車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【MINI新型クラブマン最新情報】マイナーチェンジ発表!JCWやディーゼル、価格、燃費、発売日は?

f:id:carislife:20190515084606j:plain

MINIが、ワゴンモデル「MINIクラブマン」のマイナーチェンジを発表しました。

 

改良によりスタイルと性能を伸ばした新型MINIクラブマンについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅スペックアップ!BMW新型MINIクラブマンJCWのマイナーチェンジ発表!

▼BMW新型MINIクラブマンジョンクーパーワークスの画像

f:id:carislife:20190515084620j:plain

BMWがマイナーチェンジした「MINIクラブマンジョンクーパーワークス」を公開しました。

 

BMW・MINIは現行モデルが3代目となっており、「MINIクラブマン」はブランドのワゴンモデルとしてラインナップされ、その高い使い勝手が人気になっています。

 

マイナーチェンジした新型MINIクラブマンジョンクーパーワークスは、先に改良されていたベースモデルからくる改良のほか、大幅にスペックアップしたエンジンを搭載し、走行性能をアップしています。

 

▼BMW新型MINIクラブマンジョンクーパーワークスの動画

▼MINIクロスオーバー

【MINI新型クロスオーバー最新情報】マイナーチェンジ発表!ディーゼル、PHEV燃費、価格、発売日は?

▼MINIハッチバック/コンバーチブル

【BMW新型MINI最新情報】3ドア/5ドア/コンバーチブルをマイチェン日本発売!JCWやディーゼル、価格、燃費は?

▼MINI電気自動車

【新型MINIクラブマン E最新情報】EV電気自動車!クーパーS E、航続距離や充電時間、サイズ、価格、発売日は?

 

BMW新型MINIクラブマンの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型MINIクラブマンの変更点

  • 最新の外装デザインを採用し、より特徴あるスタイルに仕上げ
  • 「クラブマンジョンクーパーワークス」に、70馬力アップし306馬力を出力する2Lターボエンジンを搭載
  • トランスミッションを改良し、7速AT、8速ATを採用
  • 10mm車高をダウンするスポーツサスペンション、2モード選択アダプティブサスペンションを設定

 

BMW新型MINIクラブマンの外装(エクステリア)デザイン

▼新型MINIクラブマンの画像

f:id:carislife:20190417084604j:plain

BMW新型MINIクラブマンの外装は、スタイルや丸形ヘッドライト、六角形のグリルといった“MINIらしさ”を維持しながら、細部を変更することでより特徴的なデザインになっています。

 

f:id:carislife:20190417084839j:plain

ヘッドライトには、丸形を強調するLEDデイライトランニングライトを標準装備。

 

グリル内の水平のラインはこれまでの上部のほか、下部にまで拡大。

 

f:id:carislife:20190417084608j:plain

リアコンビネーションランプには、ユニオンジャックのデザインが採り入れられています。

 

▼新型MINIクラブマンSの画像

f:id:carislife:20190417083109j:plain

f:id:carislife:20190417084703j:plain

f:id:carislife:20190417084700j:plain

スポーツモデルとなる新型MINIクラブマンSでは、専用バンパーなどのほか、ボンネットにエアスクープがプラスされ、アグレッシブなデザインに仕上げられています。

 

新型MINIクラブマンではホイールのデザインも大幅に変更され、標準で16または17インチを採用しますが、オプションで18インチと19インチサイズの軽量ホイールもラインナップされています。

 

f:id:carislife:20190417084630j:plain

 

BMW新型MINIクラブマンを前モデルと比較!

▼MINI5ドア(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160120/20160120200440.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150624/20150624205141.jpg

BMW新型MINIクラブマンを前モデルと比較すると、改良により追加されたアクセントが際立ちます。

 

前モデルでは親しみやすさを重視したスタンダードなスタイルとされていましたが、新型MINIクラブマンではクラシックMINIからくるカスタム要素を取り入れたユニークなデザインになっています。

 

最上位!BMW新型MINIクラブマンJCW設定!

