車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【日産新型デイズルークス最新情報】マイナーチェンジ発売!ハイウェイスターやスペック、燃費、価格は?

f:id:carislife:20180530093454j:plain

日産が、軽自動車「デイズルークス」の改良を発表しました。

 

改良により使い勝手をアップした日産新型デイズルークスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】日産新型デイズルークスが改良で機能を大幅アップ!

f:id:carislife:20180530093559j:plain

日産が軽自動車「デイズルークス」の改良を発表しました。

 

日産デイズルークスはブランドの上級軽自動車としてラインナップされ、三菱eKスペースと共同開発された兄弟車となっています。

 

改良では、安全装備を大幅に変更することで性能を伸ばすなど、使い勝手がアップしました。

  

▼日産デイズ

【日産新型デイズ最新情報】マイナーチェンジ発売!ハイウェイスターやスペック、燃費、価格は?

 

日産新型デイズルークスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型デイズルークスの変更点

  • 「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を従来のレーザーレーダー方式からカメラ方式に変更
  • 「踏み間違い衝突防止アシスト」を従来のレーザーレーダー方式からソナーとカメラ方式に変更、軽自動車で初めて前進時の歩行者検知に対応
  • 従来の加速抑制機能に加え、低速衝突軽減ブレーキ機能を追加
  • ハイウェイスターグレードに、LDW(車線逸脱警報)を標準設定
  • モノトーンボディカラーに、「プレミアムオリーブ」「アッシュブラウン」「スターリングシルバー」の3色を追加
  • 2トーンカラーに「アイスブルー」のボディに「ホワイト」のルーフを新設定
  • 新たに3トーンカラーを設定し「プレミアムオリーブ」のボディに「ホワイト」のルーフと「アッシュブラウン」のサイドミラーを組み合わせ

 

日産新型デイズルークスの外装(エクステリア)デザイン

▼日産新型デイズルークス(ベースモデル)の画像

f:id:carislife:20180530093842j:plain

日産新型デイズルークスの外装は、ボディラインを強調した力強いデザインとされています。

 

▼日産新型デイズルークスハイウェイスターの画像

f:id:carislife:20180530093845j:plain

カスタムモデルとして用意されるデイズルークスハイウェイスターは、バンパーまで拡大された大型グリルを採用し、スポーティなスタイルとされています。

 

日産新型デイズルークスのボディサイズは?

f:id:carislife:20180530094037j:plain

▼日産新型デイズルークスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1775mm
  • ホイールベース:2430mm
  • 最低地上高:150mm
  • 車重:920kg
  • 参考
    ・デイズ
     全長×全幅×全高:3395×1475×1620mm
     ホイールベース:2430mm
     最低地上高:150mm
     車重:830kg

日産新型デイズルークスのボディサイズは、軽自動車規格をいっぱいまで使用した全長、全幅に設計されています。

 

これによりミドルモデルとして用意されているデイズとの違いは全高となり、高さのある広い室内空間と、大きなドア開口部が確保されています。

 

日産新型デイズルークスの内装(インテリア)デザイン

▼日産新型デイズルークス(ベースモデル)

f:id:carislife:20180530094452j:plain

f:id:carislife:20180530094458j:plain

日産新型デイズルークスの内装は、ブランド共通のモダンさをもった仕上げとなっています。

 

▼日産新型デイズルークスハイウェイスター

f:id:carislife:20180530094501j:plain

f:id:carislife:20180530094455j:plain

カスタムモデルのデイズルークスハイウェイスターでは、ブラックのインテリアパネルやブラウンのシートなどにより、上質に仕上げられています。

 

▼日産新型デイズルークスの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2235×1320×1400mm
  • 乗員:4人乗り

 

日産新型デイズルークスのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180530094733j:plain

▼日産新型デイズルークスのエンジンとスペック

  • 直列3気筒660cc
    出力:49ps/6.0kgm
  • 直列3気筒660ccターボ
    出力:64ps/10.0kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型デイズルークスのエンジンには、軽自動車規格に対応しながら力強い走りを発揮する直列3気筒660ccエンジンが搭載されています。

 

エンジンには可変バルブタイミング機構が採用され、幅広い領域で最適な燃焼が可能になっています。

 

トランスミッションにはCVTが組み合わせられ、無段階変速によりエンジンの出力を効率よく走行につなげることができるようになっています。

  

