New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【オペル新型モッカ】2021年夏「オペル日本復活」発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

f:id:carislife:20210703061456j:plain

オペルが日本市場への復活参入と、SUV「モッカ」の日本導入を予定しています。

 

最新SUVとして大きな魅力を持つオペル新型モッカについて、スペックや燃費、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】オペル復活!「新型モッカ」日本発売!

▼オペル新型モッカの画像

f:id:carislife:20210703061520j:plain

オペルが日本市場への復活と、SUV「モッカ(Mokka)」の日本導入を予定しています。

 

オペルは、米国GM傘下だった2006年に日本市場から撤退していましたが、2017年にプジョー・シトロエングループ(PSA)傘下となったことから日本市場への復活参入を決定。

 

f:id:carislife:20210703062941j:plain

新型モッカはブランドのコンパクトSUVとして設計され、高い走行性能と実用性を持つモデルとしてアピールされます。

 

オペル新型モッカは、コンパクトカーの「コルサ」、ミドルSUVの「グランドランド」とあわせ、2021年夏の日本発売が予定されています。

 

▼オペル・コルサ

【オペル新型コルサ】「オペル日本復活」発売!最新情報、電気自動車「コルサe」、燃費、価格は?

▼オペル・グランドランド

【オペル新型グランドランド】2021年夏発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

  

オペル新型モッカの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼オペル新型モッカの特徴

  • 新世代の内外装デザインを採用
  • 1.2ガソリンエンジンと8速ATを組み合わせ搭載
  • デジタルメーター&大型インフォテイメントシステムを搭載
  • 先進安全システムを全グレードに標準採用

 

先進的!オペル新型モッカの外装(エクステリア)デザイン

▼オペル新型モッカの画像

f:id:carislife:20210703061921j:plain

オペル新型モッカの外装には、最新のデザインコンセプト「BOLD&PURE」が採用されています。

 

フロントは、水平に伸びるグリルの中にヘッドライトやオーナメントなどを一体化。

 

f:id:carislife:20210703061928j:plain

リアにもフロントのデイタイムランプとイメージをあわせたテールランプを採用することにより、先進的なイメージがつくられています。

 

f:id:carislife:20210703061930j:plain

f:id:carislife:20210703061924j:plain

ボディカラーには、ルーフに加えてエンジンフードも色分けし、車体サイドに差し色を加えた特徴的な2トーンカラーが設定され、デザインを楽しむことができるようになります。

 

ワイド&ロー!オペル新型モッカのボディサイズは?

f:id:carislife:20210703062638j:plain

▼オペル新型モッカのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4151×1790×1530㎜
  • ※参考
    ・プジョー2008
     全長×全幅×全高:4305×1770×1550mm
     ホイールベース:2610mm

オペル新型モッカのボディサイズは、同グループのプジョーが販売するコンパクトSUV「2008」から全長が短縮されています。

 

しかし、全幅を拡大、全高をダウンすることで、ワイド&ローなスタイルがつくられています。

 

上質!オペル新型モッカの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210703062944j:plain

f:id:carislife:20210703062927j:plain

オペル新型モッカの内装は、最新のブランドデザインにより、落ち着きをもった上質な空間に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20210703062935j:plain

f:id:carislife:20210703062933j:plain

ディスプレイには最新のデジタルメーターとインフォテインメントシステムが採用され、Apple CarPlay、Android Autoに対応し、スマートフォンとの連携を強化。

 

f:id:carislife:20210703062925j:plain

ラゲッジは効率を高めた最新の設計により拡大され、アクティブに使うことができるようになっています。

  

軽快!オペル新型モッカのスペックは?

f:id:carislife:20210703061456j:plain

▼オペル新型モッカのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列3気筒1.2Lガソリンターボ
    出力:130ps/23.5kgm
    トランスミッション:8速AT
    駆動方式:FF

オペル新型モッカのパワートレインには、1.2Lガソリンターボエンジンが搭載されます。

 

1.2Lガソリンエンジンは、最新の環境規制ユーロ6.2に対応するために各部を改良。

 

新インジェクションシステムを採用し、250barの高圧燃料噴射ポンプや2つのセンサー、ガソリン専用GFP(Gasoline Particle Filter)を搭載するほか、ターボチャージャーの制御も電子制御式に変更することできめ細やかな制御が可能になっています。

   

▼8速オートマチックトランスミッション「EAT8」

f:id:carislife:20181219100521j:plain

組み合わせるトランスミッションは新世代電子制御8速AT「EAT8」とされ、3つのドライブモードを用意。

 

「エコモード」はエアコンの最適化、フリーホイール機能により低燃費走行に貢献。

 

「通常モード」はシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。

 

「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を行うことができるようになっています。

  

良好!オペル新型モッカの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼オペル新型モッカの燃費

  • 1.2Lガソリン:17.5km/L

オペル新型モッカの燃費は、1.2Lガソリンエンジンを搭載し17.5km/Lが見込まれています。

 

新型モッカでは、最新パワートレインを採用することにより、コンパクトSUVとしての使いやすさが高められます。

 

充実!オペル新型モッカの安全装備は?

f:id:carislife:20210703062938j:plain

オペル新型モッカの安全装備には、ブランドの先進システムが全車に標準採用されます。

 

安全システムには、二輪車や歩行者、夜間検知に対応する「アクティブセーフティブレーキ」、ストップ&ゴー機能付き「アクティブクルーズコントロール」、「レーンポジショニングアシスト」「レーンキープアシスト」などを装備することで、安全性が高められます。

  

オペル新型モッカの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼オペル新型モッカの価格

  • モッカ(1.2Lガソリン):300万円~

オペル新型モッカの価格は、1.2Lガソリンモデルが日本に導入され、300万円ほどからが予定されています。

 

この価格は同グループのプジョーが販売する「2008」と同等となり、好みにあわせた選択ができるようになります。

 

▼参考:プジョー2008の価格

  • 【1.2Lガソリン】
    2008アリュール:302万円
    2008GT:341万円
  • 【電気自動車】
    e2008アリュール:431万円
    e2008GT:470万円

 

いつ?オペル新型モッカの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

オペルの復活日本参入は2021年夏が予定され、SUVとなる新型モッカは同時に日本に導入される予定です。

 

オペルは、プジョー・シトロエングループのノウハウを活かすことで、日本でのシェアをアップしていきたい考えです。

 

オペルを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200406/20200406091420.jpg

オペル(OPEL)は、1863年にドイツで設立された企業です。

 

社名は創業者「アダム・オペル」からとなっており、創業時はミシンや自転車を製造していましたが、1899年に5人の息子たちにより自動車の製造を開始。

 

高級車、高性能レーシングカーを製造するメーカーとして知名度を上げました。

 

第一次世界大戦後には大衆車の製造もはじめ、ドイツ国内の最大手メーカーにもなりましたが、その後の不況により1931年には米国GMの完全子会社に。

 

日本では、1989年に当時GMグループであったいすゞ自動車が輸入販売を手掛け、1993年からはヤナセ、2000年からは日本ゼネラルモーターズが販売。

 

しかし、販売減少が続いたことから2006年に日本からの撤退を発表しました。

 

本国のオペルは、2017年にグループPSA(プジョー・シトロエングループ)が、GMからの買収を発表。

 

プジョー・シトロエングループの販売網を活用し、2021年からの日本復活導入が決定しました。

 

新型オペル・モッカについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。