New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【メルセデス新型EQS SUV】「最上級7人乗りEV SUV!」2023年5月29日日本発売!最新情報、マイバッハEQS、充電時間/航続距離、価格は?

メルセデス・ベンツが、電気自動車ブランド「EQ」の最上級SUVとなる「EQS SUV」の日本発売を発表しました。

 

ブランドを牽引するモデルになる新型EQS SUVについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】最上級EV SUV!メルセデス「新型EQS SUV」日本発売!

▼メルセデスEQS SUVの画像

メルセデス・ベンツが、新モデル「EQS SUV」の日本発売を発表しました。

 

メルセデスベンツEQS SUVは、電気自動車ブランド「メルセデスEQ」の最上級モデルとして企画され、同格のサルーン「EQS」のSUVバージョンとして制作されています。

 

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVは、107.8kWhの大容量バッテリーを搭載することにより、航続距離を最大593kmまで延長。

 

内装には56インチ幅になる「MBUXハイパースクリーン」が設定され、3列シートにより7人乗りにも対応することで使い勝手も高められています。

 

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVは2023年5月29日に日本発売。価格は15,420,000円~19,990,000円とされています。

 

▼メルセデスEQS SUVの動画

▼メルセデスEQS(サルーン版)

【メルセデス新型EQS】最上級EVサルーン発売!最新情報、充電時間/航続距離、価格、発売日は?

▼メルセデスEQE SUV

 【新型EQE SUV】「上級EV SUV!」最新情報、充電時間/航続距離、価格は?

 

メルセデスベンツ新型EQS SUVの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスベンツ新型EQS SUVの特徴

  • 電気自動車ブランド「メルセデスEQ」のフラッグシップSUV
  • 高い走行性能を発揮する最新パワートレインを搭載
  • 幅141cmの大型「MBUXハイパースクリーン」をオプション設定
  • ブランドの独自性を持った最新デザインを採用
  • 大容量バッテリーにより、長い航続距離を獲得
  • 3列シート7人乗りに対応

 

1542万円から!メルセデスベンツ新型EQS SUVの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型EQS SUVの価格

  • EQS 450 4MATIC SUV:15,420,000円
  • EQS 580 4MATIC SUV Sports:19,990,000円

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVの価格は、1542万円からとされています。

 

先に発表されていたサルーンの「EQS」は1563万円からとされていましたが、新型EQS SUVではスタート価格がダウンしています。

 

新型EQS SUVを試乗動画でチェック!

 

力強く!新型EQS SUVの外装(エクステリア)デザイン

▼メルセデスベンツ新型EQS SUVの画像

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVの外装には、メルセデスEQブランド独自の先進的デザインが採用されています。

  

フロントは電動パワートレインの採用により冷却が少なくてすむようになることから、デザインの重心を低くし、バンパーなどの開口部は小さくスマートに。

 

ボディタイプは、リアウィンドウの傾斜を大きくすることでクーペスタイルも取り入れ、SUVながらCd値を0.26までダウンすることにより航続距離も延長されています。

  

広く!新型EQS SUVのボディサイズは?

▼メルセデス新型EQS SUVのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:5130×2035×1725mm
  • ホイールベース:3210mm
  • 乗員:7人乗り
  • ※参考
    ・メルセデスGLEクラス
     全長×全幅×全高:4924×1947×1772mm
     ホイールベース:2995mm
    ・メルセデスGLSクラス
     全長×全幅×全高:5207×1956×1850mm
     ホイールベース:3135mm

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVのボディサイズは、内燃機関を搭載したフラッグシップSUV「GLSクラス」より全長が抑えられています。

 

しかし、ホイールベースは延長され、配置の自由度が高い電動パワートレインの採用により、7人乗りに対応する空間が確保されています。

 

最新装備!新型EQS SUVの内装(インテリア)デザイン

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVの内装には、最新のデジタルメーターやインフォテインメントシステムが採用され、新世代のデザインとなっています。

 

ディスプレイには、3つのOLEDディスプレイにより56インチ幅、141cmにもなる大型の「MBUXハイパースクリーン」を設定。

 

「MBUXハイパースクリーン」には、8個のCPU、24GBのRAM、最新のMBUXインフォテインメントシステムが搭載され、助手席で映画なども楽しむことができるように。

 

ドライバーが走行中に助手席のディスプレイを覗き込んだことを室内のカメラが検知するとディスプレイが暗くなる、安全機能も搭載されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200709/20200709063346.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200709/20200709063348.jpg

