車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型アルファード最新情報】2020年1月30系ビッグマイナーチェンジ!ロイヤルラウンジやハイブリッド、サイズ、価格、燃費、発売日は?

f:id:carislife:20180801083646j:plain

トヨタが、ミニバン「アルファード」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップする新型アルファードについて、スペックや価格、発売日などをご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型アルファードにビッグマイナーチェンジ!

f:id:carislife:20171225141837j:plain

トヨタが、「アルファード」のマイナーチェンジを予定しています。

 

トヨタ・アルファードは、ブランドの最上級ミニバンとしてラインナップされ、兄弟モデルとなるヴェルファイアと並んで人気モデルになっています。

 

2018年10月には安全装備を充実し、魅力をアップしていました。

 

マイナーチェンジする新型アルファードでは、最新のデザインを採用するほか、新モデルが追加されます。

 

▼新型ヴェルファイア

【トヨタ新型ヴェルファイア最新情報】30系マイナーチェンジ!ロイヤルラウンジやハイブリッド、サイズ、価格、燃費、発売日は?

  

トヨタ新型アルファードの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型アルファードの主な変更点

  • 最新のエクステリア、インテリアを採用
  • 2.5Lハイブリッドモデルに2WD車を新設定
  • 販売チャネルをこれまでのトヨペット店のほか、トヨタ店にも拡大

▽2018年10月改良

  • インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を全車標準装備に変更
  •  「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」に対応

 

トヨタ新型アルファードの外装(エクステリア)デザインは?

▼アルファード・標準ボディの画像

f:id:carislife:20171225142837j:plain

新型アルファードの外装は、最新のデザインを採用することで、より上級ミニバンとしての存在感がアップされます。

 

現行モデルは2017年のマイナーチェンジにあわせて変更され、迫力をもったスタイルとなっていましたが、新型アルファードでは最新のLEDライトなどを採用することで先進的なイメージを向上。

  

▼アルファード・エアロボディの画像

f:id:carislife:20171225142841j:plain

デザイン性をあげたモデルとしてラインナップされているエアロボディ仕様は、標準ボディ仕様との差別化が進められます。

  

トヨタ新型アルファードのボディサイズは?

f:id:carislife:20171225165143j:plain

▼トヨタ新型アルファードのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4950×1850×1950mm
  • ホイールベース:3000mm
  • 最低地上高:165mm
  • 車重
    2.5Lエンジン車:1920kg~2020kg
    3.5Lエンジン車:2100~2150kg
    2.5Lハイブリッド車:2110~2200kg

新型アルファードのボディサイズは、グレードごとに車重に違いがあるものの、標準ボディとエアロボディで同サイズになっています。

 

下位モデルとなるノアやヴォクシーでは、エアロ仕様が3ナンバーになるなどサイズに違いがつけられていましたが、アルファードではデザインで選択することができるようになっています。

 

トヨタ新型アルファードの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20171225143820j:plain

f:id:carislife:20171225143833j:plain

トヨタ新型アルファードの内装デザインは、アクセントやシート表皮、木目のカラーを変更することにより、最上級ミニバンとしての質感がさらに高められます。

  

f:id:carislife:20171225143823j:plain

f:id:carislife:20171225143828j:plain

加えて、エアロ仕様としてゆとりのあるセカンドシートを備える最上級グレード「アルファードExecutive Lounge S」では、専用インテリアを採用。

 

シルバー木目調の専用加飾やホワイト色のプレミアムナッパ本革シートで、先進的かつモダンな室内空間が演出されます。

 

▼Executive Lounge専用メーター

f:id:carislife:20171225144209j:plain

▼エアロ仕様専用メーター

f:id:carislife:20171225144212j:plain

▼ハイブリッド車専用メーター

f:id:carislife:20171225144219j:plain

▼ガソリン車専用メーター

f:id:carislife:20171225144224j:plain

メーターのデザインは、Executive Lounge、ハイブリッド、ガソリンエアロ仕様、ガソリン標準仕様でわけられ、それぞれのグレードの特徴を表現。

 

