New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型エクリプスクロス/PHEV】2021年11月「MI-PILOT採用!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、燃費、価格は?

f:id:carislife:20201204140221j:plain

三菱が、クーペSUV「エクリプスクロス」「エクリプスクロスPHEV」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップする新型エクリプスクロスのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】マイパイロット採用!新型「エクリプスクロスPHEV」改良発売!

f:id:carislife:20210924060112j:plain

三菱が、SUV「エクリプスクロス」「エクリプスクロスPHEV」の改良発売を予定しています。

  

三菱エクリプスクロスは、ブランドのクーペSUVとしてラインナップされ、2020年12月にはプラグインハイブリッドモデル「エクリプスクロスPHEV」が新設定されていました。

 

▼「MI-PILOT」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210217/20210217091413.jpg

改良される新型エクリプスクロスでは、「エクリプスクロスPHEV」に高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ・パイロット)」を新採用。

 

「MI-PILOT」は、レーダークルーズコントロールシステムとレーンキープアシストを統合した制御で、 車間距離と車線中央をキープしながらの走行をサポート。

 

また高速道路では、渋滞時でも停車後約30秒以内なら自動発進でき、走行中の煩わしい設定操作が低減されます。

 

その他、新型エクリプスクロスでは、バンパー下部の塗装をシルバーに変更することで質感が高められます。

 

三菱新型エクリプスクロスは、2021年11月の発売が予定されています。

 

▼三菱アウトランダー

【新型アウトランダー/PHEV】フルモデルチェンジ!最新情報、航続距離/充電時間、燃費、価格、発売日は? 

▼三菱デリカD:5

【新型デリカD:5】マイナーチェンジ発売!最新情報、スペック、燃費、価格は?

 

三菱新型エクリプスクロスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型エクリプスクロスの変更点

  • 「エクリプスクロスPHEV」に、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ・パイロット)」を新採用
  • バンパー下部の塗装をシルバーに変更

▽2020年12月改良時の変更点

  • 新設計のエクステリアデザインを採用
  • 2.4Lプラグインハイブリッドモデルを新設定。
    走行用バッテリーを搭載するため、車両後部を140mm延長。
    AC100V電源(最大1500W)により、一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することが可能
  • エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを、PHEVの「P」「G」、ガソリンモデルの「G Plus Package」「G」に採用
  • 本革シートにライトグレーを新設定
  • スマートフォン連携ナビゲーション(SDA)ディスプレイを8インチに拡大
  • リアショックアブソーバーの径を拡大し減衰特性を最適化、リバウンドスプリングを採用
  • ボディカラーに「ホワイトダイヤモンド」を新設定
  • プレミアムサウンドシステム「ミツビシパワーサウンドシステム」をエクリプスクロス専用に設計し、ハイパワーアンプと8個のスピーカーを採用
  • 2.2Lディーゼルモデルを廃止

 

アグレッシブ!新型エクリプスクロスの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20201015101820j:plain

▼参考:前モデル

f:id:carislife:20180301143224j:plain

三菱エクリプスクロスの外装は2020年の改良時に、新世代のデザインを採用することにより先進的な印象に仕上げられています。

  

f:id:carislife:20201015101754j:plain

フロントはブランドデザインの「ダイナミックシールド」を維持しながら、上部に薄型のデイタイムライトを配置し、新設計したメインライトユニットをバンパーに搭載することで力強さをアップ。

 

f:id:carislife:20201015101823j:plain

▼参考:前モデル

f:id:carislife:20171031154339j:plain

リアは、前モデルでLEDランプを備えるテールスポイラーがウィンドウを上下に分割するように配置されていましたが、新型エクリプスクロスでは横長となるリアランプをウィンドウ下部に移動。

 

ルーフスポイラーを大型化することにより、スポーティなリアスタイルに仕上げられています。

 

最新の改良では、バンパー下部の塗装をシルバーに変更することにより質感が高められます。

  

最新装備!三菱新型エクリプスクロスの内装(インテリア)デザイン

▼新型エクリプスクロス

f:id:carislife:20201015101915j:plain

▼参考:エクリプスクロス(前モデル)

f:id:carislife:20180301141952j:plain

新型エクリプスクロスの内装は、2020年の改良時にデザインや装備を変更することにより質感が高められています。

 

f:id:carislife:20201204140244j:plain

スマートフォン連携ナビゲーション(SDA)では、画面を8インチに拡大し、Android AutoやApple CarPlayに対応。

 

f:id:carislife:20201204140246j:plain

f:id:carislife:20201204140250j:plain

また、独自のプレミアムサウンドシステム「ミツビシパワーサウンドシステム」をエクリプスクロス専用に設計し、車両形状に合わせて音響チューニングが行われたハイパワーアンプと8個のスピーカーで構成することで、なめらかでみずみずしい音質を実現。

