車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

アポロ インテンサ・エモツィオーネ(IE)発表!フルカーボン新型ハイパーカーのスペック、価格は

f:id:carislife:20171027133215j:plain

ドイツのスーパーカーメーカーのアポロが、新型ハイパーカーとなるインテンサ・エモツィオーネ(IE)を発表しました。

 

こだわり抜かれた新型ハイパーカーの性能や価格についてご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

アポロ新型インテンサ・エモツィオーネ(IE)とは?

f:id:carislife:20171027133305j:plain

アポロは、モデル名をインテンサ・エモツィオーネ(Intensa Emozione)、省略し「IE」とも呼ぶハイパーカーを発表しました。

 

「アポロ」は、破産した旧「グンペルト」が買い取られ、社名を変更したドイツのスーパーカーメーカーです。

 

これまでにアポロは、グンペルトの時からが製造しており新社名にもなった「アポロN」と、「アロー」という新型スーパーカーを発表しており、そのどちらも圧倒的なハイスペックが話題になっていました。

 

▼アポロのスーパーカー

1000馬力 V8ターボ搭載!グンペルト改め アポロ アロー 公開

ニュル最速マシン復活!700馬力 アポロ Apollo N 公開

 

新会社の新しい象徴となる存在とされたアポロIEは、高級素材で性能が追求され、デザインもライバルとなるブガッティ「シロン」やアストンマーディン「ヴァルキリー」、メルセデスAMG「プロジェクト・ワン」などを凌ぐものとして製作されています。

 

アポロ新型インテンサ・エモツィオーネ(IE)の外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20171027133225j:plain

f:id:carislife:20171027133230j:plain

アポロ インテンサ・エモツィオーネの外装は、圧巻の存在感を持ちながらもル・マン24時間レースなどにも参戦するプロトタイプレーシングマシンのLMP2カテゴリーに匹敵する空力性能が実現されています。

 

f:id:carislife:20171027133236j:plain

f:id:carislife:20171027133242j:plain

そのパーツ素材はすべて、軽量で高剛性にできるカーボンを使用。

 

f:id:carislife:20171027133315j:plain

f:id:carislife:20171027133249j:plain

ドアは、往年のレーシングカーを思わせるガルウイングを採用。

 

f:id:carislife:20171027133256j:plain

f:id:carislife:20171027133310j:plain

f:id:carislife:20171027133326j:plain

リアウイングは、車体から大きく後ろに配置され、ダウンフォースをより大きく車体に伝えるようになっています。

 

 

アポロ新型インテンサ・エモツィオーネ(IE)の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20171027133331j:plain

f:id:carislife:20171027133338j:plain

アポロ インテンサ・エモツィオーネの内装は、公開されたモデルでは赤のインテリアトリムとライティングが採用されています。

 

シートはその性能をフルに味わうことができるバケットシートとされ、レーシングハーネスも装備。

 

f:id:carislife:20171027133347j:plain

f:id:carislife:20171027133343j:plain

クイックリリース機構を備えるカーボン製のステアリングホイールには、ライトやウインカー、ギヤの切り替えスイッチをまとめて配置することで、ドライバーが手を移動させず走行することが可能になっています。

 

アポロ新型インテンサ・エモツィオーネ(IE)のプラットフォームは

f:id:carislife:20171027133409j:plain

アポロ インテンサ・エモツィオーネの車体は、外装パネルと同じく折り目が綺麗に見えるフルカーボンで製作されました。

 

f:id:carislife:20171027133350j:plain

f:id:carislife:20171027133357j:plain

サスペンションは、バネ下重量を軽量化し路面追従性をあげることができるプッシュロッド式が採用され、ブレーキにはBrembo製のカーボンセラミックブレーキを装備。

 

f:id:carislife:20171027133400j:plain

f:id:carislife:20171027133403j:plain

車体剛性を第一に考えたストイックな作りですが、フレームには衝突時につぶれることで衝撃を和らげるクラッシュボックスも採用されています。

 

アポロ新型インテンサ・エモツィオーネ(IE)のパワートレインとスペックは

f:id:carislife:20171027133253j:plain

アポロ インテンサ・エモツィオーネのスペックは以下の通りです。

  • エンジン:V型12気筒6.3L自然吸気
  • 最大出力:780ps/8500rpm
  • 最大トルク:77.5kgm/6000rpm
  • トランスミッション:パドルシフト付き6速シーケンシャル
  • 車重:1250kg
  • 駆動:MR
  • 前後重量配分:45対55
  • 0-100km/h加速:2.7秒
  • 最高速度:335km/h
  • ダウンフォース量:300km/h走行時 1350kg

アポロIEの最高出力は780馬力とされ、1000馬力マシンも少なくないハイパーカーでは低めになっています。

 

しかし、車重が1250kgと超軽量なことで、0-100km/h加速は2.7秒と1000馬力だったアポロ アローから0.2秒短縮し、1500馬力を出力するブガッティ シロン(0-100km/h加速 2.5秒)とも僅差に。

 

加えて、300km/h走行時に獲得するダウンフォース量は1350kgと車重を超え、路面に張り付く走りが可能になりました。

 

 

アポロ新型インテンサ・エモツィオーネ(IE)の価格は?

f:id:carislife:20171027133413j:plain

アポロ インテンサ・エモツィオーネは10台のみが製作され、その価格は270万ドル(約3億1000万円)と発表されています。

 

購入者には、アポロが開催するタイムアタックイベントへの参加権利が与えられるほか、今後開発されるアポロ車を優先的に手に入れることができるようになります。

  

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。