New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【日産新型シルフィ】2020年5月フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、スペック、燃費、価格は?

f:id:carislife:20190416130917j:plain

日産が、セダン「シルフィ」のフルモデルチェンジ日本発売を予定しています。

 

新世代になり魅力をアップする日産新型シルフィについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新世代に!日産新型シルフィがフルモデルチェンジ!

▼日産新型シルフィの画像

f:id:carislife:20190416123236j:plain

日産が、セダン「シルフィ」のフルモデルチェンジ日本発売を予定しています。

 

日産シルフィは、ミドルクラスながら広い室内空間を持ち、質感の高いつくりが人気になっています。

 

フルモデルチェンジする新型シルフィは2019年4月に海外で発表され、最新のパワートレインやデザインを採用し、魅力をアップしています。

 

▼日産ラティオ

【日産新型ラティオ最新情報】ヴァーサ・フルモデルチェンジ発表!スペック、サイズ、燃費、価格、発売日は?

▼日産ティアナ

【日産新型ティアナ最新情報】フルモデルチェンジ日本発売へ!スペック、燃費、価格は?

 

日産新型シルフィの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型シルフィの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • 最新の1.6Lガソリンエンジン、ハイブリッド仕様を設定
  • 音声操作に対応する最新インフォテイメントシステムを装備
  • 先進システムにより、安全性を向上

 

スタイルUP!日産新型シルフィの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20190416124126j:plain

日産新型シルフィの外装は、最新のブランドデザインにより存在感のあるデザインとされました。

 

f:id:carislife:20190416124130j:plain

ボディラインは、ボリュームあるアグレッシブなイメージとセダンの上質さを融合。

 

新型シルフィは、低い重心と流線形のエクステリアデザインにより空気抵抗を低減し、GT-Rと同等のCd値0.26を実現。

 

前後ライトには、最新のLEDシステムが採用されました。

 

▼参考:日産Vmotion 2.0 Concept

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170111/20170111114118.jpg

このデザインは、コンセプトモデル「Vモーション2.0コンセプト」からくるものとなっており、日産のブランドアイコン「Vモーショングリル」デザインが進化しています。

 

日産新型シルフィを前モデルと比較!

f:id:carislife:20190416124451j:plain

日産新型シルフィを前モデルと比較すると、スポーティなボディラインになっていることがわかります。

 

現行モデルのシルフィは上質さを意識したフロントデザインになっていましたが、新型ではグリルがバンパーまで拡大され、大きくイメージが変化しています。

 

広く!日産新型シルフィのボディサイズは?

f:id:carislife:20190416124524j:plain

▼日産新型シルフィのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4641×1815×1450mm
  • ホイールベース:2712mm
  • ※参考
    ・日産シルフィ(前モデル)
     全長×全幅×全高:4615×1760×1495mm
     ホイールベース:2700mm

日産新型シルフィのボディサイズは、前モデルから全長と全幅が拡大されています。

 

これによりミドルクラスセダンながら広い室内空間が確保され、より快適に楽しむことができるモデルとなっています。

 

新装備!日産新型シルフィの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190416132603j:plain

日産新型シルフィの内装は、大きな室内空間を利用した上質な仕上げとなっています。

 

シートはソフトで快適なつくりとされ、インテリアトリムにはブラック、ライトグレーのほか、特別色のタンを加え3色をラインナップ。

 

シートにはダイヤモンドカットのキルト柄があしらわれています。

 

f:id:carislife:20190416132606j:plain

空調システムも更なる快適性と利便性を求めてデザインされ、統合スイッチをコントロールすることで、3つの吹出口から左右のフロントシートとリアシートにそれぞれ送風することができるようになっています。

 

インフォテイメントシステムには8インチモニターを採用し、メーターパネルには様々な情報を表示する7インチの高解像度TFTモニターを配置。

 

スマートフォンとシームレスにつながり、ボイスコマンド機能を採用するなどコネクティビティ性能も向上しています。

  

