New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【VW新型ゴルフ8】312.5万円から!2021年6月フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、GTE/GTI/R/GTD/ヴァリアント、価格、燃費は?

f:id:carislife:20191024062607j:plain

フォルクスワーゲンが、ブランドの主力となるゴルフのフルモデルチェンジ日本発売を予定しています。

 

世代交代により大幅に性能を伸ばすフォルクスワーゲン新型ゴルフについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】新世代!VW「新型ゴルフ8」フルモデルチェンジ発売!

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフの画像

f:id:carislife:20191024062650j:plain

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフの動画

フォルクスワーゲンが、フルモデルチェンジした「ゴルフ」の日本発売を予定しています。

 

▼新型ゴルフ8と歴代モデル

f:id:carislife:20191024062858j:plain

f:id:carislife:20191024062901j:plain

フォルクスワーゲン・ゴルフはブランドの主力車として、スポーツの「ゴルフGTI」「ゴルフR」のほか、ワゴンの「ゴルフヴァリアント」やクロスオーバーの「ゴルフオールトラック」などもラインナップし、他メーカーからもベンチマークとされる人気車となっています。

 

f:id:carislife:20210209132131j:plain

f:id:carislife:20210209132133j:plain

フルモデルチェンジし8代目となる新型ゴルフの日本仕様では、10.25インチディスプレイのデジタルメータークラスター「デジタルコクピットプロ(Digital Cockpit Pro)」を全車に標準装備。

 

パワートレインには、フォルクスワーゲン初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを採用し、排気量1Lの「1.0 eTSI Active」、排気量1.5Lの「1.5 eTSI Style」「1.5 eTSI R-Line」の3グレードを設定。

 

安全装備には、ドライバーが運転中に意識を失うなど、万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト(Emergency Assist)」などを搭載することで安全性がアップされます。

 

新型ゴルフ8は、2021年2月9日から日本での早期予約受付を開始し、発売日は2021年6月を予定。

 

価格は3,125,000円~3,755,000となっています。

 

▼フォルクスワーゲン・ポロ

【VW新型ポロ】「新顔!」ビッグマイチェン!最新情報、燃費、価格は?

▼フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン

【VW新型ゴルフトゥーラン】「最新技術一挙搭載!」マイチェン日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

 

VW新型ゴルフ8の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼VW新型ゴルフ8の変更点

  • 新世代のデザインを採用し、空気抵抗を低減しながらボディサイズを若干拡大
  • パワートレインに48Vマイルドハイブリッド「eTSI」を設定
  • インテリアに、10.25インチデジタルメーターと8.25インチインフォテイメントシステムをシームレスにつないだ大型ディスプレイを標準装備
  • 安全システムに、緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト(Emergency Assist)」などの最新機能を採用
  • 2021年末までにプラグインハイブリッドモデルの日本導入を予定

 

312.5万円から!VW新型ゴルフ8の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフの価格

  • 1.0L eTSI Active:3,125,000円

  • 1.5L eTSI Style:3,705,000円
  • 1.5L eTSI R-Line:3,755,000円

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8の価格は、装備を充実することでアップしています。

 

前モデルは日本で約254万円からラインナップされていましたが、新型ゴルフ8は312万5000円からとされ、安全装備やパワートレインのアップデートにより全体的に価格が見直されています。

 

▼参考:フォルクスワーゲン・ゴルフの価格(前モデル)

  • ゴルフ:253万9000円~331万9000円
  • ゴルフGTI:395万9000円~
  • ゴルフ ヴァリアント:293万9000円~365万9000円
  • ゴルフ オールトラック 4MOTION:365万9000円
  • ゴルフR:555万9000円~
  • ゴルフRヴァリアント:575万9000円~
  • ゴルフGTE:469万円~
  • e-Golf:499万円~

 

Cd値も!VW新型ゴルフ8の外装(エクステリア)デザイン

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフの画像

f:id:carislife:20191024062940j:plain

f:id:carislife:20191024062944j:plain

フォルクスワーゲン新型ゴルフの外装は、新世代のブランドデザインを採用することで先進的な印象に仕上げられています。

 

あわせて、Cd値(空気抵抗係数)は0.275とされ、これまでよりエアロダイナミクスがアップされています。

 

f:id:carislife:20191024063016j:plain

エンブレムには、2019年9月に発表されたフォルクスワーゲンの新しいフラットデザインのロゴを採用。

 

f:id:carislife:20191024063014j:plain

新設計されたLEDヘッドライトはよりスリムなデザインとされ、デイタイムランニングライトを装備。

 

f:id:carislife:20191025033211j:plain

LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」も設定され、22個のLEDを使用して配光を変化させることで快適な視界が確保されます。

