New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【マセラティ新型ギブリ】「ハイブリッド&トロフェオ設定!」2021年4月14日日本発売!最新情報、サイズや燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200811/20200811134150.jpg

マセラティが、スポーツサルーン「ギブリ」の新モデルとなる「ギブリハイブリッド」「ギブリトロフェオ」の日本発売を発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップしたマセラティ新型ギブリについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】電化&高出力!「新型ギブリ 2021年モデル」日本発売!

▼マセラティ新型ギブリハイブリッドの画像 

f:id:carislife:20200717054850j:plain

f:id:carislife:20200717055116j:plain

マセラティが、サルーン「ギブリ(Ghibli)」の新モデルとなる「ギブリハイブリッド」、「ギブリトロフェオ」の日本発売を発表しました。

 

マセラティ・ギブリは、現行モデルでプレミアムブランドであるマセラティのEセグメントセダンとして復活し、軽快な走りが魅力になっています。

 

f:id:carislife:20200717055120j:plain

新設定されたギブリハイブリッドは、マセラティ史上初のハイブリッドモデルとなり、330ps/45.9kgmを出力する直列4気筒2Lターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ。

 

これにより、0-100km/h加速タイムは5.7秒、最高速度255km/hのパフォーマンスがつくられています。

 

48Vハイブリッドパワートレーンは、これまで設定されていたV型6気筒ディーゼルモデルと置き換えるものとされ、バッテリーを車両後方に搭載することにより理想的な重量配分を実現し、ディーゼルモデルから約80kg軽量化。

 

f:id:carislife:20200717055125j:plain

f:id:carislife:20200717055123j:plain

f:id:carislife:20200717055129j:plain

f:id:carislife:20200717055134j:plain

f:id:carislife:20200717055137j:plain

エクステリアとインテリアには、専用のブルーのアクセントを採用。

 

インフォテインメントディスプレイのサイズは、8.4インチから10.1インチへと大型化されています。

  

▼マセラティ新型ギブリトロフェオの画像 

f:id:carislife:20200811134428j:plain

あわせて設定された新型ギブリトロフェオは、ブランド初のSUV「レヴァンテ」に続いての「トロフェオ」モデル設定となり、同時に発表された「クアトロポルテ トロフェオ」とあわせ「トロフェオ コレクション」としてラインナップ。

 

f:id:carislife:20200811134454j:plain

エンジンには、フェラーリが手掛けたV型8気筒3.8Lツインターボを搭載し、出力は580ps/74.4kgmを発揮。

 

これにより最高速326km/hを実現し、マセラティ史上最速のセダンとなっています。

 

加えて新型ギブリトロフェオでは、統合車両制御により走行性能を向上する「コルサボタン」を設定。また、ローンチ・コントロール機能により、高い加速力を発揮することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20200811134440j:plain

エクステリアには、ブラックピアノ仕上げのデュアルバーフロントグリル、カーボンファイバー製フロントエアダクトトリム、リアエクストラクターを採用。

 

f:id:carislife:20200811134451j:plain

リアデザインは新しいライト形状により、「3200GT」「アルフィエーリ」などのコンセプトカーからくるブーメラン形状に変更。

 

f:id:carislife:20200811134431j:plain

さらに、ギブリトロフェオではボンネット形状も新しくされ、冷却性を高めるエアダクトが装備されています。

 

f:id:carislife:20200811135929j:plain

f:id:carislife:20200811135932j:plain

また、トロフェオシリーズ共通の特徴として、レッドのサイドエアベントフレームとCピラーのサエッタロゴを装備。

 

f:id:carislife:20200811134437j:plain

インテリアには、専用インターフェースを表示するオンボードパネルのほか、最高級レザーが採用されています。

  

2021年モデルの新型ギブリは2021年4月14日に日本発売。価格は956万円~1801万円となっています。

 

▼マセラティ新型ギブリハイブリッドの動画

▼マセラティMC20

【マセラティ新型MC20】630馬力「新スーパーカー!」最新情報、スペック、価格は?

▼マセラティ・クアトロポルテ

【マセラティ新型クアトロポルテ】最高峰!「トロフェオ」!最新情報、サイズや燃費、価格は?

▼マセラティ・レヴァンテ

【マセラティ新型レヴァンテ最新情報】日本発売!ディーゼル、サイズや価格、燃費は?

 

マセラティ新型ギブリの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼マセラティ新型ギブリの変更点

  • マセラティ初の2Lマイルドハイブリッドを搭載する「ギブリハイブリッド」を設定。
    専用のエクステリア、インテリアを採用
  • インフォテインメントディスプレイのサイズを8.4インチから10.1インチへ大型化
  • ハイパフォーマンスモデル「ギブリトロフェオ」を設定

 

956万円から!マセラティ新型ギブリの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼マセラティ新型ギブリの価格

  • ギブリ ハイブリッド:956万円
  • ギブリハイブリッド グランロッソ/グランスポーツ:1106万円
  • ギブリ グランロッソ/グランスポーツ:1156万円
  • ギブリS グランロッソ/グランスポーツ:1331万円
  • ギブリS Q4 グランロッソ/グランスポーツ:1411万円
  • ギブリ トロフェオ:1801万円

マセラティ新型ギブリの価格は956万円からとなっています。

 

新設定されたギブリハイブリッドはシリーズのエントリーグレードとなり、1000万円を大幅に下回る戦略的設定となっています。

  

上質!マセラティ新型ギブリの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170119/20170119152056.jpg

マセラティ新型ギブリの外装は、プレミアムブランドとしての質感の高さを持ったスタイルとされています。

 

フロントには大型のグリルを採用し、ブランドのシンボルであるトライデントを中央に配置。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170826/20170826124328.jpg

