New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【マイバッハ新型GLSクラス】新最高級SUV「GLS600 4MATIC」発表!最新情報、スペック、燃費、発売日、価格は?

f:id:carislife:20191121210748j:plain

メルセデス・マイバッハが、最上級SUVとなる「マイバッハGLSクラス」を発表しました。

 

最上級ブランドとして走りや質感をアップする新型マイバッハGLSクラスについて、スペックやボディサイズ、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】最上級SUV!メルセデスマイバッハ新型GLSクラス発表!

▼メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの画像

f:id:carislife:20191121210806j:plain

メルセデス・マイバッハが、新設定するSUV「マイバッハGLSクラス GLS600 4MATIC」を発表しました。

 

メルセデス・マイバッハGLSクラスは、メルセデスの最上級サブブランドである「メルセデスマイバッハ」が手がける最上級SUVモデルとして企画され、メルセデス・ベンツが販売するSUV「GLSクラス」をベースにさらなる快適性を追求。

 

専用開発のパワートレインやエクステリア、快適装備を採用することで、最高峰の魅力がつくられています。

 

▼メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの動画

▼メルセデス・ベンツGLSクラス

【メルセデス新型GLSクラス最新情報】フルモデルチェンジ!発売日やスペック、サイズ、価格、ディーゼル燃費は?

▼メルセデス・ベンツGクラス

【メルセデスマイバッハ新型Gクラス最新情報】W464型へフルモデルチェンジ!スペックや価格、日本発売日は?

 

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの変更点

  • マイバッハブランドの専用デザインを採用
  • 専用開発したV型8気筒ツインターボエンジン、48Vマイルドハイブリッド「EQ Boost」を搭載
  • 専用インテリアにより、質感を大幅に向上
  • 2列シート4人乗りをシートレイアウトを標準設定し、5人乗り仕様もラインナップ

 

独自スタイル!マイバッハ新型GLSクラスの外装(エクステリア)デザイン

▼メルセデスマイバッハGLSクラスの画像

f:id:carislife:20191121210833j:plain

f:id:carislife:20191121210852j:plain

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの外装は、マイバッハブランド独自の質感を高めたデザインとされています。

 

f:id:carislife:20191121210841j:plain

フロントには、マイバッハを象徴するルーバーグリルを採用。

 

f:id:carislife:20191121210835j:plain

f:id:carislife:20191121210838j:plain

f:id:carislife:20191121210845j:plain

f:id:carislife:20191121210843j:plain

クロームウィンドウトリムやサイドシルパネルのクロームインサート、22インチホイール(23インチをオプション設定)、Dピラーのマイバッハエンブレムにより、最高級ブランドの魅力を強調。

 

f:id:carislife:20191121210849j:plain

ボディカラーには8種類の組み合わせで提供される2トーン塗装が採用され、SUVながらメルセデス・マイバッハがラインナップするリムジンにも通じる質感がつくられています。

  

メルセデスマイバッハGLSクラスをベースモデルと比較!

▼メルセデス・ベンツGLSクラスの画像

f:id:carislife:20190416084841j:plain

f:id:carislife:20190418085710j:plain

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスを、ベースとなるメルセデスベンツGLSクラスと比較すると、大きくデザインコンセプトが変更されていることがわかります。

 

メルセデスベンツGLSクラスではオフロード走行もこなすタフさと先進性がつくられていましたが、マイバッハGLSクラスではより安定感のある上質なデザインとされています。

  

堂々!マイバッハ新型GLSクラスのボディサイズは?

f:id:carislife:20191121210916j:plain

▼メルセデスマイバッハGLSクラスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:5205×2030×1838mm
  • ホイールベース:3135mm
  • 車重:2780kg
  • ※参考
    ・メルセデスベンツGLSクラス
     全長×全幅×全高:5207×1956×1850mm
     ホイールベース:3135mm

メルセデスマイバッハ新型GLSのボディサイズは、ベースとなるメルセデスベンツGLSクラスからホイールベースが維持され基本設計は共通となっています。

 

プラットフォームには、メルセデス最新の「MHA(モジュラー・ハイ・アーキテクチャ)」が採用され、高剛性と効率のよい室内空間の獲得が可能となっています。

   

最高峰!マイバッハ新型GLSクラスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20191121211009j:plain

f:id:carislife:20191121211026j:plain

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの内装は、広い室内空間を贅沢に使うことで最上級の質感が追求されています。

 

f:id:carislife:20191121211003j:plain

ベースモデルでは3列シート7人乗りのレイアウトが採用されていましたが、マイバッハGLSクラスでは後席を2人がけとした2列シート4人乗りにシートレイアウトを変更。(5人乗りをオプション設定)

 

これにより、リアシートのレッグスペースは1103mmにまで拡大され、後席の乗員は広い空間でリラックスすることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20191121211020j:plain

インテリアトリムにはナッパレザーを採用し、パノラマサンルーフ、ヒーテッド&ベンチレーションマッサージシート、電動式リアローラーサンブラインド、後部座席用独立エアコンを装備。

 

f:id:carislife:20191121210955j:plain

f:id:carislife:20191121211014j:plain

f:id:carislife:20191121211006j:plain

後席には専用のエンターテイメントディスプレイのほか、折りたたみテーブルやシャンパンボトル用のスペースを備えた冷蔵庫が設定されています。 

 

f:id:carislife:20191121211023j:plain

ダッシュボードには、室内空間の半分もの長さになる最新のツインディスプレイを採用。

  

インフォテイメントシステムには会話をするように各機能を使うことができる「MBUX」を採用し、大型のタッチパッドや音声認識でコントロールすることができるようになっています。

   

専用開発!マイバッハ新型GLSクラスのパワートレインと走行性能は?

