New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【日産新型アリア】2020年電気自動車SUV発表!最新情報、航続距離や充電時間、サイズ、価格、発売日は?

f:id:carislife:20191029085050j:plain

日産が、電気自動車SUV「アリア」の発売に向けて開発を進行しています。

 

新世代技術を採用する日産新型アリアについて、スペックや発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】電気自動車SUV!日産新型アリア(ARIYA)を発売へ!

▼日産アリアの画像(プレビューモデル)

f:id:carislife:20191029085032j:plain

日産が、電気自動車SUV「アリア」の発売を予定しています。

 

日産アリアは、ブランドの電気自動車SUVとして企画され、電気自動車の主力車種となっている「リーフ」に続くモデルとして、東京モーターショー2019でプレビューモデルを公開。

 

市販される新型アリアは、最新の電気自動車技術や安全システムを採用し、高い走行性能を楽しむことができるモデルとして制作されます。

 

▼日産リーフ

【日産新型リーフ最新情報】62kWhリーフEプラス/ニスモ、走行距離、充電時間、補助金や価格、電気代は?

▼日産デイズEV

【日産新型デイズEV最新情報】航続距離、充電時間、サイズ、価格、発売日は?

  

日産新型アリアの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型アリアPHEVの変更点

  • 新世代のデザインを採用
  • パワートレーンに「ツインモーター4WD制御システム」を搭載
  • スマホとカーナビを連動させてドライバーを目的地までシームレスに案内する「ドア ツー ドア ナビゲーション」を搭載
  • 先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を採用

 

上質!日産新型アリアの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20191029085140j:plain

f:id:carislife:20191029085144j:plain

日産新型アリアの外装は、発光する力強い形状のVモーショングリルや特徴的なブレード型のリヤコンビネーションランプなどにより、新世代のデザインがつくられています。 

 

f:id:carislife:20191029085150j:plain

f:id:carislife:20191029085200j:plain

f:id:carislife:20191029085208j:plain
f:id:carislife:20191029085206j:plain

デザインは「スリーク」「シームレス」「シック」をキーワードに、幅広いフロントフェンダー、超極薄LEDヘッドライトなど、新しいデザインランゲージを採用。

 

内燃機関車でグリルに相当するシールド部分には、立体的な構造で表情豊かなパーツを採用することで、交通状況を判断するために必要なレーダーやセンサーなどをフロントフェイスのデザインへ自然に融合。

 

f:id:carislife:20191029085155j:plain

f:id:carislife:20191029085203j:plain

サイドビューは専用タイヤを履いた5本スポークの21インチ大径アルミホイールと、低くてスリークなルーフラインが特徴され、リアのスタイリングは傾斜の強いCピラーをリアデッキに自然に調和。

 

f:id:carislife:20191029085153j:plain

f:id:carislife:20191029085210j:plain

ボディー幅いっぱいにデザインされたテールランプと広がりのあるリアフェンダー、高い位置に取り付けられたリアウィングにより、力強さが表現されています。

   

広く!日産新型アリアのボディサイズは?

f:id:carislife:20191029085120j:plain

▼日産新型アリアのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4600×1920×1630mm
  • ※参考
    ・日産リーフ
     全長×全幅×全高:4480×1790×1545mm
     ホイールベース:2700mm
    ・日産エクストレイル
     全長×全幅×全高:4690×1820×1730mm
     ホイールベース:2705mm

日産新型アリアのボディサイズは、主力電気自動車となっているリーフから一回り拡大されています。

 

ミドルクラスSUVとしてラインナップされているエクストレイルと比較すると、全長と全高を抑えることで電気自動車SUVとして空力性能を高めたスタイルがつくられています。

 

開放的!日産新型アリアの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20191029085236j:plain

日産新型アリアの内装は、日常生活と精工な日本の職人技が自然に融合する「シームレス」をテーマにつくられています。

 

f:id:carislife:20191029085244j:plain

室内空間は、EVならではのバッテリー最適配置によりフラットなフロアがつくられ、広々と開放的な雰囲気を創出。

 

f:id:carislife:20191029085247j:plain

物理的なボタンやスイッチは、スタートボタンと12.3インチのディスプレイモニター用操作ノブ、そしてエアコン操作ボタンのみとされ、これらはインストルメントパネル下部の木製部分に美しく配置。

 

f:id:carislife:20191029085230j:plain

薄型フレームを採用したシートは乗員を快適にサポートしながら、より広々とした室内空間と優れた視界の確保に貢献し、背面と座面にはパーフォレーションレザーが採用されます。

 

