車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型TJクルーザー最新情報】2019年10月発表!3列シート7人乗りサイズ、ハイブリッド燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190304094901j:plain

トヨタが、SUVミニバンの新モデルとなる「TJクルーザー」発売を予定しています。

 

トヨタの新しい主力ミニバンとなる新型TJクルーザーの日本発売日、価格やスペックなどを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】SUVミニバン!トヨタ新型TJ CRUISER発売へ!

▼トヨタ新型TJクルーザーの画像

f:id:carislife:20190304094901j:plain

トヨタがミニバンの新モデルとなる「TJクルーザー」の発売に向け、開発を進行しています。

 

トヨタTJクルーザーは、東京モーターショー2017にてプレビューモデルが公開されたクロスオーバーミニバンで、使い勝手のよいミニバンの大きな室内空間に、SUVの高い走破性能をあわせたモデルとなっています。

 

車名の「Tj CRUISER」の由来は、アクティブに“使い倒せる”TOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタのSUVラインアップに伝統的に使用されてきた「CRUISER」をあわせたものとなっています。

 

新型TJクルーザーは、人気の高まっているSUVにさらなる使い勝手をプラスしたモデルとしてラインナップされます。

 

▼トヨタ新型TJクルーザーの動画

▼トヨタ・ハリアー

【トヨタ新型ハリアー最新情報】フルモデルチェンジ!ハイブリッド/ターボ燃費、サイズ、価格は?

 

トヨタ新型TJクルーザーの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型TJクルーザーの特徴

  • バンの積載性能とSUVの力強いデザインを融合させたクロスオーバーモデルとしてラインナップ
  • 新世代プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用
  • 新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(ガソリン車)および「新型E-Four」(ハイブリッド車)を採用
  • 熱効率をあげた最新のハイブリッドパワートレインにより燃費を向上
  • 安全装備に第2世代「Toyota Safety Sense」を採用
  • ボンネットとルーフ、フェンダーなどに、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用

 

トヨタ新型TJクルーザーの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20190304094901j:plain

f:id:carislife:20190304095854j:plain

トヨタ新型TJクルーザーの外装は、バンのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューが融合されています。

 

f:id:carislife:20190304095847j:plain

f:id:carislife:20190304095850j:plain

悪路での使いやすさを高めるため、ボンネットやルーフ、フェンダーなどには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用。

 

リアは、バックドア開口スペースを広く取ることで、自転車などの大きな荷物の出し入れも簡単に行えるように設計されます。

 

トヨタ新型TJクルーザーのボディサイズは?

f:id:carislife:20190304100343j:plain

▼トヨタ新型TJクルーザーのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4300×1775×1620mm
  • ホイールベース:2750mm
  • 参考
    ・トヨタ・RAV4
     全長×全幅×全高:4595×1855×1700mm
     ホイールベース:2690mm
    ・トヨタ・ハリアー
     全長×全幅×全高:4720×1835×1690mm
     ホイールベース:2660mm
    ・トヨタ・C-HR
     全長×全幅×全高:4360×1795×1550~1565mm
     ホイールベース:2640mm

トヨタ新型TJクルーザーのボディサイズは、全長が4.3mとコンパクトサイズになることが発表されています。

 

このサイズは、トヨタのコンパクトSUVとしてラインナップされているC-HRより全長が短縮されていますが、全高を1620mmまで高めたスクエアボディとすることで、広い室内空間が確保されます。

 

プラットフォームには最新の「TNGA」を採用することで、ホイールベースはRAV4より長い2750mmとされ、荷物の積み込みが多くなる後部の空間も使いやすい設計となります。

 

トヨタ新型TJクルーザーの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171006/20171006133653.jpg

新型TJクルーザーの内装は、高い機能性と最新ミニバンとしての上質感を両立した仕上げとなります。

 

インテリアラインは水平基調とされ、横長の大型ディスプレイを装備することで、多彩な情報をわかりやすく表示。  

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171006/20171006133656.jpg

ラゲッジスペースは、フラットになる助手席の採用や室内空間の効率化などにより、ロングサーフボードや自転車など、約3メートルもの大きな荷物の積み込みに対応。

 

座席シートの裏側やデッキボードなどには多数の固縛ポイントが設けられ、小さな荷物から長尺物までを自由に固定。

 

運転席側の後部座席はシートクッションを前側に立てることで、買い物袋などの荷物を置けるスペースを確保されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171006/20171006133710.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171006/20171006133649.jpg

シートレイアウトはプレビューモデルで4人乗りとされていましたが、市販モデルでは2列シート5人乗りのほか3列シート7人乗りも設定され、乗車人数を重視した選択もできるようになります。

 

▼トヨタ新型TJクルーザーの室内サイズ

  • 乗車人数
    ・2列シート5人乗り
    ・3列シート7人乗り

 

トヨタ新型TJクルーザーのパワートレインとスペックは?

