車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型プリウス最新情報】2018年12月17日マイナーチェンジ日本発売!カスタム、価格、燃費、スペックは?

f:id:carislife:20181217133728j:plain

トヨタが、ハイブリッド車として販売しているプリウスのマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

デザインも変更され魅力を伸ばすトヨタ新型プリウスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型プリウスにマイナーチェンジ日本発売!

▼トヨタ新型プリウスの画像

f:id:carislife:20181217134218j:plain

トヨタは、2019年モデルとしてマイナーチェンジする主力ハイブリッド車「プリウス」の日本発売を発表しました。

 

トヨタ・プリウスは、現行モデルが2015年にトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用した最新モデルとして登場。

 

今回発売から3年ほどで、デザイン変更を含むマイナーチェンジを迎えました。

 

トヨタ新型プリウスでは、デザインが人気のプリウスPHVのスタイルも取り入れ、魅力をアップしています。

 

▼トヨタ・プリウスPHV

【トヨタ新型プリウスPHV最新情報】2019年3月マイナーチェンジ発売!GRスポーツ、充電や燃費、価格、補助金は?

 

トヨタ新型プリウスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型プリウスの変更点

  • 新設計の前後バンパー、ライトを採用
  • “ツーリングセレクション”にブラックの幾何学調ルーフフィルムによる2トーン仕様をオプション設定
  • これまで上位モデルにのみ採用していたリチウムイオンバッテリーを全車に採用し、実用燃費を改善
  • 新デザインの17インチ、15インチアルミホイールを採用
  • インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用
  • フロントコンソールトレイ内に設置された“おくだけ充電(ワイヤレス充電)”のスペースを拡大し、大型スマートフォンにも対応
  • シートベンチレーションを前席に採用し快適性を向上
  • 安全システムに第2世代「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備
  • 駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促すリヤクロストラフィックアラートを新設定
  • 専用通信機DCMを全車に標準搭載
  • ボディカラーに新色ブルーメタリックとエモーショナルレッドⅡを追加

▽北米仕様

  • 日本に導入済みの4WD仕様を「AWD-e」として設定。
    トヨタは「米国で最も燃費のいいAWD搭載車の1台になる」とコメント

 

トヨタ新型プリウスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型プリウスの画像

f:id:carislife:20181217134253j:plain

f:id:carislife:20181217134222j:plain

トヨタ新型プリウスの外装は、前モデルでベースモデルとプリウスPHVではっきり差別化されていたデザインが、評判になったプリウスPHVに近いものに変更されました。

 

f:id:carislife:20181217134225j:plain

f:id:carislife:20181128141531j:plain

Bi-LEDヘッドライトは前モデルで特徴的な形状とすることで車体の迫力をアップしていましたが、新型プリウスではオーソドックスなスタイルに変更。

 

f:id:carislife:20181217134232j:plain

リアも下部に伸びていたライトの形状を改め、上部にコンパクトにまとめられました。

 

これにより、歴代プリウスが持つ伸びやかなスタイルが強調されています。

 

▼新型プリウス・ツーリングセレクションの画像

f:id:carislife:20181217140958j:plain

f:id:carislife:20181217134451j:plain

各グレードにデザイン性をあげたモデルとして設定される“ツーリングセレクション”では、ボディ色とブラックの幾何学調ルーフフィルムによる2トーンボディカラーリングを採用し、スポーティかつプレミアムな印象に仕上げられています。 

f:id:carislife:20181217134856j:plain

またホイールも新デザインとされ、17インチアルミホイールは樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用。

 

15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用し、奥行き感のあるスタイリッシュなデザインとされました。

 

トヨタ新型プリウスを前モデルと比較!

▼トヨタ・プリウス(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909194149.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909194148.jpg

トヨタ新型プリウスを前モデルと比較すると、全体がシンプルな印象に変化していることがわかります。

 

前モデルでは先進的イメージが重要視されていましたが、新型プリウスではプリウスPHVに近い形状のスマートさが表現されています。

 

▼トヨタ・プリウスPHV

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323222722.jpg

 

トヨタ新型プリウスのボディカラーは?(全9色)

f:id:carislife:20181217141457j:plain

▼トヨタ新型プリウスのボディカラー一覧

  • スーパーホワイト2
  • グレーメタリック
  • スティールブロンドメタリック
  • ホワイトパールクリスタイルシャイン
  • アティチュードブラックマイカ
  • サーモテクトライムグリーン
  • シルバーメタリック
  • エモーショナルレッド2【新設定】
  • ブルーメタリック【新設定】

トヨタ新型プリウスのボディカラーには、新しい2色を加えた全9色が設定されています。

 

