車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【メルセデス新型GLSクラス最新情報】フルモデルチェンジ発売日やスペック、サイズ、価格、燃費、AMGは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151104/20151104210323.jpg

メルセデス・ベンツが、最上級SUVとなるGLSクラスのフルモデルチェンジを控えています。 

 

最新モデルとなり、さらに走りや質感をアップする新型GLSクラスについて、スペックやボディサイズ、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】メルセデスベンツ新型GLSクラスにマイバッハも登場へ!

▼メルセデスマイバッハGLSクラスの予想CG画像

f:id:carislife:20180322091150j:plain

f:id:carislife:20180322091152j:plain

メルセデス・ベンツがフルモデルチェンジに向け開発を進行しているSUV「GLSクラス」に、最上級サブブランド「メルセデス・マイバッハ」モデルの設定を予定しています。

 

メルセデス・ベンツGLSクラスは、先にフルモデルチェンジが発表されたGクラスがブランド最強のオフローダーとされるのに対し、最上級のSUVとして快適な乗り味や使い勝手が追求されているモデルです。

 

新型GLSクラスでは、フラッグシップサルーンのSクラスにも用意されているメルセデス・マイバッハ仕様が設定され、他の高級SUVと競うモデルになります。

 

▼メルセデス・ベンツGクラス

【メルセデスベンツ新型Gクラス最新情報】W464型へフルモデルチェンジ!スペックや価格、日本発売日は?

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスベンツ新型GLSクラスの変更点

  • 新型プラットフォームを採用し、ボディサイズを拡大しながらも軽量化
  • ハイパフォーマンスなAMGモデル、最上級のマイバッハモデルを設定
  • プラグインハイブリッドパワートレインを搭載
  • 最新のインフォテインメントシステムを採用

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180730092618j:plain

f:id:carislife:20180124094539j:plain

f:id:carislife:20180124094548j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスの外装は、最新のスクープ画像からフルサイズSUVとして堂々の存在感をもったスタイルになることがわかっています。

 

ブランドの最新デザインコンセプトが採用されることで、大柄な車体ながら先進性が感じられるスタイルとされます。

 

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスのスクープ動画

 

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスを現行モデルと比較!

▼メルセデス・ベンツGLSクラス(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151104/20151104210320.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151104/20151104210322.jpg

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスを現行モデルと比較すると、細部が見直され、より滑らかなボディラインになっていることがわかります。

 

大きな室内空間を確保するために、全体のバランスも最適化されています。

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスのボディサイズは?

f:id:carislife:20180124094545j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLSのボディサイズは、メルセデス・ベンツの最新プラットフォーム「MHA(モジュラー・ハイ・アーキテクチャ)」を採用することにより、拡大されながらも、現行モデルより軽量化されます。

 

車重は現行モデルから120kg軽くなるとみられ、走行性能と燃費をアップすることになります。

 

▼参考:メルセデス・ベンツGLSクラスのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高:5130×1935×1850mm
  • ホイールベース:3075mm
  • 最低地上高:200mm
  • 車重:2540kg

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの内装(インテリア)デザイン

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスのスクープ画像

f:id:carislife:20180807072913j:plain

f:id:carislife:20180807072916j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLSの内装には、ダッシュボードの半分もの長さになる最新のツインディスプレイが採用されます。

 

ツインディスプレイは、ドライバー前のディスプレイにスピードやエンジン回転数などの情報を表示。

 

センターのディスプレイには車両状況を表示することで、ドライバーが安心して運転することができるようになっています。

  

▼メルセデス・ベンツGLSクラス(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151104/20151104210325.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151104/20151104210330.jpg

室内空間は、ボディサイズの拡大によりさらに大きくなり、ラインナップが予定されている最上級メルセデスマイバッハGLSクラスで他ブランドの高級SUVと競うことができる余裕を確保。

 

後席は3列シート7人乗りとなるレイアウトでも余裕があるレッグルームと頭上スペースがとられ、SUVで魅力になるラゲッジ容量も 大きなものになります。

 

▼参考:メルセデス・ベンツGLSクラスの室内サイズ(現行モデル)

  • ラゲッジ容量:680~2300L
  • 乗員:7人乗り

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180124101618j:plain

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスのパワートレインとスペック

  • 直列6気筒3Lガソリンターボ
    出力:435ps/53.0kgm
  • V型6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:258ps/63.2kgm
  • メルセデスAMG GLS63
    V型8気筒4Lガソリンターボ
    出力:600ps
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスのパワートレインには、最新の直列6気筒3LガソリンターボエンジンからV型6気筒3Lのディーゼルなど、多彩なラインナップが用意されます。

