New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型GRヤリス】1月10日予約開始&2020年夏発売!最新情報、馬力、価格、発売日は?

f:id:carislife:20200110100149j:plain

トヨタが、コンパクトカー「ヤリス」のハイパフォーマンスモデルとなる「GRヤリス」を発表しました。

 

最新技術により走行性能を大幅にアップしたトヨタ新型GRヤリスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ハイスペック!トヨタ新型「GRヤリス」正式発表!

▼トヨタ新型GRヤリスの画像

f:id:carislife:20200110095513j:plain

トヨタが新型コンパクトカー「ヤリス」のハイパフォーマンスモデルとして設定する「GRヤリス(通称:ヤリスGR-4)」を発表しました。 

f:id:carislife:20200110100232j:plain

トヨタ新型GRヤリスは、当初2019年11月17日にWRC(世界ラリー選手権)のオーストラリアラウンドの実施にあわせて公開が予定されていましたが、オーストラリアのニューサウスウェールズ州北部における大規模な山林火災によりレースがキャンセルになったことから公開イベントも中止。

 

発表が延期されたことから、1月10日に開幕した東京オートサロン2020で発表されました。

 

▼ヤリスWRC

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180613/20180613111924.jpg

GRヤリスは、トヨタの世界ラリー選手権参戦車となっている「ヤリスWRC」の要素を取り入れたホットハッチとされ、次世代WRC参戦車のホモロゲーションを取得するモデルとして制作。

 

搭載されるエンジンはベースモデルに採用が発表されていた新世代直列3気筒エンジンの排気量をアップした1.6Lターボとなり、ハイパワー4WDを楽しむことができるスポーツモデルとなっています。

 

販売は、発表と同日の1月10日から「1stエディション」の予約受付が開始されました。

 

▼トヨタ新型GRヤリスの動画

▼トヨタ・ヤリス(ベースモデル)

【トヨタ新型ヤリス】2月10日日本発売!フルモデルチェンジ最新情報、サイズ、燃費、価格は?

▼ヤリスクロスオーバー

【新型ヤリスクロスオーバー】SUV設定!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

  

トヨタ新型GRヤリスの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型GRヤリスの特徴

  • 高出力を発生する専用の直列3気筒1.6Lターボエンジンを搭載
  • 3ドアボディを大幅に拡大した専用の車体により走行性能を向上
  • カーボン製ルーフ、アルミ製ボンネットとドアにより軽量化
  • 前後駆動配分をドライブモードにあわせ変更できる新開発電子制御4WDシステムを搭載
  • 大容量ブレーキシステム、専用ホイールを装備
  • リアに、専用開発マルチリンク式サスペンションを採用

 

396万円から!トヨタ新型GRヤリスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型GRヤリスの価格

  • RZ“First Edition”:396万円
  • RZ”High performance・First Edition”:456万円
    ※今後設定する通常ラインナップも同価格を予定
  • ※参考
    ・ヴィッツGRMN:400万円

トヨタ新型GRヤリスの価格は、先行予約限定特別仕様車となる「First Edition」の価格が発表され396万円からとなっておりいます。

 

「First Edition」は同価格で設定予定の通常ラインナップモデルに、特別装備を採用した期間限定モデルとなっています。

 

「RZ“First Edition”」は、通常ラインナップ予定の「RZ」グレードをベースに、マットブラック塗装を施したラジエターグリル、フロントサイドディフューザー、リヤスポイラー及びリヤバンパーを特別装備。

 

さらに「RZ“High-performance・First Edition”」では、「RZ」グレードをベースに、より限界性能を高めた「“High-performance”」の装備(トルセンLSD、冷却スプレー機能付空冷インタークーラー、BBS製鍛造アルミホイール)に加え、RZ“First Edition”の特別装備とともにマットブラック塗装のBBS製鍛造アルミホイールも採用されます。

 

前モデルにハイパフォーマンスモデルとして設定されていた「ヴィッツGRMN」は限定車として開発され価格は400万円とされていましたが、新型GRヤリスは出力や装備をアップしながら手に入れやすい価格が重視されています。

 

