車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ダイハツ新型コペン最新情報】2019年9月コペンGRスポーツ設定!コペンクーペ/セロ/ローブ/XPLAY、燃費、価格は?

f:id:carislife:20190111113646j:plain

ダイハツが、「コペン」の新モデルを公開しました。

 

新モデルにより魅力をアップするダイハツ新型コペンについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新型コペンGRスポーツ公開!GAZOO Racingと共同開発!

▼ダイハツ新型コペンGRスポーツの画像

f:id:carislife:20190111113646j:plain

ダイハツが、軽自動車「コペン」の新モデルとなる「コペンGRスポーツ」を公開しました。

 

ダイハツ・コペンは、ブランドを代表する軽自動車オープンスポーツカーとして設計され、第2世代となる現行モデルではエクステリアデザインを着せ替えることができる独自の設計を採用し話題になりました。

 

2019年1月11日には、200台限定モデルとなる「コペンクーペ」のWEBサイト商談希望受付も開始されました。

 

新モデルとして公開された新型コペンGRスポーツは、市販化を前提としていることを発表。


同グループのトヨタがラインナップ拡大を進める「GR」ブランドの1モデルとして、トヨタGAZOOレーシングと連携して開発。

 

ボディの剛性強化や足回りのチューニングを中心に、思い通りに操ることができる気持ちの良い走りに仕上げられます。

 

ダイハツ新型コペンの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ダイハツ新型コペンの変更点

  • ハードトップを持つ「コペンクーペ」を発売。
    200台限定とし、2019年1月から購入希望者を募集
  • 上質なエクステリアとした「コペン セロ スポーツプレミアム」を市販化を予定
  • トヨタのスポーツブランドの1モデルとなる「コペンGRスポーツ」の設定を予定。
    専用のエアロやサスペンション、インテリアを装備

 

ダイハツ新型コペンの外装(エクステリア)デザイン

▼コペンローブ

f:id:carislife:20181022093913j:plain

f:id:carislife:20181022093857j:plain

ダイハツ新型コペンの外装には、大きくデザインが違う3種類が用意されています。

 

コペンローブは、現行モデル登場時にベースモデルとして発表され、新世代のコペンを象徴する軽快なデザインが採用されています。

 

▼コペンXPLAY(エクスプレイ)

f:id:carislife:20181022093901j:plain

f:id:carislife:20181022093905j:plain

第2弾として発表されたコペンエクスプレイは、「タフ&アグレッシブ」をコンセプトにオープンスポーツカーながらクロスオーバーのようなスタイルとされました。

 

▼コペンセロ

f:id:carislife:20181022093907j:plain

第3のモデルとなったコペンセロは、前モデルを思わせる丸目のライトを採用することで、モダンなオープンスポーツカーにデザインされています。

 

▼コペン「DRESS-FORMATION」

f:id:carislife:20181022093909j:plain

f:id:carislife:20181022093915j:plain

第1弾モデルのコペンローブと第3弾のコペンセロは、着せ替えによりデザインを変更できる「DRESS-FORMATION(ドレスフォーメーション)」に対応しており、好みのスタイルを選択することができます。

 

▼コペン「DRESS-FORMATION」動画

 

ダイハツ新型コペンGRスポーツを設定へ!

▼ダイハツ新型コペンGRスポーツの画像

f:id:carislife:20190111114443j:plain

f:id:carislife:20190111114446j:plain

ダイハツ・コペンには、スポーツ性能を伸ばした新型コペンGRスポーツの設定が予定され、開発が進行していることが発表されています。

 

新型コペンGRスポーツは、トヨタのスポーツブランド「GR」の1モデルとしてラインナップされ、スポーツ性能を重視したアグレッシブなエクステリアデザインを採用します。

 

トヨタのGRモデルで採用されている「Functional MATRIX」グリルを採用。

 

f:id:carislife:20181022100720j:plain

インテリアには、専用のレカロシートやインパネなどを採用し、上質感ある雰囲気が表現されます。

 

その他にも、MOMO製ステアリングやレカロシート、BBSホイールを装着し、専用チューニングのサスペンションを装備することで走り味をアップ。

 

エンジンはベースモデルと共通の直列3気筒660ccターボとなりますが、専用の給排気システムを採用することで気持ちのいい加速感が実現されます。

 

新型コペンGRの企画当初はワイドフェンダー化による小型車登録として、エンジンには直列3気筒1Lターボ搭載することも検討されましたが、その後、変更点を抑えることで幅ひろいユーザーに魅力的な仕上げとされることが決定しています。

  

ハードトップ!ダイハツ新型コペンクーペ発表!

