New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スズキ新型アルトラパン】2022年5月フルモデルチェンジ!最新情報、スペックや燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181210/20181210084051.jpg

スズキが、軽自動車「アルトラパン」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

フルモデルチェンジにより性能を伸ばすスズキ新型アルトラパンについて、燃費や価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新世代!スズキ「新型アルトラパン」フルモデルチェンジ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195925.jpg

スズキが軽自動車「アルトラパン」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

スズキ・アルトラパンは、スズキの軽自動車ラインナップの中でエントリーラインとして設定されている「アルト」をベースにデザイン性をアップしたモデルとして設定され、その軽快さと選びやすい価格が人気になっています。

 

全面改良される新型アルトラパンでは、新しいデザインや新世代のエンジン、マイルドハイブリッドシステムを搭載することで、魅力をアップします。

 

▼スズキ・アルト

【スズキ新型アルト】フルモデルチェンジ!最新情報、アルトワークス、スペックや燃費、価格、発売日は?

▼スズキ・ソリオ

【スズキ新型ソリオ最新情報】フルモデルチェンジ!ソリオバンディット、クロスオーバー、ハイブリッド燃費、価格、サイズ、発売日は?

 

スズキ新型アルトラパンの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型アルトラパンの変更点

  • 新開発の自然吸気エンジン、新型CVTを採用
  • 安全装備に最新の「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用
  • 最新プラットフォームにより、室内空間を拡大しながら、走行性能を向上

 

キープ!スズキ新型アルトラパンの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181210/20181210084140.jpg

スズキ新型アルトラパンの外装は、前モデルからキープコンセプトとなり、「四角いカタチ」「レトロな雰囲気」「シンプルな造形」を重視し仕上げられます。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195928.jpg

ヘッドライトとリアランプは丸型とされ、四角をイメージしたボディラインを強調。

 

フロントグリルはシルバーのボリュームあるラインを採用し、格子状の細いラインで支えることでモダンなスタイルに。

 

ルーフカラーには、ボディを上下に色分けする2トーンが設定され、淡い色合いのボディカラーの魅力をより楽しむことができるようになります。

 

広く!スズキ新型アルトラパンのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195926.jpg

▼スズキ新型アルトラパンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1530mm
  • ホイールベース:2460mm
  • ※参考
    ・アルトラパン(現行モデル)
     全長×全幅×全高:3395×1475×1525mm
     ホイールベース:2460mm
     車重:650kg

スズキ新型アルトラパンのボディサイズは、全長と全幅が軽自動車規格を一杯につかったサイズとなっていることから維持されます。

 

しかし、最新プラットフォームとすることでより余裕がある室内空間を確保。

 

同時にボディ剛性も高められ、より軽快な走りが実現されます。

  

魅力UP!スズキ新型アルトラパンの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195931.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195939.jpg

スズキ新型アルトラパンの内装は、カラーを変更したパネルを使うことによりデザイン性がアップされます。

  

効率良く大きな空間が確保され高評価を受けていた室内空間は、設計を基礎から見直すことでさらなる余裕を創出。

 

軽自動車で最も小さいクラスながら、4人が余裕をもって乗り込むことができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195932.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195945.jpg

装備ではインフォテイメントシステムやメーターも専用にデザインとされ、空間との調和を重視。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195936.jpg

ルーフもキルティングをイメージしたデザインとすることで、親しみやすさがつくられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195941.jpg

シートには複数のデザインが用意され、オーナーの好みによって楽しめるように。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150603/20150603195944.jpg

大きくなる室内空間は、多彩なシートレイアウトにより使い勝手がアップされます。

  

ハイブリッド!スズキ新型アルトラパンのスペックは?

▼新開発「R06D型」エンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191224/20191224113113.jpg

 ▼スズキ新型アルトラパンのパワートレインとスペック

  • 【NAエンジン+マイルドハイブリッド】
    直列3気筒660ccエンジン+マイルドハイブリッド
    最高出力:49ps/6,500rpm
    最大トルク:5.9kgm/5,000rpm
    モーター最高出力:2.6ps/1,500rpm
    モーター最大トルク:4.1kgm/100rpm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

スズキ新型アルトラパンのパワートレインには、新世代となった「ハスラー」などにも採用された最新の自然吸気エンジンとCVT、マイルドハイブリッドシステムが採用されます。

 

「R06D型」自然吸気エンジンは、スズキ軽初となるデュアルインジェクションシステムやクールドEGRを採用するほか、急速燃焼や高圧縮比化により広い範囲で熱効率を向上。

 

また新型アルトラパンでは新世代CVTを搭載し、スズキ軽初となる2ポートオイルポンプに加え、高効率ベルト、トルクコンバーター、軽量化などを実施。

 

組み合わせられるマイルドハイブリッドシステムは、これまで搭載されていたSエネチャージに、最新のリチウムイオンバッテリーとISG(モーター機能付発電機)を採用することで性能を向上。

 

モーターの出力を前モデルの2.2ps/4.1kgmから2.6ps/4.1kgmにアップし、最長10秒間モーターのみでのクリープ走行も可能とされ、Sエネチャージで魅力になっていた再始動の気になる音がないアイドリングストップの作動範囲も拡大されます。

