New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【オペル新型グランドランド】2021年夏「オペル日本復活」発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

f:id:carislife:20210610064042j:plain

オペルが日本市場への復活参入と、SUV「グランドランド」の日本導入を予定しています。

 

最新SUVとして大きな魅力を持つオペル新型グランドランドについて、スペックや燃費、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】オペル復活!「新型グランドランド」日本発売!

▼オペル新型グランドランドの画像

f:id:carislife:20210610064051j:plain

オペルが日本市場への復活と、SUV「グランドランド(GRANDLAND)」の日本導入を予定しています。

 

オペルは、米国GM傘下だった2006年に日本市場から撤退していましたが、2017年にプジョー・シトロエングループ(PSA)傘下となったことから日本市場への復活参入を決定。

 

新型グランドランドは「プジョー3008」と基礎を共有し、高い走行性能と実用性を持つモデルとしてアピールされます。

 

オペル新型グランドランドは、コンパクトカーの「コルサ」、コンパクトSUVの「モッカ」とあわせ、2021年夏の日本発売が予定されています。

 

▼オペル・モッカ

【オペル新型モッカ】発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

▼オペル・コルサ

【オペル新型コルサ】「オペル日本復活」発売!最新情報、電気自動車「コルサe」、燃費、価格は?

▼プジョー3008

【プジョー新型3008】「PHEV4WD設定!」ビッグマイチェン日本発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

  

オペル新型グランドランドの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼オペル新型グランドランドの特徴

  • Euro 6.2に対応する最新の1.5Lディーゼルエンジンと8速ATを搭載
  • 本革パワーシートやステアリングヒーターを搭載して快適性を向上
  • 道路標識認識、アクティブセーフティブレーキ、停止機能付きアダプティブクルーズコントロールなど、最新安全装備を採用

 

力強く!オペル新型グランドランドの外装(エクステリア)デザイン

▼オペル新型グランドランドの画像

f:id:carislife:20210610064114j:plain

オペル新型グランドランドの外装には、クロスオーバーSUVとしてのタフさをもった最新のデザインが採用されています。

 

フロントは、エンジンフード中央にデザインラインを配置することにより、引き締まった筋肉質な印象に。

 

f:id:carislife:20210610064121j:plain

ライトには、最新のアダプティブLEDヘッドライトを装備することで視認性を向上。

 

f:id:carislife:20200408084857j:plain

リアは下部とカラーリングをわけることにより、軽快な印象に仕上げられています。

  

ワイド!オペル新型グランドランドのボディサイズは?

f:id:carislife:20210610064200j:plain

▼オペル新型グランドランドのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4477×1844×1636mm
  • ホイールベース:2675mm
  • ※参考
    ・プジョー3008
     全長×全幅×全高:4450×1840×1630mm
     ホイールベース:2675mm

オペル新型グランドランドのボディサイズは、基礎を共有する「プジョー3008」から全長と全幅が拡大されています。

 

しかし、ホイールベースを同サイズとすることで、取り回しがしやすい設計となっています。

 

上質!オペル新型グランドランドの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210610064213j:plain

オペル新型グランドランドの内装は、最新のブランドデザインにより、落ち着きをもった上質な空間に仕上げられています。

 

インフォテインメントシステムはApple CarPlay、Android Autoに対応し、スマートフォンとの連携を強化。

  

f:id:carislife:20200408090537j:plain

ルーフには「パノラマガラスルーフ」も設定され、室内空間の開放感をアップしています。

 

f:id:carislife:20200408091849j:plain

ラゲッジドアには、ハンズフリーでの開閉に対応する「電動テールゲート」が採用され使い勝手を向上。

 

f:id:carislife:20200408090012j:plain

ラゲッジ容量は通常時で514L、後席を収納することで最大1652Lが確保され、アクティブに使うことができるようになっています。

  

パワフル!オペル新型グランドランドのスペックは?

f:id:carislife:20200408091247j:plain

▼オペル新型グランドランドのパワートレインとスペック

▽日本仕様

  • 直列4気筒1.5Lディーゼルターボ
    出力:130ps/30.6kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FF