▼ダイハツ新型コペンクーペの画像

f:id:carislife:20181219134143j:plain

f:id:carislife:20181219134150j:plain

f:id:carislife:20181219134204j:plain

ダイハツは、200台を販売するコペンの限定モデル「コペン クーペ」発表しました。

 

コペンクーペは、「東京オートサロン 2016」に出展したコンセプトカーを商品化したもので「コペン セロ」をベースにCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic)製のハードルーフを装着。

f:id:carislife:20181219134154j:plain

エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リアエンドまで一体となった流麗なエクステリアに仕上げられています。

f:id:carislife:20181219134157j:plain

コペンクーペに採用されるハードルーフは、軽量で丈夫なCFRP素材とするとともに、開閉式のガラスハッチを備えて荷物の出し入れが可能となっています。

 

また、モモ製革巻ステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付)やBBS製鍛造アルミホイールを標準装備。

 

f:id:carislife:20181219141519j:plain

世界初となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントウィンドウ「eXeview」により、快適性も向上されています。

 

さらに、MT車にはフロントスーパーLSD (Limited Slip Differential gear)を標準装備することで、走行性能を向上。

 

f:id:carislife:20181219134201j:plain

f:id:carislife:20181219141444j:plain

f:id:carislife:20181219141447j:plain

そのほか、数量限定車としてシリアルナンバーを付与するとともに、ボディカラーは「ブリティッシュ グリーンマイカ」(ベージュインテリア)と「パールホワイトIII」(ブラックインテリア)を設定。

 

それぞれにトランスミッションにはCVTとMTを設定して、1グレードで4つの仕様が設定されています。

 

▼ダイハツ新型コペンクーペの販売概要・価格

  • 発売台数:200台限定
  • 応募期間:2019年1月11日14時~2月11日18時
  • 応募方法
    Copen.jp内スペシャルサイトにある特設WEB応募ページより申し込み
    (200台を上まわる応募があった場合は抽選)
  • 商談期間:2月下旬以降に販売会社にて商談、注文
  • 生産納車時期:2019年4月以降を予定
  • 価格
    CVT:248万4000円
    MT:250万5600円

 

上級スポーツ!新型コペンセロ・スポーツプレミアム公開!

▼新型コペンセロ・プレミアムスポーツの画像

f:id:carislife:20181219140051j:plain

ダイハツ新型コペンは限定モデルとされたコペンクーペの発表にあわせ、新モデル「コペンセロスポーツプレミアム」が公開されています。

 

新型コペンセロスポーツプレミアムは、軽自動車スポーツならではの軽快さが重視されていたエクステリアのデザインを変更。

 

丸目のコペンセロをベースに、メッシュ状のオリジナルフロントグリルやメッキ加飾を施すことで上質な仕上げに。

 

オープンカーならではのラグジュアリー性を伸ばしたモデルとして、市販化が予定されています。

 

ダイハツ新型コペンのボディサイズは?

f:id:carislife:20181022100003j:plain

▼ダイハツ新型コペンのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1280mm
  • ホイールベース:2230mm
  • 最低地上高:110mm
  • 車重:850kg(CVT車は+20kg)

ダイハツ新型コペンのボディサイズは、軽自動車企画をいっぱいまで使用した全長と全幅とされています。

 

しかし、全高は1280mmと低くすることでスポーティなデザインをつくっています。

 

f:id:carislife:20181022100701j:plain

車重は、オープン化に対応するボディ剛性強化を行いながらも850kgと軽く制作され、軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

ダイハツ新型コペンの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181022100724j:plain

f:id:carislife:20181022100722j:plain

ダイハツ新型コペンの内装は、オープンスポーツを楽しむことができる上質な仕上げとされています。

 

f:id:carislife:20181022101348j:plain

f:id:carislife:20181022100713j:plain

f:id:carislife:20181022100707j:plain

システムの操作系はドライバーが扱いやすいように機能的に配置され、ホールド性を高めたシートにはヒーターを備えることで快適にオープンエアを楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20181022100709j:plain

f:id:carislife:20181022100717j:plain

トランクは、ゴルフバッグを収納できるほどの大きなスペースがとられ、ルーフ収納した状態でもハンドバッグなどをしまっておくことができるようになっています。

 

▼ダイハツ新型コペンの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:910×1250×1040mm
  • 乗員:2人乗り

 

ダイハツ新型コペンのエンジンとスペックは?

