New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【メルセデス新型Aクラス】「新顔!」2022年10月5日ビッグマイチェン発表!最新情報、PHEV/燃費、価格は?

メルセデス・ベンツが、「Aクラス」のビッグマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型Aクラスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】機能もUP!「新型Aクラス」マイナーチェンジ発表!

▼メルセデスベンツ新型Aクラスの画像

メルセデスベンツが、「Aクラス」のマイナーチェンジを発表しました。

 

メルセデス・ベンツAクラスはブランドのエントリーモデルとして設定され、高い質感や幅広いラインナップが人気になっています。

 

改良された新型Aクラスは、新しいエクステリアデザインを採用したほか、ガソリン車に48Vマイルドハイブリッドシステムを装備、プラグインハイブリッド車に採用するエンジンとモーターの出力を向上。

 

また、インテリアの質感をアップし、インフォテインメントシステム「MBUX」の機能を引き上げることで使い勝手がアップされています。

 

メルセデス・ベンツ新型Aクラスは2022年10月5日に発表され、欧州で受注が開始されました。

 

▼新型Bクラス

【メルセデス新型Bクラス】ビッグマイチェン!最新情報、PHEV/燃費、価格は?

▼新型GLAクラス

 【メルセデス新型GLAクラス】ビッグマイチェン!最新情報、PHEV/燃費、価格は?

▼新型CLAクラス

 【メルセデス新型CLAクラス】「新顔!」ビッグマイチェン発売!最新情報、PHEV/燃費、価格は?

  

メルセデスベンツ新型Aクラスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスベンツ新型Aクラスの変更点

  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • ガソリン車に48Vマイルドハイブリッドシステムを採用
  • プラグインハイブリッド車のエンジンとモーターの出力を向上
  • 新しいフラットボトムステアリングホイール、ロータリーコントローラーを除去したセンターコントロールを採用
  • インフォテインメントシステム「MBUX」をアップデートし、指紋センサー、最新の音声アシスタントシステムを搭載

▽2020年2月の変更点

  • ディーゼルセダンとなる「A200dセダン」を追加設定

▽2019年10月の変更点

  • ハイパフォーマンスモデル「AMG A45S」「AMG A35」を設定。
    エンジンの出力やボディ剛性を強化し、最新の走行システムを採用することで、走行性能を向上

▽2019年7月の変更点

  • Aクラスの新しいボディタイプとなる「Aクラスセダン」を設定

  

上質!新型Aクラスの外装(エクステリア)デザイン

▼新型Aクラスの画像

▼参考:Aクラス(前モデル)

f:id:carislife:20180203162801j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180203/20180203162812.jpg

新型Aクラスの外装は、新しいデザインを採用することで質感が高められています。

 

フロントは新しいグリルを採用し、これまでの放射状のメッシュパターンから変更。

 

リアには新形状のディフューザーを採用。足元には新デザインのホイールが設定されています。

 

▼新型Aクラスセダンの画像

▼参考:Aクラスセダン(前モデル)

f:id:carislife:20190722113304j:plain

ボディタイプにはハッチバックのほか、セダンも用意され、用途にあわせた選択ができるように。

 

▼新型AMG A35の画像

▼新型AMG A45Sの画像

高出力エンジンを搭載する「AMG A35」と「AMG A45S」では、専用のエアロパーツにより、迫力あるデザインに仕上げられています。

 

最新装備!新型Aクラスの内装(インテリア)デザイン

▼新型Aクラスの画像

▼参考:Aクラス(前モデル)

f:id:carislife:20180203162756j:plain

f:id:carislife:20171127154124j:plain

新型Aクラスの内装は、新しいデザインを採用することにより質感がアップされています。

 

ディスプレイには、標準で7インチデジタルメーターと10.25インチインフォテインメントシステムが採用されていますが、オプションでデュアル10.25インチディスプレイも設定。

 

新型Aクラスでは、新しいフラットボトムステアリングホイールのほか、インフォテインメントシステム用のロータリーコントローラーを除去したセンターコントロールを採用。

 

搭載されるMBUXインフォテインメントシステムは、指紋センサーや追加のUSB-Cポート、最新の音声アシスタントシステムを採用することで、機能性が高められています。

 

パワフル!新型Aクラスのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20171127160057j:plain

▼新型Aクラスのパワートレインとスペック

  • 【A180】
    直列4気筒1.4Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド
    出力:136ps/20.4kgm
  • 【A250】
    直列4気筒2Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド
    出力:224ps/35.7kgm
    0-100km/h加速:6.2秒
    最高速度:250km/h
  • 【A250e】
    直列4気筒1.4Lガソリンターボ+電気モーター
    エンジン出力:163ps/27.5kgm
    システム合計出力:218ps/45.9kgm
    EV航続距離:81km
  • 【A200d】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:150ps/32.6kgm
  • 【A220d】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:190ps/40.8kgm
  • 【AMG A35 4MATIC】
    直列4気筒2Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド
    出力:306ps/40.8kgm
    0-100km/h加速:4.7秒
    最高速度:250km/h
  • 【AMG A45S 4MATIC】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:421ps/51.0kgm
    0-100km/h加速:3.9秒
  • トランスミッション:7速DCT or 8速DCT or 6速MT
  • 駆動:FF or 4WD

