BOXER搭載車全グレードに拡大採用。
 

また、走行システム「X-MODE」や安全システム「アイサイト」との協調制御により、モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能が高められています。

 

「X-MODE」!スバル新型フォレスターの走行システムは?

f:id:carislife:20180329095412j:plain

新型フォレスターの走行システムには、滑りやすい路面などで、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどをコントロールする「X-MODE」が搭載されています。

 

「X-MODE」は制御を最適化することで悪路走破性を向上し、路面状況に合わせて2つのモードを切り替えられるスイッチを設定。

 

あわせて装備される「SI-DRIVE」では、スポーティな加速とダイレクトな変速を愉しむことができる「S#モード(スポーツシャープモード)」が設定されています。

 

4WDシステムには、走行状況にあわせ駆動力を最適化するアクティブトルクベクタリングも採用され、より高いコーナリングパフォーマンスを発揮することができるようになっています。

 

スバル新型フォレスターを試乗動画でチェック!

 

充実!スバル新型フォレスターの安全装備は?

f:id:carislife:20180329091629j:plain

スバル新型フォレスターの安全装備には、最新の「新世代アイサイト」が搭載されています。

 

アイサイトは、後退時自動ブレーキにより車両後退時の衝突回避または衝突による被害を軽減するほか、後側方警戒支援システムにより自車の後側方から接近する車両の検知に対応。

 

ステアリング連動ヘッドライトやハイビームアシストにより夜間走行時の視認性をアップ。

 

▼新世代アイサイト

f:id:carislife:20210614113039j:plain

2021年の改良では「新世代アイサイト」を採用し、ステレオカメラの検知角度拡大により、これまで以上に急なカーブでの追従や近距離での割り込み車両に対応ができるようになっています。

 

その他、新型フォレスターでは乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用し、マルチファンクションディスプレーの上に配置する顔を検知するカメラにより、ドライバーの居眠りやわき見運転の検知、注意喚起機能により安全運転をサポート。

 

ドライバーの顔を5人まで登録し認証することで、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を、登録したドライバーごとに自動調整可能になっています。

 

走り両立!スバル新型フォレスターの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スバル新型フォレスターの燃費

  • 1.8Lターボ
    ・JC08モード:16.5km/L
    ・WLTCモード:13.6km/L
  • 2Lハイブリッド
    ・JC08モード:18.6km/L
    ・WLTCモード:14.0km/L

スバル新型フォレスターは、1.8Lターボエンジンの搭載によりガソリン車で13.6km/Lが確保されています。

 

以前搭載されていた2.5LエンジンはWLTCモード値で13.2km/Lとされていましたが、最新の1.8Lエンジンでは2Lハイブリッドモデルとの比較がしやすくなっています。

 

▼参考:フォレスター2.5Lエンジンの燃費

  • 2.5L自然吸気
    ・JC08モード:14.6km/L
    ・WLTCモード:13.2km/L

 

広く!スバル新型フォレスターのサイズ、車体設計は?

▼スバル新型フォレスターのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm
    (X-BREAKルーフレール装着車は全高+15mm)
  • ホイールベース:2670mm
  • 最低地上高:220mm
  • ※参考
    ・フォレスター(前モデル)
     全長×全幅×全高:4595×1795×1715mm
     ホイールベース:2640mm
    ・アセント
     全長×全幅×全高:4998×1930×1819mm
     ホイールベース:2890mm

スバル新型フォレスターのボディサイズは、スバルの主力市場になっている米国でサイズアップのニーズが多かったことから、前世代から全長+30mm、全幅+20mmと一回り拡大されています。

 

米国では新しく3列シートSUVである「アセント」が用意されたため、その拡大幅は小さめになっていますが、新型フォレスターではこれまでより大きな室内空間が魅力になっています。

 

最小回転半径は、ボディサイズを拡大しながら従来型比0.1m増の5.4mに抑えられており、低速域での取り回しのよさと高速域での直進安定性を両立したVGR(Variable Gear Ratio)ステアリングギヤボックスも採用。

 

新型フォレスターではSUVとしての悪路走破性能も重要視され、斜面への乗り上げなどに重要な車体前後対障害物角度(アプローチアングル/ディパーチャーアングル)、丘部分の頂上を越える時の車体下角度(ランプブレークオーバーアングル)も最大限確保されています。

 

いつ?スバル新型フォレスターの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

 

改良された新型フォレスターは、2024年4月11日に日本で発表されました。

 

スバルは主力モデルのフォレスターを改良することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

スバル・フォレスターを「おさらい」

▼スバル・フォレスター(初代)

98-00 Subaru Forester.jpg

▼スバル・フォレスター(2代目)

2002-2005 Subaru Forester Cross Sports.jpg

スバル・フォレスター(Forester)は、1997年に初代が登場したクロスオーバーSUVです。

 

フォレスターの車名の由来は、英語の「森をはぐくむ者」からとなっており、世界共通で使用されています。

 

インプレッサのワゴンにオフロード装備を搭載した「インプレッサ グラベルEX」の後継モデルとなり、初代と2代目はタフな外観を持つクロスオーバーワゴンのスタイルを採用。

 

WRCに参戦していたインプレッサをイメージするSTIモデルも設定されました。

 

▼スバル・フォレスター(3代目)

2007 Subaru Forester 01.jpg

2007年に登場した3代目からはボディラインが大きく変更され、現行モデル同様のSUVデザインに。

 

▼スバル・フォレスター(4代目)

Subaru Forester 2.0i-L EyeSight X-BREAK SJ5.jpg

2012年に登場した前モデルの4代目では、走行システムに「X-MODE」を新搭載し、ボタンでエンジン・トランスミッション・AWD・VDCの統合制御を行い悪路走破性を高めることができるようになりました。

 

新型フォレスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。