特にブルーメタリックは新型プリウスのイメージカラーとなっており、高い環境性能と洗練されたデザインが表現されています。

f:id:carislife:20181217141737j:plain

新設定された「幾何学調ルーフフィルム」では2トーンボディカラーを楽しむことができ、 オプションとして5万4000円~7万5600円高に設定されています。

 

トヨタ新型プリウスのボディサイズは?

f:id:carislife:20181128141534j:plain

▼トヨタ新型プリウスのボディサイズ

  • プリウス
    全長×全幅×全高:4540×1760×1470mm
    ホイールベース:2700mm
    車重:1320kg
  • プリウスPHV
    全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm
    ホイールベース:2700mm
    車重:1510kg

トヨタ新型プリウスのボディサイズは、プラグインハイブリッドモデルとなるプリウスPHVの全長が105mm大きくなっています。

 

これにより伸びやかなスタイルとし、新世代ハイブリッドモデルとしての存在感をアップしています。

 

改良では安全装備が全車に標準採用されたことで、車重が10kgアップしています。

 

トヨタ新型プリウスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181217134745j:plain

f:id:carislife:20181217134748j:plain

トヨタ新型プリウスの内装は、インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとされました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171101/20171101152148.jpg

f:id:carislife:20181217134738j:plain

f:id:carislife:20181217134741j:plain

インテリアには、当初プリウスPHVにのみに採用され人気になった大型11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを採用。

 

f:id:carislife:20181217134751j:plain

f:id:carislife:20181217134735j:plain

f:id:carislife:20181217134755j:plain

f:id:carislife:20181217140217j:plain

その他、改良ではフロントコンソールトレイ内に設置された“おくだけ充電(ワイヤレス充電)”のスペースを拡大し、大型スマートフォンにも対応。

 

背もたれ面と座面からシート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらす吸い込み方式のシートベンチレーションを前席に採用し、快適性が高められています。

 

f:id:carislife:20181217140347j:plain

ラゲッジスペースは通常時で502Lの容量が確保され、6:4分割式のリアシートを倒すことで長尺物にも対応できるようになっています。

 

▼トヨタ新型プリウスの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2110×1490×1195mm
  • 乗員:5人
  • ラゲッジ容量:502L

 

トヨタ新型プリウスにカスタムパーツ設定!

▼新型プリウスTRD Aggressive Styleカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20181217142716j:plain

▼新型プリウスTRD Aero Dynamics Styleカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20181217142720j:plain

トヨタ新型プリウスには、TRDとモデリスタからデザイン性をアップするカスタムパーツが設定されています。

 

TRDからは「アグレッシブスタイル」と「エアロダイナミクススタイル」の2モデルが設定され、高い走行性能をイメージできるデザインに仕上げ。

 

▼新型プリウスMODELLISTA ICONIC STYLEカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20181217142709j:plain

▼新型プリウスMODELLISTA ELEGANT ICE STYLEカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20181217142712j:plain

モデリスタは「アイコニックスタイル」と「エレガントアイススタイル」を制作。

 

それぞれ「ダイナミック」と「エレガント」引き出すデザインとされています。

 

トヨタ新型プリウスのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180219120324j:plain

 ▼トヨタ新型プリウスのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列4気筒1.8L+電気モーター
  • エンジン出力:98ps/14.5kgm
  • フロントモーター出力:72ps/16.6kgm
  • リアモーター出力:7.2ps/5.6kgm(4WDのみ搭載)
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

トヨタ新型プリウスのパワートレインには、TNGAプラットフォームに最適化された最新モデルが引き続き搭載されています。

 

1.8Lエンジンは熱効率を40%以上まで高め、新型バッテリーを組み合わせることで前世代から燃費を10%UP。

 

バッテリーはこれまで標準グレードにニッケル水素、上位モデルにリチウムイオンが採用されていましたが、今回の改良でリチウムイオンに集約され、実用燃費をアップしています。

 

ハイブリッドシステムは、従来の「THS(Toyota Hybrid System)」から、リダクションギヤの平行軸歯車化とモーターの複軸配置を行う「新複軸構造トランスアクスル」に変更することで、機械損失を約20%低減し低燃費化されています。

 

駆動方式には後輪駆動用のモーターを搭載した4WDも用意され、新型プリウスからこれまでFF車のみとされていた米国にも新しく導入されました。

 

トヨタ新型プリウスを試乗動画でチェック!

