New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ダイハツ新型トール】「安全性UP!」2020年9月15日マイナーチェンジ発売!最新情報、トールカスタム、燃費や価格は?

f:id:carislife:20200916054822j:plain

ダイハツが、「トール」のマイナーチェンジ発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたダイハツ新型トールについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】最新装備!ダイハツ「新型トール」マイナーチェンジ発売!

▼ダイハツ新型トールの画像

f:id:carislife:20200915141340j:plain

ダイハツが「トール」のマイナーチェンジ発売を発表しました。

 

ダイハツ・トールは、ブランドの主力コンパクトワゴンとなっており、トヨタに「ルーミー」「タンク」、スバルには「ジャスティ」としてOEM供給され、その使い勝手の良さが人気になっています。

 

▼新型トール「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」

f:id:carislife:20200915141643j:plain

マイナーチェンジでは、外装のデザインを変更しリフレッシュし、おすすめのパッケージとしてメッキパーツやエアロパーツで個性をプラスする「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」を設定。

 

f:id:carislife:20200915133435j:plain

f:id:carislife:20200915133438j:plain

また、最新の「スマートアシスト」を採用することで安全性能をアップしたほか、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールを搭載。

 

f:id:carislife:20200916054839j:plain

パーキングブレーキはダイハツの小型車として初めて、足踏みペダル式から電子制御パーキングブレーキに変更されています。

 

f:id:carislife:20200915134721j:plain

f:id:carislife:20200915134627j:plain

加えて、助手席アッパートレイをティッシュBOXが収納できるサイズに拡大し、装備には9インチディスプレイオーディオを全車にオプション設定、スマートフォンなどの充電用USB端子を標準装備。

 

f:id:carislife:20200915144923j:plain

ドア開閉時の使い勝手も見直され、ドアロックまでの待ち時間を解消する「タッチ&ゴーロック機能」、近づくだけでドアロックを解除する「ウェルカムドアロック解除」、予約しておくと近づくだけでスライドドアが自動で開く「ウェルカムオープン機能」が採用されています。

 

ダイハツ新型トールは2020年9月15日に発売。価格は1,556,500円~2,046,000円となっています。

 

▼ダイハツ新型トールの動画

【トヨタ新型ルーミー】マイナーチェンジ!最新情報、ルーミーカスタム、燃費や価格は?

【スバル新型ジャスティ】マイナーチェンジ!最新情報、ジャスティカスタム、燃費や価格は?

 

ダイハツ新型トールの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ダイハツ新型トールの変更点

  • 内外装に新しいデザインを採用
  • 「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」を設定
  • レーザーレーダーとカメラを採用する新世代「スマートアシスト」を採用。
    全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどを搭載
  • 電動パーキングブレーキをダイハツ小型車として初採用し、オートブレーキホールド機能を搭載
  • 9インチディスプレイオーディオを全車にオプション設定
  • スマートフォンなどの充電用USB端子を標準装備
  • 助手席アッパートレイをティッシュBOXが収納できるサイズに拡大
  • ドア機能に、「タッチ&ゴーロック機能」「ウェルカムドアロック解除」「ウェルカムオープン機能」を追加
  • WLTCモード燃費値に対応

▽2018年11月改良

  • 安全装備にスマートアシスト3を搭載。
    デュアルカメラ化により、グリルのレーダー用ボックス形状を廃止
  • 前後方のセンサーで障害物を検知して警告音でお知らせするコーナーセンサー(フロント4個/リヤ4個、接近お知らせ表示付)を採用
  • お買い得な特別仕様車「リミテッド」シリーズを設定。
    4箇所のカメラにより車両の前後左右を映す「パノラマモニター」や、シートバックテーブルを含む「コンフォータブルパック」、メッキバックドアガーニッシュ、メッキフロントインサイドドアハンドル、メッキレジスターノブを採用。
    センタークラスターパネルなどの室内の随所にピアノブラック塗装やシルバー加飾を施すことにより、スタイリッシュで上質なデザインに仕上げ
  • ボディカラーに新色を追加。
    モノトーンにファイアークォーツレッドメタリックを、カスタム専用のツートーンにブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリックとブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢを設定

 

アップ!ダイハツ新型トールの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ダイハツ新型トールの価格

▽1L自然吸気エンジン

  • Χ
    2WD(FF) 1,556,500円、4WD 1,732,500円
  • G
    2WD(FF) 1,743,500円、4WD 1,919,500円
  • カスタムG
    2WD(FF) 1,914,000円、4WD 2,090,000円

▽1Lターボエンジン

  • Gターボ
    2WD(FF) 1,864,500円
  • カスタムGターボ
    2WD(FF) 2,046,000円

ダイハツ新型トールの価格は、安全システムのアップデートや電子制御パーキングブレーキの採用によりアップしています。

 

アップ幅はエントリーグレードで6万円ほど、中間グレードで3万円ほどとなっており、高い安全性能がアピールされています。

 

▼参考:ダイハツ・トールの価格(前モデル)

