読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

プジョー2008DKR スペック/走行動画!異質な動き

f:id:carislife:20140705193256j:plain

【新マシンはこちら】

優勝マシンが進化!プジョー ダカールラリー2017 3008DKR 発表

 

25年ぶりにダカール・ラリーに復活するプジョーのマシン、「2008 DKR」の詳細スペックと走行動画が公開

 

開発の趣旨を感じる

  

超ロングストロークとコントロールを武器に、ダカール制覇に走りだす

f:id:carislife:20140705193300j:plain

f:id:carislife:20140705193302j:plain

プジョー 2008 DKR スペック

  • 全長×全幅×全高:4099×2033×1912mm
  • ホイールベース:2800mm
  • エンジン:V型6気筒 3L ディーゼル ツインターボ
  • 最大出力:340ps
  • 最大トルク:81.6kgm
  • ミッション:6速シーケンシャル
  • タイヤ:ミシュラン37インチ
  • 駆動:MR
  • 最高速:200km/h

【関連記事はこちら】

後輪駆動&軽量化!トヨタ ダカールラリー「ハイラックス Evo」2017 公開 

 

2WDという駆動方式と、タイヤサイズだけが先に発表されていた2008DKR

プジョー ダカール復活2008DKR 動画から獅子の声!

 

そのエンジンはリアにおかれ、MRとなることがわかった

 

ラリーマシンは4WDかFFを採用していることが多いから、走行動画にある大きなカウンターをあてたドリフトは不思議な感覚だね

 

f:id:carislife:20140705193258j:plain

 

でもこの動画でみせているドリフトは、アピール要素が強いもののような気がする

 

ステアリングを戻した瞬間、グッとマシンを押し出す様子からは、ラリーで必要となるトラクションが不足しているようには見えない

 

もちろん81.6kgmもあるトルクを、後ろの二輪でコントロールしなければならない難しさはあり、そこを補う4WDの魅力はあると思う

 

けれど2WDにも、タイヤサイズとサスペンションストロークを大きくとることができ、凹凸がある路面を柔軟にとらえ、システムがシンプルで軽いというメリットがある

 

プジョーはコースを研究した結果、2WDのほうが戦闘力をあげられると判断したということなんだろうね

 

 

過酷なダカール・ラリーで求められるのは総合力

 

復活してすぐの優勝は難しいと思う

 

でも2008DKRには可能性を感じる

 

あえて選んだ2WDマシン、活躍に期待