車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【メルセデスベンツ新型Sクラス最新情報】W223型フルモデルチェンジ発売日は2020年!スペックや価格は?

f:id:carislife:20180208104034j:plain

メルセデス・ベンツが、フラッグシップモデルSクラスのフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

全面改良によりさらなる性能を追求するメルセデス・ベンツ新型Sクラスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】メルセデスベンツ新型Sクラスがフルモデルチェンジへ!スクープ画像撮影

▼メルセデス・ベンツ新型Sクラスのスクープ画像

f:id:carislife:20180208104525j:plain

メルセデス・ベンツが旗艦モデルとしてラインナップしている、Sクラスの次期型のテスト車両のスクープ画像が撮影されました。

 

メルセデス・ベンツSクラスは、2017年にビッグマイナーチェンジが行われデザインやスペックがリフレッシュされていました。

 

フルモデルチェンジする新型Sクラスでは、その走行性能やデザイン、快適性を新世代に大きく引き上げることになります。

 

▼メルセデス・ベンツSクラス(現行モデル)

新型V8搭載!メルセデスベンツ 新型 Sクラス マイナーチェンジ2017 日本発売 価格1128万円~

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスベンツ新型Sクラスの変更点

  • カーボンやアルミの使用率を引き上げることで、大幅に軽量化
  • ボディサイズを拡大し左右輪幅(トレッド)をワイド化、走行安定性と快適性を向上
  • 電気自動車モデルを新設定
  • 過去にSクラスに設定されていたクーペモデルの名称「SEC」を復活し、4ドアクーペとして設定
  • 安全システムに、レベル3自動運転技術を採用

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの外装(エクステリア)デザイン

▼メルセデス・ベンツ新型Sクラスのスクープ画像

f:id:carislife:20180208104535j:plain

f:id:carislife:20180208104531j:plain

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの外装は、最新のスクープ画像からワイド化されたフェンダーなどをみることができます。

 

新型Sクラスは、ワイド化にあわせボディ全体のボリュームを増し、存在感をアップ。

 

トレッドの拡大により、高い走行安定性が確保されることになります。

 

▼メルセデス・ベンツCLSクラス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171201/20171201084654.jpg

ヘッドライトやグリルのデザインは、ブランドの最新デザインに変更され、全面改良を受けているCLSクラスに近い細く切れ上がるヘッドライトやワイドさを強調するグリルなどが採用されます。

 

▼メルセデス・ベンツCLSクラス

メルセデスベンツ新型CLSクラス フルモデルチェンジ最新情報!スペックや価格、発売日は?

 

メルセデスベンツ新型Sクラスのボディサイズは?

f:id:carislife:20180208104528j:plain

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのボディサイズは、最新プラットフォームにより拡大される予定です。

 

変更についてW223型Sクラスのチーフエンジニアを務めるHermann-Joseph Storp氏は、「カーボンとアルミニウムの使用比率をあげ大幅に軽量化し、厳しい規制と効率要件を満たすグリーンなモデルになる」とコメント。

 

運動性能や環境性能は、現行モデルからあがることがアピールされています。

 

▼参考:メルセデス・ベンツSクラスのボディサイズ(現行モデル)

  • Sクラス(標準ボディ)
    全長×全幅×全高:5125×1900×1495mm
    ホイールベース:3035mm
    車重:1970kg
  • Sクラスロング
    全長×全幅×全高:5255×1900×1495mm
    ホイールベース:3165mm
    車重:2160kg

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの内装(インテリア)デザイン

▼メルセデスベンツ新型Sクラスのスクープ画像

f:id:carislife:20180830072922j:plain

f:id:carislife:20180208112305j:plain

f:id:carislife:20180208112310j:plain

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの内装は、ボディサイズの拡大にあわせより大きく、上質な空間に仕上げられます。

 

メーター用とインフォテインメントシステム用のディスプレイが装備され、インフォテインメントシステムには最新の「MBUX(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」の採用が予定されています。

 

▼メルセデス・ベンツMBUXインフォテインメントシステム

MBUXコネクティビティシステムは、ボイスコントロールやAR(拡張現実)ナビゲーションに対応し、「ヘイ・メルセデス」から会話をするように自然に話すことで各機能を簡単に使うことができるようになっています。

 

MBUXシステムは、新世代コンパクトをアピールするため全面改良を受けたAクラスにいち早く搭載されましたが、今後メルセデス・ベンツの全モデルに展開されていくことになります。

 

▼メルセデス・ベンツAクラス

【メルセデスベンツ新型Aクラス最新情報】フルモデルチェンジ発表!日本発売日や価格、燃費、セダンは?