新型Aクラスのパワートレインには、ガソリンモデルに1.4Lと2Lのターボエンジンが用意され、ディーゼルモデルには新世代の2Lターボエンジンが採用されています。

 

改良では、ハイパフォーマンスモデルの「AMG A45S」以外のガソリン車に新しく48Vマイルドハイブリッドシステムを採用し、14psのアシストを受けることができるようにすることで、走行性能と環境性能を改善。

 

プラグインハイブリッド車では、エンジンの出力を160ps/25.5kgmから163ps/27.5kgmにアップし、モーターの最高出力も102psから109psにアップすることで、幅広いシーンでの走行シーンを向上。

 

2Lディーゼルエンジンは、欧州の最新規制に対応するモデルとされ、大トルクにより力強い走りを楽しむことができるようになっています。

  

走り両立!メルセデスベンツ新型Aクラスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型Aクラスの燃費

  • 1.4Lガソリン:15.2km/L
  • 1.4Lプラグインハイブリッド:16.1km/L
  • 2Lディーゼル:20.4km/L
  • AMG A35(306ps):12.0km/L
  • AMG A45S(421ps):11.0km/L

メルセデス・ベンツ新型Aクラスの燃費は、1.4Lガソリンエンジンで15.2km/Lとなっています。

 

最高峰の性能を持つAMG A45Sでも11.0km/Lが確保され、421psの高出力ながら走りを楽しみやすい数値になっています。

 

最新システム!新型Aクラスの安全装備は?

f:id:carislife:20181018114351j:plain

メルセデス・ベンツ新型Aクラスには、最新の安全運転支援システムが設定されています。

 

システムは、先行車との車間距離のほか、周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視して、従来よりもステアリングアシストが作動する状況を拡大。

 

そのほか、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、走行中にドライバーが気を失うといった万が一の場合には、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」も採用されています。

 

取り回しやすく!新型Aクラスのボディサイズは?

▼メルセデス・ベンツ新型Aクラスのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高
    Aクラスハッチバック:4420×1796×1440mm
    Aクラスセダン:4550×1796×1460mm
  • ホイールベース:2730mm(セダン共通)
  • 参考
    ・Aクラス(前モデル)
     全長×全幅×全高:4300×1780×1435mm
     ホイールベース:2700mm

メルセデス・ベンツ新型Aクラスのボディサイズは、全長が前世代から+120mmと大幅に延長されています。

 

ホイールベースや全幅も拡大することで、プレミアムブランドのコンパクトモデルとしての余裕が確保されています。

  

新型Aクラスセダンは、全長がハッチバックから130mm延長され、全高が+20mmとなっています。

 

アップ!メルセデスベンツ新型Aクラスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型Aクラスの価格

  • 450万円~

メルセデス・ベンツ新型Aクラスの価格は、機能の改善によりアップします。

 

アップ幅は10万円ほどが見込まれ、量販モデルは500万円台を中心とした設定となります。

 

▼参考:Aクラス(前モデル)の価格

▽ハッチバック

  • A 180:4,400,000円
  • A 200 d:5,020,000円
  • AMG A35 4MATIC:7,240,000円

▽セダン

  • A 180 セダン:4,520,000円
  • A 200 d:5,120,000円
  • A 250 e セダン:6,390,000円
  • AMG A35 4MATICセダン:7,340,000円

  

いつ?メルセデスベンツ新型Aクラスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ビッグマイナーチェンジをうけた新型Aクラスは、2022年10月5日に発表され、欧州で受注が開始されました。

 

メルセデス・ベンツは、現行モデルの発売から3年が経過するAクラスをリフレッシュすることで、プレミアムコンパクト市場での存在感をアップしていきたい考えです。

   

メルセデスベンツAクラスを「おさらい」

▼初代Aクラス

f:id:carislife:20171127163133j:plain

▼2代目Aクラス

f:id:carislife:20171127163136j:plain

▼3代目Aクラスhttps://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151126/20151126205904.jpg

メルセデス・ベンツ・Aクラス(Mercedes-Benz A-Class)は、初代が1997年に登場したコンパクトカーです。

 

初代のボディ設計は電気自動車開発を計画し製作されましたが、投入が遅れたことからガソリンやディーゼルエンジンを搭載しメルセデス・ベンツ初めてのFF車として販売されました。

 

初代と2代目は欧州でBセグメントとされコンセプトも継承。

 

しかし、2012年に登場した現行モデルの3代目では、ライバルのアウディ・A3やBMW・1シリーズに対抗し車格をCセグメントにあげ、上級ブランドのコンパクトカーとして質感をあげたことで人気モデルに。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151126/20151126210218.jpg

日本でもテクノポップユニットの「Perfume」をイメージキャラクターに起用するなどし、認知度をアップ。

 

381馬力を出力することから”世界最高峰”とする2Lターボエンジンを搭載、4WDを組み合わせたハイパフォーマンスモデル「AMG A45」でもブランド力をあげました。

 

新型Aクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。