 

f:id:carislife:20191024063011j:plain

f:id:carislife:20191024063019j:plain

リアもフロントにあわせてLEDテールランプを小型化。

 

バンパーには、クロームトリムを採用したデュアルエキゾーストが装備されています。

 

f:id:carislife:20191024063022j:plain

デザインラインは、ヘッドライトからエンジンフードに続き、サイドにもドアハンドル部分にキャラクターラインが採用されています。

 

▼新型ゴルフヴァリアントの画像

f:id:carislife:20200909074610j:plain

f:id:carislife:20200909074617j:plain

▼新型ゴルフオールトラックの画像 

f:id:carislife:20200909074625j:plain

f:id:carislife:20200909074629j:plain

新型ゴルフのボディタイプには、ワゴンとなる「ゴルフヴァリアント」、クロスオーバーワゴンとなる「ゴルフオールトラック」も設定され、前モデルからリアウィンドウの傾斜を大きくすることで、スポーティなスタイルとなっています。

 

フォルクスワーゲン新型ゴルフを前モデルと比較!

▼フォルクスワーゲン・ゴルフ7(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170525/20170525111901.jpg

新型ゴルフ8を前モデルと比較すると、より引き締まったデザインに仕上げられています。

 

前モデルは水平のラインを多く取り入れることで安定感のあるスタイルとなっていましたが、新型ゴルフ8では抑揚がつけられ筋肉質なデザインとなっています。

 

拡大!VW新型ゴルフ8のボディサイズは?

▼新型ゴルフ

f:id:carislife:20191024062946j:plain

▼新型ゴルフヴァリアント

f:id:carislife:20200909074614j:plain

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    ハッチバック:4295×1790×1475mm
    ヴァリアント(ワゴン):4630×1790×1475mm
  • ホイールベース
    ハッチバック:2620mm
    ヴァリアント(ワゴン):2680mm
  • ※参考
    ・ゴルフ7
     全長×全幅×全高:4265×1800×1480mm
     ホイールベース:2635mm
    ・VW・ポロ(新世代モデル)
     全長×全幅×全高:4060×1750×1450mm
     ホイールベース:2550mm

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8のボディサイズは、前世代から全長が拡大されています。

 

下位モデルの「ポロ」はユーザーのニーズから、長期間大幅な変更がなかったボディサイズを現行モデルで全長と全幅ともに65mm拡大しており、ゴルフに近づいていました。

 

新型ゴルフではポロとのバランスをとるためにボディを大きくしますが、プラットフォームの効率化により、広い室内空間の確保と取り回しのしやすいサイズが両立されています。

 

先進的!VW新型ゴルフ8の内装(インテリア)デザイン

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフ8の画像

f:id:carislife:20191024064623j:plain

新型ゴルフ8の内装は、最新装備を採用することで先進的なデザインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20191024064626j:plain

f:id:carislife:20191024064618j:plain

f:id:carislife:20191024064631j:plain

ディスプレイには、10.25インチのデジタルメータークラスター「デジタル コクピット プロ(Digital Cockpit Pro)」と8.25インチのインフォテインメントシステムが標準装備され、ヘッドアップディスプレイとあわせ、ナビや車輌情報などをこれまでよりわかりやすくドライバーに提供。

  

f:id:carislife:20191024064637j:plain

センターのインフォテインメントシステム用のディスプレイはデジタルメーターとシームレスに接続されており、インターネットやスマートフォンとの接続を強化した最新システム「MIB3」を採用することでタッチと音声操作に対応。

 

f:id:carislife:20191024064633j:plain

f:id:carislife:20191024064629j:plain

採用されるスイッチ類は削減、よりシンプルな印象とされ、採用される最新装備を強調。

 

▼新型ゴルフヴァリアント

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200909/20200909074619.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200909/20200909074622.jpg

ワゴンとなる新型ゴルフヴァリアントでは、レッグルームが38mm延長され、ラゲッジスペースは通常時611L、後席を倒すと1642Lを使うことができるように。

 

ラゲッジには、電源ソケットやハンズフリーテールゲートがオプション設定されています。

 

ホットハッチ!VWゴルフGTI&GTIクラブスポーツ設定!