▼参考:トヨタ・ヤリス(ベースモデル)の価格・グレード

  • 【1Lガソリン】全グレードCVT&FF
    X“B Package” :1,395,000円
    X:1,455,000円
    G:1,613,000円
  • 【1.5Lガソリン】
    X:1,543,000円
    G:1,701,000円
    Z:1,871,000円
    ※6速MT/FFの価格、CVTは5万円高、CVT&4WDは24万円高
  • 【1.5Lハイブリッド】
    HYBRID X:1,998,000円
    HYBRID G:2,130,000円
    HYBRID Z:2,295,000円
    ※E-Four(電気式4WD)は25万円高

  

走り最重視!トヨタ新型GRヤリスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型GRヤリスの画像

f:id:carislife:20200110100149j:plain

トヨタ新型GRヤリスの外装は、専用の設計を採用することにより大きく走行性能が強化されています。

 

ボディタイプは、ベースモデルのヤリスで5ドアハッチバックとされていましたが、新型GRヤリスでは3ドアボディを採用。

 

f:id:carislife:20200110100256j:plain

車体は、よりアグレッシブなボディワークとブリスターホイールアーチ、専用のバンパーや大型フロントグリルによりベースモデルから大きく車幅を拡大。

 

f:id:carislife:20200110100254j:plain

しかし、カーボン製ルーフ、アルミ製のボンネットとドアを採用することで軽量化されています。

 

f:id:carislife:20200110101707j:plain

ホイールは鍛造のBBS製18インチとされ、タイヤに225/40ZR18サイズのミシュラン・パイロットスポーツ4Sを組み合わせ。

 

f:id:carislife:20200110101659j:plain

ブレーキには専用の対向キャリパーと大径ローターを装備することで、安定して性能を発揮できるようになっています。

  

軽く!トヨタ新型GRヤリスのサイズ、車体設計は?

f:id:carislife:20200110100329j:plain

▼トヨタ新型GRヤリスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3995×1805×1460mm
  • ホイールベース:2558mm
  • 車重:1280kg
  • 乗員:4人乗り
  • タイヤサイズ:フロント&リア 225/40ZR18
  • 参考
    ・ヤリス(ベースモデル)
     全長×全幅×全高:3940×1695×1500mm
     ホイールベース:2550mm
     車重:940kg~1090kg

トヨタ新型GRヤリスのボディサイズは、専用の3ドアボディを採用することでベースモデルから変更されています。

 

特に全幅は大幅に拡大し、スポーツクーペ「86」より幅広くすることで高い走行安定性を獲得。

 

車重は4WDを採用することで増加しますが、アルミ素材のエンジンフード、トランクリッド及びドアパネルに加え、形状自由度の高いSMC工法で成形されたカーボンファイバー素材のルーフパネルを採用することにより走行性能を向上。

 

バッテリーやオプション設定されるインタークーラースプレーのタンクをラゲッジスペース下に配置することで、前後重量配分も最適化されています。

 

ドライビング空間!トヨタ新型GRヤリスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20200110100749j:plain

トヨタ新型ヤリスの内装は、ムダをそぎ落とすことで、ドライビングに集中できる空間に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20200110100752j:plain

f:id:carislife:20200110100707j:plain

f:id:carislife:20200110100808j:plain

インテリアトリムには専用のアクセントやステアリング、メーターが採用され、ホールド性を高めるスポーツシートを装備。 

 

f:id:carislife:20200110100658j:plain

ステアリングやペダル、シフトノブの位置を最適化することで、高いパフォーマンスを楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20200110100650j:plain

また、JBL製オーディオシステムや安全システム「トヨタセーフティセンス」も採用することで、ドライブでの快適性や安全性も確保されています。

 

高出力!トヨタ新型GRヤリスのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20200110100824j:plain

▼トヨタ新型GRヤリスのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1.6Lガソリンターボ
  • 最高出力:272ps
  • 最大トルク:37.7kgm
  • 駆動方式:4WD「GR-FOUR」
  • トランスミッション:6速MT「iMT」

トヨタ新型GRヤリスのパワートレインには、新開発された直列3気筒1.6Lガソリンターボエンジンが搭載されています。

 

▼参考:トヨタ・ヴィッツGRMNのスペック

  • エンジン:直列4気筒1.8Lスーパーチャージャー
  • 最高出力:212ps/6800rpm
  • 最大トルク:25.5kgm/4800rpm
  • トランスミッション:6速MT

1.6Lターボエンジンには専用のエンジンブロックとシリンダーヘッド、ボールベアリングターボ、大径排気バルブが採用され、前モデルの「ヴィッツ」で限定販売された「ヴィッツGRMN」より大幅に出力をアップしながらエンジン重量を軽量化。