 

ハイパフォーマンスモデルとなるAMG GLS63は、現行モデルに搭載されている5.5Lターボエンジンから4Lに排気量を縮小しながらも、最高出力は585psから600ps以上にアップ。

 

AMGモデルのエンジンは、最上級モデルとなるメルセデスマイバッハGLSクラスにも搭載。

 

トランスミッションには9速ATを組み合わせ、駆動方式はメルセデス・ベンツの4WDシステム「4MATIC」となります。

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスにPHV(プラグインハイブリッド)モデルを設定!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171215/20171215142848.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスPHVのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列6気筒3Lガソリンターボ+電気モーター
  • 最高出力:400ps以上
  • EV航続距離:50km
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスには、プラグインハイブリッドモデルが設定されることが判明しています。

 

GLSクラスPHVは、パワートレインに新開発の直列6気筒3Lガソリンターボエンジンを搭載し、電気モーターと組み合わせ。

 

EV航続距離は大柄な車体ながら他モデル同様の50kmが確保され、実用性も充分なモデルに。

 

電気自動車や電動パワートレインにちからを入れることを発表しているメルセデス・ベンツの最上級ラインナップになります。

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスの燃費(予想値)

  • 3Lディーゼル:13.0km/L
  • 3Lプラグインハイブリッド:45km/L(充電電力使用時)

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスは、車体サイズを大きくしながらも100kg以上軽量化されることで、現行モデルの最高燃費12.4km/Lから燃費を改善するとみられています。

 

新設定されるGLS PHVは、モデルトップの環境性能を持つモデルとして設定されます。

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180119/20180119104601.jpg

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスの安全装備には、ブランドの最上級モデルとして、Sクラスセダンにも搭載されている最新システムが採用されます。

 

機能には、車間距離を維持し追従走行を行う「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や、周辺状況を検知しステアリングアシストを行う「アクティブステアリングアシスト」などが用意されます。

 

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスの安全装備

  • アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
  • リモートパーキングアシスト
  • PRE-SAFE
  • インパルス・サイドアクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)
  • PRE-SAFEサウンド
  • アクティブレーンチェンジングアシスト
  • アクティブレーンキーピングアシスト
  • トラフィックサインアシスト
  • アクティブブラインドスポットアシスト
  • 緊急回避補助システム
  • 渋滞時緊急ブレーキ機能

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型GLSクラスの価格(予想値)

  • 1150万円~

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスの価格は、車体サイズを拡大しさらなる上級モデルを意識することで、現行モデルの1091万円から価格をアップすると考えられています。

 

最上級モデルとして用意されるメルセデスマイバッハGLSクラスは、2500万円ほどから用意され、ベントレー初のSUVとして販売されているベンテイガをライバルとします。

 

▼ベントレー・ベンテイガ

【ベントレー新型ベンテイガ最新情報】初SUV!W12/V8のスペックや価格、燃費、ボディサイズは?

 

メルセデスベンツ新型GLSクラスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

メルセデス・ベンツ新型GLSクラスは、現行モデルのビッグマイナーチェンジから4年となる2019年の発表が予定されています。

 

日本発売日は2019年後半になるとみられ、プラグインハイブリッドモデルをラインナップすることでクロスカントリーモデルのGクラスとは違う魅力をアピールします。

 

メルセデスベンツGLSクラスを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151104/20151104210321.jpg

メルセデス・ベンツ・GLSクラス(Mercedes-Benz GLS-Class)は、2015年に初代となる現行モデルが登場したSUVです。

 

車格をわかりやすくすることを目的としたメルセデス・ベンツのネーミングルール変更により、それまで販売されていた「GL」のモデル名がブランドのSUVの最初につけられることになったため(GLA、GLCなど)、マイナーチェンジながら後継モデルとして登場。

 

最上級の「Sクラス相当のSUV」としてGLSと名付けられました。

 

3列シート7人乗りでも快適に過ごすことができる大きな車体により、メルセデス・ベンツは「ファーストクラスSUV」と特徴を表現。

 

製造が行われている北米を中心に、大きな室内空間を求めるユーザーに人気のSUVになっています。

 

新型GLSクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!