New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【マセラティ新型クアトロポルテ】2020年後半マイナーチェンジ!最新情報、サイズや燃費、価格は?

f:id:carislife:20200525070639j:plain

マセラティが、フラッグシップ「クアトロポルテ」のマイナーチェンジを予定しています。

 

改良により魅力をアップするマセラティ新型クアトロポルテについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】プロトタイプ撮影!マセラティ「新型クアトロポルテ」マイナーチェンジ!

▼マセラティ新型クアトロポルテのスクープ画像

f:id:carislife:20200525070747j:plain

マセラティが、サルーン「クアトロポルテ(Quattroporte)」のマイナーチェンジを予定しています。

 

マセラティ・クアトロポルテは、ブランドのフラッグシップサルーンとしてラインナップされ、高いスポーツ走行性能と快適性が魅力となっています。

  

マイナーチェンジする新型クアトロポルテでは、プラグインハイブリッドモデルを設定し、内外装に新しいデザインを採用。

 

新型クアトロポルテは、当初2020年春の発表が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から延期され、2020年後半が予定されています。

 

▼マセラティ・ギブリ

【マセラティ新型ギブリ】マイナーチェンジ!最新情報、サイズや燃費、価格は?

▼マセラティ・レヴァンテ

【マセラティ新型レヴァンテ最新情報】日本発売!ディーゼル、サイズや価格、燃費は?

 

マセラティ新型クアトロポルテの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼マセラティ新型クアトロポルテの変更点

  • 新しい内外装デザインを採用
  • プラグインハイブリッドモデルを新設定
  • 最新安全システムを搭載

 

迫力UP!マセラティ新型クアトロポルテの外装(エクステリア)デザイン

▼マセラティ新型クアトロポルテのスクープ画像

f:id:carislife:20200525070639j:plain

▼参考:クアトロポルテ(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160614/20160614195254.jpg

マセラティ新型クアトロポルテの外装は、新しいデザインを採用することにより存在感が高められます。

 

フロントは、グリル内に配置する縦のラインの幅を太くし、グリル下部のエアインテークも拡大。

 

f:id:carislife:20200525071215j:plain

リアでも、フロントにあわせたバランスの調整が行われます。

  

堂々!マセラティ新型クアトロポルテのボディサイズは?

f:id:carislife:20200525071647j:plain

▼マセラティ新型クアトロポルテのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:5270×1950×1470mm
  • ホイールベース:3170mm
  • ※参考
    ・マセラティ・ギブリ
     全長×全幅×全高:4985×1945×1485mm
     ホイールベース:3000mm

マセラティ新型クアトロポルテのボディサイズは、フラッグシップサルーンとして、上級モデルの「ギブリ」から全長+285mm、ホイールベース+170mmと大きく延長されています。

 

しかし、全高は-15mmと抑えられ、スポーツサルーンとしてのスタイルと運動性能がつくられます。

 

新装備!マセラティ新型クアトロポルテの内装(インテリア)デザイン

▼マセラティ新型クアトロポルテのスクープ画像

f:id:carislife:20200525071943j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160614/20160614195255.jpg

マセラティ新型クアトロポルテの内装は、イタリアンスポーツの伝統と新世代の装備を融合することで、上質な仕上がりとされます。

  

インフォテインメントシステムには最新モデルが搭載され、安全システムとの連携を強化するとともに、操作感をアップ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160614/20160614195303.jpg

インテリアトリムは最上級レザーやアルカンターラを使用し、デザインをリフレッシュすることで質感が高められます。

 

新設定!マセラティ新型クアトロポルテのエンジンとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160307/20160307190604.jpg

▼マセラティ新型クアトロポルテのエンジンとスペック

  • 【クアトロポルテ】
    V型6気筒 3L ツインターボ
    最高出力:350ps
  • 【クアトロポルテS】
    V型6気筒 3L ツインターボ
    最高出力:430ps
  • 【クアトロポルテGTS】
    V型8気筒 3.8L ツインターボ
    最高出力:530ps
  • 【プラグインハイブリッド】【新設定】
    直列4気筒2Lターボ+電気モーター
    出力:400ps
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FR or 4WD

マセラティ新型クアトロポルテには、3Lと3.8Lのターボエンジンに加え、新たにプラグインハイブリッドモデルが設定されます。

  

高環境性能を持つモデルとなるプラグインハイブリッドは、2Lターボエンジンに電気モーターを組み合わせることでEV走行にも対応。

 

電気モーターによる大きなトルクを使用し、軽快な走りと環境性能が両立されます。

  

改善!マセラティ新型クアトロポルテの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼マセラティ新型クアトロポルテの燃費

