New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

2014年2月乗用車販売ランキング ホンダの失敗…

f:id:carislife:20140306150555j:plain

2月新車乗用車販売台数ランキング!

 

もったいない…

 

先月から順位に変動があった車種には、前回の順位をつけています。

2014年2月新車乗用車販売台数ランキング

自販連のホームページ

  メーカー 通称名 台数 前年比 1月順位
1位 トヨタ アクア 23973 97.70% 2位
2位 トヨタ プリウス 23501 100.10% 3位
3位 ホンダ フィット 18303 149.50% 1位
4位 日産 ノート 12237 74.20% 5位
5位 トヨタ カローラ 11335 161.90% 4位
6位 日産 セレナ 10496 94.20%  
7位 トヨタ ヴィッツ 8386 105.20%  
8位 トヨタ ヴォクシー 8147 205.80% 圏外
9位 日産 エクストレイル 7554 237.50% 8位
10位 トヨタ ノア 6202 194.00% 圏外

前月乗用車ランキング記事:2014年1月乗用車販売ランキング エクストレイルがIN!

【2月のその他ランキングはこちら】

 2014年2月総合販売台数ランキング アクア快走!

 2014年2月軽自動車販売ランキング デイズがきた!

 

フィットはリコールが… トヨタヴォクシー・ノアものばす

やはり今月ふれなければならないのは、ホンダ フィット・ヴェゼルのリコールの影響

 

先月中旬にリコールを届け出荷を停止、その後雪の影響もありほぼ販売ができず、それぞれ3位、圏外に、販売台数が落ち込んだ

 

もちろんホンダも、開発に手を抜いたということはないだろうけど、品質管理の詰めが甘かったことは認めざる負えない事実

 

原因は3度とも違うけれど、販売のメインであるハイブリッドに使用する、デュアルクラッチミッションの制御で3回というのはさすがに多すぎる…

 

なにもなければ、今月も首位をとっていた可能性もあったはず

 

購入するユーザーが、その前の不具合を知らなかったわけはないと思うけれど、ホンダを信頼し、クルマの魅力を買ったんだと思う

 

ぜひ今回のリコールで最後にして、オーナーの人にも安心できる対応をして欲しいな

 

 

そんなホンダと比べて光ったのは、トヨタ

 

一度は明け渡した1位の座を、アクアで取り戻し、1月に発売した新型ノア・ヴォクシーもしっかりランクイン

 

プリウスにはリコールもあったけれど、発売してからかなり経つし、影響は少なそう

 

今後の販売も期待できるんじゃないかな

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。