読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

デミオ大幅UP!2014年11月乗用車販売ランキング

f:id:carislife:20141204205502j:plain

11月新車乗用車販売台数ランキング!

 

気になる上位勢

   

先月から順位に変動があった車種には、前回の順位をつけています。

2014年11月新車乗用車販売台数ランキング

自販連のホームページ   

  メーカー 通称名 台数 前年比 前月
1位 トヨタ アクア 16520 95.80%  
2位 トヨタ プリウス 13022 62.90% 3位
3位 ホンダ フィット 11027 42.00% 2位
4位 マツダ デミオ 8890 353.60% 10位
5位 トヨタ カローラ 8197 61.20%  
6位 日産 ノート 7555 71.00%  
7位 トヨタ ハリアー 6741 674100.00% 8位
8位 トヨタ ヴォクシー 6628 178.40% 4位
9位 トヨタ ヴィッツ 6426 98.40% 圏外
10位 ホンダ ヴェゼル 6157 12月発売 7位

前月乗用車ランキング記事:2014年10月乗用車販売ランキング デミオがきた!

【11月のその他ランキングはこちら】

ランク外から3台!2014年11月総合販売台数ランキング

ワゴンR復活の1位!2014年11月軽自動車販売ランキング

 

フィット、ヴォクシーランクダウン 駆け上がるデミオ

1位は変わらずトヨタ アクアで、2位にプリウスがあがってきた 

 

けれど、プリウスの販売台数は先月からほぼ変わらず、ランクアップはホンダ フィットの販売台数が2500台ほど落ちたことが影響している

 

ホンダは、フィットの派生モデル ヴェゼルも1500台ほど落ちているので、リコールについて取り上げられることが多かったのが販売に悪影響をあたえていそう

 

 

4位には、先月10位だったマツダ デミオがジャンプアップ

 

2800台弱の販売増にはマツダも喜んでいるんじゃないかと思うけれど、「少人数に強く共感してもらうプレミアム」というブランド目標とあっているのかには、注意しなければいけないんじゃないかな

 

販売台数にとらわれ、一瞬のブームになってしまわないようにすることが重要だと思う

 

 

その他ではトヨタ ヴォクシーが、最近定位置だった4位から8位にまで落ちている

 

新発売の兄弟車エスクァイアの影響か、尾を引く増税の影響か

 

来月ランキングに顔を出す可能性が高いエスクァイアの売れ行きでわかりそうだね

エスクァイアトヨタ エスクァイア ノア/ヴォクシーとの違いと狙い