車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

SAAB「9-3」電気自動車で復活!NEVS「9-3 EV」「9-3X EV」公開

f:id:carislife:20170603123940j:plain

スウェーデンの自動車ブランド「サーブ」を傘下に持つNEVSは、新モデルとなる「9-3 EV」と「9-3X EV」を公開

 

新パワートレインで、新しい交通を構築

 

4ドアセダンとクロスオーバーを用意!サーブ NEVS「9-3 EV」「9-3X EV」

▼NEVS「9-3 EV」画像 

f:id:carislife:20170603123943j:plain

NEVS「9-3 EV」「9-3X EV」概要・スペック

  • スウェーデンの自動車メーカー「サーブ」が製造していた「9-3」の後継モデルとして、サーブを傘下に持つ「ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)」が公開したモデル
  • 4ドアサルーンの「9-3 EV」、クロスオーバー「9-3X EV」を用意
  • パワートレインは、ガソリンとディーゼルが用意されていた前モデルから、電気モーターに変更
  • 新モデルは2018年に市販化し、中国でカーシェアリングプログラムを展開予定
  • 中国国内ですでに15万台以上の受注を得ている
スペック
  • 1回の充電で最大300kmを走行可能
  • スマートフォンアプリを使用し、デジタルキーのほか、走行用バッテリーの管理などが可能
  • WiFiホットスポット機能を搭載
  • ワイヤレスでソフトウェアアップデートを提供
  • 99%の有害な粒子を除去するエアフィルターを採用

 

スウェーデンにある同名の航空機・軍需品メーカーの一部門として始まりその後独立、オーナーを変更しながらブランドを維持していたが、2011年に破産していた自動車メーカーの「サーブ」

 

2016年にはブランドの廃止も発表されていたが、ブランドを買収していた「NEVS」が発表した新モデル「9-3 EV」と「9-3X EV」は、サーブで生産されていた「9-3(ナイン・スリー)」の後継モデルとして開発

 

パワートレインは電気モーターとなり、完全な電気自動車に

 

最新のコネクティビティを採用し、まずは人口1500万人を超える中国の大都市である天津でカーシェア用の車両として活躍するとのこと

 

▼SAAB NEVS「9-3X EV」画像

f:id:carislife:20170603123946j:plain

f:id:carislife:20170603123951j:plain

 

すでに15万台の注文が入っているという新しいナイン・スリー

 

逆転の大復活となるのか、注目が集まっていきそう