車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ハイブリッド廃止!2015新型 フォルクスワーゲン トゥアレグ

f:id:carislife:20150211095923j:plain

フォルクスワーゲンが、フラッグシップSUV「トゥアレグ」の日本仕様をマイナーチェンジ

 

ガソリンモデルで勝負!

  

ハンデ無し!安全と豪華さをアップした新型トゥアレグ 

▼フォルクスワーゲン 2015 新型 トゥアレグ エクステリア画像

f:id:carislife:20150211095911j:plain

f:id:carislife:20150211095912j:plain

フォルクスワーゲン トゥアレグ 概要・改良ポイント・価格

概要
  • 大型SUV「トゥアレグ」の2015年マイナーチェンジモデル
  • ラインナップとグレード名称を変更
  • エントリーグレードの「V6」、レザーシートやウォールナット製の加飾パネルなどを装備した「V6アップグレードパッケージ」の2種類を設定
改良ポイント
  • バンパーやドアの下部にクロムモールを装着
  • 新デザインフォグランプ、18インチアルミホイールを採用
  • インパネなどのイルミネーションの色を赤から白に変更
  • V6アップグレードパッケージのインテリアカラーに、新色「ナチュラルブラウン」を設定
  • フロントセンターアームレスト2分割式に変更
  • ステアリングヒーターを全車標準装備
  • プリクラッシュブレーキシステム「Front Assist Plus」、「マルチコリジョンブレーキ」、前走車追従機能付きクルーズコントロールを標準採用
  • V6アップグレードパッケージに、
    車線逸脱警報システム「Lane Assist」、
    レーンチェンジアシストシステム「Side Assist」、
    「パークディスタンスコントロール」、
    「オプティカルパーキングシステム」、
    アラウンドビューカメラ「Area View」、
    リアビューカメラ「Rear Assist」を採用
  • エアサスペンションと電動パノラマスライディングルーフをセットにした「コンフォートパッケージ」をオプション設定
  • ボディーカラーに、新色の「リーフブルーメタリック」「ムーンライトブルーパールエフェクト」「サンドゴールドメタリック」「ブラックオークブラウンメタリック」「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」を追加
トゥアレグ 価格
  • V6:637万円
  • V6アップグレードパッケージ:686万円

【関連記事はこちら】

2018年モデル:さらに上のクラスに!フォルクスワーゲン トゥアレグ フルモデルチェンジ新型 2017年発表

2017年実用化 超大画面!フォルクスワーゲン TプライムGTE 発表

サイズ拡大 軽量化!フォルクスワーゲン 2016 新型 ティグアン

VWトゥアレグ雪上車 2015年新型「スノーレグ」走行動画!この時期羨ましい…!

 

今回のマイナーチェンジで、3Lハイブリッドモデルがなくなり、3.6Lガソリンモデルだけになった、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUVトゥアレグ 

 

ハイブリッドモデルは、ガソリンモデルの燃費9.8km/Lに対し、13.5km/Lとよかったけれど、価格は965万円と300万円以上高かったので販売が伸びなかったらしい…

 

 

その分今回は、ガソリンモデルを手厚く

 

特に「V6アップグレードパッケージ」は、インテリアカラー追加など、かなりパワーアップ

 

▼フォルクスワーゲン トゥアレグ インテリア画像

f:id:carislife:20150211095913j:plain

f:id:carislife:20150211095917j:plain

f:id:carislife:20150211095918j:plain

▼電動パノラマスライディングルーフ(エアサスペンションとセットのオプション「コンフォートパッケージ」を設定)

f:id:carislife:20150211095919j:plain

 

一気に時代に追いついた、新型トゥアレグ最大のセールスポイントである安全装備の多くは、アップグレードパッケージのみに設定

 

▼フォルクスワーゲン トゥアレグ 安全装備 画像

f:id:carislife:20150211095920j:plain

f:id:carislife:20150211095921j:plain

f:id:carislife:20150211095922j:plain

 

トゥアレグのベースモデルは実質アップグレードパッケージで、標準のV6は、これまでと変わらないタフさが売り

 

 

フォルクスワーゲンは次世代ハイブリッドとして、プラグイン式を開発しているので、燃費が気になるユーザーは、そちらが日本に導入されることになるように、ディーラーにプッシュして待つことになりそうだね

▼フォルクスワーゲン PHV開発

VW 新型パサートはキリッ!プラグインハイブリッドも

日本販売は様子見…VWプラグインハイブリッドSUV クロスクーペGTEコンセプト