読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

910ps!ランボルギーニ アステリオンは売る気なし!?

f:id:carislife:20141002200707j:plain

ランボルギーニが、ブランド初のプラグインハイブリッドコンセプト「アステリオン LPI910-4 Concept」を公開!

 

すごく格好いいけど・・・これが最後?

  

穏やかな顔に秘められた猛牛ハイブリッドパワー

ランボルギーニ アステリオン コンセプト 発表会動画

f:id:carislife:20141002200711j:plain

f:id:carislife:20141002200715j:plain

f:id:carislife:20141002200717j:plain

ランボルギーニ アステリオン LPI910-4 Concept 概要・スペック

概要
  • ランボルギーニ初のプラグインハイブリッドカーのコンセプトモデル
  • 「Asterion」の由来は、牛と人間のハイブリッドであるミノタウロスの名前「Asterios」から
  • 現在のところ生産化の予定は無し
  • インテリアに、アイボリー・ブラウンレザー、アルミ、カーボンファイバー、チタンを使用
スペック
  • パワートレイン:V型10気筒 5.2L+モーター×3
  • システム総合出力:910ps
  • エンジン最高出力:610ps
  • ミッション:7速デュアルクラッチ
  • モーター出力:3基合計 300ps
  • 2基のモーターで前輪を駆動、1基はエンジンとともにリアを駆動
  • 燃費(欧州複合モード):24.3km/L
  • EVモード航続距離:50km/h(最高速125km/h)
  • タイヤ・ホイール:ピレリ製タイヤ、F 20インチ/R 21インチカーボンファイバーホイール
  • 0-100km/h加速:3.0秒
  • 最高速度:320km/h

 

ラカンと同じエンジンを積んでいるアステリオンだけど、環境性能をアピールできるハイブリッドをパワートレインに採用しているせいか、スタイルはとてもスマート

ラカンはこちら:ランボルギーニ ウラカンならこれ!採用技術解説動画

 

しかし、初めて見てもランボルギーニとわかる雰囲気は残っているので、このデザインは今後、質感を売りにしたい他モデルにも広がっていくんじゃないかな

 

f:id:carislife:20141002200723j:plain

f:id:carislife:20141002200725j:plain

 

インテリアも、ウラカンと同じ六角形を使っているのに、アクがない

 

けれどこのインテリアには、アルミにカーボンファイバーにチタンと、高級素材をふんだんに使用しているらしいので、仮にアステリオンがこのまま市販されたとしたら、超高価格になるんだろうね

 

f:id:carislife:20141002200729j:plain

 

3基のモーターとエンジンをあわせて910psを出力するプラグインハイブリッドシステムは、重量250kgと軽くないけれど、パワーを考えれば動きに重たさは感じないんじゃないかな

(車重は非公開)

 

フェラーリのハイブリッドモデル「ラ・フェラーリ」と同じくらいのパワーだから、サーキットタイムアタックバトルがみたいね

ラ・フェラーリラ フェラーリ試乗動画一斉公開まとめ 合計34分!

f:id:carislife:20141002200732j:plain

しかしアステリオンは、ランボルギーニによると「今のところ販売予定なし」らしい…

 

でもこの仕上がりを見ると、市販化を希望する声は大きくなりそうだし、ランボルギーニが予定を変えるのも時間の問題なんじゃないかな