 

インテリアトリムはブラックを基調とされ、エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを上級グレードに採用。

 

▼本革シート(ライトグレー)

f:id:carislife:20201204140253j:plain

メーカーオプションで用意される本革シートには、従来のブラックに加えてライトグレーが新設定されています。

 

f:id:carislife:20180301142719j:plain

f:id:carislife:20180301141948j:plain

エクリプスクロスは、インストルメントパネルを水平基調とし立体的なシルバー加飾を施すことで、スポーティでありながら上質な室内空間に。

 

アンバー色の間接光で上質な室内空間を演出する「LEDインテリアイルミネーション」を採用することで、夜間の利便性を向上。

  

f:id:carislife:20201015111839j:plain

f:id:carislife:20201015111842j:plain

リアシートは6:4分割にロングスライド&多段階リクライニング機構を採用することで、後席乗員の広いレッグスペースを確保し、スタイリッシュなクーペSUVフォルムを損なうことなく居住空間と荷室の実用性を両立。

 

2020年の改良ではボディサイズを延長したことで、後端を落とし込んだルーフラインでありながら、後席の頭上空間にも充分なスペースがとられています。

 

パワフル!三菱新型エクリプスクロスのスペックは?

f:id:carislife:20201204124647j:plain

▼新型エクリプスクロスのエンジンとスペック

  • 【ガソリン】
    直列4気筒1.5Lガソリンターボエンジン
    最高出力:150ps/5500rpm
    最大トルク:24.5kgm/2000-3500rpm
    トランスミッション:8速スポーツモード付きCVT
  • 【エクリプスクロスPHEV】
    パワートレイン:直列4気筒2.4L「MIVEC」+電気モーター×2基
    ・エンジン出力:128ps/20.3kgm
    ・モーター出力
     フロント:82ps/14.0kgm
     リア:95ps/19.9kgm
    ・バッテリー容量:リチウムイオンバッテリー13.8kWh
    ・EV走行距離:57.3km
    ・充電時間
     普通充電:約4.5時間(満充電まで)
     急速充電:約25分(80%まで)
  • 駆動:FF or 電子制御4WD「S-AWC」

▼廃止

  • 【ディーゼル】
    直列4気筒2.2Lディーゼルターボ
    最高出力:145ps/3500rpm
    最大トルク:38.7kgm/2000rpm
    トランスミッション:8速AT

新型エクリプスクロスは2020年の改良時に、それまで搭載されていた2.2Lディーゼルに代え、新たにプラグインハイブリッドが搭載されています。

 

新型エクリプスクロスPHEVは、上位モデルの「アウトランダーPHEV」からくる最新のプラグインハイブリッドシステムを搭載することで力強い4WDの走りを実現し、充電した電力により57.3kmのEV走行にも対応。

 

前モデルのエクリプスクロスではリアに搭載するバッテリーやモーターにスペースが足りず対応できないため、新型エクリプスクロスPHEVではリアのボディサイズが140mm延長されています。

 

走行モードには、「EV走行モード」、エンジンで発電した電力で走行する「シリーズ走行モード」、エンジンをモーターがアシストする「パラレル走行モード」の3つが設定され、走行状況に応じて自動での切り替えに対応。

 

また、新型エクリプスクロスPHEVでは、車内に設置したAC100V電源(最大1500W)より電力供給が可能となり、アウトドアレジャーや非常時には、満タン・満充電の状態から一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することができるように。

 

充電時間は、普通充電器で満充電まで約4.5時間、急速充電器で80%まで約25分と、実用的な時間になっています。

 

f:id:carislife:20180301142709j:plain

その他、新型エクリプスクロスでは、リアショックアブソーバーの径を拡大し減衰特性を最適化、リバウンドスプリングを採用することで乗り心地がアップしています。

 

悪路走破!新型エクリプスクロスの走行システムは?

f:id:carislife:20180301142410j:plain

三菱エクリプスクロスは4WD車に、三菱の高性能4WDシステム「S-AWC」が搭載されています。

 

S-AWCは、アクセル開度や車速、車両の走行条件などから、後輪へ伝達するトルクを常に適切に配分する電子制御4WDシステムです。

 

これにクルマの曲がるちからを制御するAYCブレーキ制御を追加し、車両運動統合制御システムに。

 

走行モードは「NORMAL」のほか、「AUTO」「SNOW」「GRAVEL」が設定され、センターコンソールに配置したドライブモードセレクターで選択ができるようになっています。

 

その他、2WD車にもブレーキを制御することで左右輪間の駆動/制動力配分をコントロールするシステム「AYC」を採用。

 

ハンドリングの軽快感や回頭性、旋回時のライントレース性が高められています。

  

三菱新型エクリプスクロスを試乗動画でチェック!

