車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ホンダ新型フィット最新情報】モデューロスタイル7月27日発売!RSやハイブリッド燃費、サイズ、価格と発売日は?

f:id:carislife:20180726115226j:plain

ホンダが、コンパクトカー「フィット」の新モデルを発表しました。

 

モデルラインナップの拡大により魅力をアップするホンダ新型フィットについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ホンダ新型フィットModulo styleを発売!

▼ホンダ新型フィット モデューロスタイルの画像

f:id:carislife:20180629121138j:plain

f:id:carislife:20180726115229j:plain

ホンダが「フィット」の新モデルとなる「フィットモデューロスタイル」を正式発表しました。

 

ホンダ・フィットは、ブランドの主力コンパクトカーとしてラインナップされ、海外では「ジャズ」のモデル名で販売されるグローバルモデルとして位置づけられています。

 

新設定されるフィット・モデューロスタイルは、スポーツコンプリートカーシリーズとしてラインナップされている「Modulo X(モデューロ エックス)」に次ぐ新たなコンプリートカーブランドとして制作。

 

デザインに特化した専用のカスタマイズパーツを製造過程で装着するドレスアップコンプリートカーとすることでさらなる個性をデザインで表現しながら、選びやすい価格も魅力になっています。

 

f:id:carislife:20180726115244j:plain

f:id:carislife:20180726115247j:plain

f:id:carislife:20180726115250j:plain

エクステリアでは、フロントバンパーとグリルのデザインを変更し、大開口のグリル部にオリジナルグラフィックのツヤ黒塗装メッシュを採用するとともに、クロームパーツをあしらうことでエッジの効いたプレミアム感を演出。

 

また、5連ラインタイプの専用LEDフォグランプや、ブラックとシルバーで塗り分けた専用デザインの15インチアルミホイールを標準装備することで、シンプルさの中に重厚感がプラスされています。

 

f:id:carislife:20180726115724j:plain

f:id:carislife:20180726115238j:plain
f:id:carislife:20180726115241j:plain

インテリアはルーフライニングから本革巻きステアリングホイール、シート下までブラックで統一し、ステンレス製スポーツペダルも標準装備。

 

パワートレインはハイブリッドと1.3Lガソリンが用意され、いずれも駆動方式はFFと4WDから選択できるようになっています。

 

▼フィット Modulo styleの専用装備

  • 専用フロントグリル(ツヤ黒塗装メッシュタイプ)
  • 専用フロントバンパー
  • 専用LEDフォグランプ(5連ラインタイプ)
  • 専用デザイン15インチアルミホイール
  • ブラックルーフライニング
  • ステンレス製スポーツペダル
  • 本革巻ステアリングホイール
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)

 ▼フィット Modulo styleのボディカラー(全5色)

f:id:carislife:20180726121123j:plain

  • シャイニンググレー・メタリック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • クリスタルブラック・パール

 

ホンダ新型フィットの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ホンダ新型フィットの変更点

  • 専用のグリルやバンパー、デザインパーツ、ホイールなどによりスタイルを大きく変化させたコンプリートカー「フィット・モデューロスタイル」を新設定

 

ホンダ新型フィットの外装(エクステリア)デザイン

▼ホンダ・フィット(ベースモデル)

f:id:carislife:20180612082501j:plain

f:id:carislife:20180612082504j:plain

ホンダ新型フィットの外装は、スポーティなデザインに、コンパクトカーとしての魅力が感じられる親しみやすさがプラスされています。

 

フロントからリアまで連続するラインを維持しながら、重心を低くみせることでより安定感あるスタイルとなっています。

 

▼ホンダ・フィットRS

f:id:carislife:20180612082507j:plain

f:id:carislife:20180612082511j:plain

スポーツモデルとなるフィットRSは、専用のエアロパーツによりデザインと空力性能を向上。

 

専用サスペンションを装備することで、スポーツスタイルが強調されています。

  

ホンダ新型フィットにクロスオーバー「CROSS STYLE」も!

f:id:carislife:20180612082513j:plain

 ホンダ新型フィットには、純正オプション「CROSS STYLE」としてクロスオーバーモデルが設定されています。

 

フィット・クロススタイルは、車体下部を傷から守る専用のガードやホイールなどを装備。

 

パーツのカラーを変更するなどし、人気になっているタフなSUVスタイルがつくられています。

 

ホンダ新型フィットのボディサイズは?

f:id:carislife:20180110112050j:plain

▼ホンダ新型フィットのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3990×1695×1525mm
    ※「ハイブリッド・S」「RS」は全長4045mm
  • ホイールベース:2530mm
  • 車重:1010kg

ホンダ新型フィットのボディサイズは、ベースモデルで5ナンバーサイズが維持され取り回しの良さが魅力となっています。

 

スポーツモデルのRSでは、全長を延長する専用のエアロパーツにより伸びやかなスタイルが追求されています。

 

ホンダ新型フィットの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135011.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135014.jpg

ホンダ新型フィットの内装は、センタータンクレイアウトにより大きく設計された室内空間により、高い快適性が確保されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135032.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135039.jpg

上位グレードには質感をあげた専用のインテリアを採用し、ユーザーのニーズに対応するラインナップに。

 

ボディ剛性アップや遮音材の最適化により、静粛性もアップされています。

 

