車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型サクシード最新情報】ハイブリッド12月3日マイナーチェンジ発売!価格や燃費は?

f:id:carislife:20180319134237j:plain

トヨタが、商用バン「サクシード」のマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型サクシードについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型サクシードにマイナーチェンジ発表!

f:id:carislife:20180910114650j:plain

トヨタが、商用バンとしてラインナップしているサクシードのマイナーチェンジを発表しました。

 

トヨタ・サクシードは、ブランドの主力ライトバンとして販売され、兄弟モデルのプロボックスとあわせ長期間にわたりトップシェアを獲得しているモデルです。

 

マイナーチェンジではパワートレインが強化され、環境性能と走りをアップします。

 

▼トヨタ・プロボックス

【トヨタ新型プロボックス最新情報】ハイブリッド発売!価格や燃費は?

 

トヨタ新型サクシードの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型サクシードの変更点

  • 1.5Lハイブリッド仕様を新設定し、燃費性能と動力性能を改善。
    オートエアコンやシートヒーター(運転席にオプション)、運転席横のスペースにセンターコンソール小物入れを標準装備するなど、快適で便利な仕様に制作
  • 安全機能「トヨタセーフティセンス」に昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を標準装備
  • 盗難防止用のイモビライザーを新たに標準装備
  • USBポートを標準装備し、マルチホルダーのサイズを拡大することでスマートフォンやメモ帳などが楽に置けるように変更

 

トヨタ・サクシードとプロボックスの違いは?

▼トヨタ・プロボックス

f:id:carislife:20180319134240j:plain

トヨタ・サクシードとプロボックスは2014年に行われたビッグマイナーチェンジ前まで使用感に違いがつけられていましたが、現行モデルでは多くが共通化され差が小さくなっています。

 

▼【現行】トヨタ・プロボックスとサクシードの違いまとめ

  • 1.3Lガソリンエンジン搭載モデルを、プロボックスのみに設定
  • プロボックスはカローラ店のみ、サクシードはトヨタ店とトヨペット店で販売

▼【2014年改良前】プロボックスとサクシードの違い

  • 前後エクステリアデザインを差別化
  • サクシードがプロボックスに対し、全長+105mm、2名乗車時荷室長+20mmとなっており、積載重量も450kgとプロボックス+50kg
  • サクシードにのみ1.3Lエンジン、1.5LCNGエンジン、ワゴンMT車を設定
  • 上記の違いから、最廉価グレードで10万円の価格差

改良前モデルのサクシードとプロボックスの差は、サクシードの前モデルのカルディナバン、プロボックスの前モデルとなったカローラバンの違いからくるものになっており、両モデルのユーザーの要望にこたえることができるように設計されていました。

 

改良後は、サクシードもプロボックスにあわせ荷室長1810mm・積載量400kgとされ、同等グレードでは価格差もなくなっています。

 

トヨタ新型サクシードの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ・サクシード

f:id:carislife:20180319132852j:plain

トヨタ新型サクシードの外装は、実用性の高さとちから強さを表現するデザインとされています。

 

f:id:carislife:20180319132855j:plain

ボディスタイルは大きな荷室を確保するため角をもったものとされ、運転時の見切りの良さにもつながっています。

 

トヨタ新型サクシードのボディサイズは?

f:id:carislife:20180319140632j:plain

▼トヨタ新型サクシードのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4245×1690×1525mm
  • ホイールベース:2550mm
  • 最低地上高:140mm
  • 車重:1090kg

トヨタ新型サクシードのボディサイズは、フルモデルチェンジに近かった2014年のマイナーチェンジにより車体を設計しなおしたことで、プロボックスと共通になっています。

 

商用バンとして荷物を積んだときの動力性能も重要視されることから、高い耐久性を確保しながらも車重は1090kgと軽く仕上げられています。

 

トヨタ新型サクシードの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180319142324j:plain

新型サクシードの内装は、実用性と使う人の快適性を高めた仕上げとされています。

 

f:id:carislife:20180319142327j:plain

エアコンのスイッチはL字型とすることで、手の届きやすい位置に1Lの飲み物のパックを置くスペースを確保。

 

f:id:carislife:20180319142330j:plain

f:id:carislife:20181119134707j:plain

スマートフォンなどを置くマルチホルダーのすぐ下からはUSBやアクセサリー電源を取ることができ、100Vソケットを利用することで長時間外出する際にも電源をとることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180319142338j:plain

大きいインパネテーブルは高さが最適化され、車内でお弁当を食べるほか、PCを置く時も自然な体勢に。

 

f:id:carislife:20180319142341j:plain

f:id:carislife:20180319142345j:plain

ビジネス用のバッグもクルマに乗り込みすぐ横におけるようにし、長い時間の駐車で飲み物がぬるくなってしまったときは、ステアリング右側のドリンクホルダーを使用することでエアコンの風で冷やすことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180319142351j:plain

シートはリクライニング角度が大きくとられ、骨格も長時間の運転で疲れにくいようになっています。

 

f:id:carislife:20180319142354j:plain

f:id:carislife:20180319142358j:plain

▼トヨタ新型サクシードの室内サイズ(同プロボックス)

  • 荷室長×荷室幅×荷室高
    2人乗り時:1810×1420×935mm
    5人乗り時:1040×1415×935mm
  • 最大積載量
    2人乗り時:400kg
    5人乗り時:250kg

 

トヨタ新型サクシードのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180319143504j:plain

▼トヨタ新型サクシードのパワートレインとスペック

  • 1.5Lハイブリッド【新搭載】
    エンジン出力:74ps/11.3kgm
    モーター出力:61ps/17.2kgm
    駆動方式:FF
  • 1.5Lガソリン
    出力(FF):109ps/13.9kgm
    出力(4WD):103ps/13.5kgm
    駆動方式:FF or 4WD
  • トランスミッション:CVT

