車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【新型ホンダe最新情報】2020年夏日本発売!電気自動車正式発表!航続距離や充電時間、スポーツ、価格は?

f:id:carislife:20190703064758j:plain

ホンダが、コンパクト電気自動車となる「ホンダe」を発表しました。

 

新世代パワートレインにより魅力をアップする新型ホンダeについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】電気自動車!新型「Honda e」発表!

▼新型ホンダeの画像

f:id:carislife:20190703064800j:plain

ホンダが、電気自動車「ホンダe(Honda e)」を正式発表しました。

 

ホンダeは、2017年の東京モーターショーに出展され、ブランドの次世代主力となる電気自動車として市販化が名言されていたコンセプト「アーバンEV」量産モデルの正式名称とされました。

 

新型ホンダeは、最新の電動パワートレインを採用するほか、ワイド大画面ディスプレイやミラーレス技術など、新世代の技術が詰め込まれたモデルに仕上げられています。

 

▼新型ホンダeの動画

 

新型ホンダeの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型ホンダeの特徴

  • 新世代の主力となるコンパクト電気自動車として制作
  • エネルギー密度が高く、車両パッケージングに優れた新型バッテリーを搭載
  • ドアミラーの換わりとして両側フロントドアに小型カメラを設置する「ミラーレス」技術を標準採用
  • 大画面メーター&インフォテイメントディスプレイ、バックミラーディスプレイとあわせ、室内前側すべてをディスプレイで構成
  • 音声コマンドを使用できる新しいパーソナルアシスタントシステムを採用

 

新型ホンダeの外装(エクステリア)デザイン

▼新型ホンダeの画像

f:id:carislife:20190227194628j:plain

f:id:carislife:20190227194631j:plain

新型ホンダeの外装には、過去人気になった「シティ」や「N360」からくる親しみやすいデザインが採用されました。

 

ヘッドライトはレトロな丸型とされ、ボディラインも滑らかに仕上げ。

 

▼ホンダ・アーバンEVコンセプト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170914/20170914104920.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170914/20170914104923.jpg

デザインの多くは、2017年東京モーターショーで公開されていたコンセプト「アーバンEV」から引き継いでいます。

 

ボディはコンセプトで3ドア・4シーターとされていた設計を、5ドア・5シーターに変更しており、高い実用性を確保。

 

f:id:carislife:20190614062238j:plain

充電コネクタを接続するポートは、ボンネットに配置。

 

フロントのドアハンドルは、走行時にドア内部に収納することで空力性能を高めるようになっています。

 

f:id:carislife:20190614062308j:plain

リアは、ドアハンドルを後部ピラーに近い位置に配置することで、2ドア車に近いスタイルに。

 

テールライトはコンセプトで採用されていたスクエアから、フロントライトとイメージをあわせた円形に変更されています。

 

▼新型ホンダeの動画

 

新型ホンダeにミラーレス採用!

f:id:carislife:20190227195111j:plain

新型ホンダeには、サイドミラーをデジタルカメラに置き換えミラーレスとする「サイドカメラミラーシステム」が標準採用されています。

 

f:id:carislife:20190614062325j:plain

「サイドカメラミラーシステム」は、空力を追求する上で大きな障害になっていたサイドミラー部分を小型のカメラに変更することで、電気自動車であるホンダeの航続距離延長に貢献。

 

同時に、高いデザイン性を追求するホンダeの魅力を引き上げる装備とされています。

 

新型ホンダeのボディカラーは?(全5色)

f:id:carislife:20190524071701j:plain
f:id:carislife:20190524071704j:plain
f:id:carislife:20190524071706j:plain
f:id:carislife:20190524071709j:plain
f:id:carislife:20190524071711j:plain

▼新型ホンダeのボディカラー一覧

  • プラチナムホワイトメタリック
  • クリスタルブラックパール
  • クリスタルブルーメタリック
  • モダンスチールメタリック
  • チャージイエロー

新型ホンダeには、5色のボディカラーが用意されています。

 

ボディカラーではホンダeの先進性や軽快さが表現されるほか、シックなカラーも用意され、オーナーの好みにあわせて選択することができるようになっています。

 

新型ホンダeのボディサイズは?

f:id:carislife:20190227194631j:plain

▼新型ホンダeのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3895×1750×1495mm
  • ※参考
    ・ホンダ フィット
     全長×全幅×全高:3990×1695×1525mm
     ホイールベース:2530mm
     車重:1010kg

新型ホンダeのボディサイズは、コンセプトモデルで採用されていた3ドアボディから5ドアに変更されたことで、同ブランドのコンパクトカー「フィット」に近い設計となっています。

 

