読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

パイクスピーク2015 TOP2 動画!リースミレン/モンスター田嶋

自動車全般

f:id:carislife:20150706195056j:plain

伝統あるヒルクライムレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム 2015」のトップ2 オンボード映像

 

初の電気自動車総合優勝、トラブルを抱えながら走りきった2台の走りは…!

 

優勝リース・ミレン選手、2位 田嶋伸博選手!2台とも電気自動車なのに、こんなに走りが違う!

▼パイクスピーク 2015 優勝 リース・ミレン選手 9分07秒222 オンボード 動画・マシン画像

f:id:carislife:20150706195059j:plain

▼パイクスピーク 2015 優勝 田嶋伸博選手 9分32秒401 オンボード 動画・マシン画像

f:id:carislife:20150706195101j:plain

【昨年のパイクスピークはこちら】

パイクスピークレジェンド田嶋!2014オンボード映像!

三菱 パイクスピークでクラス優勝!総合2位も2.5秒差!

 

1916年に初開催され、今年99年となったパイクスピークヒルクライム

 

スタート地点の標高は2862m、ゴール地点の標高は4301mで、標高差はなんと1439m!

 

コース中コーナーは約156箇所、コースの全長は約20km、ほぼニュルブルクリンク北コースと同じ長さのガードレールもない道を、空に向かって登りっぱなしだ

 

 

優勝したリース・ミレン選手は今年参戦22年目

 

軽さを追求した4モーター4WD EVマシンで挑んだけれど、コース途中で後輪が駆動しなくなり、コースのほとんどをフロント駆動状態でアタック

 

アンダーステアがひどかったらしいけれど、初めての電気自動車総合優勝で歴史をつくった

 

完璧な状態であれば、あと30秒はタイムを縮められたということなので、来年も楽しみだね 

 

 

2位になった日本からの参戦、ヒルクライムレースの伝説 モンスター田嶋こと田嶋伸博選手は、軽さを追求したリース・ミレン選手のマシンとはアプローチが違い、EVスポーツカーの量産も考えたマシンで挑戦

 

2台の車重差は800kgを超えるので圧倒的差がつくことはわかっていたけれど、今後もこのアプローチを続けるということ

 

▼パイクスピーク 2015 優勝 田嶋伸博選手マシン シャシダイ 動画

※出力は1500ps以上、低回転から立ち上がるトルクグラフに注目!

【関連記事はこちら】

64歳モンスター田嶋が670ps スーパー86で大クラッシュ!も…(笑) 

 

アタックでは、リース・ミレン選手のマシンとは違い、モーターの高周波音が響く

 

コース終盤では、ブレーキがきかなくなるというゾッとするトラブルも…

 

田嶋選手でも「人生で一番怖いアタックだった」と語る、崖が手招きするドライブは、モーターの回生ブレーキを最大にすることでなんとか速度ダウン

 

こちらも来年、完璧な状態でのタイム短縮が楽しみだ

 

 

モンスターEVマシン2台が制したパイクスピーク2015

 

高地では、出力が低下していくターボマシンよりEVマシンが有利ということもあるので、今後出場する電気自動車はさらに増えるかも

 

100年になる2016年のパイクスピークも注目だね