ドライバーが乗り込む際は、クルマに近づくとウェルカムライトが点灯し自動的にロックを解錠するとともに、シート位置やエアコンの設定などをスマートフォンに個人のプロフィルとして保存されたドライバーの好みの状態にセット。

 

また、ドライバーのスケジュール管理ソフトとクルマの持つ情報を同期させることで、出発時間を予想して空調をコントロールするなど、すぐに快適な状態で出発ができるように準備されます。

  f:id:carislife:20191029085242j:plain

f:id:carislife:20191029085252j:plain

インフォテイメントシステムは、ドライバーがクルマに乗り込むと「バーチャル パーソナル アシスタント(VPA)」がナビゲーションを開始。

 

バーチャル パーソナルアシスタントから提供される駐車場の情報や走行中に必要な情報より、ドライバーは自ら情報検索をする必要がなく、運転に専念することが可能に。

 

また、ルートの途中で友人をピックアップする場合は、友人のスマートフォンとクルマに搭載されたビデオチャット機能をリンクすることにより、友人がいる正確な位置を車載モニター上に表示することができるようになります。

 

4WD!日産新型アリアのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20191029085303j:plain

▼日産新型アリアのパワートレインとスペック

  • 電気モーター×2基(前後1基ずつ)
  • モーター出力:350ps
  • 駆動方式:4WD

日産新型アリアには、新世代の電気自動車パワートレインが搭載されます。

 

新世代パワートレインは、前後に1基ずつモーターを配置するツインモーターレイアウトを採用することにより4輪を駆動。

 

4WDシステムは、「Nissan GT-R」に搭載されている「ATTESA E-TS」や、「エクストレイル」に搭載されている「インテリジェント4x4」などの開発から得たノウハウを基に開発。 

  

前後のモータートルクやステアリング、ブレーキなどを統合制御することによって、雪道やぬかるんだ道などの滑りやすい路面においても優れたトラクション性能を発揮し、ドライバーの操作に応じて最適な駆動力コントロールとブレーキ制御を行うことで、ドライバーの思い通りのドライビングが実現されます。

  

実用的!日産新型アリアの航続距離、充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼日産新型アリアの充電時間、航続距離

  • EV航続距離:450km
  • 充電時間:約45分(バッテリー容量の80%まで)

日産新型アリアの航続距離は、新世代の大容量バッテリーにより実用的な数値に仕上げられます。

  

バッテリーに充電した電力は駐車している間、住居やオフィス、電力網に供給することも可能に。

 

これにより、様々な状況で電力の効率的な利用ができるようになります。

 

新機能!日産 新型アリアの安全装備は?

f:id:carislife:20191029085317j:plain

日産新型アリアには、最先端の運転支援システム「プロパイロット2.0」と「ドア ツー ドア ナビゲーション」が搭載されます。 

f:id:carislife:20190516143813j:plain

f:id:carislife:20190516143816j:plain

f:id:carislife:20190516143803j:plain

「プロパイロット2.0」は、高速道路の本線に合流してナビ連動ルート走行を開始すると、ルート上にある高速道路の出口までの走行を追い越しや分岐などを含めて支援し、同一車線内でのハンズオフが可能に。

 

f:id:carislife:20191029085319j:plain

「ドア ツー ドア ナビゲーション」はスマートフォンで設定した目的地を車載のナビゲーションシステムと共有することで、乗車前はスマートフォン、乗車中は車載のナビゲーションシステム、降車後はスマートフォンによって乗車前後の徒歩ルートも含め、出発地点から最終目的地までシームレスにドライバーを案内。 

 

そして「スマート ルート プランナー」により走行中に自動で充電スポットを見つけ、目的地に到着するまでの充電計画を提示。

 

クルマが目的地に到着した後は、ドライバーが降車してからスマートフォンや専用デバイスのリモート操作で駐車が「プロパイロット リモートパーキング」により、クルマを自動駐車させることができるようになります。

 

日産新型アリアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型アリアの価格

  • 約500万円~

日産新型アリアの価格は、デュアルモーターを搭載することにより、リーフからアップします。

 

リーフは現行モデルで62kWhの大容量バッテリーを搭載するモデルが420万円ほどから設定されていますが、新型アリアでは500万円ほどからの設定になるとみられています。

 

日産新型アリアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

電気自動車SUVとして新設定される日産新型アリアは、2020年後半の発表が予定されています。

 

日産は経営計画で電気自動車の開発をメインにあげており、電気自動車SUVとなる新型アリアはブランドを象徴するモデルとしてアピールされます。

 

新型日産アリアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。