New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【日産新型ノートオーラ】2021年6月「3ナンバー!新上級ハッチ!」発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?

f:id:carislife:20210107143917j:plain

日産がコンパクトカー「ノート」の上級モデルとなる「ノートオーラ」の発売を予定しています。

 

新世代装備などにより魅力をアップする日産新型ノートオーラについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】出力もアップ!日産「新型ノートオーラ」発売!

f:id:carislife:20210106212107j:plain

日産が「ノート」の上級モデルとなる「ノートオーラ(NOTE AURA)」の発売を予定しています。

 

日産ノートはブランドの主力コンパクトカーとして設定され、現行モデルは2020年11月にフルモデルチェンジし新世代となっていました。

 

新設定される新型ノートオーラでは、ボディサイズを3ナンバーに拡大し、専用のエクステリアデザインや前後LEDライト、17インチホイールを採用することで質感をアップ。

 

また、搭載する「e-POWER」ハイブリッドの出力をベースモデルの116ps/28.6kgmから136ps/30.6kgmにアップすることで、走行性能を向上。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200615/20200615221218.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200417/20200417054149.jpg

内装には、海外で新世代モデルが発表されている「エクストレイル」からくる最新の12.3インチデジタルメーターも装備することで、ナビゲーションや車両状況など、多彩な情報がわかりやすくドライバーに提供されます。

 

日産新型ノートオーラの発売日は当初2021年4月が予定されていましたが、世界的な半導体部品の供給不足から延期され、2021年6月の発売が予定されています。

 

▼日産ノート(標準モデル)

【日産新型ノート】「高出力4WD&オーテック!」2021年2月19日フルモデルチェンジ発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?

▼日産エクストレイル

【日産新型エクストレイル】「新世代装備!」フルモデルチェンジ日本発売!T33型最新情報、燃費、価格は?

 

日産新型ノートオーラの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型ノートオーラの変更点

  • 専用のエクステリアデザインを採用し、ボディサイズを3ナンバーに拡大
  • 搭載する「e-POWER」ハイブリッドの出力を向上
  • 前後LEDライトを標準採用
  • 17インチホイールを装備
  • インテリアに最新の12.3インチデジタルメーターを装備
  • BOSE製専用サウンドシステムを採用

  

存在感UP!日産新型ノートオーラの外装(エクステリア)デザイン

▼日産新型ノートオーラのCG

f:id:carislife:20210107143917j:plain

▼参考:日産ノート

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124120644.jpg

日産ノートオーラの外装は、専用のデザインを採用することで存在感のある仕上げとされます。

 

▼新型ノートオーラの特許画像

f:id:carislife:20210215060937j:plain

f:id:carislife:20210215060931j:plain

フロントは専用のグリルやグロスブラックのバンパー、”流れるウインカー”となるシーケンシャルターンランプを採用することで質感をアップ。

 

足元には、17インチホイールを装備することで引き締め。 

f:id:carislife:20210215060940j:plain

f:id:carislife:20210215060935j:plain

▼日産新型ノートオーラのスクープ動画

リアはテールランプを左右で接続し、LEDを採用することでより先進的な印象とされます。

 

3ナンバーに!日産新型ノートオーラのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124120820.jpg

▼日産新型ノートオーラのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4045×1730×1510mm
  • ホイールベース:2580mm
  • ※参考
    ・ノート(ベースモデル)
     全長×全幅×全高:4045×1695×1505~1520mm
     ホイールベース:2580mm
     車重:1190kg
     最低地上高:120mm(4WD車:125mm)

日産新型ノートオーラのボディサイズは、全幅を1700mm以上とすることで、ベースとなる「ノート」の5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに拡大されます。

 

これによりエクステリアデザインの質感を高めるとともに、より快適な乗り心地がつくられます。

 

新世代装備!日産新型ノートオーラの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124120835.jpg

日産新型ノートオーラの内装は、最新の装備を採用することにより、使い勝手と質感がアップされます。

 

▼12.3インチデジタルメーター

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200615/20200615221218.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200417/20200417054149.jpg

▼参考:ノート(標準モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124120725.jpg

メーターは、ベースモデルで採用されている7インチパネルから、海外で新世代モデルが発表されている「エクストレイル」からくる最新の12.3インチデジタルメーターに変更し、ナビゲーションや車両状況など、多彩な情報をわかりやすく表示。

 

スマートフォンとの連携も強化した9インチインフォテインメントディスプレイとあわせ、使いやすさを追求。

 

f:id:carislife:20190918093944j:plain

BOSE製の専用サウンドシステムも装備することで、よりドライブを楽しむことができるように。

 

内装には質感を高めた専用のデザインが設定され、プレミアムコンパクトとしての魅力がつくられます。

  

力強く!日産新型ノートオーラのパワートレインとスペックは?

