車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【マセラティ新型レヴァンテ最新情報】トロフェオ/GTS日本発売!ディーゼル、サイズや価格、燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170224/20170224154420.jpg

マセラティが、SUV「レヴァンテ」の新モデル日本導入を発表しました。

 

ブランドの魅力をあげるマセラティ新型レヴァンテについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】マセラティ新型レヴァンテトロフェオ日本発売!

▼マセラティ新型レヴァンテトロフェオの画像

f:id:carislife:20180927092609j:plain

マセラティは、SUV「レヴァンテ」のハイパフォーマンスモデルとなる「レヴァンテ トロフェオ」と「レヴァンテGTS」の日本発売を発表しました。

 

マセラティ・レヴァンテは、ブランド初のSUVとして企画され、イタリアンプレミアムブランドであるマセラティがつくる高いパフォーマンスと使い勝手を両立したモデルとして製作されています。

 

日本発売が発表された「レヴァンテ トロフェオ」は、590馬力のV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速3.9秒、最高速304km/hを実現。

 

同型のエンジンを搭載する「レヴァンテGTS」は、出力が550馬力とされています。

 

マセラティ新型レヴァンテの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼マセラティ新型レヴァンテの特徴

  • マセラティの他モデルからくる質感の高いデザインを採用
  • ガソリン、ディーゼルエンジンを搭載
  • ハイパフォーマンスモデル「レヴァンテトロフェオ」「レヴァンテGTS」を設定

 

マセラティ新型レヴァンテの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220163304.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220163306.jpg

マセラティ新型レヴァンテの外装は、ブランド初のSUVとして、マセラティの伝統と力強さが融合したデザインになっています。

 

ボディラインはマセラティらしい躍動感が感じられるものとされ、都市部で活躍するアーバンクロスオーバーのスタイルがつくられています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220163307.jpg

空気抵抗を軽減する設計により、Cd値(空気抵抗係数)を0.31までダウン。

 

走行パフォーマンス向上や風切り音の低減に貢献しています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220164747.jpg

足回りにはエアサスペンションが採用し、走行状況に応じて車高を-45mmから+40mmまで調整。

 

都市部から悪路まで高いパフォーマンスを発揮できるようになっています。

  

マセラティ新型レヴァンテのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220163308.jpg

▼マセラティ新型レヴァンテのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:5000×1985×1680mm
  • ホイールベース:3005mm
  • 車重:2250kg
  • 参考
    ・マセラティ・ギブリ
     全長×全幅×全高:4970×1945×1485mm
     ホイールベース:3000mm
     車重:1980kg

マセラティ新型レヴァンテのボディサイズは、ブランドのミドルクラスサルーン「ギブリ」と基礎を共有しながら一回り大きく設計し、全長はトヨタ「ランドクルーザー」から50mm長い5000mmとされています。

 

全幅は魅力的なスタイルをつくるために1680mmと低めになっており、1985mmと広い全幅によりワイド&ローのスタイルが強調されています。

 

マセラティ新型レヴァンテの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160303/20160303203329.jpg

マセラティ新型レヴァンテの内装は、イタリアンスポーツの伝統とSUVの大きな空間が融合した上質な仕上がりになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160303/20160303203331.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160303/20160303203330.jpg

f:id:carislife:20180927095008j:plain

ダッシュボードの中央には、8.4インチの「マセラティ・タッチコントロールプラス(MTC+)」ユニットを配置。

 

MTC+は、マルチタッチスクリーン、センターコンソールのロータリーコントロール、ボイスコマンドの3通りで操作できるようになっており、加えて、AppleのSiriがパーソナルアシスタントとして機能しボイスコマンドを介して様々なタスクに対応します。

 

f:id:carislife:20180927095010j:plain

インテリアトリムには、世界有数の紳士服ブランドで最高級生地の生産者でもあるエルメネジルドゼニアの魅力的なスタイルと最高級レザーが、シートのマルベリーシルクのインサート、ドアパネル、ルーフライニング、サンシェード、シーリングライトと組み合わされています。

 

シルクは手縫いのマイクロシェブロン柄で織られており、ドアパネル、ルーフライニング、そしてサンバイザーはゼニアのシルクジャージで覆われています。 

 

f:id:carislife:20180927095012j:plain

サウンドシステムには、ハーマンカードンプレミアムサウンドシステムが採用され、900Wアンプと14個の高出力スピーカーにより繊細な音質を実現。

 

BOWERS&WILKINSサラウンドサウンドシステムも選択でき、中音域スピーカー、リアウーハーで構成されるケブラー製の15個のスピーカーと1280Wアンプにより、どの座席にも豊かな音が提供されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160303/20160303203332.jpg

インテリアカラーもバリエーションが用意し、オーナーの好みにあわせ選択できるように。

 

ラゲッジには、SUVとしての使い勝手を高めるパワーリフトテールゲートも採用されています。

 

マセラティ新型レヴァンテのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180927095653j:plain

▼マセラティ新型レヴァンテのエンジンとスペック

  • 【レヴァンテ】
    エンジン:V型6気筒3Lツインターボ
    出力:350ps
    0−100km/h加速:6.3秒
    最高速度:243km/h
  • 【レヴァンテ S】
    エンジン:V型6気筒3Lツインターボ
    出力:430ps
    0−100km/h加速:5.2秒
    最高速度:264km/h
  • 【レヴァンテGTS】【新設定】
    エンジン:V型8気筒3.8Lツインターボ
    出力:550ps
    0−100km/h加速:4.2秒
    最高速度:292km/h
  • 【レヴァンテトロフェオ】【新設定】
    エンジン:V型8気筒3.8Lツインターボ
    出力:590ps
    0−100km/h加速:3.9秒
    最高速度:304km/h
  • 【レヴァンテ ディーゼル】
    エンジン:V型6気筒3Lディーゼルツインターボ
    出力:275ps/61.2kgm
    0−100km/h加速:6.9秒
    最高速度:230km/h
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD

マセラティ新型レヴァンテには、V型6気筒3Lのガソリンとディーゼルに加え、新たにV型8気筒3.8Lエンジンを搭載する「レヴァンテトロフェオ」と「レヴァンテGTS」が設定されました。

 

3Lガソリンエンジンは2種類の出力が用意され、430馬力を出力するレヴァンテSでは264km/hまで加速。

 

レヴァンテディーゼルは、エンジンをマセラティとイタリアのVMモトーリが共同開発し、フェラーリF1エンジンのデザイナー経験を持つマセラティのパワートレーンディレクターも開発に参加したマセラティ専用開発品を採用。

 

前後重量配分は50:50のバランスを維持し、ディーゼル特有の燃焼音を大幅に低減しながら、2つのサウンドアクチュエーターがエンジンの音色を強調しドライビングに応じて音を変化させる「マセラティサウンドシステム」が採用されています。

 

最上位の「レヴァンテトロフェオ」は590psもの出力を発揮し、0-100km/h加速は3.9秒、最高速は304km/hを達成。

 

1Lあたりの出力は156psとなり、「マセラティ史上最高」のパフォーマンスとされています。

 

走行モードは「ノーマル」「アイス」「スポーツ」「オフロード」の4モードに加えて、ローンチ・コントロール機能を備えた新しい「Corsa(コルサ)」ドライビングモードを採用。

 

「Q4 インテリジェントAWDシステム」と8速の多段ATを組み合わせることで、最高峰の運動性能を楽しむことができるようになっています。

 

マセラティ新型レヴァンテの走り、使い勝手を試乗動画でチェック!

▼レヴァンテトロフェオ

マセラティ新型レヴァンテはブランド初のSUVとして注目され、多くの試乗動画が公開されています。

 

イタリアンスポーツからくる走り味と、SUVの高い使い勝手が評判になっています。

 

 

マセラティ新型レヴァンテの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼マセラティ新型レヴァンテの燃費

  • レヴァンテ(350ps/3Lガソリン):9.3km/L
  • レヴァンテS(430ps/3Lガソリン):9.2km/L
  • レヴァンテ ディーゼル(275ps/3Lディーゼル):13.9km/L
  • レヴァンテGTS(550ps/3.8Lガソリン):7.4km/L
  • レヴァンテトロフェオ(590ps/3.8Lガソリン):7.4km/L

マセラティ新型レヴァンテの燃費は、ディーゼルモデルで13.9km/Lとなっています。

 

全長5mのボディサイズと高いパフォーマンスを持ちながら、好燃費に仕上げられています。

 

ハイパフォーマンスモデルとして追加されたレヴァンテGTSとレヴァンテトロフェオは、いずれも7.4km/Lとなっており、3Lガソリンエンジンからの燃費低下が抑えられています。

 

マセラティ新型レヴァンテの安全装備は?

f:id:carislife:20180927102345j:plain

マセラティ新型レヴァンテの安全装備には、ブランドの先進システムが採用されています。

 

「マセラティスタビリティプログラム(MSP)」は、多数のセンサーを使用して運転状況を常に監視し、複数の安全システムとパフォーマンスシステムを連動させてハンドリングとロードグリップを維持します。

 

その他にも、「レーン キーピング アシスト(LKA)」や交通標識認識、ストップ&ゴー機能付きアダプティブ クルーズ コントロール、前方衝突警告、アクティブブラインドスポットアシスト&リアクロスパス機能などが採用され、安心して運転することができるようになっています。

 

マセラティ新型レヴァンテの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼マセラティ新型レヴァンテの価格

  • レヴァンテ:1090万8000円
  • レヴァンテS:1291万8000円
  • レヴァンテ ディーゼル:986万7000円
  • レヴァンテ GTS:1800万円
  • レヴァンテトロフェオ:1990万円

マセラティ新型レヴァンテの価格は、燃費に優れるレヴァンテディーゼルで986万円からに設定されています。

 

ハイパフォーマンスモデルとなるレヴァンテGTSは1800万円、最上位モデルのレヴァンテトロフェオは1990万円に設定されました。

 

マセラティ新型レヴァンテの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マセラティ・レヴァンテの新モデルとなる新型レヴァンテトロフェオとレヴァンテGTSは、2018年11月から日本での正式受注が開始され、納車も同月から行われる予定です。

 

マセラティは上位モデルのラインナップにより、同ブランドのSUVが持つ高いパフォーマンスをアピールしていく予定です。

 

マセラティ・レヴァンテを「おさらい」

▼マセラティ・クーバン(コンセプトカー)

Maserati Kubang front.jpg

マセラティ・レヴァンテ(Maserati Levante)は、初代となる現行モデルが2016年に登場したSUVです。

 

創立から100年以上の歴史をもつプレミアムブランドのマセラティ初のSUVとして製作されました。

 

車名の「Levante」の由来は、他のマセラティ車と同じく地中海に吹く風の名前からになっています。

 

登場前の2011年フランクフルト・モーターショーにSUVコンセプトカー「クーバン」が出展され、2016年3月のジュネーブモーターショーで正式に市販型「レヴァンテ」として発表されました。

 

外観では、フロントのデザインやサイドの3連エアダクトに、マセラティブランドを象徴するデザインが採用されています。

 

生産は、イタリア・トリノにある同グループであるフィアットのミラフィオリ工場で行われています。

 

新型マセラティ・レヴァンテについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。