車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

レクサス CT200h 静寂の中、竹の音が響く

f:id:carislife:20140118132316j:plain

レクサス CT200hがマイナーチェンジ!

 

モデルチェンジって言ってもわからなかったような?(笑)

 

見た目は、ついで?

f:id:carislife:20140118132324j:plain

F SPORT フロント

f:id:carislife:20140118132319j:plain

F SPORT リア

 

レクサス CT200h グレード ・改良ポイント

グレード
  • CT200h: 356万円
  • CT200h version C: 380万円
  • CT200h F SPORT: 421万円
  • CT200h version L: 448万円
改良ポイント
  • レクサスのデザインアイコン、スピンドルグリル採用
  • F SPORTにメッシュタイプグリル採用
  • インテリアシート表皮、カラーバリエーション拡大
  • スポット溶接打点追加、構造用接着材によりボディ剛性強化
  • 吸・遮音材改良
  • インフォテーメントシステムアップグレード
  • 標準装備「プレミアムサウンド」オーディオスピーカーに、天然竹から抽出、植物由来オパールを世界初使用した竹炭プラントオパール樹脂振動板を採用

【関連記事はこちら】

特別仕様車:価格差9万円のクールな特別仕様車!レクサス CT200h Cool Touring Style 発売

レクサス 新型CT200h 試乗は接着剤がポイント!?

 

エクステリアデザインの変更が主かなと思っていたけど、改良ポイントが多いね

 

基本構造が変わっていないからマイナーチェンジなんだけど、ドアを閉めただけでもわかりそうな、ボディの強化がされている

 

 

スポット溶接や構造用接着剤など、地味だけど走りに響きそうな部分の改良も、プレミアムらしい

 

f:id:carislife:20140118132332j:plain

f:id:carislife:20140118132328j:plain

 

遮音材も適切に配置されて、室内への音の侵入はかなり小さそう

 

f:id:carislife:20140118132335j:plain

 

そんな改良の中、オーディオスピーカーも変更して、更にドライブを快適に


竹炭プラントオパール樹脂振動板は、従来のガラスファイバーよりも、竹繊維によって内部損失が低減されて、スピーカーの音圧周波数特性を平たん化できる…らしい

(メーカー発表から引用。よくわかってないですが良くなるんだと思います 笑)

 

 

もともとハイブリッドならではの静かさには定評があるし、走りも良くなった

 

そんなCT200hの車内では、どんな音楽を聞くのがいいんだろう…