  • 3Lターボエンジン:9.0km/L
  • 3.8Lターボエンジン:9.3km/L

マセラティ新型クアトロポルテの燃費は、高出力な3.8Lターボエンジンのほうが燃費に優れ、ハイパフォーマンスサルーンながら9.3km/Lが確保されています。

 

新設定が予定されるプラグインハイブリッドモデルは、小排気量エンジンとプラグインハイブリッドシステムにより、10km/L台中盤の燃費値が見込まれています。

 

最新装備!マセラティ新型クアトロポルテの安全装備は?

f:id:carislife:20200521091528j:plain

マセラティ新型クアトロポルテの安全装備には、ブランドの先進システムが採用されます。

 

「マセラティスタビリティプログラム(MSP)」は、多数のセンサーを使用して運転状況を常に監視し、複数の安全システムとパフォーマンスシステムを連動させてハンドリングとロードグリップを維持。

 

その他にも、「レーン キーピング アシスト(LKA)」や交通標識認識、ストップ&ゴー機能付きアダプティブ クルーズ コントロール、前方衝突警告、アクティブブラインドスポットアシスト&リアクロスパス機能などが採用され、安心して運転することができるようになります。

 

アップ!マセラティ新型クアトロポルテの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼マセラティ新型クアトロポルテの価格

  • 1320万円~

マセラティ新型クアトロポルテの価格は、装備の充実にあわせてアップします。

 

アップ幅は現行モデルから30万円ほどになるとみられ、新設定されるプラグインハイブリッドモデルでは価格を抑えることで高い環境性能がアピールされます。

 

▼参考:マセラティ・クアトロポルテ(現行モデル)の価格

  • クアトロポルテ:12,900,000円
  • クアトロポルテS:14,900,000円
  • クアトロポルテS Q4:15,850,000円
  • クアトロポルテGTS:20,350,000円

  

いつ?マセラティ新型クアトロポルテの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするマセラティ新型クアトロポルテは、当初2020年春の発表が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から延期され、2020年後半が予定されています。

 

マセラティはブランドのフラッグシップであるクアトロポルテをアップデートすることで、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

マセラティ・クアトロポルテを「おさらい」

▼マセラティ・クアトロポルテ(初代)

Maserati (4568191135).jpg

マセラティ・クアトロポルテ(Quattroporte)は、初代が1963年に登場したラグジュアリーサルーンです。

 

車名はイタリア後で「4つの」をあらわす「クアトロ」と、「扉」の複数形を意味する「ポルテ」を組み合わせ、ボディ形状が「4ドア」であることが表現されています。

 

初代は、256馬力を出力する4.1Lエンジンを搭載し、230km/Lに達するスポーツサルーンとして登場。

 

その後、295馬力の4.7Lエンジンにアップデートされ、その走行性能の高さが評判に。

 

2代目はシトロエン傘下となったマセラティが1974年に「シトロエンSM」をベースとした前輪駆動車として発表しましたが、第一次オイルショックの影響などにより13台のみの製造となりました。

 

▼マセラティ・クアトロポルテ(3代目)

Maserati Quattroporte 1979 schräg von vorn.JPG

1979年に登場した3代目は、ジョルジェット・ジウジアーロがデザインを担当。

 

新たにマセラティの親会社となった「デ・トマソ」の4ドアサルーンをベースとし、ボディサイズを4910mmまで延長。

 

サスペンションには前後ダブルウィッシュボーンが採用され、300馬力を出力する4.9Lエンジンなどのパフォーマンスにより人気になりました。

 

▼マセラティ・クアトロポルテ(4代目)

Quattroporteiv.JPG

4代目はフィアット傘下となったマセラティが1994年に発表。

 

デザイナーにマルチェロ・ガンディーニを起用し、全長4550mmと、歴代クアトロポルテで最もコンパクトなボディを採用。

 

V型8気筒3.2Lツインターボエンジンを搭載することで、最高速度は275km/Lまで引き上げられました。

 

▼マセラティ・クアトロポルテ(5代目)

Maserati Quattroporte (IAA 2005).jpg

5代目は2004年、4代目の生産終了から3年ぶりに設定され、デザインをピニンファリーナに在籍していた奥山清行氏が担当。

 

フィアット傘下でマセラティの親会社となっていたフェラーリからくる技術を採用し、エンジンには400馬力を出力するV型8気筒4.2L、トランスミッションにはセミオートマチックトランスミッションも設定されました。

 

▼マセラティ・クアトロポルテ(6代目)

Maserati Quattroporte VI 01 Avignon Motor Festival 2013-03-23.jpg

現行モデルとなる6代目は2013年に登場。

 

新世代のデザインやV型8気筒3.8Lターボエンジンを搭載する「クアトロポルテGTS」も設定され、その走行性能が強化されました。

 

新型マセラティ・クアトロポルテについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。