f:id:carislife:20191121211039j:plain

▼メルセデスマイバッハ新型GLSクラスのパワートレインとスペック

  • V型8気筒4Lガソリンツインターボ+「EQ Boost」
    出力(エンジン):558ps/74.4kgm
    出力(モーター):22ps/25.5kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 0-100km/h加速:4.9秒
  • 最高速度:250km/h
  • 駆動方式:4WD

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスのパワートレインには、専用開発されたV型8気筒4Lツインターボエンジンが搭載されました。

 

V型8気筒エンジンは6000〜6500rpmで最高出力558ps、2500〜5000rpmの幅広い領域で74.4kgmの大トルクを発揮。

 

このエンジンは48Vマイルドハイブリッドシステム「EQ Boost」と組み合わされ、低速域では22ps/25.5kgmの出力を持つモーターでアシストされます。

 

これによりマイバッハGLSクラスは2780kgの車重を持ちながら、0-100km/h加速を4.9秒で達成する瞬発力を獲得。

 

駆動システムはメルセデスの4WD「4MATIC」の最新バージョンとされ、サスペンションにはマイバッハGLSクラス専用にチューニングされ最高峰の乗り心地を提供する48ボルト「E-Active Body Controlアクティブサスペンション」が採用されています。

 

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼新型メルセデスマイバッハGLSクラスの燃費

  • 11.7L / 100km(約8.5km/L)

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの燃費は、約8.5km/Lとされました。

 

この燃費はサルーンの「マイバッハSクラス」4WDモデルの日本燃費8.4km/Lから改善しており、環境性能も重視されています。

 

▼参考:メルセデスマイバッハ新型Sクラスの燃費

  • V型8気筒4Lツインターボ
    FR:9.1km/L
    4WD「4MATIC」:8.4km/L

 

最新システム!マイバッハ新型GLSクラスの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180119/20180119104601.jpg

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの安全装備には、最新システムが採用されています。

 

機能には、車間距離を維持し追従走行を行う「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や、周辺状況を検知しステアリングアシストを行う「アクティブステアリングアシスト」などが用意され、安全性がアップされています。

 

▼メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの安全装備

  • アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
  • リモートパーキングアシスト
  • PRE-SAFE
  • インパルス・サイドアクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)
  • PRE-SAFEサウンド
  • アクティブレーンチェンジングアシスト
  • アクティブレーンキーピングアシスト
  • トラフィックサインアシスト
  • アクティブブラインドスポットアシスト
  • 緊急回避補助システム
  • 渋滞時緊急ブレーキ機能

 

高価でも抑えめ!マイバッハ新型GLSクラスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの価格と比較

  • Mercedes-Maybach GLS 600 4MATIC:約2500万円(予想値)
  • ※参考
    ・マイバッハSクラス:23,980,000円~
    ・マイバッハプルマン:88,000,000円~

メルセデス・マイバッハ新型GLSクラスの価格は、約2500万円ほどが見込まれています。

 

この価格はセダンのマイバッハSクラスより高価になりますが、ブランドで最大の室内空間を持つリムジンモデルのマイバッハ・プルマンより大幅に低価格となります。

 

メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの発売日、ライバルは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

メルセデス・マイバッハ新型GLSクラスは、2019年11月21日に発表されました。

 

販売は米国で2020年後半から開始され、日本では2021年に発売されるとみられています。

 

メルセデスは、最上級サブブランドであるマイバッハにSUVを設定することで、ベントレー「ベンテイガ」やロールスロイス「カリナン」などの最高級ブランドのSUVに対抗していきたい考えです。

 

▼ベントレー・ベンテイガ

【ベントレー新型ベンテイガ最新情報】ベンテイガスピード、W12/V8やスペック、価格、ハイブリッド燃費、ボディサイズは?

▼ロールスロイス・カリナン

【ロールスロイス新型カリナン最新情報】世界最上級SUV日本発売!価格やスペック、発売日は?

  

マイバッハを「おさらい」

▼マイバッハ・ランドレー

f:id:carislife:20180214141920j:plain

マイバッハ(Maybach)は、1909年にドイツで創業した高級車・エンジンメーカーです。

 

ダイムラー社を設立したゴットリープ・ダイムラーとエンジン研究を行っていたヴィルヘルム・マイバッハと息子のカール・マイバッハが設立し、飛行船ツェッペリン号に搭載されたV型12気筒エンジンを製作したことで知名度を高めました。

 

1920年代から1930年代には高級車の製造を行い、販売にも成功。

 

1952年のカール・マイバッハ引退にあわせ、ダイムラー・ベンツが50%の株式を所有し、後に傘下に納められました。

 

2002年に新設された「マイバッハ」ブランドとして復活し、ショートホイールベースの「57」とロングホイールベースの「62」(車名は5700mm、6200mmの車体長に由来)をラインナップ。

 

後部座席のみをソフトトップとした「マイバッハ・ランドレー」や、飛行船ツェッペリンの名前を冠したモデルも設定。

 

しかし2012年に、ロールスロイスやベントレーといった競合との販売に苦戦していたことからブランドを廃止。

 

2014年にメルセデスの最上級サブブランド「メルセデス・マイバッハ」として再度復活し、メルセデス・ベンツSクラスをベースとしたリムジンやカブリオレのほか、Gクラスベースのランドレーを販売しました。

 

▼メルセデス・マイバッハG650ランドレー

G500 4x4²をオープン化!マイバッハ「G650 ランドレー」限定生産

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170213/20170213153150.jpg

▼メルセデス・マイバッハS650カブリオレ

最上級オープン!メルセデスマイバッハ S650 カブリオレ 4台限定日本発売 価格4420万円

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161116/20161116183954.jpg

新型マイバッハGLSクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。