New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【トヨタ新型プリウス/PHV】2021年6月3日「DA標準化!」マイチェン日本発売!50系最新情報、燃費、価格は?

f:id:carislife:20181217134218j:plain

トヨタが、ハイブリッド車「プリウス」「プリウスPHV」の改良日本発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするトヨタ新型プリウスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】装備充実!トヨタ「新型プリウス」改良発売!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190509/20190509133422.jpg

トヨタが、ハイブリッド車「プリウス」、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の改良日本発売を予定しています。

 

トヨタ・プリウスは、現行モデルが2015年にトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用した最新モデルとして登場。2018年には発売から3年ほどで、デザイン変更を含むマイナーチェンジが行われていました。

 

▼ディスプレイオーディオ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200608/20200608141950.jpg

改良される新型プリウス、プリウスPHVでは、プリウスのエントリーグレード「E」以外にディスプレイオーディオを標準装備することで、スマートフォンと機能を連携するとともに、コネクティッドサービスが利用可能に。

 

その他、プリウスPHVの全グレードにトノカバー、プリウスPHVの「A」グレードに、雨滴感応式ワイパー、自動防眩ルームミラー、ヘッドアップディスプレイが標準装備されます。

  

新型プリウス、プリウスPHVの発売は、2021年6月3日が予定されています。

 

▽トヨタ・アルファード

【新型アルファード】2021年4月28日「Sタイプゴールド2」改良発表!30系最新情報、サイズ、燃費、価格は?

▼トヨタ・ランドクルーザープラド

【新型ランドクルーザープラド】2021年6月1日マイチェン日本発売!150系最新情報、燃費やサイズ、価格は?

  

トヨタ新型プリウスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型プリウスの変更点

  • 「E」グレード以外に「ディスプレイオーディオ」を標準装備
  • プリウスPHVの全グレードにトノカバー、プリウスPHVの「A」グレードに、雨滴感応式ワイパー、自動防眩ルームミラー、ヘッドアップディスプレイを標準装備
  • プリウスのボディカラーに「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」を追加設定
  • プリウスとプリウスPHVの「スティールブロンドメタリック」、プリウスPHVの「スーパーホワイト2」、「グレーメタリック」、「ダークブルーマイカ」を廃止

 

スマート!トヨタ新型プリウスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型プリウスの画像

f:id:carislife:20181217134253j:plain

f:id:carislife:20181217134222j:plain

トヨタ新型プリウスの外装は2018年の改良時に、新しいデザインを採用することで質感がアップされています。

 

f:id:carislife:20181217134225j:plain

f:id:carislife:20181128141531j:plain

Bi-LEDヘッドライトは前モデルで特徴的な形状とすることで車体の迫力をアップしていましたが、新型プリウスではオーソドックスなスタイルに変更。

 

f:id:carislife:20181217134232j:plain

リアも下部に伸びていたライトの形状を改め、上部にコンパクトにまとめられています。

 

これにより、歴代プリウスが持つ伸びやかなスタイルが強調されています。

 

▼トヨタ・プリウスPHV

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323222722.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323222723.jpg

プラグインハイブリッドモデルのプリウスPHVでは、専用のフロントデザインを採用するほか、リアには、カーボンを使うことで軽量化された2つの膨らみを持つリアウインドウ「ダブルバックドアウインドウ」を装備し、独自のスタイルに仕上げられています。

 

新装備!トヨタ新型プリウスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181217134745j:plain

f:id:carislife:20181217134748j:plain

トヨタ新型プリウスの内装は、インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとされています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200608/20200608141950.jpg

改良では、ディスプレイオーディオを標準装備することにより、スマートフォンと機能を連携するとともに、コネクティッドサービスが利用可能に。

 

SmartDeviceLinkに対応するナビアプリや、音楽・ラジオアプリなどをディスプレイオーディオ上に表示、操作可能とし、LINEカーナビでは音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などに対応。

 