▼読書灯 

f:id:carislife:20171225144229j:plain

▼コンソールリヤエンドボックス

f:id:carislife:20171225144233j:plain

▼携帯・スマホホルダー

f:id:carislife:20171225144242j:plain

▼12.1型リアシートエンターテインメントシステム

f:id:carislife:20171225144248j:plain

装備も大きな空間を快適に使うために充実し、大型のリア用ディスプレイや収納を設定。

 

f:id:carislife:20171225144251j:plain

f:id:carislife:20171225144256j:plain

シートには、テーブルを装備するほか、温度やオットマンなどの角度を集中コントロールすることができるスイッチが搭載されます。

 

f:id:carislife:20171225144305j:plain

f:id:carislife:20171225144312j:plain

f:id:carislife:20171225144319j:plain

大型ミニバンで魅力になるラゲッジスペースは、デッキボードを外すことで高さを活かすことができるようになります。

  

豪華4人乗り!新型アルファードロイヤルラウンジ設定!

▼トヨタ・アルファードロイヤルラウンジ

f:id:carislife:20171225170545j:plain

f:id:carislife:20171225170615j:plain

f:id:carislife:20171225170646j:plain

新型アルファードには、前モデルにも設定され話題になったアルファードロイヤルラウンジが用意されます。

 

ロイヤルラウンジ(Royal Lounge)は、トヨタモデリスタが製作するコンプリートカーとして販売され、最上級ミニバンの大きな室内空間を後列2人がけとした4人乗り仕様にカスタマイズ。 

  

f:id:carislife:20171225170603j:plain

f:id:carislife:20171225170559j:plain

“J Modern Lounge(Jモダンラウンジ)”をコンセプトに、従来のVIPセダンを凌駕する頭上空間と足元スペースを確保すると共に、充実した装備により多忙な日常を送るエグゼクティブオーナー層へ、心から安らぐ“くつろぎ”と“おもてなし”の移動空間を提供するモデルとして仕上げられています。

 

f:id:carislife:20171225170607j:plain

f:id:carislife:20171225170610j:plain

リアキャビンには、24インチ液晶ディスプレイとJBLプレミアムサウンドシステムのリアエンターテインメントシステムに加え、前モデルで好評だったフルパーテーションを全車標準装備し、よりプライベートで落ち着きのある空間へと進化。

 

f:id:carislife:20171225170638j:plain

f:id:carislife:20171225170641j:plain

f:id:carislife:20171225170622j:plain

f:id:carislife:20171225170619j:plain

f:id:carislife:20171225170631j:plain

ファーストクラスのシートのように背中から頭部までを包み込むハイバックチェアを採用する専用VIPシートや、エア圧によって作動するリラクゼーションシステム、シートリクライニングやテレビなどの様々な快適装備を直感的に操作できる集中コントロールタッチパネルなどにより、最上級のおもてなし空間を演出。

 

なお、ベースモデルとなるエグゼクティブラウンジは、標準グレード・エアログレードから選択できるようになります。

 

▼参考:アルファードロイヤルラウンジの価格(現行モデル)

(ベース車両のグレードにより価格が変化)

  • HYBRID Executive Lounge E-Four:15,629,760円
  • Executive Lounge 2WD:15,305,760円
  • Executive Lounge 4WD:15,499,080円
  • HYBRID Executive Lounge S E-Four:15,779,880円
  • Executive Lounge S 2WD:15,454,800円
  • Executive Lounge S 4WD:15,649,200円

  

トヨタ新型アルファードのパワートレインとスペックは?

▼トヨタ新型アルファードのハイブリッドシステム

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150126/20150126201523.jpg

▼トヨタ新型アルファードのパワートレインとスペック

  • 【アルファードハイブリッド】
    パワートレイン:直列4気筒2.5L+モーター
    エンジン出力:152ps/21.0kgm
    フロントモーター出力:143ps/27.5kgm
    リヤモーター出力:68ps/14.2kgm【リアモーターレス新設定】
    システム最高出力:197ps
  • 【2.5Lガソリン】
    エンジン:直列4気筒2.5L
    出力:182ps/24.0kgm
  • 【3.5Lガソリン】
    エンジン:V型6気筒3.5L
    最高出力:301ps/36.8kgm
  • トランスミッション:CVT or 8速AT(3.5Lガソリン車)
  • 駆動方式:FF or 4WD(ハイブリッド車は4WDのみ)

