New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【マツダ新型ロードスター】2024年10月「MAZDA SPIRIT RACING RS設定!」改良発売!最新情報、スペック、価格は?

マツダが、オープンスポーツ「ロードスター」の改良発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするマツダ新型ロードスターについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】2L幌仕様!「新型ロードスター マツダスピリットレーシングRS」発売!

▼マツダ新型ロードスター「マツダスピリットレーシングRS」の画像

マツダが、オープンスポーツ「ロードスター」の改良発売を予定しています。

 

マツダ・ロードスターは、コンパクトオープンスポーツとしてラインナップされ、海外でも「MX-5」のモデル名で多くのファンを獲得。現行モデルの「ND型」は2023年10月にビッグマイナーチェンジが実施されていました。

 

改良される新型ロードスターでは、マツダのモータースポーツ部門「MAZDA SPIRIT RACING(マツダスピリットレーシング)」が手掛けるスペシャルモデルの第一弾として、「ロードスターMAZDA SPIRIT RACING RS(ロードスターMSR RS)」を設定。

 

新型ロードスターMSR RSは、スーパー耐久レース活動を通して培った足回り、エアロダイナミクスの進化と、それらに合わせた内外装のアピアランスにより、「速さ」と「質感」に拘るMAZDA SPIRIT RACINGならではの価値を体現したハイパフォーマンスモデルとして制作。

 

パワートレインは、日本仕様でハードトップの「ロードスターRF」にのみ設定されていた2Lガソリンエンジンを専用チューニングにより184psから200psに出力をアップし、ソフトトップ車と組み合わせ。

 

足回りは専用チューニングされ、RAYS製TE37アルミホイール、Brembo製キャリパーを装備。

 

エクステリアには、スーパー耐久レース参戦車からくるエアロパーツや、マツダスピリットレーシングのイメージカラーである「ブルーグレー」のボディカラー、専用のストライプアクセントを採用。

 

内装には、スウェード素材やレッドステッチを使用し、RECARO製バケットシートを装備することで操作性が高められます。

 

マツダ新型ロードスターは、2024年10月の発売が予定されています。

  

▼マツダ3

 【新型マツダ3】「MAZDA SPIRIT RACING 3設定!」改良発売!最新情報、ファストバック/セダン、価格は?

 

マツダ新型ロードスターの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼マツダ新型ロードスターの変更点

  • ハイパフォーマンスモデル「MAZDA SPIRIT RACING RS」を設定

▽2023年10月の変更点

  • 新しいライトデザインを採用し、すべてのランプをLED化
  • 新デザインのホイールを採用
  • ボディカラーに「エアログレーメタリック」を追加
  • 新世代マツダコネクトを採用し、ディスプレイを8.8インチに大型化
  • 「アシンメトリックLSD」を、ロードスター「S」を除くMT車に採用
  • ステアリングラックの摩擦を低減しながら、モーターアシストの制御ロジックをより緻密化
  • 「SKYACTIV-G 1.5」の出力を向上
  • MT車の駆動力制御に最新の制御ロジックを導入し、アクセル操作時のレスポンスを改善
  • DSCの新制御モード「DSC-TRACK」をMT車に追加
  • 安全システムに「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」、「スマート・ブレーキ・サポート/後進時左右接近物検知機能」を採用
  • 特別仕様車「V SELECTION」を設定
  • 「990S」、「BROWN TOP」、「S Leather Package White Selection」、「VS White Selection」、「VS Terracotta Selection」を廃止

 

新スタイル!マツダ新型ロードスターの外装(エクステリア)デザイン

▼マツダ新型ロードスターの画像

▼参考:マツダ・ロードスター(前モデル)

f:id:carislife:20171110153557j:plain

マツダ新型ロードスターの外装は2023年の改良時に、新しいデザインを採用することでリフレッシュされています。

 

▼マツダ新型ロードスターの画像

▼参考:マツダ・ロードスター(前モデル)

