読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

渡河深度1000mm!メルセデスベンツ G500 4×4スクエアード 価格3510万円 日本発表

f:id:carislife:20160404201728j:plain

メルセデス・ベンツが、走破性能を重視した設計で本気の人に選ばれる「Gクラス」に設定する期間限定モデル、「G500 4×4²」の日本仕様を発表

 

G63AMG6x6も良かったけれど、むしろこっちのほうが…という人は多そう

 

大幅車高アップ!これ以上なら6輪駆動しかない新モデルG500 4×4²(スクエアード)

▼メルセデス・ベンツ G500 4×4² 日本発表会 動画

▼メルセデス・ベンツ G500 4×4² デモ走行・内外装 動画  

▼メルセデス・ベンツ G500 4×4² 走行動画 

▼メルセデス・ベンツ G550 4x4² 画像

f:id:carislife:20150221144025j:plain

メルセデス・ベンツ G500 4x4²(フォー・バイ・フォー スクエアード)概要・スペック・価格

概要
  • メルセデスのクロスカントリー車「Gクラス」に設定される新モデル
  • 6輪駆動車として評判になった「G63 AMG 6×6」と同様の足回りを採用
  • ポータルアクスルによる大幅なリフトアップにより、標準のGクラスから215mm最低地上高をアップ
  • 4月4日~5月31日までの期間限定で注文を受付
スペック
  • 全長×全幅×全高:4520×2100×2240mm
  • エンジン:V型8気筒 4L ツインターボ
  • 最高出力:422ps
  • 最大トルク:62.2kgm
  • ミッション:7速AT「7G-tronic」
  • 最低地上高:460mm(ベースモデル+215mm)
  • 渡河深度:1000mm(ベースモデル+400mm)
  • 前中後に機械式ディファレンシャルロック機構を装備
  • 走行モードは「Comfort」と「Sport」の2モード
  • 22インチホイールに、325/55サイズの大径オフロードタイヤ装着
  • 車重:2950kg(G 63 AMG 6×6から840kg軽量)
  • 最高速度:210km/h
  • 最大登坂角度:45°
  • 最大傾斜角度:36°
  • ブレークオーバーアングル:44.6°
  • アプローチアングル:51.6°
  • デパーチャーアングル:43.8°
その他スペック
  • ハブリダクションシステムを組み込んだポータルアクスルを採用することにより、ベースモデルの車軸位置を変えることなく最低地上高をUP
  • 「ラリー強化仕様ツインサスペンション」を採用。
    一組のスプリングとダンパーは固定された減衰特性で動作、もう一組のストラットは電子制御可変ダンパーを採用し、走行状況に応じて減衰特性を変更。
    この構成により、走行モードにあわせキングピン傾角を大きく取ることが可能
  • ボディカラーに専用色の「エレクトリックビーム」のほか、「designo ミスティックホワイトII」「designo マグノプラチナムマット」「オブシディアンブラック」合計4色を設定
価格
  • 3510万円

【関連記事はこちら】 

G500 4×4を550馬力&ワイルドに!ブラバス「550 Adventure」公開

試乗動画:泥!メルセデスG500 4×4² & Ford F-150ラプター 試乗動画

2016年モデル:出力UP!メルセデスベンツ2016マイナーチェンジ新型 Gクラス

Gクラス エクステリア・インテリア動画:超詳細!メルセデス・ベンツ Gクラス ディーゼルG350 BlueTEC試乗動画

6輪&4輪最強でドリフト!ブラバス、メルセデス 6×6 & 4×4 動画

 

2014年前半、日本でも大きな話題になったメルセデスの6輪駆動車「G63AMG6x6」

G63AMG6x6 スペック・動画:メルセデス G63AMG6x6を走行/解説動画で完全把握!

 

8千万円という価格と大きすぎる車体で、販売は難しいんじゃないかとも思ったけれど、即完売

 

期間限定モデル「G500 4×4スクエアード」は、G63AMG6x6から2輪減っているけれど、本気の一台だ

 

f:id:carislife:20150221144024j:plain

 

エンジンは、メルセデスのスポーツカー「AMG GT」にも積まれているV型8気筒 4Lツインターボ

AMG GT スペック:ちょっと手軽で使いやすく!メルセデスAMG GT/GT S

 

車輪内にギヤを組み込み車軸をあげることで最低地上高を稼ぐ「ポータルアクスル」は6x6から引き続き採用され、走ることができない道があれば、それは「4輪では走行不能」と言ってもおおげさではないつくり

ポータルアクスルについて:ハブリダクション - Wikipedia

 

f:id:carislife:20150221144023j:plain

 

ツインサスペンションを採用し、走行状況に応じて大幅に特性を変化させることで、最低地上高は高くても、高速走行時の安定性も確保されている

 

f:id:carislife:20150221144021j:plain

 

G500 4×4スクエアードは、マッシブなエクステリアと、圧倒的走行性能、6輪より一般的な4輪駆動でファンを獲得しそう

 

価格は3510万円と高いけれど、メルセデスが制作している軍用車の技術がほぼそのままなことを考えると、間違いないクルマじゃないかな