 

インタークーラーに水を噴射することで冷却するインタークーラースプレーがオプション設定され、ハイスペックを安定して発揮することができるようになっています。

 

▼新開発4WDシステム「GR-FOUR」

f:id:carislife:20200110100829j:plain

▼新型GRヤリスの試乗動画

4WDシステムは新開発された電子制御式とし、前後駆動配分を0:100~100:0で可変させることが可能に。

 

3つのドライブモードにあわせ、「ノーマル」で60:40、「スポーツ」で30:70、「トラック」で50:50の基本値から、走行状況にあわせ駆動配分が変更されます。

 

また、ラリーを走行する際に必要になるスピンターンにあわせ、パーキングブレーキを引いた場合にリア側への駆動をカットする機構も装備。

 

前後のデフにはトルセンLSDが装備され、高いトラクション性能を発揮することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20200110100634j:plain

トランスミッションには「6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)」が組み合わせられ、スイッチにより機能をオンにすることで、シフトダウン時にエンジン回転数を自動であわせるブリッピングを利用することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20200110100614j:plain

f:id:carislife:20200110100617j:plain

サスペンションはフロントがストラット式、リアは専用開発されたマルチリンク式とすることで基礎から走行性能が強化されています。

  

▼新型GRヤリスの0-160km/h加速動画

 

もっと!トヨタ新型GR-4を試乗動画でチェック!

トヨタ新型GRヤリスは、WRCに参戦するプロドライバーの意見を取り入れることで走行性能が高められています。

 

市販車でもモータースポーツに参戦できるスペックを重要視し、開発が行われました。

 

 

選びやすく!トヨタ新型GRヤリスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型GRヤリスの燃費

  • GRヤリス:14.0km/L
  • ※参考
    ・ヤリス(ベースモデル)
     1Lガソリン:20.2km/L
     1.5Lガソリン:6速MT&FF 19.6km/L
     1.5ハイブリッド:FF 36.0km/L、4WD 30.2km/L
     ※WLTCモード値

トヨタ新型GRヤリスの燃費は、ハイパワー化と4WDシステムの採用により、ベースモデルからダウンしています。

 

しかし、直列3気筒とした最新エンジンによりダウン幅は抑えられ、実燃費に近い新燃費規格のWLTCモード値で14.0km/Lほどになるとみられています。

 

いつ?トヨタ新型GRヤリスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型GRヤリスは、2020年1月10日に開幕する東京オートサロンで公開され、同日から6月30日まで「1stエディション」の予約受付を開始。

 

発売日は2020年夏とされ、WRカーのホモロゲーションを取得するため年間2万5000台以上の製造が予定されています。

 

トヨタは世界統一のモデル名となったヤリスにWRCでの活躍をイメージするスポーツモデルを設定することで、よりブランド力を高めていきたい考えです。 

  

トヨタ・ヤリスを「おさらい」

▼トヨタ・ヤリス(初代)

2003-2005 Toyota Echo (NCP10R) 3-door hatchback (2010-12-28).jpg

▼トヨタ・ヤリス(2代目)

2005-2008 Toyota Yaris (NCP91R) YRS 5-door hatchback 02.jpg

トヨタ・ヤリス(Yaris)は、国内で販売される「ヴィッツ」の海外仕様として初代が1999年に登場したコンパクトカーです。

 

「ヤリス」の車名の由来は、ギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語になっています。

 

日本名「ヴィッツ」の由来は英語の「Vivid」(鮮やか)とドイツ語の「Witz」(機知・発想の転換)を掛け合わせた造語になっていました。

 

初代は、登場前に販売されていたスターレットの後継車として開発され、コンパクトカーながらデザインや機能性を高めたモデルとすることで大人気になりました。

 

前モデルは3代目として日本で2010年、海外で2011年にフルモデルチェンジ。

 

欧州では2012年にヤリスハイブリッドが新設定されていましたが、日本では「アクア」が人気になっていたことから2017年に導入されました。

 

モータースポーツでのベース車としても使用され、ワンメイクレースのほか、2017年からは世界最高峰ラリーにも「ヤリスWRC」にて参戦。

 

トヨタの新スポーツブランドとして2017年に発表された「GR」では、ブランド最上位の限定モデル「GRMN」が一番最初に設定された車種にもなりました。

 

新型トヨタ・GRヤリスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。