 

改善!スズキ新型アルトラパンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型アルトラパンの燃費(WLTCモード値)

  • アルトラパン(マイルドハイブリッド):27.0km/L

スズキ新型アルトラパンは、最新のマイルドハイブリッドモデルが搭載されることで、燃費が改善します。

 

これまではWLTCモード値25.2km/Lとなっていましたが、最新マイルドハイブリッドシステムでは2km/L~3km/Lの燃費向上が可能とされ、新型アルトラパンでは27.0km/Lを超える燃費が見込まれています。

 

▼参考:アルトラパン(現行モデル)の燃費

  • アルトラパン(CVT)
    WLTCモード値:FF 25.2km/L、4WD 23.4km/L
    JC08モード値:FF 30.2km/L、4WD 28.6km/L

 

最新システム!スズキ新型アルトラパンの安全装備は?

▼スズキ・デュアルセンサーブレーキサポート

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171220/20171220095033.jpg

スズキ新型アルトラパンには、スズキ最新の安全システムとなるデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されます。

   

デュアルセンサーブレーキサポートは単眼カメラとレーザーレーダーを使い、前方の歩行者や車、車線などを認識し、最新の安全機能を提供。

 

加えて新型アルトラパンでは、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、車線逸脱警報機能やハイビームアシストなどを追加し、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実。

 

経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当する安全性が確保されます。

 

▼デュアルセンサーブレーキサポートの機能

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能

  

若干UP!スズキ新型アルトラパンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スズキ新型アルトラパンの価格

  • 125万円~155万円

スズキ新型アルトラパンの価格は、最新マイルドハイブリッドシステムが採用されることでアップします。

 

しかし、アップ幅は3万円ほどに抑えられ、ブランドのエントリーラインとしての魅力が維持されます。

 

▼参考:スズキ・アルトラパンの価格(現行モデル)

  • G(CVT)
    FF:1,210,000円、4WD:1,322,200円
  • L(CVT)
    FF:1,283,700円、4WD:1,388,200円
  • X(CVT)
    FF:1,448,700円、4WD:1,549,900円
  • アルトラパンモード(CVT)
    FF:1,419,000円、4WD:1,520,200円

 

いつ?スズキ新型アルトラパンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジするスズキ新型アルトラパンの発売日は、2022年5月が予定されています。

 

スズキは2015年に発売された現行モデルから全面改良を行うことで最新の技術を搭載し、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

スズキ・アルトラパンを「おさらい」

▼スズキ・アルトラパン(初代)

Suzuki Alto Lapin 001.JPG

スズキ・アルトラパン(ALTO Lapin)は、初代が2002年に登場した軽自動車です。

 

軽自動車セダンの「アルト」をベースにつくられた派生車種となっています。

 

モデル名の「Lapin」はフランス語で「うさぎ」を表し、エンブレムにはうさぎのモチーフが使用されています。

 

初代はランチボックスをモチーフとした丸みのある箱型の外観デザインとし、低めの車体高で広い室内空間を確保したパッケージングに、家具や雑貨などを連想させるデザインのパーツを採用。

 

主力車種のアルトのユーザーが男性や高齢者に移行していたことから、改めて若い女性層にターゲットを当てて開発されました。

 

開発コンセプトは「ゆるさ」とされ、静粛性・乗り心地・使い勝手の良さに配慮して「自分の部屋にいるようなくつろぎと心地よさ」がアピールポイントとされました。

  

また、多彩なモデルが用意されたことも特徴となっており、ターボエンジンを搭載し男性をターゲットとしたスポーツモデル「SS」、キャンバストップを装備した特装車「キャンバストップ」、現行モデルで復活した「モード」などをラインナップ。

 

マツダには「スピアーノ」としてOEM提供されていました。

 

▼スズキ・アルトラパン(2代目)

AltoLapin2nd.jpg

2008年に登場した2代目では、前後の車軸間距離(ホイールベース)を延長することで室内空間を拡大。

 

▼スズキ・アルトラパンショコラ(2代目ベース)

Suzuki-AltoLapinChocolat.JPG

2013年の改良時には、丸型のヘッドライトや専用のデザインを採用した「ラパン・ショコラ」が設定され、2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。

 

2015年に登場した現行モデルの3代目では、2代目のユーザーの9割は女性であり、うち6割が20代から30代の若い女性であったことから、社内の商品企画や技術企画のスタッフなどで構成される「女性ワーキンググループ」を立ち上げ。

 

この中で、購買層の中心となる若い女性が「可愛いものは好きだけど、子供っぽいのは好きじゃない」「ナチュラルである。シンプルである」と考えていたことから、マーケティングの方向性が2代目の派生モデルである「ラパンショコラ」とほぼ同じとなり、「ラパンショコラ」は3代目へのフルモデルチェンジに合わせて廃止。

 

ラパンショコラからくる丸型のヘッドライトや上質さをアップしたデザインなどが、ラパンのベースモデルに採用されました。

 

新型スズキ・アルトラパンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。