また、Apple CarPlay、Android Autoも利用できるようになります。

 

f:id:carislife:20181217134751j:plain

f:id:carislife:20181217134735j:plain

f:id:carislife:20181217134755j:plain

f:id:carislife:20181217140217j:plain

プリウスでは、フロントコンソールトレイ内に設置された“おくだけ充電(ワイヤレス充電)”で、大型スマートフォンにも対応。

 

背もたれ面と座面からシート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらす吸い込み方式のシートベンチレーションを前席に採用し、快適性が高められています。

 

f:id:carislife:20181217140347j:plain

ラゲッジスペースは通常時で502Lの容量が確保され、6:4分割式のリアシートを倒すことで長尺物にも対応できるように。

 

f:id:carislife:20200701141111j:plain

アクセサリーコンセント(AC100V/1500W/非常時給電システム付)も標準装備され、使い勝手がアップしています。

 

最新!トヨタ新型プリウスのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180219120324j:plain

 ▼トヨタ新型プリウスのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列4気筒1.8L+電気モーター
  • エンジン出力:98ps/14.5kgm
  • フロントモーター出力:72ps/16.6kgm
  • リアモーター出力:7.2ps/5.6kgm(4WDのみ搭載)
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD(プリウスのみ)

▽プリウスPHVの航続距離・充電時間

  • EV航続可能距離:60km
  • 普通充電時間
    200V/16A:約2時間20分(満充電)
    外部給電システム(V2H):約1時間30分(満充電)
    100V/6A:約14時間(満充電)
  • 急速充電時間:約20分(満充電量の約80%)

トヨタ新型プリウスのパワートレインには、TNGAプラットフォームに最適化された最新モデルが搭載されています。

 

1.8Lエンジンは熱効率を40%以上まで高め、新型バッテリーを組み合わせることで前世代から燃費を10%UP。

 

プリウスのバッテリーには以前、標準グレードにニッケル水素、上位モデルにリチウムイオンが採用されていましたが、2018年の改良でリチウムイオンに集約され、実用燃費をアップしています。

 

ハイブリッドシステムは、従来の「THS(Toyota Hybrid System)」から、リダクションギヤの平行軸歯車化とモーターの複軸配置を行う「新複軸構造トランスアクスル」に変更することで、機械損失を約20%低減し低燃費化。

 

駆動方式には、後輪駆動用のモーターを搭載した4WDも用意されています。

   

機能大幅UP!トヨタ新型プリウスの安全装備は?

f:id:carislife:20181212102237j:plain

トヨタ新型プリウスの安全装備には、トヨタの先進安全システム「Toyota Safety Sense」が採用されています。

 

最新の「トヨタセーフティーセンス」では、プリクラッシュセーフティの検知範囲を夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大したほか、「レーントレーシングアシスト(LTA)」「ロードサインアシスト(RSA)」「先行車発進告知機能」を追加。

 

f:id:carislife:20181217140500j:plain

また、「インテリジェントクリアランスソナー」を全車標準装備することで安全性がアップされています。

 

f:id:carislife:20200701140248j:plain

f:id:carislife:20200701141207j:plain

その他、新型プリウスでは、「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」機能がオプション設定(1万3,200円~)され、「プラスサポート用スマートキー」で解錠すると自動でシステムが起動し、進行方向に障害物がない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知した際、加速を抑制。

 

プラスサポートは、プラスサポート用スマートキーによる解錠以外、複雑な操作や設定は不要となっており、家族内でも、使用者に応じて標準スマートキーとの使い分けが可能となっています。

 

良好!トヨタ新型プリウスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型プリウスの燃費

  • 【プリウス】
    FF:32.1km/L(Eグレード、他グレードは30.8km/L)
    4WD:28.3km/L
  • 【プリウスPHV】
    FF:30.3km/L(ハイブリッドモード時)
    ※WLTCモード値

トヨタ新型プリウスの燃費は、より実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値に対応し、FF車で最高32.1km/Lとなっています。

 

4WD車はエントリーグレード「E」の設定がないことから最高28.3km/Lとなっており、同グレードFF車の燃費30.8km/Lから2.5km/Lのダウンとなっています。