ヘッドライトは、従来バンパーにあったデイタイムランニングライトを内部に組み込み、生き物の瞳のような表情を維持しつつ、スピード感やライトウエイトスポーツカーらしさを表現。

 

▼マツダ新型ロードスターの画像

▼参考:マツダ・ロードスター(前モデル)

リアコンビランプは、歴代のロードスターに共通して採用されている「円形+楕円」のモチーフをより鮮明にし、ジェットエンジンのアフターバーナーからインスピレーションを得たスタイルに。

 

さらに、ヘッド、リア、ターンランプなどを含め、すべてのランプがLED化されています。

 

f:id:carislife:20180607142519j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323205343.jpg

マツダ ロードスターのルーフには、ソフトトップのほか、電動開閉機能を備えたハードトップ「ロードスターRF」が設定され、スタイルや使い勝手を選ぶことができるように。

 

▼16インチホイール

▼17インチホイール

足元には、軽やかさと機能美を表現した新たなホイールが設定され、ホイール中央から周辺へまっすぐに伸びたスポークが、車軸からタイヤに動力を確実に伝えているようなデザインとすることで、スポーツカーとしての性能の高さや強さ、精緻さが表現されています。

  

機能性UP!マツダ新型ロードスターの内装(インテリア)デザイン

▼マツダ新型ロードスターの画像

▼参考:マツダ・ロードスター(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190524/20190524114615.jpg

マツダ新型ロードスターの内装は2023年の改良時に、新しい装備を採用することにより質感が高められています。

 

改良ではインフォテインメントシステムを、それまでの第1世代マツダコネクトから新世代マツダコネクトに変更。

 

7インチが採用されていたインフォテインメントディスプレイは、フレームレスとすることでエアバッグへの干渉を防ぎながら8.8インチに大型化。

 

これにより動作速度や解像度がアップされています。

  

軽快!マツダ新型ロードスターのエンジンと走行性能は?

f:id:carislife:20180607130928j:plain

▼マツダ新型ロードスターのパワートレインとスペック

  • エンジン:直列4気筒 1.5L「SKYACTIV-G 1.5」
    出力:136ps/15.5kgm
  • エンジン:直列4気筒 2L「SKYACTIV-G 2.0」 
    出力:184ps/20.9kgm
  • トランスミッション:6速MT or 6速AT
  • 駆動方式:FR

マツダ新型ロードスターは2023年の改良により、走る楽しさがアップされています。

 

「SKYACTIV-G 1.5」では国内ハイオクガソリンに合わせた専用セッティングを施すことで更なる高効率化を実現。加速の伸び感を強化しながら、出力を4ps向上。

 

さらに、MT車には「SKYACTIV-G 2.0」も含めた駆動力制御に最新の制御ロジックを導入し、アクセル操作時のレスポンスを改善。

 

アクセルを踏み込んで加速するシーンだけではなく、アクセルを緩めて減速するシーンにおいても、よりドライバーの意に沿った駆動力の応答性が追求されています。

   

走り両立!マツダ新型ロードスターの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼マツダ新型ロードスターの燃費(WLTCモード値)

  • ロードスター(ソフトトップ&1.5Lエンジン)
    17.2km/L
  • ロードスターRF(ハードトップ&2Lエンジン)
    15.8km/L

マツダ新型ロードスターの燃費は、ソフトトップ1.5Lエンジンで17.2km/Lとなっています。

 

ハードトップで2Lエンジンを搭載するロードスターRFでもWLTCモード値15.8km/Lとされ、燃費の低下が抑えられています。

 

充実!マツダ新型ロードスターの安全装備は?

f:id:carislife:20180607133759j:plain

マツダ新型ロードスターには2023年の改良時に、最新の安全システムが採用されています。

 

改良では新たに、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (MRCC)」と「スマート・ブレーキ・サポート/後進時左右接近物検知機能(SBS-RC)」を採用。

 

MRCCは、フロントグリル左側に配置されたレーダーセンサーが先行車を検知することで、定速走行や追従走行を支援。

 

SBS-RCは、約15km/h以下で後退中にクルマの左右や後方に接近してきた車両を検知し、ブレーキ制御を支援することで衝突時の被害が軽減されます。

 

2タイプ!マツダ新型ロードスターのサイズ、車体設計は?