▼ダイハツ製直列3気筒660ccターボKF型「TOPAZ NEO」エンジン

f:id:carislife:20181022100705j:plain

▼ダイハツ新型コペンのエンジンとスペック

  • 直列3気筒660ccターボ「KF型」
  • 出力:64ps/9.4kgm
  • トランスミッション:5速MT or 7速マニュアルモード付きCVT
  • 駆動方式:FF 

ダイハツ新型コペンには、ブランドの主力軽自動車用エンジン「トパーズネオ」が採用されています。

 

f:id:carislife:20181022102113j:plain

f:id:carislife:20181022102110j:plain

トランスミッションは5速MTと7速スポーツモード付きCVTから選択でき、CVTにはエンジンの回転数をあわせることでシフトダウン時のショックを抑える「ブリッピング制御」が採用されています。

 

f:id:carislife:20181022102116j:plain

「S」グレードのCVT車にはパドルシフトも装備され、ステアリングから手を離さずにシフトチェンジが可能になっています。

 

f:id:carislife:20181022102118j:plain

走行性能をアップする装備として5速MT車にはLSDがメーカーオプション設定され、さらに切れ味鋭い走りを楽しむことができるようになっています。

 

ダイハツ新型コペンを試乗動画でチェック!

ダイハツ新型コペンは試乗動画が公開されています。

 

軽快な走り味とオープンスポーツとしてのラグジュアリー性が高い評価を受けています。

 

 

ダイハツ新型コペンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ダイハツ新型コペンの燃費

  • CVT:25.2km/L
  • 5速MT:22.2km/L
    ※ローブ、エクスプレイ、セロ共通

ダイハツ新型コペンの燃費は、CVT車が25.2km/Lで低燃費になっています。

 

5速MT車でも22.2km/Lとなっており、軽自動車スポーツならではの走りを気軽に楽しむことができます。

 

ダイハツ新型コペンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

ダイハツ新型コペンに新設定された限定モデル「コペンクーペ」の価格は、ベースモデルとなるコペンセロの上位グレード+38万円とされました。

 

ベースモデルのコペンは、ローブとエクスプレイが同価格とされ、セロのみ5万円アップしています。

 

新設定されるコペンGRスポーツは最上級モデルとして制作され、価格は230万円ほどに設定されるとみられています。

 

▼ダイハツ・コペンの価格

  • コペンクーペ【限定200台】
    CVT:2,484,000円、MT:2,505,600円
  • COPEN Robe
    CVT:1,852,200円、5MT:1,873,800円
  • COPEN Robe S
    CVT:2,052,000円、5MT:2,073,600円
  • COPEN XPLAY
    CVT:1,852,200円、5MT:1,873,800円
  • COPEN XPLAY S
    CVT:2,052,000円、5MT:2,073,600円
  • COPEN Cero
    CVT:1,906,200円、5MT:1,927,800円
  • COPEN Cero S
    CVT:2,106,000円、5MT:2,127,600円

 

ダイハツ新型コペンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ダイハツ・コペンに設定が予定されるコペンGRスポーツの発売日は、2019年9月が予定されています。

 

ダイハツはコペンに新モデルをラインナップすることで、さらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

ダイハツ・コペンを「おさらい」

▼ダイハツ・コペン(初代)

The frontview of Daihatsu Copen Activetop (L880K).JPG

ダイハツ・コペン(COPEN)は、初代が2002年に登場した軽自動車オープンスポーツカーです。

 

「COPEN」の車名の由来は、「軽オープン(KOPEN)」のKをコンパクトカー(Compact car)のCに変えたものとなっており、初代はCのみが大文字の「Copen」、2代目は全て大文字とされています。

 

初代は、直列4気筒660ccターボ「JB-DET」エンジンを搭載し、軽市販車では初となる電動油圧ポンプ開閉式ルーフのアクティブトップ仕様を設定。

 

ボディカラーには、クリア塗装を2回繰り返す5層コートを採用し、より深みのある艶やかな輝きが実現されたことでも人気になり、2012年まで10年間のロングライフ販売となりました。

 

現行モデルの2代目は2014年に登場し、新たな骨格構造「D-Frame」と、脱着構造「Dress-Formation」を採用。

 

「D-Frame」は、フロント・サイド・リア・フロアを切れ目なくつないだ構造としたことで曲げ剛性やねじれ剛性を高め、高い走行性能とルーフオープン時の剛性を確保。

 

脱着構造「Dress-Formation」は、骨格だけで強度を担保する構造となったD-Frameのメリットを活かし、購入後にユーザーの好きなタイミングで、ボンネットフード、トランクフード、バンパー(フロント/リア)、フェンダー(フロント/リア、左右各1個ずつ)、ロッカー(左右各1個ずつ)、フューエルリッドの樹脂外板11パーツとヘッドランプ・リアコンビランプを着せ替えできるようにされました。

 

2015年10月には交換用「DRESSパーツ」の発売が開始され、「ローブ」から「セロ」に交換できる「フルセット」に加え、フロントパーツのみを交換する「フロントセット」、リアパーツのみを交換する「リアセット」の3種類を設定。

 

D-SPORTからは、東京オートサロンに出展されたストリート仕様を市販向けにリファインした「エクスプレイ」用のDRESSパーツが販売されています。

 

新型ダイハツ・コペンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!