New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【テスラ新型モデルY】「新デザイン&新システム!」2024年4月2日改良日本発売!最新情報、航続距離、価格は?

アメリカの電気自動車メーカーであるテスラが、ミドルSUV「モデルY」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたテスラ新型モデルYについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】進化!テスラ「新型モデルY」改良日本発売!

▼新型モデルY(ボディカラー:ウルトラレッド)

米国の電気自動車メーカーであるテスラが、「モデルY」の改良発売を発表しました。

 

テスラ・モデルYは、電気自動車メーカーとして世界的に有名になったテスラにラインナップされているSUV「モデルX」に次ぐミドルクラスSUVとして、2022年6月に日本で新設定されていました。

 

改良された新型モデルYでは、今までの運転支援システムハードウェアと比べて、チップ性能を5倍に向上させたHW4.0(ハードウェア4.0)を搭載し、フロント、リア、サイドリピーターカメラなども高解像度カメラへ変更。カメラ映像を中心としたセンシングを行なう「Tesla Vision」への移行にともない、超音波センサーを廃止。

 

▼新型モデルY(ボディカラー:ステルスグレー)

これにより、エクステリアデザインはこれまで以上にスムースなデザインに変更。

 

▼新型モデルY(ボディカラー:クイックシルバー)

ボディカラーには、新色として「ウルトラレッド」「ステルスグレー」のほか、モデルY限定カラーとなる「クイックシルバー」が設定されています。

 

テスラ新型モデルYは2024年4月2日から受注を開始。価格は5,637,000円~7,279,000円となっています。

 

▼テスラ・サイバートラック

【テスラ新型サイバートラック】「最強EVピックアップトラック!」最新情報、スペック、航続距離、価格は?

▼テスラ・モデル3

 【テスラ新型モデル3】「大幅進化&新デザイン!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、航続距離、価格は?

▼テスラ・モデルX

 【テスラ新型モデルX】改良日本発売!最新情報、航続距離、価格は?

▼テスラ・モデルS

【テスラ新型モデルS】「1020馬力&新内装!」改良日本発売!最新情報、航続距離、価格は?

 

テスラ新型モデルYの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼テスラ新型モデルYの変更点

  • 運転支援システムハードウェアに新世代の「HW4.0(ハードウェア4.0)」を搭載
  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • ボディカラーに、新色「ウルトラレッド」、「ステルスグレー」、「クイックシルバー」を設定

▽2023年7月の変更点

  • 価格設定を見直し、全グレードの価格をダウン

▽2023年4月の変更点

  • 長い航続距離を確保した「ロングレンジ」を新設定

▽2023年1月の変更点

  • 価格設定を見直し、全グレードの価格をダウン

▽新設定時の特徴

  • 最新のパワートレインにより、航続距離595kmを実現
  • 15インチインフォテインメントシステムを採用
  • 自律運転システム「オートパイロット」を搭載

 

563万円から!テスラ新型モデルYの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼テスラ新型モデルYの価格

  • RWD(シングルモーター):5,637,000円
  • ロングレンジ(デュアルモーター):6,526,000円
  • パフォーマンス(デュアルモーター):7,279,000円

テスラ新型モデルYの価格は、5,637,000円からとなっています。

 

これにより、各種の補助金を利用すると400万円台から選択できるようになっています。

 

先進的!テスラ新型モデルYの外装(エクステリア)デザイン

▼テスラ新型モデルYの画像

▼参考:テスラ・モデルY(前モデル)

f:id:carislife:20190318090053j:plain

テスラ新型モデルYの外装は、最新のテスラブランドのデザインにより、洗練されたスタイルとされています。

 

フロントは、小型なLEDヘッドライトとテスラ独特の滑らかな曲線を描くパネルで構成され、グリルは電動パワートレインを採用することで大掛かりな冷却が不要になるため廃止。 

 

改良では、新世代の運転支援システムハードウェアの採用により、これまで以上にスムースなデザインに変更されています。

 

その他、テスラ・モデルYではボディスタイルを、人気の高いクーペSUVとすることで空力性能をアップ。

 

効率的配置が可能になる駆動システムにより、広い室内空間が作られています。

 

最新装備!テスラ新型モデルYの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190318092103j:plain

テスラ新型モデルYの内装は、最新システムにより上質さと使い勝手を両立した仕上げとなっています。

 

室内中央には、テスラの特徴となっている大型ディスプレイとして15インチシステムが搭載され、走行モードや室内機能の変更、オンラインサービスの利用に対応。

 

フロントシートには最適なポジションを提供する電動パワーシートを採用し、13スピーカーのプレミアムオーディオも標準装備。

 

ルーフには開放感を高めるパノラミックガラスが装備されています。

 

f:id:carislife:20190318092512j:plain

また、ラゲッジスペースも大きくとられ、テスラの他モデルと同様にフロントに大きな空間が用意されるほか、分割可倒式2列目シートにより室内にも最大1868Lが確保されています。

 

パワフル!新型モデルYのスペックと航続距離は?

f:id:carislife:20190318090232j:plain

▼テスラ新型モデルYのパワートレインと走行スペック

  • 【RWD】
    モーター1基「RWD」
    0-100km/h加速:6.9秒
    航続距離:507km
  • 【ロングレンジ】
    モーター2基「デュアルモーターAWD」
    0-100km/h加速:5.0秒
    航続距離:605km
  • 【パフォーマンス】
    モーター2基「デュアルモーターAWD」
    0-100km/h加速:3.7秒
    航続距離:595km

テスラ新型モデルYには、高出力の電気モーターを使用した最新パワートレインが採用されてます。

 

駆動方式はエントリーグレードで後輪駆動、「ロングレンジ」と「パフォーマンス」で4輪駆動を採用。

 

航続距離は後輪駆動モデルで507km、「ロングレンジ」では最長の605kmが確保され、実用性を向上しています。

  

最新システム!テスラ新型モデルYの安全装備は?

f:id:carislife:20190318095526j:plain

テスラ新型モデルYは、完全自律運転にも対応できる最新安全システムが採用されています。

 

改良では、フロント、リア、サイドリピーターカメラなどを高解像度カメラへ変更し、カメラ映像を中心としたセンシングを行うTesla Visionへ移行。これに伴い従来の超音波センサーを廃止。

 

将来法律の整備が進んだ場合には、ワイヤレスによるソフトウェアアップデートを通じて完全自動運転が可能とされています。

 

いつ?テスラ新型モデルYの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたテスラ新型モデルYは、2024年4月2日に受注が開始されました。

 

テスラはブランドのエントリーモデルSUVを改良することで、さらなるユーザーに電気自動車の魅力をアピールしていく予定です。

 

新型テスラ・モデルYについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。