ホンダ新型フィットのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180327/20180327091614.jpg

▼新型フィットのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1.3L
    ・出力:100ps/12.1kgm
  • 直列4気筒1.5L
    ・出力:132ps/15.8kgm
  • 直列4気筒1.5L i-VTEC+i-DCDハイブリッド
    ・エンジン出力:110ps/13.7kgm
    ・モーター出力:29.5ps/16.3kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD

ホンダ新型フィットのパワートレインには、1.3Lと1.5Lのガソリン、1.5Lとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが用意されています。

 

フィットハイブリッドは、1.5Lエンジンと1つの電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせることで、モーターを使った走行からエネルギー回生までをコンパクトなシステムで実現。

 

瞬時に変速を完了するデュアルクラッチトランスミッションにより、ダイレクト感ある軽快な走りに仕上げられています。

 

ホンダ新型フィットの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ホンダ新型フィットの燃費

  • 1.3Lエンジン
    FF:24.6km/L、4WD:20.2km/L
  • 1.5Lエンジン
    FF:22.2km/L、4WD:19.4km/L
  • 1.5Lハイブリッド
    FF:37.2km/L、4WD:29.4km/L

ホンダ新型フィットの燃費は、フィットハイブリッドで37.2km/Lの低燃費になっています。

 

軽量な車体により1.3Lガソリン車でも24.6km/Lとされ、好みや維持費をあわせたトータルコストで選ぶことができるようになっています。

 

ホンダ新型フィットの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

ホンダ新型フィットの安全装備には、「ホンダセンシング」が採用されています。

 

ホンダセンシングは、先行車との車間距離を保つアダプティブ・クルーズ・コントロールや誤発進抑制機能などにより、高い安全性が確保されています。

 

▼ホンダセンシング機能

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • オートハイビーム
  • 渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能

  

ホンダ新型フィットの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

ホンダ新型フィットに追加される「モデューロスタイル」は、ラインナップ中最上位モデルとして設定されました。

 

価格はこれまでの最上位グレードと比較して、1.3Lモデルでから10万円差、ハイブリッドで5万差と選びやすくなっています。

 

▼ホンダ・フィットの価格

▽Modulo style

  • HYBRID・Modulo style Honda SENSING
    FF:2,257,200円、4WD:2,419,200円
  • 13G・Modulo style Honda SENSING
    FF:1,890,000円、4WD:2,084,400円

▽1.3Lガソリン

  • 13G・F
    FF:1,428,840円、4WD:1,623,240円
  • 13G・L Honda SENSING
    FF:1,653,480円、4WD:1,847,880円
  • 13G・S Honda SENSING
    FF:1,790,640円、4WD:1,985,040円

▽1.5Lガソリン

  • 15XL・Honda SENSING
    FF:1,853,280円、4WD:2,015,280円
  • RS・Honda SENSING
    FF:2,050,920円

▽1.5Lハイブリッド

  • HYBRID
    FF:1,699,920円、4WD:1,894,320円
  • HYBRID・F
    FF:1,815,480円、4WD:2,009,880円
  • HYBRID・L Honda SENSING
    FF:2,079,000円、4WD:2,241,000円
  • HYBRID・S Honda SENSING
    FF:2,205,360円、4WD:2,367,360円

 

ホンダ新型フィットの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ホンダ・フィットに追加される新型フィット・モデューロスタイルは、2018年7月26日に発表され、発売日は7月27日とされました。

 

ホンダは人気車のフィットに新しいモデューロコンプリートカーを設定し、今後ユーザータイプにあわせた「モデューロX」「モデューロスタイル」シリーズの拡大を予定しています。

 

また、ホンダはフルモデルチェンジする新型フィットも計画しており、開発が進行しています。

 

▼ホンダ次期型フィット

【ホンダ新型フィット最新情報】フルモデルチェンジ!RSやハイブリッド、サイズ、価格、発売日、燃費は?

 

ホンダ・フィットを「おさらい」

▼ホンダ・フィット(初代)

Honda Fit W 1300 4WD.JPG

ホンダ・フィット(FIT)は、2001年に初代が登場したコンパクトカーです。

 

英語表記は初代が「Fit」となっていましたが、2代目以降はすべて大文字の「FIT」に変更されており、海外では「ジャズ(Jazz)」のモデル名で販売されています。

 

ホンダ「ロゴ」の後継車として製作され、現在では軽自動車の「Nシリーズ」にも採用されている燃料タンクを薄型樹脂製にし前席下に配置する「センタータンクレイアウト」とすることで、後部座席やラゲッジスペースを拡大。

 

広い室内空間を持っていたことで、人気モデルになりました。

 

▼ホンダ・フィット(2代目)

2010 Honda Fit 1.3.jpg

2007年に登場した2代目では、後期型へのマイナーチェンジ時にフィットハイブリッドを追加し燃費を30km/Lまで向上。

 

2013年に登場した現行モデルの3代目は、グローバル市場でもホンダの最量販車となることを目標にボディサイズを拡大しましたが、全幅を維持することで日本の5ナンバーサイズを保ちました。

  

基礎やパワートレインを共有するSUVの「ヴェゼル」、セダンの「グレイス」、コンパクトミニバンの「フリード」、ワゴンの「シャトル」も販売されています。

 

新型ホンダ・フィットについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!