▼日産e-POWERパワートレイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171226/20171226111430.jpg

▼日産新型ノートオーラのパワートレインとスペック

  • 【e-POWER】【改良】
    パワートレイン:電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    エンジン出力(発電用):82ps/10.5kgm
    モーター出力(駆動用)
     前輪:136ps/30.6kgm
     (※参考:ノート/標準車:116ps/28.6kgm)
     後輪(4WD車):68ps/10.2kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型ノートオーラのパワートレインには、出力をアップした第2世代「e-POWER」ハイブリッドが搭載されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171226/20171226111436.jpg

第2世代のe-POWERでは、ベースとなる「ノート」でトルクを10%、出力を6%向上させ、よりパワフルで気持ちの良い発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。

 

加えて、インバーターは、第1世代よりも40%小型化、30%軽量化し、パワートレインを軽量化するとともに室内空間を拡大しています。

 

上位モデルとなるノートオーラでは駆動用モーターの出力を標準の116ps/28.6kgmから136ps/30.6kgmにまで高めることで、余裕のある走行性能がつくられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124130120.jpg

e-POWERシステムの制御は、路面状況とロードノイズの大きさを予測しエンジンの始動を制御することで、発電を行うエンジンのノイズが車内に侵入するのを低減し、さらなる静粛性を確保。

 

▼新型ノート4WD車のシステム

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201224/20201224055935.jpg

また、4WD車に採用される後輪用モーターは出力を前モデルから大幅に引き上げ、作動する最高速度も発進加速を重視していた前モデルから全域に拡大し、幅広い走行シーンでのアシストが可能となります。

  

走り両立!日産新型ノートオーラの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型ノートオーラの燃費(WLTCモード値)

  • e-POWER
    WLTCモード値:28.5km/L
    JC08モード値:37.0km/L

日産新型ノートオーラの燃費は、ボディサイズを拡大することでベースとなる「ノート」からダウンします。

 

しかし、新世代の「e-POWER」ハイブリッドにより低下幅は抑えられ、新燃費規格WLTCモード値で28km/L以上が見込まれています。

 

▼参考:日産ノートの燃費

  • e-POWER
    WLTCモード値:29.5km/L(Fグレード以外は28.4km/L)
    JC08モード値:38.2km/L(Fグレード以外は34.8km/L)

 

プロパイロット!日産新型ノートオーラの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124121416.jpg

日産新型ノートオーラの安全装備には、一部自動運転技術「プロパイロット」が採用されます。

 

搭載されるプロパイロットはシステムを改良し、ナビとあわせカーブ前で車速を調整。

 

また、新型ノートオーラでは、標識検知機能、前方衝突予測アラート、ふらつき警報を全車に標準装備。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124121419.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201124/20201124121423.jpg

ブラインドスポットアラート&後側方衝突防止アシストも設定され、安全性が高められます。

  

アップ!日産新型ノートオーラの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型ノートオーラの価格

  • FF:260万円、4WD:280万円
    ・レザーシート仕様
     FF:275万円、4WD:295万円

日産新型ノートオーラの価格は、装備を充実することでベースとなる「ノート」からアップします。

 

アップ幅はノートの上位グレードから40万円ほどとなり、プレミアムハッチバックとしてアピールされます。

 

▼参考:日産ノートの価格

  • F:FF 2,054,800円
  • S: FF 2,029,500円、4WD 2,288,000円
  • X:FF 2,186,800円、4WD 2,445,300円

 

いつ?日産新型ノートオーラの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

日産新型ノートオーラの発売日は当初2021年4月が予定されていましたが、世界的な半導体部品の供給不足から延期され、2021年6月の発売が予定されています。

  

日産は、ノートの上級モデルとして最新の装備を採用したノートオーラを設定することで、高い技術力をアピールしていく予定です。

 

日産ノートオーラを「おさらい」

 ▼日産ノートオーラ(初代)

2005-2008 NISSAN NOTE.jpg

日産ノートオーラ(NOTE)は、初代が2004年に発売されたコンパクトカーです。

 

車名のノートオーラの由来は、英語で同じ表記の「音符」と「筆記帳」と掛け、「日常に溶け込み、使用者の生活の一部になって欲しい」という思いから採用されました。

 

世界的に販売が行われるブランドの主力モデルとされ、欧州では小型ミニバンに分類される車体サイズが確保されていることから、初代ではコンパクトカーでは排気量が大きい1.5Lエンジンがエントリーグレードになっていました。

  

2012年に2代目として登場した現行モデルでは、プラットフォームから見直し70kg軽量化するのにあわせ、エンジンの排気量を1.2Lに縮小。

 

上位グレードとして1.2Lスーパーチャージャーのパワートレインも用意され、エンジンをミラーサイクル化し電磁クラッチを持つスーパーチャージャーにより補助することで、1.2L自然吸気エンジン以上の出力と燃費が実現されました。

 

2016年のマイナーチェンジでは、1.2Lエンジンを発電機として使用し、電気モーターでのみ走行する「e-POWER」ハイブリッドを追加設定したことで、販売台数を大幅にアップ。

 

スポーツ性能を伸ばしたノートオーラニスモや、クロスオーバースタイルのノートオーラCギアなど、ユーザーニーズにこたえた多彩なモデルラインナップも人気要素になっています。

 

新型日産ノートオーラについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。