▽海外仕様

  • 直列4気筒1.6Lガソリンターボ
    出力:180ps/25.5kgm
  • 【グランドランドハイブリッド】
    直列4気筒1.6Lガソリンターボ+電気モーター×2「PHV」
    出力:300ps
    EV航続距離:59km
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FF or 4WD(グランドランドハイブリッド)

オペル新型グランドランドのパワートレインには、1.5Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。

  

1.5Lディーゼルエンジンは30.6kgmものトルクを発揮しながら、燃費性能にも優れたパワートレインに。

   

▼8速オートマチックトランスミッション「EAT8」

f:id:carislife:20181219100521j:plain

組み合わせるトランスミッションは新世代電子制御8速AT「EAT8」とされ、3つのドライブモードを用意。

 

「エコモード」はエアコンの最適化、フリーホイール機能により低燃費走行に貢献。

 

「通常モード」はシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。

 

「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を行うことができるようになっています。

  

良好!オペル新型グランドランドの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼オペル新型グランドランドの燃費

  • 1.5Lディーゼル:22.0km/L

オペル新型グランドランドの燃費は、1.5Lディーゼルモデルで22.0km/Lが見込まれています。

 

新型グランドランドでは、最新パワートレインを採用することにより、ミドルクラスSUVとしての使いやすさが高められます。

 

充実!オペル新型グランドランドの安全装備は?

f:id:carislife:20200408091819j:plain

オペル新型グランドランドの安全装備には、ブランドの先進システムが全車標準装備されます。

 

安全システムには、「アクティブ・セーフティ・ブレーキ」「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」「レーンポジショニングアシスト」などを採用。

 

その他、「アクティブブラインドスポットモニターシステム」「インテリジェントハイビーム」「トラフィックサインインフォメーション」「フロントソナー/バックソナー/ワイドバックアイカメラ」により、ドライバーのアシストが行われます。

 

オペル新型グランドランドの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼オペル新型グランドランドの価格

  • グランドランド(1.5Lディーゼル):400万円~

オペル新型グランドランドの価格は、1.5Lディーゼルモデルが日本に導入され、400万円ほどからが予定されています。

 

基礎を共有する「プジョー3008」ではディーゼルモデルの排気量が2Lとされていましたが、新型グランドランドでは排気量を抑えることにより、軽快な走りがアピールされます。

 

▼参考:プジョー3008の価格

  • Allure(1.6Lガソリン):3,976,000円
  • Allure BlueHDi(2Lディーゼル):4,320,000円
  • GT(1.6Lガソリン):4,392,000円
  • GT BlueHDi(2Lディーゼル):4,736,000円
  • GT HYBRID4(1.6L PHEV):5,650,000円

 

いつ?オペル新型グランドランドの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

オペルの復活日本参入は2021年夏が予定され、SUVとなる新型グランドランドは同時に日本に導入される予定です。

 

オペルは、プジョー・シトロエングループのノウハウを活かすことで、日本でのシェアをアップしていきたい考えです。

 

オペルを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200406/20200406091420.jpg

オペル(OPEL)は、1863年にドイツで設立された企業です。

 

社名は創業者「アダム・オペル」からとなっており、創業時はミシンや自転車を製造していましたが、1899年に5人の息子たちにより自動車の製造を開始。

 

高級車、高性能レーシングカーを製造するメーカーとして知名度を上げました。

 

第一次世界大戦後には大衆車の製造もはじめ、ドイツ国内の最大手メーカーにもなりましたが、その後の不況により1931年には米国GMの完全子会社に。

 

日本では、1989年に当時GMグループであったいすゞ自動車が輸入販売を手掛け、1993年からはヤナセ、2000年からは日本ゼネラルモーターズが販売。

 

しかし、販売減少が続いたことから2006年に日本からの撤退を発表しました。

 

本国のオペルは、2017年にグループPSA(プジョー・シトロエングループ)が、GMからの買収を発表。

 

プジョー・シトロエングループの販売網を活用し、2021年からの日本復活導入が決定しました。

 

新型オペル・グランドランドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。