 

メルセデスベンツ新型Sクラスのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180124/20180124101618.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型Sクラスのパワートレインとスペック

  • 直列6気筒3Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    エンジン出力:370ps/51.0kgm
    モーター出力:22ps/25.5kgm
  • 直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:286ps/61.2kgm
  • 直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:340ps/71.4kgm
  • 直列6気筒3Lターボ+電動コンプレッサー+モーター機能付発電機「EQブースト」
    出力:441ps/53.0kgm
  • V型6気筒3Lガソリンツインターボ + 電気モータープラグインハイブリッド
    エンジン出力:367ps/50.1kgm
    モーター出力:122ps/44.9kgm
    EV航続距離:50km
  • V型8気筒4Lガソリンツインターボ
    出力:612ps/91.8kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:FR or 4WD「4MATIC」

メルセデス・ベンツ新型Sクラスには、直列6気筒エンジンを中心とした新世代のパワートレインが搭載される予定です。

 

メルセデス・ベンツはこれまでV型の6気筒エンジンを採用していましたが、今後は4気筒エンジンとパーツを共有することができる直列6気筒エンジンへの切り替えを発表しており、最新のCLSクラスにも搭載されています。

 

直列6気筒エンジンはガソリンとディーゼルが用意され、新開発されたマイルドハイブリッドシステム「EQブースト」とも組み合わせることで、走行性能と環境性能が高められます。

 

新型Sクラスではこのほか、プラグインハイブリッドモデルやハイパフォーマンスなV型8気筒エンジンもラインナップされ、幅広いユーザーの要望にこたえることになります。

 

メルセデスベンツ新型Sクラスには電気自動車も!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171215/20171215142848.jpg

メルセデス・ベンツ新型Sクラスには、完全電気自動車モデルの設定も予定されています。

 

メルセデス・ベンツは電気自動車ブランドとなる「メルセデスEQ」の立ち上げを発表しており、SUVモデルのEQ Cの開発を進行しています。

 

▼メルセデス・ベンツEQ C

【メルセデスベンツ新型EQ C最新情報】電気自動車SUVの発売日、価格、スペックは?

 

新型SクラスEVは、ブランドを代表する電気自動車のフラッグシップモデルとして用意され、電動化を推進している米国や欧州地域でセールスされます。

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型Sクラスの燃費(予想値)

  • 3Lガソリン+マイルドハイブリッド:12km/L
  • 3Lディーゼル:16km/L
  • 3Lガソリン+プラグインハイブリッド:50km/L(充電電力使用時)

メルセデス・ベンツ新型Sクラスは、車体の大幅な軽量化と最新パワートレインにより大幅に改善されると考えられています。

 

現行モデルは3Lガソリンモデルの日本燃費値で10.5km/Lとなっていましたが、新型Sクラスでは12km/Lほどの燃費が見込まれ、ディーゼルではさらなる環境性能に。

 

欧州値で47.6km/Lの燃費になっていたプラグインハイブリッドモデルも、50km/Lを超える燃費値が予想されています。

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの安全装備は?

f:id:carislife:20180208132552j:plain

メルセデス・ベンツ新型Sクラスには、自動運転車の技術「レベル3(条件付自動運転)」に相当する安全システムが搭載される予定です。

 

現行モデルでは、「レベル2(部分自動運転)」に相当するステアリングアシスト付きのアダプティブクルーズコントロールを含むシステムが採用されていました。

 

レベル3安全システムでは、中央分離帯で車道が分けられている道路にて、60km/hほどの低速域での運転をシステムに任せることができるようになります。

 

レベル3自動運転技術は、Sクラスのライバルであるアウディ「A8」が全面改良で世界初採用しており、メルセデスも対抗することになります。

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの価格は、軽量素材の多用や新世代安全システムの採用により現行モデルよりアップすることになります。

 

アップ幅は現行モデル登場時と同じく、50万円~100万円の間となることが予想されます。

 

▼参考:メルセデス・ベンツSクラスの価格(現行モデル)

  • 1140万円~3360万円

 

メルセデスベンツ新型Sクラスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのフルモデルチェンジモデルは、2019年後半に発表され、発売日は2020年になる予定です。

 

メルセデス・ベンツは新型Sクラスの投入により、電気自動車や新世代安全システムをラインナップし、最新技術を他モデルにも展開することでブランドをアピールしたい考えです。

 

メルセデスベンツ・Sクラスを「おさらい」

▼メルセデス・ベンツSクラス(初代)

Mercedes w116 v sst.jpg

メルセデス・ベンツ・Sクラス(Mercedes-Benz S-Class)は、初代が1972年に登場したブランドのフラッグシップモデルです。

 

現行モデルで6代目のW222型は2013年に登場し、セダン、クーペ、4シーターカブリオレのボディタイプが用意されています。

 

その他、最上級サブブランドとして「メルセデス・マイバッハSクラス」も用意され、ロングホイールベースモデルからさらに全長を伸ばしたリムジンとして販売されています。

  

パワートレインには高い環境性能を持つ直列4気筒ディーゼルハイブリッドから、ハイパフォーマンスなAMGブランドのV型12気筒ターボまで用意され、幅広いユーザーに対応しています。

 

新型メルセデス・ベンツSクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!