▼トヨタ製Dynamic Force Engine(2.5L)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031104120.jpg

▼トヨタ新型TJクルーザーのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン車】
    直列4気筒2L「Dynamic Force Engine」エンジン
    出力:171ps/21.1kgm
    トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」
  • 【TJクルーザーハイブリッド】
    直列4気筒1.8L+電気モーター
    エンジン出力:98ps/14.5kgm
    モーター出力:72ps/16.6kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD

新型TJクルーザーには、新世代の直列4気筒2Lガソリン「Dynamic Force Engine」と、プリウスにも搭載されている1.8Lハイブリッド仕様が搭載されます。

 

▼Dynamic Force Engine解説動画 

「Dynamic Force Engine」は、先に日本に導入された「RAV4」に採用されたTNGAに基づいて新開発されたエンジンで、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成。

 

▼トヨタ「Direct Shift-CVT」の技術解説動画

また、ガソリン車のトランスミッションには新開発の「Direct Shift-CVT」を採用し、従来のベルトとプーリーによる駆動に加え、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

 

CVT本来のスムーズな走りはそのままに燃費性能を向上し、走行シーンに応じた気持ちの良い走りに仕上げられます。

 

▼トヨタRAV4

【トヨタ新型RAV4最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!TRDカスタム、価格、3列シート7人乗り、ハイブリッド燃費は?

 

トヨタ新型TJクルーザーの4WD「Dynamic Torque Vectoring AWD」とは?

▼トヨタ「Dynamic Torque Vectoring AWD」&「新型E-Four」解説動画

トヨタ新型TJクルーザーには、ガソリン車の上位グレードに、新開発した4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が採用されます。

 

▼ダイナミックトルクベクタリングAWD

f:id:carislife:20180328145713j:plain

「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、前後および後輪の左右駆動力を最適に制御する「トルクベクタリング機構」を搭載することで、コーナリングや悪路走行時においても優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮。

 

また、2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動系の回転を停止させて燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載されます。

 

▼新型E-Four

f:id:carislife:20180328145716j:plain

新型TJクルーザーではこの他にも、ハイブリッド車に「新型E-Four」を採用。

 

電気で駆動する後輪の最大トルクを従来型の1.3倍に増加させ、運転条件に応じて前後のトルク配分を100対0から20対80まで可変することで、高い走破性と優れた操縦安定性が実現されます。 

 

トヨタ新型TJクルーザーのプラットフォームは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031100916.jpg

新型TJクルーザーのプラットフォームには、トヨタの新世代「TNGA」が採用されます。

 

TNGAは「TOYOTA New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字で、プラットフォームのほか、トヨタの新しい車づくりの進め方を示すものとされ、特徴は下記の通りです。

  • 部品・ユニットをグループ化して共用化を推進
  • エンジン熱効率やトランスミッション伝達効率を向上させ、燃費を約25%、動力性能を約15%アップ
  • 新プラットフォームは、低重心、軽量をすすめ、クラストップレベルの低重心により運動性能を向上
  • 骨格構造を最適化することで、ボディ剛性を従来比30%~65%向上

新型TJクルーザーでは、これまでプリウス、C-HR、カムリなどに採用されてきたTNGAプラットフォームを採用することで、走行性能や燃費性能をアップ。

 

フレーム構造も最新の技術で最適化されることでボディ剛性が大幅にあがり、負荷が大きくなる悪路走行での接地性や乗り心地も向上します。

 

トヨタ新型TJクルーザーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型TJクルーザーの燃費

  • 2.5Lハイブリッド:22.0km/L
  • 2.5Lガソリン:18.0km/L

新型TJクルーザーの燃費は、新世代の直列4気筒2.5Lハイブリッドシステムにより高められます。

 

新型TJクルーザーハイブリッドは、最新のTNGAプラットフォームとコンパクトな車体により、22.0km/Lほどが見込まれています。

   

トヨタ新型TJクルーザーの安全装備は?

トヨタ新型TJクルーザーの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が採用されます。

 

第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されました。

 

また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。

  

さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」を採用。

 

これまで上位モデルに採用されていたトヨタセーフティセンスPから、予防安全装備を充実させ安全運転支援が強化されています。

 

▼トヨタセーフティセンス第2世代と前世代セーフティセンスPの性能比較

f:id:carislife:20171225174631j:plain

 

トヨタ新型TJクルーザーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型TJクルーザーの価格

  • 2.5Lガソリン:250万円~
  • 2.5Lハイブリッド:300万円~

トヨタ新型TJクルーザーは、主力コンパクトミニバンとして価格が抑えられます。

 

2.5Lガソリン車は250万円、TJクルーザーハイブリッドは300万円ほどが見込まれ、クロスオーバーミニバンとして魅力がアピールされます。

  

トヨタ新型TJクルーザーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型TJクルーザーは、2019年10月に発表、2020年初の発売が予定されています。

 

販売店はトヨタ系列チャネルの取扱車統一の流れから系列ディーラー全店となり、販売が強化される予定です。

 

トヨタは、人気になっているクロスオーバーモデルにミニバンのボディタイプを設定することで、新しいユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

トヨタ新型TJクルーザーのライバルは?

▼三菱デリカD:5

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181121/20181121135120.jpg

トヨタ新型TJクルーザーのライバル車には、三菱がラインナップする「デリカD:5」や都市型ミニバンが設定されています。

 

三菱デリカD:5は全長が4800mmと新型TJクルーザーより上位クラスになりますが、オフロードミニバンとして長期間販売が継続されており、コンセプトが近いTJクルーザーが強く意識するモデルになっています。

 

トヨタは新型TJクルーザーで、コンパクトボディならではの軽快さや燃費性能の良さに加え、空間効率を高めた車体設計による使いやすさもアピールすることで、ミニバンでアウトドアレジャーを楽しむユーザーなどに魅力を発信していきたい考えです。

 

新型トヨタTJクルーザーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。