新型エクリプスクロスは試乗動画が公開されています。

 

強化された走行性能が評価されています。 

 

 

走り両立!三菱新型エクリプスクロスの燃費は?

f:id:carislife:20171024161400j:plain

▼三菱新型エクリプスクロスの燃費

  • 1.5Lガソリンターボ
    JC08モード値:FF 15.0km/L、4WD 14.0km/L
    WLTCモード値:FF 13.4km/L、4WD 12.4km/L
  • エクリプスクロスPHEV(4WDのみ)
    JC08モード値:18.6km/L
    WLTCモード値:16.4km/L
    EV航続距離:57.3km

新型エクリプスクロスの燃費は、プラグインハイブリッドモデルでハイブリッドモード時に新燃費規格WLTCモード値16.4km/Lとなっています。

 

エクリプスクロスPHEVでは充電した電力を使用することで57.3kmのEV走行が可能とされ、実燃費を伸ばすことができるようになっています。 

  

MI-PILOT採用!三菱新型エクリプスクロスの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210217/20210217091413.jpg

新型エクリプスクロスの安全装備は改良により、「エクリプスクロスPHEV」に高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ・パイロット)」が新採用されます。

 

「MI-PILOT」は、レーダークルーズコントロールシステムとレーンキープアシストを統合した制御で、 車間距離と車線中央をキープしながらの走行をサポート。

 

また高速道路では、渋滞時でも停車後約30秒以内なら自動発進でき、走行中の煩わしい設定操作が低減されます。

 

広く!三菱新型エクリプスクロスのボディサイズは?

▼新型エクリプスクロス

f:id:carislife:20201015105742j:plain

▼参考:エクリプスクロス(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031154343.jpg

▼三菱新型エクリプスクロスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4545×1805×1685mm
  • ホイールベース:2670mm
  • 参考
    ・エクリプスクロス(改良前)
     全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm
     ホイールベース:2670mm
    ・RVR
     全長×全幅×全高:4365×1770×1630mm
     ホイールベース:2670mm

三菱新型エクリプスクロスのボディサイズは2020年の改良時に、新設定されたプラグインハイブリッドモデル用の走行バッテリーを搭載するため、車体前部を35mm、後部を105mmと、合計140mmの大幅延長が実施されています。

 

新型エクリプスクロスPHEVでは、大容量のバッテリーを床下中央に配置したことで前後重量バランスを55:45に最適化、あわせて低重心化が行われ、より優れた乗り心地が実現されています。

  

三菱新型エクリプスクロスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼三菱新型エクリプスクロスの価格

  • エクリプスクロス(1.5Lガソリン&FF or 4WD)
    253万円~335万円
  • エクリプスクロスPHEV(2.4L PHEV&4WD)
    385万円~455万円

三菱新型エクリプスクロスのスタート価格は、大幅な変更はなく維持されます。

 

高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」が採用される「エクリプスクロスPHEV」では、7万円ほどのアップが見込まれています。

 

▽参考:エクリプスクロス(前モデル)

  • エクリプスクロス(1.5Lガソリン&FF or 4WD)
    「M」:FF 2,531,100円、4WD 2,751,100円
    「G」:FF 2,867,700円、4WD 3,087,700円
    「G Plus Package」:FF 3,126,200円、4WD 3,346,200円
  • エクリプスクロスPHEV(2.4L PHEV&4WD)
    「M」:4WD 3,848,900円
    「G」:4WD 4,152,500円
    「P」:4WD 4,477,000円

 

いつ?三菱新型エクリプスクロスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良される新型エクリプスクロスは、2021年11月の発売が予定されています。

 

三菱はエクリプスクロスを改良することによりユーザーの満足度を高め、SUV市場での存在感をアップしていきたい考えです。

 

三菱新型エクリプスクロスの車名の由来は?

▼三菱エクリプス

f:id:carislife:20171101092012j:plain

三菱新型エクリプスクロスのモデル名は、クーペSUVであることから、1989年から米国で販売して好評を博したスペシャリティクーペ「エクリプス」の名称と、クロスオーバーの略である「クロス」を組み合わせてつけられました。

 

「エクリプス」は天文現象の「日食」を意味し、新型エクリプスクロスでは電動パノラマサンルーフにより開放感あるドライブを楽しむことができるようになっています。

   

新型エクリプスクロスについては、最新情報が入り次第更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。