トヨタ新型プリウスは試乗動画が公開されています。

 

高い走行パフォーマンスと質感が評価されています。

  

トヨタ新型プリウスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型プリウスの燃費

  • FF:39.0km/L(Eグレード。他グレードは37.2km/L)
  • 4WD:34.0km/L

トヨタ新型プリウスの燃費は前モデルで最高40.8km/Lとされていましたが、改良では安全システムがエントリーグレードにも標準装備されたことで車重がアップし最高39.0km/Lとされました。

 

しかし、量販モデルでは変更がなく維持されています。

 

プラグインハイブリッドモデルはハイブリッドモードで37.2km/Lとなっていますが、充電した電力を使用することで68.2km/Lまで燃費を改善することができます。

 

▼参考:トヨタ・プリウスの燃費(前モデル)

  • プリウス
    FF:40.8km/L、4WD:34.0km/L
  • プリウスPHV
    FF:37.2km/L(充電電力使用時:68.2km/L)

  

トヨタ新型プリウスの安全装備は?

f:id:carislife:20181212102237j:plain

トヨタ新型プリウスの安全装備には、トヨタの最新安全システム「Toyota Safety Sense」が全車標準搭載されました。

 

トヨタセーフティセンスは、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者も認識して危険を察知。

 

「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長く、速度域の高い状況にも対応します。

 

f:id:carislife:20181217140500j:plain

改良ではその他、駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートがオプション設定されています。

 

▼トヨタ セーフティセンスの機能

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

  

トヨタ新型プリウスのコネクティッドカー技術とは?

f:id:carislife:20181217135413j:plain

トヨタ新型プリウスは、車両の制御ネットワーク(CAN)に接続する車載通信機(DCM)を搭載したコネクティッドカーとして制作されています。

 

これにより、トヨタが構築したコネクティッドカー向けの情報インフラである「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」から、様々なコネクティッドサービスが提供されます。 

f:id:carislife:20180626160706j:plain

▼トヨタ・コネクティッドカー機能一覧

▽車両データによる充実の安心サービス

  • eケア走行アドバイス
    ナビの目的地設定などで好評のオペレーターサービスを、車両データと連携することにより、車両のトラブルの際にも頼りになる安心サービスを提供。eケア走行アドバイスでは、万一お客様のクルマに異常が発生した際、車両データから車両の状態を診断し、オペレーターがお客様に車載マイクとスピーカーを通じてアドバイス。販売店への入庫が必要な場合は、担当販売店、またはお近くの販売店に誘導。
  • eケアヘルスチェックレポート
    eケアヘルスチェックレポートでは、車両データから車両の状態をセンターが常時診断し、トラブルが発生する前に、担当の販売店からお客様に整備入庫をおすすめ。たとえば、バッテリーの始動時電圧が徐々に低下し、このままでは始動不良が想定される場合は、担当販売店の業務端末に予防整備のアラームが通知され、販売店のスタッフがそれに基づきユーザーに連絡し、バッテリーの交換をおすすめ。
  • ヘルプネット
    エアバッグの展開と連動する緊急通報サービス「ヘルプネット」は、衝突時の車両データから乗員のダメージを瞬時に解析し、消防本部に送信、消防本部で重症確率が高いと診断される場合はドクターヘリ等が出動し、医師が現場に直行する救命サービスを新たに全国規模に拡大。

▽走行データ連動型自動車保険プラン

  • DCMの標準搭載に伴い、従来の自動車保険に加え、走行データ連動型保険の適用が可能に。ユーザーはMSPFに蓄積された走行ビッグデータから算出した「安全運転スコア」をスマートフォンでチェックすることが可能。また、このスコアに連動する走行データ連動型自動車保険プラン「トヨタつながるクルマの保険プラン」が、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社より発売。この保険料金は、安全運転スコアと走行距離により毎月決定されスマートフォンに通知。割引率は、運転分保険料の最大80%、トータル保険料の9%の割引を受けることが可能。

▽DCM標準化で、より便利になったオンラインサービス

  • AI音声エージェント
    人工知能(AI)のバーチャルエージェントがユーザーの自然発話を聞き取り、ナビの目的地設定やオーディオの操作、機器の取り扱い説明などを提供。「このへんにある蕎麦屋を探して。駐車場のあるところがいい」など、複雑な発話でも理解することが可能。
  • LINEマイカーアカウント
    日常使い慣れたLINEアプリに、自分の愛車を「友だち」として追加し、クルマと会話することが可能。たとえば、LINEアプリのトーク機能で事前に行きたいところを伝えると、車載ナビの目的地にメモリー。また、目的地までの所要時間や距離を踏まえて、出発すべき時間や給油の必要性なども通知。
  • ハイブリッドナビ
    ナビシステムのプログラムや地図データをつねに最新版に維持。さらに目的地へのルート案内は、センター側にある最新の地図データとビッグデータ交通情報から探索し、最適なルートを案内。

 

トヨタ新型プリウスのプラットフォームは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031100916.jpg

トヨタ新型プリウスのプラットフォームには、トヨタの新世代「TNGA」が採用されています。

 

TNGAは「TOYOTA New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字で、プラットフォームのほか、トヨタの新しい車づくりの進め方を示すものとされ、特徴は下記の通りです。