▼新型MINIクラブマンJCWの画像

f:id:carislife:20190515084606j:plain

新型MINIクラブマンには、ハイパフォーマンスモデルとなる「ジョンクーパーワークス(JCW)」が設定されました。

 

改良された新型MINIクラブマンJCWは、エンジンをこれまでと同じ2Lターボとしながら、BMWの最新コンパクトクーペの上位モデル「X2 M35i」に採用された最新型に変更することで、70psものアップになる306psを出力。

 

f:id:carislife:20190515084915j:plain

f:id:carislife:20190515084912j:plain

駆動システムは8速ATに4WDをあわせ、専用の足回りや大容量ブレーキシステムなどによりチューニング。

 

エキゾーストは新デザインのデュアルタイプとされています。

 

インテリアにはJCWモデル独自のスポーツシートなどを採用し、走りを楽しむことができるように仕上げられています。

 

▼BMW X2

【BMW新型X2最新情報】日本発売!サイズ、価格、ディーゼル燃費は?

  

BMW新型MINIクラブマンのボディサイズは?

f:id:carislife:20180517080057j:plain

▼BMW新型MINIクラブマンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4253×1800×1441mm
  • ホイールベース:2670mm
  • ※参考
    【MINI3ドア】
     全長×全幅×全高:3835×1725×1430mm
     ホイールベース:2495mm
    【MINI5ドア】
     全長×全幅×全高:4000×1725×1445mm
     ホイールベース:2565mm
    【MINIコンバーチブル】
     全長×全幅×全高:3835×1725×1415mm
     ホイールベース:2495mm

BMW新型MINIクラブマンのボディサイズは、5ドアモデルをベースに延長されています。

 

5ドアモデルと比較すると全長は+253mm、ホイールベースは+105mmとされ、大きな荷室が確保されています。

 

BMW新型MINIクラブマンの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190417085718j:plain

f:id:carislife:20190417085721j:plain

BMW新型MINIクラブマンの内装は、改良によりデザイン性がアップしています。

 

f:id:carislife:20190417085711j:plain

レザートリムには、新しくモルトブラウン、インディゴブルー、サテライトグレーのレザーを設定。

 

標準のインフォテインメントディスプレイは6.5インチのままとなっていますが、オプションで8.8インチへのアップグレードに対応しています。

 

f:id:carislife:20190417085715j:plain

f:id:carislife:20190417085725j:plain

f:id:carislife:20190417085728j:plain

室内空間は5ドアから延長された車体により拡大され、最大の魅力となるラゲッジスペースは標準時で360L、後席を収納することで最大1250Lを利用することができるようになっています。

 

▼BMW新型MINIクラブマンの室内サイズ

  • 【MINIクラブマン】
    乗員:5人乗り
    ラゲッジ容量:360L(最大1250L)
  • 【MINI3ドア】
    乗員:4人乗り
    ラゲッジ容量:211L
  • 【MINI5ドア】
    乗員:5人乗り
    ラゲッジ容量:278L
  • 【MINIコンバーチブル】
    乗員:4人乗り
    ラゲッジ容量:通常時215L、オープン時160L

 

BMW新型MINIクラブマンのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20190417090620j:plain

▼BMW新型MINIクラブマンのエンジンとスペック

  • 【クーパー】
    直列3気筒1.5Lガソリンターボ
    出力:136ps/22.4kgm
  • 【クーパーD】
    直列4気筒2Lディーゼル ターボ
    出力:150ps/33.7kgm
  • 【クーパーS】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:192ps/28.6kgm
  • 【ジョンクーパーワークス】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:306ps/45.9kgm
    0-100km/h加速:4.9秒
  • トランスミッション:6速MT or 7速AT or 8速AT
  • 駆動方式:FF or 4WD

BMW新型MINIクラブマンには、1.5Lから2Lのガソリンとディーゼルのターボエンジンが用意され、多彩なスペックから選択することができるようになっています。

 

改良ではトランスミッションが変更され、以前6速ATだったモデルに素早い手動変速にも対応する7速AT「Steptronic」を採用。

 