トヨタ新型サクシードには、コンパクトカーのアクアやヴィッツに採用されている1.5Lハイブリッドシステムが新搭載されました。

 

▼参考:プロボックス1.3Lモデルのスペック

  • 1.3Lガソリン
    出力:95ps/12.3kgm
    駆動方式:FF

これまでは1.5Lガソリンエンジンが主力とされ、プロボックスにのみ1.3Lガソリンエンジンもラインナップされていました。

 

しかし商用モデルでも環境性能が注目されるようになったことから、新しく1.5Lハイブリッドモデルを設定することで、モーターの低速トルクによる軽快な加速も使用できるようになっています。

 

現行モデルのプロボックスは2014年の大幅改良時に、最新のパワートレインに対応するためプラットフォームを現行ヴィッツと同じものに変更していたことから、ハイブリッドシステムも搭載することができるようになっていました。

 

トヨタ新型サクシードの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型サクシードの燃費

  • 1.5Lハイブリッド
    ・FF
     JC08モード:27.8km/L
     WLTCモード:22.6km/L(新燃費規格)
  • 1.3Lガソリン【プロボックスのみ設定】
    ・FF
     JC08モード:17.6km/L
  • 1.5Lガソリン
    ・FF
     JC08モード::19.6km/L
    ・4WD
     JC08モード:15.8km/L

トヨタ新型サクシードの燃費は、1.5Lハイブリッドモデルを新設定することで大幅に改善されました。

 

以前は、アイドリングストップにも対応した1.5Lガソリンモデルで最高19.6km/Lとなっていましたが、ヴィッツで34.4km/Lになっていたハイブリッドシステムを搭載することで27.8km/Lの燃費に仕上げられました。

 

より実燃費に近い新燃費規格のWLTCモードでも22.6km/Lと、既存のパワートレインを上回っています。

 

トヨタ新型サクシードの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160830/20160830153915.jpg

トヨタ新型サクシードの安全装備には、機能をアップした「Toyota Safety Sense」が搭載されました。

 

サクシードには2016年の一部改良で、商用バンで初搭載となる衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が全車に標準装備されていました。

 

改良では、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を標準装備。

 

さらに、盗難防止用のイモビライザーを新たに標準装備するなど、優れた安全・防犯機能が確保されました。

  

トヨタ新型サクシードの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型サクシードの価格は、1.5Lハイブリッドが設定されることで最高価格がアップしました。

 

サクシードハイブリッドの価格は182万円からとなり、最上位グレードのTXでも200万円をきる設定となっています。

 

他グレードは装備内容が変更されたことで、5000円ほどの価格ダウンになっています。

 

▼トヨタ新型サクシードの価格

  • TX
    1.5L/FF:1,695,600円、1.5L/4WD:1,854,360円
    ハイブリッド/FF:1,965,600円【新設定】
  • UL-X
    1.5L/FF:1,657,800円、1.5L/4WD:1,816,560円
    ハイブリッド/FF:1,927,800円【新設定】
  • UL
    1.5L/FF:1,586,520円、1.5L/4WD:1,745,280円
    ハイブリッド/FF:1,856,520円【新設定】
  • U
    1.5L/FF:1,549,800円、1.5L/4WD:1,708,560円
    ハイブリッド/FF:1,819,800円【新設定】

▼トヨタ新型プロボックスの価格

  • F
    1.5L/FF:1,695,600円、1.5L/4WD:1,854,360円
    ハイブリッド/FF:1,965,600円【新設定】
  • GL
    1.3L/FF:1,481,760円、1.5L/FF:1,657,800円、1.5L/4WD:1,816,560円
    ハイブリッド/FF:1,927,800円【新設定】
  • DXコンフォート
    1.3L/FF:1,410,480円、1.5L/FF:1,586,520円、1.5L/4WD:1,745,280円
    ハイブリッド/FF:1,856,520円【新設定】
  • DX
    1.3L/FF:1,373,760円、1.5L/FF:1,549,800円、1.5L/4WD:1,708,560円
    ハイブリッド/FF:1,819,800円【新設定】

 

トヨタ新型サクシードの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型サクシードの発売日は、2018年12月3日と発表されました。

 

トヨタは商用車にもハイブリッド仕様を設定することで、主力ライトバンの魅力を維持したい考えです。 

 

トヨタ・サクシードを「おさらい」

▼トヨタ・サクシード(初期モデル)

Toyota Succeed Van U 4WD.JPG

トヨタ・サクシード(Succeed)は、2002年に初代となる現行モデルが登場した商用バンです。

 

サクシードの車名の由来は、英語で「成功する」を意味するところからとなっています。

 

サクシードはカルディナバン、兄弟車のプロボックスはカローラバンの後継モデルとして製作されました。

 

この経緯から2014年の共通化前まで、商用ミドルクラスだったカルディナバンを引き継ぐサクシードの荷室が大きく、3尺×6尺(通称サブロクサイズ)の合板や畳が収まる荷室長が確保されていました。

 

2014年にはフルモデルチェンジに近い大規模改良が行われ、最新エンジンとトランスミッションを搭載するため、プラットフォームは初代ヴィッツのNBCプラットフォームから3代目(現行モデル)ヴィッツなどに使われるBプラットフォームに変更。

 

そのままでは使用することができないため、プラットフォームの幅を60mmカットし、従来のアッパーボディと組み合わせられました。

 

ボディタイプには2013年までワゴンも設定されていましたが、カローラフィールダーに統合され、現在はバンのみが販売されています。

 

新型トヨタ・サクシードについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!