New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【日産新型フーガ】日産バッヂ採用改良発表&2020年発売!Y51型最新情報、燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20191223125438j:plain

日産が、上級セダン「フーガ」の改良を発表しました。

 

改良により魅力をアップした日産新型フーガについて、スペックや燃費、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅装備充実!日産新型「フーガ」マイナーチェンジ発表!

▼日産新型フーガの画像

f:id:carislife:20191223125540j:plain

日産が、上級セダン「フーガ」の改良を発表しました。

 

日産フーガは、ブランドの上級セダンとしてラインナップされ、海外では「インフィニティ」ブランドからグローバル販売もされていることで日産のプレミアムラインの主力モデルになっています。

 

改良された新型フーガでは、エンブレムを海外仕様の「インフィニティ」ブランドのデザインから「日産」ブランドデザインに変更。

 

あわせて、大幅に装備を充実することで安全性が強化されています。

 

▼日産シーマ

【日産新型シーマハイブリッド】改良発表!最新情報、燃費、価格、発売日は?

 

日産新型フーガの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型フーガの変更点まとめ

  • エンブレムを日産ブランドに変更
  • 安全システムに「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」

    「踏み間違い衝突防止アシスト」「ハイビームアシスト」「インテリジェントクルーズコントロール」「インテリジェントFCW」を全車標準装備
  • クルマの発進・加速時に生じる過剰な燃費消費を抑制し、エコ運転をサポートする「ECOペダル」を全グレードに標準装備

 

エンブレム変更!日産新型フーガの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20191223130311j:plain

日産新型フーガの外装は、上級モデルとしてのダイナミックかつエレガントなデザインが重視されています。

 

▼参考:日産フーガ(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150213/20150213201055.jpg

改良では、これまで海外ブランド「インフィニティ」のものとされていたエンブレムを「日産」ブランドのデザインに変更。

 

f:id:carislife:20191223130313j:plain

日産を象徴する上級サルーンとして、より存在を強調するデザインとなっています。

 

落ち着き!日産新型フーガの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20191223130641j:plain

日産新型フーガの内装は、質感を高めることで上級サルーンとしての落ち着きをもった空間に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20191223130723j:plain

インテリアには本革や木目調パネルが採用され、複数のカラーリングや質感を設定することで、オーナーの好みにあわせた空間を楽しむことができるようになっています。

 

力強く!日産新型フーガのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20191223131053j:plain

▼日産新型フーガのエンジンとスペック

  • 【2.5Lガソリン】
    V型6気筒2.5Lガソリン
    出力:225ps/26.3kgm
  • 【3.7Lガソリン】
    V型6気筒3.7Lガソリン
    出力:333ps/37.0kgm
  • 【フーガハイブリッド】
    V型6気筒3.5L「VQ35HR」+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:306ps/35.7kgm
    電気モーター出力:68ps/29.6kgm
  • トランスミッション:7速AT
  • 駆動:FR or 4WD

新型フーガのパワートレインには、2.5Lと3.7Lのガソリンエンジン、3.5Lのハイブリッドが設定されています。 

 

f:id:carislife:20191223131056j:plain

フーガハイブリッドに搭載される3.5Lハイブリッドシステムは、エンジンとモーターを高度に制御する独自の1モーター2クラッチ方式とされ、パワフル&ハイレスポンスを実現。

 

2つあるクラッチのうち1つはエンジンとモーター間の接続に使用し、停止したエンジンをモーターと完全に切り離すことにより、出力をロスを低減。

 

もう1つのクラッチは変速時と発進時に使用され、モーターの回転を素早く制御して、エンジン始動時やクラッチをつなぐときのショックを吸収することにより、ダイレクト感のあるレスポンスに優れた走りがつくられています。

 

その他、新型フーガでは、トランスミッションに全車7速ATを採用することにより、パワートレインの性能を高効率で伝達することができるようになっています。

 