  

乗りやすく!トヨタ新型プリウスのボディサイズは?

f:id:carislife:20181128141534j:plain

▼トヨタ新型プリウスのボディサイズ

  • プリウス
    全長×全幅×全高:4540×1760×1470mm
    ホイールベース:2700mm
    車重:1320kg
  • プリウスPHV
    全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm
    ホイールベース:2700mm
    車重:1510kg

トヨタ新型プリウスのボディサイズは、プラグインハイブリッドモデルとなるプリウスPHVの全長が105mm大きくなっています。

 

これにより伸びやかなスタイルとし、新世代ハイブリッドモデルとしての存在感をアップしています。

 

2018年の改良では安全装備が全車に標準採用されたことで、車重が10kgアップしています。

 

アップ!トヨタ新型プリウスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型プリウスの価格

  • プリウス:260万円~360万円
  • プリウスPHV:340万円~450万円

トヨタ新型プリウスの価格は、装備の充実によりアップします。

 

アップ幅はディスプレイオーディオが標準装備となる「E」以外のグレードで10万円ほどが見込まれ、充実した装備がアピールされます。

 

▼参考:トヨタ・プリウス(現行モデル)の価格

▽プリウス

  • E:FF 2,608,000円
  • S:FF 2,655,000円、E-Four:2,853,000円
    S“ツーリングセレクション”:FF 2,826,000円、E-Four:3,024,000円
  • A:FF 2,910,000円、E-Four:3,108,000円
    A“ツーリングセレクション”:FF 3,077,000円、E-Four:3,275,000円
  • Aプレミアム:FF 3,248,000円、E-Four:3,446,000円
    Aプレミアム“ツーリングセレクション”:FF 3,359,000円、E-Four:3,557,000円

▽プリウスPHV

  • S:3,313,000円
  • S“セーフティパッケージ”:3,394,000円
  • S“ナビパッケージ”:3,805,000円
  • A:3,615,000円
  • A“ナビパッケージ”:4,047,000円
  • Aプレミアム:3,933,000円
  • Aプレミアム“ナビパッケージ”:4,392,000円
  • S“GR SPORT: 3,772,000円
    ・S“ナビパッケージ・GR SPORT” :4,258,000円
  • 【CEV補助金】
    全グレード:22万円

   

いつ?トヨタ新型プリウスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されるトヨタ新型プリウスは、2021年6月3日の発売が予定されています。

 

トヨタは主力車であるプリウスの機能を充実することで、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

トヨタ・プリウスを「おさらい」

▼トヨタ・プリウス(初代)

Toyota1st Prius by MEGAWEB.jpg

トヨタ・プリウス(PRIUS)は、初代が1997年に登場したハイブリッド専用車です。

 

車名のプリウスの由来は、ラテン語で「~に先駆けて」からきており、グローバルで同じ車名が使用されています。

 

初代はキャッチコピーに「21世紀に間に合いました。」が採用され、世界初の量産ハイブリッド車になりました。

  

▼トヨタ・プリウス(2代目)

Toyota Prius NHW20.jpg

ボディタイプは初代が5ナンバーの4ドアセダンでしたが、2003年に登場した2代目から3ナンバーの5ドアハッチバックに変更。

 

リアドアをなだらかに傾斜させることで、さらに空力性能に優れたデザインになりました。

 

▼トヨタ・プリウス(3代目)

2009 Toyota Prius 01.jpg

2009年に登場した3代目では、プラグインハイブリッド車の「プリウスPHV」が初設定され、充電した電力を使用した走行も可能となりました。

 

現行モデルの4代目は2015年に登場し、トヨタの新世代プラットフォームである「TNGA」を採用した1号車に。

 

ハイブリッドシステムの性能を伸ばし40km/Lをこえる燃費を達成したほか、プリウスで初めてとなる4WD車もラインナップ。

 

プリウスPHVは独自のデザインによりベースモデルと差別化され、海外では「プリウス・プライム」の名称で販売されています。

 

新型トヨタ・プリウスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。