新型アルファードのパワートレインは、ハイブリッド、2.5Lと3.5Lのガソリンエンジンの3種が設定されます。

 

改良では、これまで4WD車のみとされてきた2.5Lハイブリッド車に、リア駆動用モーターを搭載しないFF駆動車を新設定。

 

コストを抑えることで、燃費と車両価格を魅力としたモデルが用意されます。

 

3.5Lエンジンは2017年に大幅に改良され、出力を前モデルの280ps/35.1kgmから、301ps/36.8kgmにまでアップ。

 

加えて、トランスミッションも6速ATから、ダイレクトな走りが可能な8速ATの「Direct Shift-8AT」に変更され、軽快な走りと燃費性能が両立されています。

 

トヨタ・アルファードの走りを試乗動画でチェック!

トヨタ・アルファードは、注目度の高さから試乗動画も公開されています。

 

改良によりアップした質感や使い勝手、余裕のある走りが高評価を受けています。

 

 

トヨタ新型アルファードの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型アルファードの燃費

  • ハイブリッド
    燃費:18.4〜19.4km/L
  • 2.5Lガソリン車
    燃費:11.4〜12.8km/L
  • 3.5Lガソリン車
    燃費:10.4~10.8km/L

トヨタ新型アルファードの燃費は、ハイブリッド車にFF駆動モデルが設定されることで改善します。

 

FFハイブリッド車は、これまで最高19.4km/Lとされていた燃費が20km/L以上となり、大型ミニバンながら低燃費も魅力のモデルになります。

 

3.5Lガソリンモデルは、前の改良で8速ATに多段化されたことにより改善しており、以前は9.5km/Lでしたが最高10.8km/Lにアップし、2.5Lエンジン車に近い燃費と、よりパワフルな走りを楽しむことができるようになっています。

 

トヨタ新型アルファードの安全装備は?

新型アルファードの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が全車標準装備されます。

 

第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」がトヨタ車として初搭載されました。

 

また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。

  

さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」が採用されています。

 

2018年の改良では、これまでデジタルインナーミラーとセットオプションだった「インテリジェントクリアランスソナー」が全車で標準装備とされ、非装着車でセーフティ・サポートカーSとなっていた安全性が、全車でセーフティ・サポートカーSのワイドに該当。

 

デジタルインナーミラーはブラインドスポットモニターとのセットオプションに変更されています。

 

▼トヨタセーフティセンス第2世代と前世代セーフティセンスPの性能比較

f:id:carislife:20171225174631j:plain

 

トヨタ新型アルファードの価格とグレードは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型アルファードの価格は、ハイブリッド車にFFモデルが用意されることで価格がダウンします。

 

ハイブリッド車はこれまで438万円からとなっていましたが、FFハイブリッドにより420万円ほどが見込まれています。

 

▼参考:トヨタ・アルファードの価格(現行モデル)

▽2.5Lガソリンモデル

  • X(8人乗り)
    2WD(FF)3,376,080円、4WD 3,625,560円
  • X“サイドリフトアップチルトシート装着車”(7人乗り)
    2WD(FF)3,561,000円、4WD 3,789,000円
  • S(8人乗り)
    2WD(FF)3,714,120円、4WD 3,964,680円
  • S(7人乗り)
    2WD(FF)3,757,320円、4WD 4,007,880円
  • S“サイドリフトアップチルトシート装着車”(7人乗り)
    2WD(FF)3,810,000円、4WD 4,039,000円
  • S“A パッケージ”(7人乗り)
    2WD(FF) 3,926,880円、4WD 4,176,360円
  • S“C パッケージ”(7人乗り)
    2WD(FF) 4,383,720円、4WD 4,611,600円
  • G (7人乗り)
    2WD(FF) 4,206,600円、4WD 4,456,080円
  • G“サイドリフトアップチルトシート装着車”(7人乗り)
    2WD(FF) 4,240,000円、4WD 4,468,000円