乗りやすく!日産新型シルフィのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20190416130917j:plain

▼日産新型シルフィのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列4気筒1.6Lガソリン「HR16DE」
    出力:124ps/15.7kgm
    トランスミッション:エクストロニックCVT
  • 【e-POWER】
    パワートレイン:電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    出力:109ps/25.9kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型シルフィのパワートレインには、最新の1.6Lガソリンエンジンとハイブリッドが設定されます。

 

搭載されるHR16DE型エンジンはエクストロニックCVTと組み合わせられ、燃費性能を向上させながらリニアでスムーズなドライビングを実現。

 

また新型シルフィではハンドリングを向上させ、より安定したドライビングフィールを実現するため、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性が高められています。

 

ハイブリッドモデルとなる「e-POWER」では、エンジンを発電専用とし、モーターが走行を担当することにより、高い動力性能と環境性能が両立されます。

 

改善!日産新型シルフィの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型シルフィの燃費

  • 1.6Lエンジン:18km/L
  • ハイブリッド:30km/L
  • ※参考
    ・日産シルフィ(前モデル)
     1.8Lガソリン:15.6km/L

日産新型シルフィの燃費は、排気量が縮小されたことにより前モデルから改善します。

 

前モデルは1.8Lのガソリンエンジンが搭載されていましたが、新型シルフィではより効率を高めた1.6Lガソリンとすることで18km/Lほどの数値になるとみられています。

 

新機能!日産新型シルフィの安全装備は?

f:id:carislife:20190416131024j:plain

日産新型シルフィの安全装備は、ブランドの先進システムが採用され大幅に強化されました。

 

前モデルは、2012年に登場したことで先進システムに未対応となっていました。

 

安全システムには、インテリジェント・トレースコントロールやインテリジェント・ライドコントロール、踏み間違い衝突防止アシスト、前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)を採用。

 

その他、後側方車両検知警報(BSW)、車線逸脱警報(LDW)、後退時車両検知警報(CTA)、ふらつき警報(インテリジェントDA)など、ドライバーをサポートする最新の「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」技術や先進の安全装備が多数搭載されています。

 

アップ!日産新型シルフィの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型シルフィの価格

  • 210万円~235万円(米国価格)

日産新型シルフィの価格は、米国で約210万円からとされています。

 

前モデルは日本のエントリーグレードが200万円を切る設定になっていましたが、新型シルフィでは安全装備の充実により200万円台前半からとなります。

 

▼参考:日産シルフィの価格(前モデル)

  • 1,992,600円~2,251,800円

 

いつ?日産新型シルフィの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする日産新型シルフィは、2019年4月に開催された上海モーターショーで公開、日本発売日は2020年5月が予定されています。

 

日産はミドルクラスセダンのシルフィを新世代とすることで安全システムなどを強化し、ユーザーの要望に応えていきたい考えです。

 

日産・シルフィを「おさらい」

▼日産・シルフィ(初代)

NISSAN SYLPHY TB17 01.JPG

日産・シルフィ(SYLPHY)は、初代となる前モデルが2012年に登場したセダンです。

 

前モデルとなる「ブルーバードシルフィ」を入れると3代目、初代「ブルーバード」から数えると13代目となっています。

 

車名の「シルフィ」の由来は、四大精霊のひとつである風の精を表す英語のシルフからイメージ。海外では「セントラ」「パルサーセダン」として販売されています。

 

初代の開発コードは「B17」とされ、モデル名はブルーバードの流れを継ぐセダンとなっていますが頭文字にブルーバード系の「G」ではなく、「サニー」「セントラ」からくる「B」が採用されています。

 

エンジンは日本仕様で1.8Lガソリンのみとされましたが、海外では1.6Lガソリンもラインナップ。

 

シンガポール市場には1.6Lガソリンターボエンジンと6速マニュアルモード付きCVTを搭載する「シルフィSSS」が設定されていました。

 

新型日産シルフィについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。