New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

トヨタ本命エコカー公開!EVの未来は

f:id:carislife:20131012130107j:plain

各社さまざまな策を打ち出すも、なかなか軌道に乗らない電気自動車・・・

 

そんな中、トヨタが2015年市販予定の燃料電池車を初公開!

 

公開されたトヨタ燃料電池車のポイント

  • 1回の水素補給で650km走行可能
  • 2015年発売の車両価格は1千万円程度
  • 初めは日本、アメリカ、ヨーロッパの大都市圏で発売。インフラの整備にあわせて販売を拡大していく
  • 2020年には車両価格300万~500万円を目指す

 

電気自動車を越すのも時間の問題?

電気自動車の主流が走行可能距離100km前後ということを考えると、650kmという数字はとても魅力的だよね

 

ガソリン車は500kmが目安だから、走行距離に関しては全く心配がなさそう

 

 

それに燃料が水素なので、補給を短時間で済ませられるのもメリットだよね

 

バッテリーごと交換してしまえるようにと検討されている電気自動車よりもユーザーに対してアピールしやすいと思う

 

 

でも問題もないわけじゃない

 

電気と違って、現在水素はどこにでもあるようなものではものではないし、インフラはゼロからのスタートになる

 

いくら走行距離が長くても、燃料補給ができないのであれば遠出はできないし、行動範囲は狭まる

 

その点で、初めのうちは電気自動車のほうが燃料電池車よりも使いやすいと感じる人もいるんじゃないかな

 

 

でも、ガソリン、ハイオク、軽油のように専用の補給装置を準備する必要なく、水素対応設備が1つあれば補給所として稼働できるので、国や自治体の補助次第では普及に時間はかからないかもしれない

 

 

もしそうなった時、果たして電気自動車は存在しているのか・・・

 

今のうちしっかりユーザーに良さを説明しておかないと、メーカーはかけたコストを捨てることにもなりそうだ

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。