車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

2017年 S40 復活!ボルボ 次期型 XC40 / S40 コンセプト 発表

f:id:carislife:20160519194357j:plain

【市販型はこちら】

小型SUV参入!ボルボ 新型 XC40 公開 価格約400万円~

 

ボルボが、コンパクト「40シリーズ」のコンセプトモデル、SUV「40.1コンセプト」と、クロスオーバーセダン「40.2コンセプト」を発表

 

パワートレインのバリエーションも…!

 

ガソリン、ディーゼルに加え、プラグインハイブリッド、電気自動車も用意!新型 ボルボ XC40 / S40 

▼ボルボ 40.1コンセプト / 40.2コンセプト 動画

  

▼ボルボ 40.1コンセプト 画像

f:id:carislife:20160519194401j:plain

f:id:carislife:20160519194358j:plain

▼ボルボ 40.2コンセプト 画像

f:id:carislife:20160519194546j:plain

f:id:carislife:20160519194402j:plain

ボルボ 40.1コンセプト / 40.2コンセプト 概要・スペック

概要
  • ボルボのコンパクトクラス「40シリーズ」の次期型をプレビューするコンセプトモデル
  • 「40.1コンセプト」はクロスオーバーSUV「XC40」、「40.2コンセプト」は以前販売されていたセダン「S40」の後継モデルをクロスオーバーに仕上げたものとなっている
  • 2017年生産開始予定
スペック
  • コンパクトモデル用の新型プラットフォームを採用
  • パワートレイン:ガソリン or ディーゼル or プラグインハイブリッド or EV
  • プラグインハイブリッドモデルは、新開発の直列3気筒ターボエンジンとPHVシステムを組み合わせた「T5ツインエンジン」と呼ばれる構成を採用。
    最高出力250馬力ほど、電気モーターのみで約50km/h走行可能
  • 電気自動車モデルも用意し航続距離は350km、開発を進めることにより500kmを目指す
  • PHV、EVモデルとも駆動レイアウトはFFだが、SUVのXC40には4WDも用意される

 

ディーゼルモデルが日本でも話題になっている、ボルボのコンパクトクラス「40シリーズ」 

ボルボ V40:トールハンマー採用にバッチも大きく!ボルボ 新型 V40 公開

 

公開された新型のコンセプト「40.1」と「40.2」は、それぞれSUVとセダンをプレビュー

 

好評のボルボデザインに追加される新しさが強調されている

 

f:id:carislife:20160519194359j:plain

 

注目なのは、復活するコンパクトセダン「S40」のコンセプトモデル

 

上位モデルに設定されている「S60クロスカントリー」のように車高が高く、復活の発表なのに、かなり攻めたスタイル

S60 クロスカントリー:65mmリフトアップをセダンで!?ボルボ S60 クロスカントリー公開

 

市販されれば、クロスオーバーセダンという珍しいスタイルのクルマを、手軽に楽しむことができるようになるね

 f:id:carislife:20160519194356j:plain

 

パワートレインには、ガソリン、ディーゼル、PHV、EVと手広いラインナップ

 

スタイルによる使い勝手の違いも入れると、次期型ボルボ40シリーズの活躍場所は、現行型よりかなり広がるんじゃないかな