リアは滑らかなボディラインにより、サルーンながらスポーティなスタイルとなっています。

  

堂々!マセラティ新型ギブリのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170826/20170826124321.jpg

▼マセラティ新型ギブリのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4985×1945×1485mm
  • ホイールベース:3000mm
  • ※参考
    ・マセラティ・レヴァンテ
     全長×全幅×全高:5000×1985×1680mm
     ホイールベース:3005mm

マセラティ新型ギブリのボディサイズは、ブランド初のSUVとして設定された「レヴァンテ」より一回りコンパクトになっています。

 

しかし、プレミアムサルーンとしてホイールベースを3mまで広くすることで、高い快適性をもった室内空間がつくられています。

 

新装備!マセラティ新型ギブリの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20200717055129j:plain

マセラティ新型ギブリの内装は、イタリアンスポーツの伝統と新世代の装備を融合することで、上質な仕上がりとされています。

 

メーターはアナログとディスプレイを組み合わせたデザインとされ、スポーティな印象に。

 

8.4インチから10.1インチへと大型化されたインフォテインメントシステムにより、多彩な情報がドライバーに提供されます。

 

f:id:carislife:20200521084122j:plain

f:id:carislife:20200521084124j:plain

 

新設定!マセラティ新型ギブリのエンジンとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160307/20160307190604.jpg

▼マセラティ新型ギブリのエンジンとスペック

  • 【ギブリ】
    出力:350ps
  • 【ギブリS】
    V型6気筒3Lツインターボ
    出力:430ps
  • 【ギブリハイブリッド】【新設定】
    直列4気筒2Lターボ+マイルドハイブリッド
    出力:335ps/45.9kgm
  • 【ギブリトロフェオ】【新設定】
    V型8気筒3.8Lツインターボ
    出力:580ps/74.4kgm
    最高速度:324km/h
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FR or 4WD

マセラティ新型ギブリには、新たに48Vマイルドハイブリッドを搭載した「ギブリハイブリッド」、最高峰の性能を持つ「ギブリトロフェオ」が設定されました。

 

新型ギブリハイブリッドは、直列4気筒2Lターボエンジンにマイルドハイブリッドシステムをあわせることで、置き換えられるV型6気筒ディーゼルエンジンから80kg軽量化。

 

電気モーターによるアシストも活用することで、軽快な走りと環境性能が両立されています。

 

ハイパフォーマンスモデルとなる「ギブリトロフェオ」では、エンジンにフェラーリが手掛けたV型8気筒3.8Lツインターボを搭載し、出力は580ps/74.4kgmを発揮。

 

これにより最高速326km/hを実現し、マセラティ史上最速のセダンとなっています。

  

改善!マセラティ新型ギブリの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼マセラティ新型ギブリの燃費

  • 3Lターボエンジン:9.1km/L

マセラティ新型ギブリの燃費は、3Lエンジンで9.1km/Lとなっています。

 

新設定されたギブリハイブリッドでは、排気量をダウンしマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、大きなボディサイズながら10km/Lを超える燃費値が見込まれています。

 

最新装備!マセラティ新型ギブリの安全装備は?

f:id:carislife:20200521091528j:plain

マセラティ新型ギブリの安全装備には、ブランドの先進システムが採用されています。

 

「マセラティスタビリティプログラム(MSP)」は、多数のセンサーを使用して運転状況を常に監視し、複数の安全システムとパフォーマンスシステムを連動させてハンドリングとロードグリップを維持。

 

その他にも、「レーン キーピング アシスト(LKA)」や交通標識認識、ストップ&ゴー機能付きアダプティブ クルーズ コントロール、前方衝突警告、アクティブブラインドスポットアシスト&リアクロスパス機能などが採用され、安心して運転することができるようになっています。

 

いつ?マセラティ新型ギブリの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マセラティ・ギブリに新設定された「ギブリハイブリッド」「ギブリトロフェオ」は、2021年4月14日に日本で発売されました。

  

マセラティはブランドの主力になっているギブリをアップデートすることで、より広いユーザーにアピールしていく予定です。

 

マセラティ・ギブリを「おさらい」

▼マセラティ・ギブリ(初代)

Maserati Ghibli front-right 2016 Shanghai Auto Museum.jpg

マセラティ・ギブリ(Ghibli)は、初代が1966年に登場したモデルです。

 

車名「ギブリ」の由来は、リビア高地から地中海に吹き込む熱風からとなっています。

 

初代は、ジョルジェット・ジウジアーロがデザインした2シータースポーツカーとして登場。

 

前期型で330馬力を発生するV型8気筒4.7L、後期型で335馬力のV型8気筒4.9Lエンジンを搭載し、トランスミッションに5速MTと3速ATを設定。

 

マセラティを代表するスポーツモデルとして人気になりました。

 

▼マセラティ・ギブリ(2代目)

96 Ghibli 20V6.JPG

2代目は、1973年の初代製造中止から時間をおき、1992年に登場。

 

パッケージングを2ドア4シーターに変更し、エンジンにはV型6気筒2Lと2.8Lのツインターボを搭載。

 

改良型では電子制御サスペンションやABSを採用し、走行性能をアップしました。

  

▼マセラティ・ギブリ(3代目)

15-04-18-Wien-Maserati-Quattroporte-M156-DSCF3615-RalfR-01.jpg

現行モデルとなる3代目は、2代目の1997年生産終了から2013年に復活。

 

ブランドのEセグメントセダンとして新しく4ドアボディが採用され、スポーツサルーンに変化。

 

日本での価格設定は967万円からとなり、プレミアムブランドであるマセラティで1000万円を切る価格設定が話題となりました。

 

新型マセラティ・ギブリについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。