よりエコに!日産新型フーガの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼日産新型フーガの燃費

  • フーガハイブリッド:12.8km/L
  • 3.7Lガソリン:9.2km/L
  • 2.5Lガソリン:10.2km/L

日産新型フーガの燃費は、独自のハイブリッドシステムを採用することにより高められています。

 

フーガハイブリッドの燃費値は、3.7Lエンジンよりパワフルながら2.5Lエンジンより優れたものとなっており、走りと燃費性能が両立されています。

 

改良では、クルマの発進・加速時に生じる過剰な燃費消費を抑制し、エコ運転をサポートする「ECOペダル」を全グレードに標準装備することにより、実燃費を高めることができるようになっています。

 

大幅装備充実!日産新型フーガの安全装備は?

f:id:carislife:20191223132311j:plain

日産新型フーガの安全装備は改良により大きく見直され、安全性が強化されました。

 

安全装備には、走行中に前方の車両や障害物、静止した歩行者を検知して、衝突被害の「軽減」や追突の「回避支援」を行なう「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を全車標準採用。 

f:id:carislife:20191223132314j:plain

f:id:carislife:20191223132316j:plain

また、進行方向の壁や車両などの障害物(前進時・後退時)を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる障害物への衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」、先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じ、自動的にハイビーム(上向き)とロービーム(下向き)を切り替える「ハイビームアシスト」などの先進安全機能も全車標準装備。

 

さらに、先行車との距離を測定し、運転者がセットした車速を上限として、システムがアクセルとブレーキの操作を行ない、車速に応じた車間距離を保ちながら走行する「インテリジェントクルーズコントロール」、2台前を走る車両を検知し前方に潜む危険に対して注意を促す「インテリジェントFCW」が全グレードに標準装備されています。

 

これにより、新型フーガは一部グレードを除いて「サポカーSワイド」の対象モデルになっています。

 

446万円から!日産新型フーガの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型フーガの価格

▽3.5Lハイブリッド(全車FR)

  • HYBRID VIP:7,099,400円
  • HYBRID:6,549,400円
  • HYBRID Aパッケージ:5,518,700円

▽3.7Lガソリン

  • 370VIP(FR):6,263,400円
  • 370GT TypeS(FR):5,955,400円
  • 370GT(FR):5,346,000円
  • 370GT FOUR(4WD):5,566,000円
  • 370GT FOUR Aパッケージ(4WD):5,013,800円

▽2.5Lガソリン(全車FR)

  • 250VIP:5,324,000円
  • 250GT:5,027,000円
  • 250GT Aパッケージ:4,463,800円

日産新型フーガの価格は、エントリーモデルとなる2.5Lガソリン車が446万3800円からに設定されています。

 

パワートレイン間の価格差はそれぞれ50万円ほどずつとされており、好みにあわせた選択ができるようになっています。

 

年明けから!日産新型フーガの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良された日産新型フーガは、2020年初めの発売が予定されています。

 

日産は上級サルーンであるフーガの装備を大幅に充実させることで、より幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

日産フーガを「おさらい」

▼日産フーガ(初代)

2007 Nissan Fuga 01.JPG

日産フーガ(FUGA )は、初代が2004年に発売したEセグメントクラスのセダンです。

 

40年以上の歴史を持っていたセドリックとグロリアの後継車として登場し、型式には6代目以降のセドリック、7代目以降のグロリアと同様に「Y」が採用されていますが、それまでのイメージを変えるために新しいモデル名が採用されました。

 

海外では、セドリックとグロリアと同じく上級ブランドのインフィニティ「Mシリーズ」として販売された後に、インフィニティ内の車名変更により2014年モデルから「Q70」になりました。

 

2代目で現行モデルのY51型フーガは2009年に登場し、可変バルブ機構のVVELを採用した3.7L VQ37VHR型エンジンを採用。

 

2010年11月には、3.5Lエンジンを搭載するフーガハイブリッドが追加されました。

 

海外仕様には、北米で販売されるV型8気筒5.6LのVK56VD型エンジン、欧州などで販売されるV型6気筒3LのV9X型ディーゼルエンジンも用意されています。

  

新型日産フーガについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。