  • 部品・ユニットをグループ化して共用化を推進
  • エンジン熱効率やトランスミッション伝達効率を向上させ、燃費を約25%、動力性能を約15%アップ
  • 新プラットフォームは、低重心、軽量をすすめ、クラストップレベルの低重心により運動性能を向上
  • 骨格構造を最適化することで、ボディ剛性を従来比30%~65%向上

フレーム構造も最新の技術で最適化されることでボディ剛性が大幅にあがり、負荷が大きい場面でも高い接地性を確保し、快適な乗り心地に仕上げられています。

 

トヨタ新型プリウスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型プリウスの価格は、装備の充実により価格がアップしています。

 

アップ幅は、安全システムのトヨタセーフティセンスが標準装備に変更されるエントリーモデルで10万円、上位モデルで7万円ほどになっています。

 

▼トヨタ新型プリウスの価格

  • E
    FF:251万8560円
  • S
    FF:256万5000円、E-Four(4WD):275万9400円
  • Sツーリングセレクション
    FF:273万2400円、E-Four(4WD):292万6800円
  • A
    FF:284万2650円、E-Four(4WD):303万6960円
  • Aツーリングセレクション
    FF:300万6720円、E-Four(4WD):320万1120円
  • Aプレミアム
    FF:317万5200円、E-Four(4WD):336万9600円
  • Aプレミアムツーリングセレクション
    FF:328万4280円、E-Four(4WD):347万8680円

▽福祉車両

  • 助手席回転チルトシート車“Aタイプ”
    S:FF 2,734,560円、4WD(E-Four) 2,928,960円
    A:FF 3,012,120円、4WD(E-Four) 3,206,520円
  • 助手席回転チルトシート車“Bタイプ”
    S:FF 2,606,000円、4WD(E-Four) 2,786,000円
    A:FF 2,863,000円、4WD(E-Four) 3,043,000円
  • フレンドマチック取付用専用車“タイプI”
    S:FF 2,629,800円、4WD(E-Four) 2,824,200円
    A:FF 2,907,360円、4WD(E-Four) 3,101,760円
  • フレンドマチック取付用専用車“タイプII”
    S:FF 2,769,000円、4WD(E-Four) 2,949,000円
    A:FF 2,996,000円、4WD(E-Four) 3,176,000円
  • フレンドマチック取付用専用車“タイプIII”
    S:FF 2,960,000円、4WD(E-Four) 3,140,000円
    A:FF 3,217,000円、4WD(E-Four) 3,397,000円
  • フレンドマチック取付用専用車“タイプVI”
    S:FF 3,291,000円、4WD(E-Four) 3,471,000円
    A:FF 3,518,000円、4WD(E-Four) 3,698,000円

 

トヨタ新型プリウスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたトヨタ新型プリウスは、2018年11月28日のロサンゼルスモーターショーで公開、2018年12月17日に日本で発売されました。

 

販売は全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で行われ、店頭発表会は2019年1月19日と20日に行われます。


月販目標台数は、直近で9,000台前後を販売するプリウスでは抑えられた6,600台とされています。

 

プラグインハイブリッドモデルとなる新型プリウスPHVはベースモデルから遅れ、2019年3月のマイナーチェンジが計画されています。

 

▼トヨタ新型プリウスα

【トヨタ新型プリウスα最新情報】フルモデルチェンジ発売日や価格、燃費は?

 

トヨタ・プリウスを「おさらい」

▼トヨタ・プリウス(初代)

Toyota1st Prius by MEGAWEB.jpg

トヨタ・プリウス(PRIUS)は、初代が1997年に登場したハイブリッド専用車です。

 

車名のプリウスの由来は、ラテン語で「~に先駆けて」からきており、グローバルで同じ車名が使用されています。

 

初代はキャッチコピーに「21世紀に間に合いました。」が採用され、「世界初の量産ハイブリッド車」になりました。

  

▼トヨタ・プリウス(2代目)

Toyota Prius NHW20.jpg

ボディタイプは初代が5ナンバーの4ドアセダンでしたが、2003年に登場した2代目から3ナンバーの5ドアハッチバックに変更。

 

リアドアをなだらかに傾斜させることで、さらに空力性能に優れたデザインになりました。

 

▼トヨタ・プリウス(3代目)

2009 Toyota Prius 01.jpg

2009年に登場した3代目では、プラグインハイブリッド車の「プリウスPHV」が初設定され、充電した電力を使用した走行も可能となりました。

 

現行モデルの4代目は2015年に登場し、トヨタの新世代プラットフォームである「TNGA」を採用した1号車に。

 

ハイブリッドシステムの性能を伸ばし40km/Lをこえる燃費を達成したほか、プリウスで初めてとなる4WD車もラインナップ。

 

プリウスPHVは独自のデザインによりベースモデルと差別化され、海外では「プリウス・プライム」の名称で販売されています。

 

新型トヨタ・プリウスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!