車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型ランドクルーザープラド最新情報】マイナーチェンジ!ディーゼル燃費やサイズ、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135129.jpg

トヨタが、ランドクルーザープラドの改良を控えています。

 

改良により性能を伸ばす新型ランドクルーザープラドについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】トヨタ新型ランドクルーザープラドにマイナーチェンジ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135202.jpg

トヨタが、ランドクルーザープラドの改良を予定しています。

 

トヨタ・ランドクルーザープラドは、ブランドを代表するSUV「ランドクルーザー」シリーズの中で、都市部での走りや乗り心地を高めたライトデューティモデルとしてラインナップされています。

 

新型ランドクルーザープラドでは、パワートレインや安全システムを改良し、魅力をアップします。

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ランドクルーザープラドの変更点

  • ディーゼル車に水冷インタークーラーを採用し環境性能を向上
  • 「Lパッケージ」グレードに、メモリー機能付きシートを採用

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180427103006j:plain

f:id:carislife:20180427103009j:plain

ランドクルーザープラドの外観には、2017年の改良で新世代のデザインが採用されていました。

 

フロントは、フード中央部を前方視界に配慮した形状とし、大型フロントグリルとヘッドランプを一括りにすることで力強さを演出。

 

全車にLEDヘッドランプを採用したほか、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装19インチアルミホイールを設定。

 

リヤコンビネーションランプの飛び出しを抑え、ガーニッシュの意匠を変更することで、より安定感のあるスタンスが実現されています。

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドにカスタム仕様もラインナップ!

▼モデリスタ・エアロキット

f:id:carislife:20180427103458j:plain

▼TRDカスタム仕様

f:id:carislife:20180427103504j:plain

トヨタ新型ランドクルーザープラドには、カスタムモデルとしてモデリスタ、TRD、トヨタからそれぞれパーツが設定されています。

 

モデリスタは都会に映える表情、TRDはスポーティ、トヨタは上質さをそれぞれコンセプトにカスタムされています。

 

▼トヨタ「エクステリアドレスアップ」

f:id:carislife:20180427103455j:plain

  

トヨタ新型ランドクルーザープラドのボディサイズは?

f:id:carislife:20180427104932j:plain

▼トヨタ新型ランドクルーザープラドのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4825×1885×1835mm
  • ホイールベース:2790mm
  • 最低地上高:220mm
  • 車重:2050kg
  • 参考
    ・トヨタ・ランドクルーザー
     全長×全幅×全高:4950×1980×1870mm
     ホイールベース:2850mm
     最低地上高:225mm
     車重:2430kg

トヨタ新型ランドクルーザープラドのボディサイズは、ランドクルーザーと比較して全長-125mm、全幅-95mmに設計されています。

 

これらの違いにより車重は380kgも軽くなっており、高い悪路走行性能を持ちながらも、より軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドの内装(インテリア)デザイン

▼新型ランドクルーザープラド(7人乗り仕様)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135136.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135140.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135205.jpg

トヨタ新型ランドクルーザープラドには、外観と同じく2017年の改良で質感が高められたデザインが採用されています。

 

内装色には、新規設定色のニュートラルベージュとブラックの全2色を設定。

 

インストルメントパネル周りを中心により先進的なデザインとし、エアコン吹き出し口上部を下げることで視認性を高め、ナビゲーションをタブレット型の薄い形状とすることでモダンさを強調。

 

また、センタークラスターやメーターパネルに金属調加飾を施すことで上質感をアップ
ステアリングホイールは、握りやすさを考慮した設計とし、専用加飾を施すことでインストルメントパネルとの統一感が演出されています。

 

▼新型ランドクルーザープラド(5人乗り仕様)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135150.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912135153.jpg

7人乗り仕様のほか、ラゲッジスペースを重視した5人乗り仕様も設定されており、用途にあわせて選択できるようになっています。

 

▼トヨタ新型ランドクルーザープラドの室内サイズ

  • 乗員:7人乗り or 5人乗り
  • 室内長×室内幅×室内高
    7人乗り:2520×1565×1240mm
    5人乗り:1825×1565×1240mm

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180427110112j:plain

▼トヨタ新型ランドクルーザープラドのエンジンとスペック

  • 直列4気筒2.8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」
    最高出力:177ps/3400rpm
    最大トルク:45.9kgm/1600-2400rpm
  • 直列4気筒2.7Lガソリン
    最高出力:163ps/5200rpm
    最大トルク:25.1kgm/3900rpm
  • トランスミッション:6速AT
  • 駆動方式:4WD

トヨタ新型ランドクルーザープラドのパワートレインは、2015年の改良で4Lガソリンエンジンにかえて導入されていた2.8Lディーゼルターボエンジンに水冷式インタークーラーが採用されます。

 

▼2.8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」の解説動画

2.8Lディーゼルエンジンは、新世代の高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを採用することで、1600rpmの低回転から最大トルクを発揮し、新開発された尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減していました。