▽3.5Lガソリンモデル

  • GF(7人乗り)
    2WD(FF) 5,227,200円、4WD 5,421,600円
  • GF“サイドリフトアップチルトシート装着車”(7人乗り)
    2WD(FF) 4,652,000円、4WD 4,883,000円
  • SC(7人乗り)
    2WD(FF) 4,969,080円、4WD 5,162,400円
  • Executive Lounge(7人乗り)
    2WD(FF) 7,028,640円、4WD 7,221,960円
  • Executive Lounge S(7人乗り)
    2WD(FF) 7,177,680円、4WD 7,372,080円

▽アルファードハイブリッド

  • X(8人乗り)
    4WD 4,384,800円
  • X(7人乗り)
    4WD 4,426,920円
  • X“サイドリフトアップチルトシート装着車”
    4WD 4,513,000円
  • S(7人乗り)
    4WD 4,632,120円
  • G(7人乗り)
    4WD 4,997,160円
  • G“Fエディション”(7人乗り)
    4WD 5,551,200円
  • SR(7人乗り)
    4WD 5,141,880円
  • SR“サイドリフトアップチルトシート装着車” (7人乗り)
    4WD 5,139,000円
  • SR“L エディション”(7人乗り)
    4WD 5,695,920円
  • Executive Lounge(7人乗り)
    4WD 7,352,640円
  • Executive Lounge S(7人乗り)
    4WD 7,502,760円

▽新型アルファードロイヤルラウンジの価格
(ベース車両のグレードにより価格が変化)

  • HYBRID Executive Lounge E-Four:15,629,760円
  • Executive Lounge 2WD:15,305,760円
  • Executive Lounge 4WD:15,499,080円
  • HYBRID Executive Lounge S E-Four:15,779,880円
  • Executive Lounge S 2WD:15,454,800円
  • Executive Lounge S 4WD:15,649,200円

 

トヨタ新型アルファードの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171019/20171019090744.jpg

マイナーチェンジするトヨタ新型アルファードは、2020年1月の発売が予定されています。

 

販売チャネルはこれまでのトヨペット店にトヨタ店が加えられ、同じく販売チャネルを増やすヴェルファイアとあわせトヨタ系列全店での最上級ミニバン販売となります。

  

トヨタは最上級ミニバンの販売網拡大にあわせ大幅な改良を実施することで、よりブランド力をアップしていきたい考えです。

 

▼次期型アルファード

【トヨタ新型アルファード最新情報】40系フルモデルチェンジ!PHV、価格、サイズ、ハイブリッド燃費は?

  

トヨタ・アルファードを【おさらい】

▼トヨタ・アルファード(初代10系)

Toyota Alphard (first generation) (front, white), Serdang.jpg

トヨタ・アルファード(ALPHARD)は、トヨタ自動車が販売する大型LLクラスのミニバン型高級乗用車です。

 

初代は、キャブオーバー型「ハイエース(H100系)」の「グランドハイエース」と「グランビア」の後継車として、乗員の快適性をあげるために専用設計を採用し登場。

 

アルファードの車名の由来は、星座の中で最も明るい星を意味するギリシャ語の「α(alpha)」に由来する造語になっています。

 

▼トヨタ・アルファード(2代目20系)

2008 Toyota H20 Alphard 01.JPG

2代目では「アルファード」の名前から「G」がとれトヨペット店専売、ネッツ店向けだった「V」は新たに「ヴェルファイア」のモデル名で独立し、専用の外観デザインを採用しました。

 

3代目の現行モデルは、2015年1月にフルモデルチェンジ。

 

開発テーマは「大空間高級サルーン」で、大空間の「ミニバン」から「高級車」への変化を目標に開発され、左右独立リアシートを採用することで最上級のおもてなし空間を実現する「エグゼクティブラウンジ」グレードを新設定。

 

リアサスペンションは従来のトーションビーム式から、新開発のダブルウィッシュボーン式に変更することで、乗り心地やハンドリングの軽快さもアップされました。

 

新型トヨタ・アルファードについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。