その他、新型EQS SUVでは、ヘッドアップディスプレイにより仮想的に10m先に映像を表示するAR(拡張現実)ナビゲーションに対応。

 

2列目シートは、前後130mmの電動スライド機能を標準装備し、ゆったりしたスペースを確保しているほか、バックレストには電動リクライニング機能を採用。

 

さらに、シートヒーターを備えた3列目シートも標準装備。

 

ラゲッジルームは、2列目シートより後ろで最大800L、2列目シートを倒すと2,020Lとなり、7座席全てを使用する場合でも3列目シート後方に195Lのスペースが確保されています。

 

最高峰!メルセデス「新型マイバッハEQS SUV」も!

▼メルセデス・マイバッハEQS SUVの画像

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVには、メルセデスの最上級ブランド「マイバッハ」が手掛ける「マイバッハEQS SUV 680 4Matic」が公開されています。

 

新型マイバッハEQS SUVは、搭載するパワートレインの出力を658ps/96.9kgmまでアップし、0-96km/h加速タイム4.4 秒のハイパフォーマンスを実現。

 

エクステリアには、ボディを上下に塗り分ける専用のカラーやグリルなどのほか、ディスクスタイルの鍛造22インチホイールを採用。

 

室内空間でメインとなるリアシートには、ベンチレーション、マッサージ、首と肩のヒーターが装備され、ショーファーパッケージでは、リアシート使用時に助手席が自動的に前方に移動します。

 

その他、新型マイバッハEQS SUVでは、通常のコンフォートモードがマイバッハモードに変更されており、後部座席の下にある振動センサーからのデータを使用して後部座席のダンパーを制御、後席乗員の快適性を優先する設定が可能となっています。

 

▼メルセデス・マイバッハEQS SUVの動画

 

高出力!新型EQS SUVのパワートレインとスペックは?

▼メルセデス・ベンツ新型EQS SUVのスペック

▽日本仕様

  • 【EQS450 4Matic】
    電気モーター×2(4WD)
    出力:360ps/81.5kgm
  • 【EQS580 4Matic】
    電気モーター×2(4WD)
    出力:544ps/87.4kgm

▽海外仕様

  • 【EQS450+】
    電気モーター×1(RWD)
    出力:360ps/57.9kgm
  • 【マイバッハEQS680 4Matic】
    電気モーター×2(4WD)
    出力:658ps/96.9kgm

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVのパワートレインには、最新の電動パワートレインが採用されています。

 

電気モーターは海外で設定される「EQS450+」でリアに1基、他モデルでは前後1基ずつ、合計で2基を搭載し、大きなトルクによりEQS SUVを軽快に加速。

 

足回りには、アダプティブダンピングコントロールを備えたエアサスペンションが採用され、車高を最大25mmアップし走破性能を高めるほか、高速走行時には最大15mmダウンすることで空気抵抗を低減。

 

後輪には最大で10度まで変化するリアアクスルステアリングを装備し、走行安定性と都市部での取り回しのしやすが高められています。

 

593km!新型EQS SUVの航続距離、充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型EQS SUVの航続距離と充電時間

  • バッテリー容量:107.8kWh
  • 航続距離
    EQS 450 4MATIC:593km
    EQS 580 4MATIC:589km
  • 充電時間
    ・50kWタイプ
    充電時間(10%~80%):100分
    30分間での充電量(10%から開始):30%
    ・90kWタイプ
    充電時間(10%~80%):53分
    30分間での充電量(10%から開始):49%
    ・150kWタイプ
    充電時間(10%~80%):49分
    30分間での充電量(10%から開始):58%  

メルセデス・ベンツ新型EQS SUVは、107.8kWhのバッテリーを搭載することにより、航続距離が延長されています。

 

バッテリーは、150kWタイプの充電に対応することにより実用性を向上。

 

10年もしくは25万kmの性能(残容量 70%)が保証されています。

 

いつ?メルセデスベンツ新型EQS SUVの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

メルセデスEQブランドの最上級SUVモデルとして設定されたメルセデス新型EQS SUVは2022年4月19日にワールドプレミア。日本で2023年5月29日に発売されました。

 

メルセデスベンツは、多くの顧客を持つ高級SUV市場に最新の電気自動車モデルを設定することで、存在感をアップしていきたい考えです。 

  

新型メルセデス・ベンツEQS SUVについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。