 

▼参考:水冷式インタークーラー(トヨタ製1.2Lターボエンジン採用パーツ)

f:id:carislife:20180427112324j:plain

改良により新採用される水冷式インタークーラーは、ターボチャージャーにより圧縮され高温になった空気を、走行風ではなく水で冷却するように変更。

 

これにより、気温が高い場合や走行風が得られにくい状況でも安定した吸気温を保ち、燃焼効率と環境性能を向上。

 

インタークーラーの小型化や、配置自由度が増すことによるインテークパイプの短縮により、アクセルレスポンスもアップします。

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドの悪路走破性能は?

f:id:carislife:20180427113622j:plain

f:id:carislife:20180427113625j:plain

▼トヨタ新型ランドクルーザープラドの悪路走破性能

  • アプローチアングル:31度
  • デパーチャーアングル:28度
  • ランプブレークオーバーアングル:22度
  • 最大渡河水深:700mm
  • 最低地上高:220mm

トヨタ新型ランドクルーザープラドの悪路走破性能は、アプローチアングル31度、最大渡河水深700mmとSUVトップクラスのスペックが確保されています。

 

その他、走行システムとして 5つのモードから選択できる「マルチテレインセレクト」、ステアリング操作のみで難路を走破する「クロールコントロール」、スタビライザーを調整しオンロードの快適性とオフロードの走破性を両立する「KDSS」システムなどが採用されています。

 

▼マルチテレインセレクト解説動画

▼クロールコントロール解説動画

▼KDSS解説動画

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

トヨタ新型ランドクルーザープラドの燃費は、ディーゼルモデルで水冷式インタークーラーが採用されますが、排出ガスのクリーン化を目的としていることから変更はないとみられています。

 

現行モデルは2.8Lディーゼルが11.8km/L、2.7Lガソリンが9.0km/Lとなっており、車重が2000kgをこえるSUVでは良好な燃費が確保されています。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザープラドの燃費(現行モデル)

  • 2.8Lディーゼル:11.8km/L
  • 2.7Lガソリン:9.0km/L

  

トヨタ新型ランドクルーザープラドの安全装備は?

f:id:carislife:20180601133749j:plain

トヨタ新型ランドクルーザープラドの安全装備には、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が全車標準装備されています。

 

Toyota Safety Senseは、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援するシステムになっています。

 

▼トヨタ・セーフティセンスの機能

  • 自動ブレーキ
  • 車線はみ出しアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

   

トヨタ新型ランドクルーザープラドの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型ランドクルーザープラドの価格は、維持されるとみられています。

 

現行モデルは2.7Lモデルが約354万円からに設定され、15万5000円ほどの差で7人乗りを選択できるようになっています。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザープラドの価格(現行モデル)

  • 2.7Lガソリンモデル
    ・ランドクルーザー プラド TX
     5人乗り:353万8080円、7人乗り:369万2520円
    ・ランドクルーザー プラド TX“Lパッケージ”
     5人乗り:404万7840円、7人乗り:420万2280円
  • 2.8Lディーゼルモデル
    ・ランドクルーザー プラド TX
     5人乗り:415万2600円、7人乗り:430万7040円
    ・ランドクルーザー プラド TX“Lパッケージ”
     5人乗り:466万7760円、7人乗り:482万2200円
    ・ランドクルーザー プラド TZ-G
     7人乗り:536万3280円

 

トヨタ新型ランドクルーザープラドの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型ランドクルーザープラドの発売日は、2018年6月が予定されています。

 

生産開始は6月1日になり、納車は6月下旬からとなる見込みです。

 

トヨタ・ランドクルーザープラドを「おさらい」。ランクルとの違いは?

▼ランドクルーザープラド(初代) 

Toyota Land Cruiser Prado 70 001.JPG

トヨタ・ランドクルーザープラド(LAND CRUISER PRADO)は、初代が1990年に登場したSUVです。

 

登場前に70系ランドクルーザーの派生車種として販売されていた「ランドクルーザーワゴン」のデザインなどを変更し、後継モデルとして登場しました。

  

特徴として、ランドクルーザー譲りの高い悪路走行性能を持ちながらも乗用を重視し、軽量化された車体やパワートレインを採用しています。

 

そのコンセプトの違いからランドクルーザーとプラドでは、日本仕様で搭載するエンジンがランドクルーザーで4.6Lガソリン、プラドが2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンと、排気量に大きな差がつけられています。

 

現行モデルで4代目の150系ランドクルーザープラドは2009年に、同年に廃止されプラットフォームを共有していたハイラックスサーフを統合し登場。

 

2013年と2017年にビッグマイナーチェンジが行われデザインを変更し、国内では少ないディーゼルエンジンを選択できるSUVとして人気になっています。

 

新型トヨタ・ランドクルーザープラドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。