車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

600馬力!フェラーリ新型ポルトフィーノ最新情報!日本発売、スペックや価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132330.jpg

フェラーリが、新型オープンスポーツとなる「ポルトフィーノ(Portofino)」の日本導入を発表しました。

 

大幅に進化したフェラーリ新型ポルトフィーノについて、スペックや価格などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】フェラーリ新型ポルトフィーノの日本導入を発表!

フェラーリは2018年2月19日、新型ポルトフィーノの日本導入を発表しました。

 

フェラーリ・ポルトフィーノは、ブランドのオープンモデルとして販売されていたカリフォルニアTの後継として製作されたマシンです。

 

オープンスポーツとしての魅力を受け継ぎながらも、全面的に見直すことで走りの気持ちよさがアップされています。 

 

フェラーリ新型ポルトフィーノの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼フェラーリ新型ポルトフィーノの特徴

  • 完全新型のシャシーを採用することで、大幅に軽量化しながらねじれ剛性を強化
  • V型8気筒3.9Lターボエンジンを改良し、600馬力まで出力を向上
  • 電動パワーステアリングの採用により、ステアリングレスポンスを向上
  • 最高速度320km/h以上を実現

  

フェラーリ新型ポルトフィーノの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132333.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132352.jpg

フェラーリ新型ポルトフィーノの外装は、連続した滑らかな曲面とされ、美しさと空力性能が両立されています。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132345.jpg

リトラクタブルハードトップは新設計され、カリフォルニアTよりも軽量に仕上げることで車両の運動性能を向上。

 

ルーフを閉じた状態からフルオープンまでの時間は14秒になっています。

 

▼フェラーリ新型ポルトフィーノのルーフ開閉

 

フェラーリ新型ポルトフィーノを前モデルと比較!

▼フェラーリ・カリフォルニアT

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160123/20160123155445.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160123/20160123155446.jpg

フェラーリ新型ポルトフィーノを前モデルとなるカリフォルニアTと比較すると、デザインの変化がより大きく感じられます。

 

カリフォルニアTでは、ヘッドライトやボディラインなどで躍動感が表現されていました。

 

新型ポルトフィーノでは、車名にもなったイタリア・リヴィエラの景勝地「ポルトフィーノ」がもつ「スタイリッシュ」「エレガント」のイメージがデザインに反映されています。

 

フェラーリ新型ポルトフィーノのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132348.jpg

▼フェラーリ新型ポルトフィーノのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4586×1938×1318mm
  • ホイールベース:2670mm
  • 車重:1545kg
  • 参考
    ・フェラーリ・カリフォルニアT
     全長×全幅×全高:4570×1910×1322mm
     ホイールベース:2670mm
     車重:1625kg

フェラーリ新型ポルトフィーノのボディサイズは、前モデルとなるカリフォルニアTから小幅な変更になっています。

 

しかし、シャシーは完全新規設計となっており、ねじれ剛性を35%強化。

 

くわえて、カリフォルニアTから80kg軽量化され、2+2シーターのオープンモデルながら、1545kgに仕上げられています。

 

フェラーリ新型ポルトフィーノの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132342.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170824/20170824132337.jpg

フェラーリ新型ポルトフィーノの内装には、ダッシュボード中央に10.25インチのタッチスクリーンディスプレイが採用されました。

 

シートにはマグネシウム構造が採用され、シートバックは前モデルからコンパクトになり後席の足下スペースを拡大。

 

空調システムは風量を20%増加し、作動音を8db低減。

 

加えてオープン時は、新設計のウィンドウディフレクターが身体への気流を30%、頭部への気流を17%、胸部への気流を40%削減し、快適性が向上しています。

 

フェラーリ新型ポルトフィーノのエンジンとスペックは?

▼フェラーリ製V型8気筒3.9Lターボエンジン

f:id:carislife:20180220092844j:plain

▼フェラーリ新型ポルトフィーノのエンジンとスペック

  • エンジン:V型8気筒3.9Lターボ
  • 最高出力:600ps/7500rpm
  • 最大トルク:77.5kgm/3000-5250rpm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ
  • 前後重量配分:46:54
  • 0-100km/h加速:3.5秒
  • 最高速度:320km/h以上
  • 駆動方式:FR

フェラーリ新型ポルトフィーノのエンジンには、カリフォルニアTに搭載されていたV型8気筒3.9Lターボエンジンに大幅な改良が加えられ搭載されています。

 

エンジンは、新型のピストンやコンロッド、インテークを採用することで、カリフォルニアTから40ps/0.5kgm出力を向上。

 

コンパクトな低慣性タービン、各シリンダーの排気パルスの干渉を軽減して圧力を高めるツインスクロール・テクノロジー、圧力波最適化のためにパイプ長を揃えた一体鋳造エグゾーストマニホールドなどにより、ターボラグを極限まで低減。

 

排気音も、フェラーリらしいサウンドが追求されました。

 

走行システムでは、第3世代の電子リアディファレンシャル「E-Diff3」を、F1マシンからくるトラクションコントロール「F1-Trac」システムと組み合わせることで、マシンコントロールを改善。

 

クラス初となる電動パワーステアリングにより、ステアリングレスポンスも向上しています。

 

フェラーリ新型ポルトフィーノの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼フェラーリ新型ポルトフィーノの価格

  • 2530万円~

フェラーリ新型ポルトフィーノの価格は、日本で2530万円からと発表されました。

 

この価格は、前モデルのカリフォルニアTの2450万円から80万円アップした設定になっています。

 

ポルトフィーノにはさまざまなカスタマイズオプションが設定され、好みの1台に仕上げることができます。