▼新型ゴルフGTIの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200228/20200228063813.jpg

新型ゴルフ8には伝統の高性能モデルとして「ゴルフGTI」、ハイスペックモデルとして「ゴルフGTIクラブスポーツ」が発表されています。

 

新型ゴルフGTIは、パワートレインに245ps/37.7kgmを発揮する2Lターボエンジンを搭載。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200228/20200228064854.jpg

イメージカラーはレッドとされ、内外装に専用装備となるレッドのアクセントパーツが採用されています。

 

▼新型ゴルフGTIクラブスポーツの画像

f:id:carislife:20201014102029j:plain

f:id:carislife:20201014102042j:plain

f:id:carislife:20201014102039j:plain

ハイスペックモデルとなる新型ゴルフGTIクラブスポーツ(Clubsport)は、専用のフロントバンパーとリアスポイラー、19インチのホイールによりベースモデルと差別化。 

 

搭載する2Lターボエンジンの出力は300ps/40.8kgmまでアップされ、組み合わせる7速デュアルクラッチトランスミッションのギヤ比もショート化することで、0-100km/h加速6.0秒未満、最高速度250km/hに仕上げられています。 

 

f:id:carislife:20201014102032j:plain

f:id:carislife:20201014102036j:plain

また、新型ゴルフGTIクラブスポーツでは、標準のGTIに搭載される電制ディファレンシャル「XDS」を、「VAQ」電気機械式ロッキングディファレンシャルに変更。

 

加えて、フロントキャンバーの増加、新設計のリアコントロールアームマウントとホイールマウント、特注ダンパーベアリング、専用スプリングを採用。

 

ブレーキシステムにはツインピストンキャリパーを装備することで、高い制動力を安定して発揮することができるようになっています。

 

最高峰4WDモデル!新型ゴルフRもラインナップ!

▼新型ゴルフRの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201104/20201104082622.jpg

新型ゴルフには、ハイパフォーマンスモデルとなる「ゴルフR」が発表されています。

 

フォルクスワーゲン・ゴルフRは、4WD駆動を採用する高性能モデルとして設定。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201104/20201104083656.jpg

パワートレインには、320ps/42.8kgmを出力する新世代の2Lターボエンジンやトルクベクタリングを採用することにより、走行性能を向上。

 

これにより0-100km/h加速タイムは4.7秒まで短縮されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200704/20200704055921.jpg

足回りには、標準で18インチ、オプションで19インチのホイールが設定され、ベースモデルから20mm車高をダウンする専用サスペンションと、358mmローター&2ピストンアルミニウムフロントキャリパーを装備することで、高い走行性能を安定して発揮できるようになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201104/20201104083900.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201104/20201104083903.jpg

また、「スペシャル」と「ドリフト」の新しい2つの走行モードが設定され、「スペシャル」は凹凸が激しいドイツ・ニュルブルクリンク北コースにあわせ、レースモードよりソフトなダンパーセッティングとすることで高いグリップを確保。

 

「ドリフト」モードでは、横滑り防止装置のセッティングを変更し、4輪に適切に駆動力を配分することで、マシンコントロールを楽しむことができるように。

 

新型ゴルフRでは、トランスミッションに6速MTと7速デュアルクラッチ式が設定され、好みにあわせた選択に対応しています。

 

新世代!VW新型ゴルフ8のパワートレインとスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20180508110136j:plain

▼フォルクスワーゲン新型ゴルフ8のパワートレインとスペック

▽日本仕様

  • 【eTSI(48Vマイルドハイブリッド)】【新開発】
    ・【1.0 eTSI Active】
     1Lターボ+マイルドハイブリッド
     出力:110ps/20.4kgm
    ・【1.5 eTSI Style】【1.5 eTSI R-Line】
     1.5Lターボ+マイルドハイブリッド
     出力:150ps/25.5kgm
  • 【eHybrid(プラグインハイブリッド)】【2021年内導入予定】
    直列4気筒1.4Lガソリンターボ+電気モーター
    出力:204ps
    バッテリー:13kWhリチウムイオン
    EV航続距離:60km
  • 【ゴルフGTE(プラグインハイブリッド)】【2021年内導入予定】
    直列4気筒1.4Lガソリンターボ+電気モーター
    出力:245ps
    バッテリー:13kWhリチウムイオン
    EV航続距離:60km
  • トランスミッション:7速DCT or 6速DCT(PHEVモデル)

▽海外仕様

  • 直列3気筒1Lガソリンターボ
    出力(2種):90ps or 110ps
  • 直列4気筒1.5Lガソリンターボ
    出力(2種):116ps or 150ps
  • 直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力(2種):116ps or 150ps
  • 【ゴルフGTD】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:200ps
  • 【ゴルフGTI】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:245ps
  • 【ゴルフGTIクラブスポーツ】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:300ps
  • 【ゴルフR】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:320ps

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8のパワートレインには、最新のマイルドハイブリッドシステム「eTSI」が採用されています。

 

▼フォルクスワーゲン48Vマイルドハイブリッドシステム「eTSI」

f:id:carislife:20180508104438j:plain

マイルドハイブリッドシステム「eTSI」は、前モデルに搭載された12Vシステムを進化させた最新の48Vシステムを採用。

 