▽1L自然吸気エンジン

  • Χ
    2WD(FF) 1,490,500円、4WD 1,666,500円
  • Χ“SA III”
    2WD(FF) 1,556,500円、4WD 1,732,500円
  • G“SA III”
    2WD(FF) 1,716,000円、4WD 1,892,000円
  • カスタムG“SA III”
    2WD(FF) 1,870,000円、4WD 2,046,000円

▽1Lターボエンジン

  • Gターボ“SA III”
    2WD(FF) 1,837,000円
  • カスタムGターボ“SA III”
    2WD(FF) 2,002,000円

 

新デザイン!ダイハツ新型トールの外装(エクステリア)デザイン

▼ダイハツ新型トール(ベースモデル)

f:id:carislife:20200915141307j:plain

ダイハツ新型トールの外装は、デザインコンセプトを維持しながらリフレッシュすることで魅力が引き上げられています。

 

ベースモデル「トール」では、フロントバンパーとグリルを新設計し、LEDヘッドランプ、新意匠の14インチフルホイールキャップを採用することで、スポーティーで迫力のあるデザインに。

  

▼ダイハツ新型トールカスタム

f:id:carislife:20200915141313j:plain

新型トールカスタムでは、新設計のフロントバンパーとグリル、ADBアダプティブドライビングビーム採用ヘッドランプ、新意匠の15インチアルミホイールとリヤコンビネーションランプを採用することで、ワイド感がアップされています。

 

ボディカラーには新色として、モノトーン「コンパーノレッド」「ターコイズブルーマイカメタリック」、2トーン「ブラックマイカメタリック×コンパーノレッド」「ブラックマイカメタリック×ターコイズブ ルーマイカメタリック」が設定され、好みにあわせた選択ができるようになっています。

  

使いやすさUP!ダイハツ新型トールの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20200915141556j:plain

ダイハツ新型トールの内装は、改良により質感と使い勝手を両立したデザインとされています。

 

▼新型トール(ベースモデル)

f:id:carislife:20200915141559j:plain

▼新型トールカスタム

f:id:carislife:20200915141603j:plain

改良では、新たに座り心地とホールド性を向上したシート形状を採用し、ベースモデルに採用されるブラウン、トールカスタムに採用するブルーのトーンを変更することで落ち着いた印象に。

 

f:id:carislife:20200916054839j:plain

パーキングブレーキは足踏みペダル式から電子制御パーキングブレーキに変更することで、オートブレーキホールド機能も搭載されています。

 

f:id:carislife:20200915144904j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200915/20200915134627.jpg

また、9インチディスプレイオーディオが全車にオプション設定され、スマートフォンなどの充電用USB端子が標準装備したほか、助手席アッパートレイがティッシュBOXを収納できるサイズに拡大されています。

 

f:id:carislife:20161109133732j:plain

f:id:carislife:20161109133734j:plain

f:id:carislife:20161109133736j:plain

f:id:carislife:20161109133739j:plain

f:id:carislife:20161109133737j:plain

フロントシートセンターには、バッグを置くスペースも用意されるなど、手軽さを追求。

 

このスペースを使用し、雨天時などにフロントとリアシートを車外へ出ることがなく移動することもできるようになっており、前後乗員間距離は最大1105mmの広さになっています。

 

f:id:carislife:20161109133738j:plain

リアシートは240mmのスライドが可能となっているほか、ドリンクホルダーを持つテーブルが用意され、5人が快適にドライブを楽しむことができるように。

 

f:id:carislife:20180904090158j:plain

ラゲッジスペースは幅を拡大しながら高さが抑えられ、荷物の積み下ろしをしやすく設計。

 

f:id:carislife:20180904090250j:plain

f:id:carislife:20180905104552j:plain

f:id:carislife:20180904090155j:plain

ラゲッジスペースはデッキボードを跳ね上げることで高さのある荷物に対応するほか、付属する防汚シートと1500mmを超える荷室長を使用し自転車も搭載することができるようになっています。

 

▼ダイハツ新型トールの室内サイズと比較

  • 室内長×室内幅×室内高
    トール:2180×1480×1355mm
    ※参考 ダイハツ・ブーン:1975×1420×1270mm
  • 乗員:5人乗り

 

新型トール「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」設定!

▼新型トール「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」

f:id:carislife:20200915141643j:plain

新型トールには、洗練されたメッキパーツやエアロパーツで個性をプラスする、メーカーオプションとディーラーオプションを組合せたおすすめのパッケージとして「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」が設定されました。

 

f:id:carislife:20200915141608j:plain

f:id:carislife:20200915141605j:plain

アナザースタイルパッケージでは、メーカーオプションの「スタイルパック」から専用シート表皮、メッキドアアウターハンドル、トップシェイドガラス(フロントウインドウ)、イルミネーションパックを採用。

 

加えて、ディーラーオプション「プレミアムエアロパック」から、フロントバンパーガーニッシュ(カスタム用・ガンメタ)、サイドストーンガード、バックドアスポイラーが組み合わせられ、魅力をアップしています。 

 

軽快!ダイハツ新型トールのエンジンとスペックは?