最上位モデルのクラブマンJCWは、BMW「X2 M35i」に搭載されていた最新の2Lターボエンジンを搭載することでスペックを231ps/32.6kgmから306ps/45.9kgmにまで大幅にアップ。

 

走行システムは8速ATと4WDを組み合わせ、0-100km/h加速タイムは従来型に比べて1.4秒も短縮されています。

 

その他、新型MINIクラブマンには、足回りに10mm車高をダウンするスポーツサスペンションを設定。

 

さらに、コンフォートとスポーツの2モードから選択できるアダプティブサスペンションも用意されました。

 

BMW新型MINIクラブマンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

BMW新型MINIクラブマンは、最新のオートマチックトランスミッションの採用により前モデルから改善します。

 

前モデルでは1.5Lガソリンエンジンが低燃費となっており17.1km/Lでしたが、新型MINIクラブマンでは18km/Lほどの数値が見込まれています。

 

▼参考:MINIクラブマンの燃費(前モデル)

  • 1.5Lガソリン:17.1km/L
  • 2Lディーゼル:16.6km/L

  

BMW新型MINIクラブマンの安全装備は?

f:id:carislife:20180517094300j:plain

BMW新型MINIクラブマンの安全装備には、駐車をアシストするパーキング・アシストなどのシステムが採用されています。

 

その他、車体全部に取り付けられたカメラにより危険や車線逸脱を検知した場合は、ブレーキやスタビリティコントロールを制御することで回避がサポートされます。

 

BMW新型MINIクラブマンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

BMW新型MINIクラブマンの価格は、パワートレインのアップデートにより前モデルからアップします。

 

前モデルはエントリーグレードの「ONE」が322万円、量販グレードの「クーパー」が378万円からとされ、4WDモデルの「ALL4」も設定されていました。

 

新型MINIクラブマンでは20万円ほどの変更になるとみられています。

 

▼参考:BMW MINIクラブマンの価格(前モデル)

  • MINI ワン クラブマン:322万円
  • MINI クーパー クラブマン:378万円
  • MINI クーパー S クラブマン:416万円
  • MINI クーパー S クラブマン ALL4:443万円
  • MINI クラブマン ジョンクーパーワークス:538万円

 

BMW新型MINIクラブマンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたBMW新型MINIクラブマンは、ベースモデルが2019年4月に開催された上海モーターショーで、上位モデルのJCWが5月14日に公開されました。

 

欧州では2019年後半から販売が開始され、日本発売日は2020年になるとみられています。

 

MINIは、5ドアハッチバックに匹敵する人気モデルになっているクラブマンを改良することで、MINIの魅力をユーザーにアピールしていく予定です。

 

BMW・MINIを「おさらい」

Mini One (R50) – Frontansicht, 12. Juni 2011, Düsseldorf.jpg

BMW・MINIは、初代が2001年に登場したプレミアムコンパクトブランドです。

 

1994年に、BMWが「MINI」の権利を持つ英国「ローバー」を傘下に収めたことで開発が始まりました。

 

当初はローバーが中心となって開発が進行されましたが、ローバーの経営が悪化したことからほぼ開発が終わった状態でドイツに拠点を移し、インチを使用するヤード・ポンド法から、ミリを用いるメートル法で再設計し市販されました。

 

ファンの間では、ボディサイズが小さい旧型を「クラシックMINI」、BMWが開発した新世代モデルを「BMW MINI」「ニューMINI」などとし呼び分けられています。

 

FR車を中心としたプレミアムカーを販売するBMWグループで、以前はFF車の高効率な室内空間を持つプレミアムコンパクトカーとして独自の位置づけでしたが、近年はBMWもMINIとパワートレインを共有するFF車「2シリーズアクティブツアラー」などを販売し人気になっています。

 

現行モデルの3代目BMW・MINIは2013年に登場し、型式はF54がクラブマン、F55が5ドア、 F56が3ドア、F57がコンバーチブルになっています。

 

ユーザーの要望にこたえ前モデルからボディサイズを拡大し、プレミアムコンパクトとして利便性をさらに向上したことで人気になっています。

 

BMW新型MINIクラブマンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。