車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

新型ティアナが50代を若くする!

f:id:carislife:20140120230418j:plain

日産が新型ティアナを発表!

 

これはターゲットゾーンじゃなくてもありじゃない?

 

室内空間は折紙付き!新型は格好良く、走りを楽しむ!

f:id:carislife:20140120230420j:plain

f:id:carislife:20140120230423j:plain

日産 ティアナ グレード・価格・スペック

グレード
  • XV:304万5000円
  • XL:275万3100円
  • XE:242万9700円
スペック
  • 全長×全幅×全高:4880×1830×1470mm
  • ホイールベース:2775mm
  • エンジン(全車共通):直列4気筒 2.5L
  • 最高出力:173ps/6000rpm
  • 最大トルク:23.9kgm/4000rpm
  • 燃費:14.4km/L(前型比26%向上)
  • CVTは摩擦抵抗を40%減、ギヤ比ワイド化
  • リアマルチリンクサスペンションに世界初「コネクトブッシュ」採用。フロントタイヤと同じ方向にリアタイヤが向き、ステアリング応答性向上。路面衝撃吸収効果も。
  • アクティブトレースコントロール採用
  • 4インチカラーディスプレイ
  • アラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)
  • 後側方車両検知警報
  • 車線逸脱警報
  • スパイナルサポート機能付きシート
  • テレスコピックステアリング採用
  • 後席ニールームを前型比約10mm拡大

【関連記事はこちら】

【日産新型ティアナ最新情報】フルモデルチェンジ2018年3月発表!ハイブリッドや日本発売日、価格、燃費は?

エルグランド、セレナ、ティアナの新型格好いい!

 

ティアナのターゲット層は50代で、子供が独立した夫婦らしいけれど、前型と比較してもかなり若返ったデザインは、ユーザー層を広げる可能性もありそうだね

 

落ち着きを感じながらも、古くないスタイリングには、好感を持ってもらえそう

 

f:id:carislife:20140120230427j:plain

f:id:carislife:20140120230431j:plain

f:id:carislife:20140120230434j:plain

 

ティアナは初代、前型、そして新型まで一貫して、室内空間を大事にする車として開発され、旧型でもその室内には定評があったから、今回だって間違いはないよね

 

新型では更にドライバーを楽にするため、テレスコピックによるステアリング位置調整の追加や、シフトレバー位置の見直しなどもされているから、その快適さは更にあがっていると見て良さそう!

 

 

しかし、新型で一番日産が考えたと語るのは「走り」

 

エクステリアデザインだけ若返っても、運転するのがつらいような車をユーザーはもとめていないという考えから、リアサスペンションを走りにあわせて反応するようにし、新型エクストレイルでも採用されていたアクティブトレースコントロールで、外に膨らまず、気持ちいい走りができるようにした!

 

この改良はFRレイアウトで走りを売りにするライバル、トヨタ マークXもかなり気になるんじゃないかな?

 

メーカーがメインターゲットとしている年代は違うけれど、若返ったエクステリアのことも考えれば、価格が並ぶティアナを意識しなければならなそう

 

FFレイアウトでティアナには室内の余裕もあるし、ミドルセダンに乗りたい人にはいい選択肢がまた増えたね!

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。