このシステムは、エンジンに48Vのスタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、低負荷走行時にはエンジンを停止し惰性走行することも可能に。

 

加速時には最高11psの出力でブーストをかけエンジンをアシストするほか、減速時にはこれまでより効率的に回生エネルギーを蓄えることができるようになっています。

  

また、新型ゴルフには日本で2021年内にプラグインハイブリッドシステム「eHybrid」の設定も予定され、前世代の8.7kWhバッテリーから13kWhバッテリーにアップデートすることで、EV航続距離60kmを実現。

 

出力にはベースとなる204psのほか、上位モデルとして新世代初の「GT」モデルとなる245ps「GTE」も設定。

 

サスペンションはフロントがストラット、リアがマルチリンクとされ、可変ダンピングコントロールを採用するほか、より手応えのあるステアリングフィーリングに仕上げられます。

  

VW新型ゴルフ8を試乗動画でチェック!

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8は、試乗動画が公開されています。

 

最新世代となり装備された装備や高い質感が評価されています。

 

  

VW新型ゴルフ8の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼新型ゴルフ8の燃費

  • 27km/L

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8の燃費は、新開発された48Vマイルドハイブリッドシステムにより改善します。

 

48Vシステムは前モデルで欧州値で25.0km/Lとなっている12Vシステムと比較して、最大10%燃費を改善することが可能と発表されています。

 

都市部では、エンジンのアイドリングストップや電気アシストにより、改善幅が大きいシステムになります。

 

▼参考:フォルクスワーゲン・ゴルフの燃費(前モデル)

  • ゴルフ(12Vマイルドハイブリッド):25.0km/L
  • ゴルフ:19.1km/L~18.1km/L
  • ゴルフGTI:15.1km/L~14.6km/L
  • ゴルフR:13.0km/L~12.6km/L
  • ゴルフヴァリアント:18.6km/L~17.3km/L
  • ゴルフオールトラック:13.5km/L

 

新機能!VW新型ゴルフ8の安全装備は?

f:id:carislife:20191025033208j:plain

フォルクスワーゲン新型ゴルフ8の安全システムには、コンパクトカーで初採用となる「Travel Assist」機能が搭載されます。

 

前モデルのゴルフでは、レーンキープアシスト、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールを組み合わせた渋滞時追従支援「Traffic Assist」が採用されていました。 

 

新型ゴルフ8に搭載された「Travel Assist」では、速度210km/hまでの高速道路内で、ステアリング、加速、ブレーキを自動で制御し走行。

 

ドライバーはステアリングを軽く握るだけで走行が可能となっており、ステアリングを15秒以上離すと、警告の後に車両が停止されます。

 

また、新型ゴルフ8では、万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト(Emergency Assist)」なども採用することで、安全性がアップされます。

 

いつ?VW新型ゴルフ8の日本発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたフォルクスワーゲン新型ゴルフ8は、2021年2月9日から日本での先行予約受け付けを開始、日本発売日は2021年6月が予定されています。

 

フォルクスワーゲンは新世代となったゴルフを日本に導入することでユーザーにアピールし、今後ラインナップを充実させていく予定です。

 

フォルクスワーゲン・ゴルフを「おさらい」

▼フォルクスワーゲン・ゴルフ(初代)

Vw golf 1 v sst.jpg

フォルクスワーゲン・ゴルフ(Golf)は、初代が1974年に登場した乗用車です。

 

車名の由来は、ドイツ語でメキシコ湾流を示す「Der Golfstrom」(デア・ゴルフシュトローム)からとなっており、フォルクスワーゲン車に多い風の名前(パサート=貿易風など)ではなく、海流の名前になっています。

 

欧州で「Cセグメント」に分類され、世界の車種別歴代総生産台数ではトヨタ・カローラに次ぐ第2位となっています。

 

初代はデザインをジョルジェット・ジウジアーロが手がけ、横置きエンジンによるFF駆動レイアウトと、高効率のボディ設計などにより世界的大ヒットになり、現行モデルでもラインナップされるスポーツモデル「GTI」も登場しました。

 

その後フォルクスワーゲンの主力モデルとして販売が続けられ、前モデルは7世代目「ゴルフVII」として2012年に登場。

 

新開発のモジュールプラットフォーム「MQB」を採用することで、前モデルからボディサイズを拡大しながらも約100kgの軽量化に成功し、全高を抑えることでよりスポーティなデザインとされました。

 

パワートレインには日本にも導入されるガソリン、ハイブリッド、電気自動車のほか、海外ではディーゼル、天然ガス、水素燃料電池も発表され、世界中のニーズに対応するモデルになっています。

 

新型フォルクスワーゲン・ゴルフについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。