▼直列3気筒1Lターボエンジン「1KR-VET」

f:id:carislife:20180904090922j:plain

▼ダイハツ新型トールのエンジンとスペック

  • 【NA(自然吸気)エンジン】
    エンジン:直列3気筒1L「1KR-FE」
    出力:69ps/9.4kgm
  • 【ターボエンジン】
    エンジン:直列3気筒1Lターボ「1KR-VET」
    出力:98ps/14.3kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

ダイハツ新型トールには、直列3気筒1L自然吸気エンジンと、直列3気筒1Lターボエンジンが搭載されています。

 

1L自然吸気エンジンは、吸気ポートのデュアルインジェクター&デュアルポート化を行うとともに、ピストン形状の最適化による高圧縮比、低フリクション化を実施することで滑らかな加速感と高い燃費性能を実現。

 

1Lターボエンジンは、過給器を組み合わせることで1.4Lエンジンなみのトルクが利用できるようになっています。

 

f:id:carislife:20180903095314j:plain

乗り味は、ボディとサスペンションの高剛性化を図ることでステアリング操作に対し車体姿勢がスムーズに連動し、運転時のストレス軽減に寄与するとともに快適な乗り心地に仕上げられています。

 

最新システム!ダイハツ新型トールの安全装備は?

f:id:carislife:20200915133435j:plain

f:id:carislife:20200915133438j:plain

ダイハツ新型トールの安全システムには、最新の「スマートアシスト」が搭載されています。

 

スマートアシストでは新型ステレオカメラ搭載により、衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能を、夜間歩行者検知、追従二輪車検知に対応させるとともに、検知距離、対応速度の向上を実現。

 

また、以下の新機能を追加することで安全性が高められています。

 

▼スマートアシストの新機能

  • ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
  • 路側逸脱警報機能
  • ふらつき警報
  • 標識認識機能(進入禁止、一時停止、最高速度)
  • ADB(アダプティブドライビングビーム)
  • サイドビューランプ
  • 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

  

良好!ダイハツ新型トールの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ダイハツ新型トールの燃費

  • 1L自然吸気エンジン:18.4km/L
  • 1Lターボエンジン:16.8km/L

トヨタ新型ルーミーの燃費は、実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値に対応し、自然吸気エンジン車で18.4km/Lとされています。

 

前モデルは以前の燃費規格であるJC08モード値で24.6km/Lとされていましたが、 6.2km/Lの変更となっています。

 

▼参考:トール(前モデル)の燃費

※JC08モード値

  • 1L自然吸気エンジン:24.6km/L

 

使いやすく!ダイハツ新型トールのボディサイズは?

f:id:carislife:20180904084732j:plain

▼ダイハツ新型トールのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高
    ベースモデル:3700×1670×1735mm
    トールカスタム:3725×1670×1735mm
  • ホイールベース:2490mm
  • 最低地上高:130mm
  • 車重:1070kg
  • 参考
    ・ダイハツ ブーン
     全長×全幅×全高:3650×1665×1525mm
     ホイールベース:2490mm
     最低地上高:150mm
     車重:910kg

ダイハツ新型トールのボディサイズは、軽自動車からのクラスアップユーザーに対応する扱いやすいサイズに設計されています。

 

トールカスタムは、25mm全長を延長することで伸びやかなデザインに仕上げられています。

 

基礎を共有する「ブーン」と比較すると、最小回転半径を維持するためホイールベースは同じになっていますが、 全長+50mm、全高は+210mmと大きく拡大され、人気の高いトールワゴンの使い勝手が実現されています。

 

ダイハツ新型トールの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたダイハツ新型トールは、2020年9月15日に発売されました。

   

ダイハツは主力コンパクトカーであるトールの安全性や質感をアップすることで、幅広いユーザーにアピールしていく予定です。

 

ダイハツ・トールを「おさらい」

Daihatsu THOR G"SA II" (DBA-M900S) front.jpg

ダイハツ・トール(THOR)は、初代となる現行モデルが2016年に登場したコンパクトカーです。

 

他メーカーにも供給されるOEMモデルとなっており、トヨペット店とネッツ店で販売される「タンク」、トヨタ店とカローラ店で販売される「ルーミー」、スバル「ジャスティ」と、基本共通の4モデルが展開されています。

 

車名の「THOR」の由来は北欧神話の雷神"THOR"からとなっており、"THOR"の意味する「力強く頼りがいがある相棒」に加え、同じ発音で背が高いを意味する"TALL"をかけたものとなっています。

 

コンセプトは、Living(リビング)とDriving(ドライビング)を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」とされ、自宅のような快適性を持つクルマとしてつくられました。

 

登場前に販売されていたトヨタ「bB」「ラクティス」、ダイハツ「COO」、スバル「DEX」「トレジア」を統合し、両側スライドドアにより高い利便性が確保されたことで安定した販売を記録する人気モデルになっています。

 

新型ダイハツ・トールについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。