車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

燃費25%UP!新型プリウスから トヨタ新プラットフォーム TNGA

f:id:carislife:20150327200700j:plain

トヨタが、2015年度中に採用車を発表する新モジュラープラットフォーム、「TNGA」を公開

 

今年後半から、トヨタの新しい世代がクルマをひとつ未来に?

 

モジュラープラットフォームTNGAで、ライバル フォルクスワーゲンを追うトヨタ 

▼トヨタ新プラットフォーム「TNGA」画像

f:id:carislife:20150327200701j:plain

f:id:carislife:20150327200702j:plain

Toyota New Global Architecture(TNGA) 概要

  • 2015年度中に投入予定のモジュラー思想新プラットフォーム
  • 商品力の飛躍的向上と、原価低減を同時に達成することを目的とする
  • 複数車種を同時に開発する「グルーピング開発」により、開発工数を20%以上削減
  • パワートレインを低くし低重心化
  • ボディ接合にレーザー溶接や接着剤を使用し、ボディ剛性を30~65%UP
  • 燃費を25%、動力性能を15%改善
  • 新プラットフォームは、2015年中に発表予定のFF系ミディアム車(新型プリウスと言われている)から導入
  • コンパクト、ラージ、FR用プラットフォームも順次投入

【関連記事はこちら】 

TNGAパワートレイン:走り10%、燃費20%UP!トヨタ TNGA 新型 エンジン / AT / HVシステム発表 2017年以降一気投入

 

今年度中に採用車が発表されるという、トヨタの新プラットフォーム「TNGA」

 

概要を見るだけでも、これはすごいことになるな、という感じだね 

 

 

TNGAで一番大きいのは、「モジュラー設計思想」だということ

 

これは、1千万台ラインで争うライバル、フォルクスワーゲンなどが先に採用している考えのプラットフォーム

 

これまでは、車体の延長くらいしかできなかったプラットフォームを、クルマの構成要素ごとに共通化することで、効率よく、多車種展開ができるようになる

 

具体的には、シートやエアコン、アンダーボディー、サスペンション、ステアリングシャフトやギアボックス、インストルメントパネルなどを共通化部品としているとのこと

 

これによって、この分野では先を走り車種拡大を続け、トヨタを抜くのも時間の問題と言われるフォルクスワーゲングループを追う

 

 

トヨタはTNGAプラットフォームの画像と一緒に、エンジン、ミッション、溶接技術の動画も公開し、性能をアピール

 

自信たっぷりの裏付けを見せている

 

▼トヨタ新プラットフォーム「TNGA」採用 エンジン 急速燃焼 動画

 

▼トヨタ新プラットフォーム「TNGA」採用 ATミッション 動画

▼トヨタ新プラットフォーム「TNGA」採用 レーザー溶接(レーザースクリューウェルディング)動画

 

トヨタの新しいチャレンジとなるTNGAは、トヨタの主力車種、次期「プリウス」から採用予定 

 

トヨタが公表しているとおりのスペックアップが達成されれば、次期プリウスの燃費は現状の30.4km/Lから、25%アップの38.0km/Lに

 

同様の技術で、プリウスPHVや次期アクアが登場したら…

 

初代プリウスが出た時のような驚きが、また起こる可能性もあるかも

 

それも、乗り心地や走りも格段によくなって

 

今年開催の東京モーターショー2015でなんらかの動きがあるだろうから、楽しみに待つことにしよう