▼マツダ新型ロードスターのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高
    ロードスター:3915×1735×1235mm
    ロードスターRF:3915×1735×1245mm
  • ホイールベース:2310mm
  • 車重
    ソフトトップ:1010kg
    ハードトップ:1110kg

マツダ新型ロードスターのボディサイズは、ハードトップモデルとなるロードスターRFが全高+10mmとなっています。

 

ロードスターRFは電動のルーフ開閉機構を備えながら、ルーフ上部のみを収納する新しいスタイルにより軽量化することで1110kgと、車重が抑えられています。

 

マツダ新型ロードスターの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024085508.jpg

▼マツダ新型ロードスターの価格

▽ロードスター(ソフトトップ)

  • ロードスターS
    6速MT:2,898,500円
  • ロードスターS Special Package
    6速MT:3,087,700円、6速AT:3,203,200円
  • ロードスターS Leather Package
    6速MT:3,498,000円、6速AT:3,613,500円
  • ロードスターS Leather Package V Selection
    6速MT:3,553,000円、6速AT:3,668,500円
  • ロードスターRS
    6速MT:3,679,500円
  • ロードスターNR-A(モータースポーツベース車)
    6速MT:3,064,600円
  • MAZDA SPIRIT RACING RS【新設定】
    500万円

▽ロードスターRF(ハードトップ)

  • ロードスターRF S
    6速MT:3,796,100円、6速AT:3,823,600円
  • ロードスターRF VS
    6速MT:4,154,700円、6速AT:4,182,200円
  • ロードスターRF RS
    6速MT:4,308,700円

マツダ新型ロードスターの価格は2023年の改良時に、最新装備の採用によりアップしています。

 

アップ幅は、エントリーグレードで20万9000円となっています。

 

新設定される「MAZDA SPIRIT RACING RS」は、他グレードで1.5Lエンジンを採用するソフトトップ車に2Lエンジンを組み合わせたハイパフォーマンスモデルとされ、専用装備も充実することで500万円ほどからが予定されています。

 

いつ?マツダ新型ロードスターの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されるマツダ新型ロードスターは、2024年10月の発売が予定されています。

 

マツダはスポーツブランド「MAZDA SPIRIT RACING」モデルを設定することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

マツダ・ロードスターを「おさらい」

▼マツダ・ロードスター(ボディカラー:クラシックレッド)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161216/20161216164759.jpg

マツダ・ロードスター(Roadster)は、マツダが製造・販売するオープンタイプのスポーツカーです。

 

初代NA型は1989年5月にアメリカで発売され、日本国内でも同年8月に先行予約を開始し、9月1日に発売。

 

当初は、マツダの5チャンネル販売体制から「ユーノス・ロードスター」 の名称で販売されていました。

 

1998年1月に初のフルモデルチェンジを受け2代目のNB型に変更。日本での販売名称が「マツダ・ロードスター」に変更されました。

 

2000年には生産累計53万1,890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックにも認定。

 

2005年に登場した3代目NC型では新たに電動格納式ハードトップをラインナップし、現在のロードスターRFにつながるモデルになりました。

 

2015年には約10年ぶりのフルモデルチェンジで現行型の4代目ND型が登場。増加し続けていた車重が1トン未満まで軽量化されたことで評判になりました。

 

海外ではマツダMX-5のモデル名で販売され、ライトウェイトオープンスポーツカーの代名詞的存在になっています。

 

新型マツダ・ロードスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。