しかし、フィットより全長と全高を抑えることで軽快さを表現するとともに空気抵抗を低減し、最小回転半径も4.3mと使いやすく。

 

プラットフォームは、電気自動車用として完全新設計されたものとされ、バッテリーをホイールベースの中央に配置することで前後重量配分50対50を実現。

 

四輪独立サスペンションには、軽量化と性能や効率を高めるために、鍛造アルミが使用されています。

 

新型ホンダeの内装(インテリア)デザイン

▼新型ホンダeの画像

f:id:carislife:20190227195257j:plain

f:id:carislife:20190227195303j:plain

新型ホンダeの内装は、先進技術と質感の高い素材により、上質な設計とされています。

 

f:id:carislife:20190227195301j:plain

f:id:carislife:20190214084655j:plain

運転席と助手席の前は、コンセプトモデルにも採用されていた10インチの大型ディスプレイ2つと、6インチの「サイドカメラミラーシステム」用ディスプレイ2つを搭載。

 

バックミラーにもカメラで撮影した映像を表示するディスプレイが採用されたことで、室内で目線の先に配置されるものはすべてディスプレイになっており、多彩な情報をわかりやすく表示。

 

f:id:carislife:20190214084659j:plain

f:id:carislife:20190227195307j:plain

f:id:carislife:20190227195310j:plain

直感的かつマルチタスクの操作が可能とされ、音声コマンドに対応するホンダの新しいパーソナルアシスタントシステムにより、コネクテッドサービスをはじめとするさまざまな機能が使えるようになっています。

  

▼新型ホンダeの内装動画

▼新型ホンダeの室内サイズ

  • 乗員:5人乗り

 

新型ホンダeのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190614062339j:plain

▼新型ホンダeのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • モーター最高出力(2種)
    136ps or 154ps
  • モーター最大トルク:32.1kgm
  • バッテリー容量:35.5kWh
  • 0-100km/h加速:8秒
  • 駆動方式:後輪駆動

新型ホンダeには、新開発されたEVパワートレインが搭載されています。

 

EVパワートレインは、高出力の電気モーターにより後輪を駆動し、高い走行性能を発揮。

 

コンパクトカーながら最大トルクは3Lエンジンなみとされ、アクセルを踏んだ瞬間から力強い走りが可能になっています。

 

このパワートレインは自由度が高い電動ならではの効率的配置とされ、室内空間の拡大にも貢献しています。

  

新型ホンダeの航続距離、充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼新型ホンダeの航続距離と充電時間

  • バッテリー容量:33.5kWh
  • 航続距離:220km(WLTPモード値)
  • 充電時間
    急速充電:80%まで30分
    普通充電:満充電まで8時間

新型ホンダeの航続距離は、世界標準の規格WLTPモード値で220kmとされ、街乗りをメインとした仕上げになっています。

 

これに最新の充電技術を組み合わせることで充電時間は80%まで30分に短縮され、使いやすさをアップ。

 

日本で採用されるWLTCモードの検査値では、公表航続距離が若干延長されるとみられています。

 

ホンダ新型EVスポーツも制作!

▼Honda Sports EV Conceptの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171027/20171027090532.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171027/20171027090537.jpg

ホンダは、新型ホンダeとパワートレインを共有するスポーツEVの開発も予定しています。

 

スポーツEVは、ホンダeと一緒にコンセプトモデルが公開されており、クーペスタイルにレトロなデザインを採用。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171027/20171027090540.jpg

車体はロー&ワイドとされ、走行性能を重視した設計に。

 

パワートレインは専用のチューニングを行うことでレスポンスをアップし、電気モーターならではの強力な加速を味わうことができるようになります。

 

新型ホンダeの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

新型ホンダeの安全装備には、「ホンダセンシング」が全車標準装着されます。

 

搭載されるホンダセンシングは、渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロールや前後誤発進抑制機能、オートハイビームの採用など、常にアップデートされており、最新の機能を利用することができます。

 

▼ホンダセンシング機能

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 前後誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • オートハイビーム
  • 渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能

 

 新型ホンダeの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型ホンダeの価格

  • ベースモデル:29,470ユーロ(約350万円)
  • 154psモデル:32,470ユーロ(約385万円)

新型ホンダeの価格は、欧州で約350万円からに設定されました。

 

この価格はコンパクトカーとして高価になりますが、ホンダは特徴的なデザインや最新の技術を採用したプレミアム電気自動車としてアピールしていく予定です。

 

新型ホンダeの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新型ホンダeは、2019年9月10日のフランクフルトモーターショーで正式発表され、発表時点で2万台の事前オーダーがあったことが公表されました。

 

日本導入も正式に発表されており、日本発売日は欧州とあわせ2020年夏が予定されています。

  

新型ホンダeについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。