日産新型デイズルークスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型デイズルークスの燃費

  • 660cc自然吸気:22.0km/L
  • 660ccターボ:22.2km/L

日産新型デイズルークスの燃費は最高22.2km/Lとなっており、車体サイズが大きいことからエンジントルクの大きいターボエンジンのほうが低燃費になっています。

 

自然吸気エンジンはターボエンジンと0.2km/L差となっており、車両価格とのトータルコストで選ぶことができるようになっています。

 

日産新型デイズルークスの安全装備は?

f:id:carislife:20180530095213j:plain

日産新型デイズルークスの安全装備は改良にあわせ大幅に構成が変更され、性能をアップしました。

 

全車標準設定されている衝突回避を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、従来のレーザーレーダー方式からカメラ方式に変更することで、新たに約10km/h~60km/hの車速域で歩行者に対しても作動するよう仕様を向上。車両に対する作動車速域は約10km/h~80km/hへと拡大されています。

 

f:id:carislife:20180529112954j:plain
f:id:carislife:20180529112958j:plain

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」も従来のレーザーレーダー方式からソナーとカメラ方式に変更、軽自動車で初めて前進時に歩行者に対しても作動するよう性能を向上。さらに、後進時についても壁などの障害物に対して作動するよう機能が追加されています。

 

従来の加速抑制機能に加え、前後進時とも衝突するおそれがあると判断した場合に自動的にブレーキを作動させる低速衝突軽減ブレーキ機能も追加されました。

 

f:id:carislife:20180529112951j:plain

さらに、ハイウェイスターグレードにおいて、LDW(車線逸脱警報)を標準設定。

 

これらの安全性向上によりハイウェイスターグレードは、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている安全運転サポート車「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の「ワイド」に対応しました。

  

日産新型デイズルークスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

日産新型デイズルークスの価格は、FFモデルが約132万円、4WD車が約144万円に設定されています。

 

カスタムモデルとしてハイウェイスターが用意されているほか、同グループのオーテックが手がけるカスタムカーとして「ボレロ」と「ライダー」も設定され、豊富なラインナップから選択することができるようになっています。

 

▼日産新型デイズルークスの価格

  • S
    FF:1,317,600円、4WD:1,438,560円
  • X
    FF:1,436,400円、4WD:1,557,360円
  • ハイウェイスターX
    FF:1,639,440円、4WD:1,760,400円
  • ハイウェイスターX Gパッケージ
    FF:1,711,800円、4WD:1,832,760円
  • ハイウェイスター Xターボ
    FF:1,671,840円、4WD:1,792,800円
  • ハイウェイスター Gターボ
    FF:1,765,800円、4WD:1,886,760円
  • X Vセレクション
    FF:1,501,200円、4WD:1,622,160円
  • ハイウェイスターX Vセレクション
    FF:1,704,240円、4WD:1,825,200円
  • ボレロ
    FF:1,595,160円、4WD:1,702,080円
  • ライダー(ハイウェイスターXベース)
    FF:1,826,280円
  • ライダー(ハイウェイスターX Gパッケージベース)
    FF:1,898,640円、4WD:2,005,560円
  • ライダー(ハイウェイスター Xターボベース)
    FF:1,858,680円、4WD:1,965,600円
  • ライダー(ハイウェイスター Gターボベース)
    FF:1,952,640円、4WD:2,059,560円

  

日産デイズルークスを「おさらい」

▼参考:三菱eKスペース

f:id:carislife:20180530100515j:plain

日産デイズルークス(DAYZ ROOX)は、初代となる現行モデルが2014年に登場した軽自動車です。

 

2013年に登場した軽自動車「デイズ」シリーズのスーパーハイトワゴンとして企画され、開発は日産と三菱自動車の合弁会社NMKVが担当し、三菱3代目eKシリーズと共同開発されました。

 

車名には、スズキ「パレット」のOEMモデルだった前モデル「ルークス」の名前が引き続き採用されました。

 

車体は、前モデルのルークスよりも全高が30-40mm高く、ホイールベースも30mm拡大されており、室内高は27インチ自転車も積載可能な1,400mmが確保されました。

 

装備にアラウンドビューモニターやタッチパネル式オートエアコン、リモコンオートスライドドアなどが採用されたことから、軽自動車トップクラスの充実さがアピールされました。

 

新型日産デイズルークスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!