車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ルノー新型カジャー最新情報】日本発売日は4月12日!燃費やスペック、価格は?

f:id:carislife:20180406112929j:plain

ルノーが、ブランドのミドルSUVとなる新モデル「カジャー(KADJAR)」の日本導入を発表しました。

 

SUVラインナップを強化するルノー新型カジャーについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】ルノー新型カジャーの日本発売を正式発表!

▼ルノー新型カジャーの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170831/20170831152432.jpg

ルノーは、新しくラインナップするSUV「カジャー」の日本仕様を発表しました。

 

ルノー・カジャーは、ブランドのコンパクトSUVとして販売されて日本でも人気になっている「キャプチャー」の上位に位置する新モデルです。

 

新型カジャーでは、余裕あるボディサイズや伸びやかなデザインなどにより、ルノーSUVの魅力をアピールします。

 

ルノー新型カジャーの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型カジャーの特徴

  • 新世代のエクステリアデザインにより、上質とタフさを融合
  • 高い最低地上高、アプローチ&デパーチャーアングルなどにより、悪路走破性能を確保
  • 「Android Auto」「Apple CarPlay」に対応するインフォテインメントシステムを搭載

 

ルノー新型カジャーの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180406113111j:plain

f:id:carislife:20180406113114j:plain

ルノー新型カジャーの外装は、ボディ下部の全周をカバーするプロテクターにより、ちから強いSUVのデザインがつくられています。

 

f:id:carislife:20180406113117j:plain

f:id:carislife:20180406113121j:plain

ヘッドライトとリアコンビネーションランプにはLEDを採用し、フロントはルノーのロサンジュエンブレムを中心に、新世代のデザインアイコンとなっているLEDのCシェイプデイタイムランニングライトを標準装備することで、上質さが表現されています。 

 

f:id:carislife:20180406113124j:plain

ホイールは19インチの大径とされ、スタイルを向上。

 

ホイールアーチ内全面には吸音ライナーを設定することで、走行中のキャビンを静かに保つようになっています。

 

ルノー新型カジャーのボディカラーは?(全4色)

f:id:carislife:20180406113706j:plain

▼ルノー新型カジャーのボディカラー

  • ルージュフラムメタリック
  • ブルーコスモスメタリック
  • グリチタニアムメタリック
  • ブランナクレメタリック(オプション:2万1600円)

ルノー新型カジャーのボディカラーには、そのボディラインの魅力を引き出す4色が設定されています。

 

ルノー新型カジャーのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170831/20170831152437.jpg

▼ルノー新型カジャーのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4455×1835×1610mm
  • ホイールベース:2645mm
  • 車重:1410kg
  • 最低地上高:200mm
  • 悪路走破性能
    アプローチアングル:18度、デパーチャーアングル:28度
  • 参考
    ・ルノー・キャプチャー
     全長×全幅×全高:4135×1780×1585mm
     ホイールベース:2605mm
     車重:1280kg

ルノー新型カジャーのボディサイズは、日本でも主力モデルになったキャプチャーから全長+320mmと拡大され、欧州でBセグメントとされるキャプチャーから1段階上位のCセグメントに分類されます。

 

車体サイズを大きく拡大しながらも、車重は130kgの増加に抑えることで都市部で活躍する軽快な走りに。

 

しかし悪路走行性能も重要視され、最低地上高は200mm、対障害角度はアプローチアングル(車体前側)が18度、デパーチャーアングル(車体後ろ側)が28度と、余裕のある数値が確保されています。

 

ルノー新型カジャーの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180406113932j:plain

f:id:carislife:20180406113937j:plain

f:id:carislife:20180406113939j:plain

ルノー新型カジャーの内装は、高いアイポイントと水平基調のダッシュボードの組み合わせにより、ドライバーの走りやすさが追求されています。

 

f:id:carislife:20180406113959j:plain

f:id:carislife:20180406114002j:plain

メーターには、「レッド」「ブルー」「ブラウン」「グリーン」「パープル」の5色に表示色を変更でき、中央にスピードメーターやタコメーターのほか、オーディオなどの情報も表示できる「フルカラーTFTメーター」を装備。

 

f:id:carislife:20180406114004j:plain

f:id:carislife:20180406114007j:plain

f:id:carislife:20180406114010j:plain

センターコンソールの7インチマルチファンクションタッチスクリーン「ルノー R-Link2」は、「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応し、スマートフォンの画面情報をスクリーンに表示して直接操作できる「ミラーリング」やハンズフリー通話なども利用することができます。

 

このほかにもルノー R-Link2は、外気の状態をモニターして汚れ具合を3段階(青=クリーン、薄いグレー=やや汚れ、グレー=汚れ)で表示。

 

フィルターによって臭気や微粒子などが車内に入らないようガードするほか、外気が汚れている場合は自動的に外気導入から内気循環に切り替える「エアクオリティコントロール」も備えています。

 

f:id:carislife:20180406113943j:plain

f:id:carislife:20180406113946j:plain

f:id:carislife:20180406113949j:plain

f:id:carislife:20180406113953j:plain

f:id:carislife:20180406113955j:plain

インテリアトリムは、前席シートヒーター付フルレザーシート、ナパレザーを表皮に使うステアリング&シフトセレクター、エアコンルーバーなどの外周を彩るシルバーベゼル、センタコンソールに施されたサテンクローム加飾などによって上質な仕上がりとされています。

 

f:id:carislife:20180406114224j:plain

f:id:carislife:20180406114230j:plain

f:id:carislife:20180406114233j:plain

ラゲッジスペースには、格納用ハンドルが設置され使い勝手を向上。

 

f:id:carislife:20180406114236j:plain

ラゲッジ容量は通常時で527L、6:4分割可倒式リアシートを畳むことで最大1478Lまで拡大可能とし、バカンスでアクティビティを楽しむことが多いフランス人のライフスタイルにも対応する高い実用性が確保されています。

   

ルノー新型カジャーのエンジンとスペックは?

▼ルノー製1.2L直噴ターボエンジン

f:id:carislife:20180305144559j:plain

▼ルノー新型カジャーのエンジンとスペック

  • エンジン:直列4気筒1.2Lターボ
  • 最高出力:131ps/5500rpm
  • 最大トルク:20.9kgm/2000rpm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ「EDC」
  • 駆動方式:FF(4WD未設定)

ルノー新型カジャーのパワートレインには、1.2Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されています。

 

このエンジンは下位モデルとなるキャプチャーにも採用されていますが、カジャーでは出力を118psから131psに強化。

 

組み合わせるデュアルクラッチトランスミッションも6速から7速に多段化され、より高い加速性能とスムーズな変速が実現されています。

 

ルノー新型カジャーの使い勝手・走りを試乗動画でチェック!

ルノー新型カジャーは試乗動画が公開されています。

 

フランスメーカーならではの、しなやかな乗り心地や高い使い勝手が評判になっています。 

 

 

ルノー新型カジャーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型カジャーの燃費

  • 5.8L/100km(約17.2km/L)

ルノー新型カジャーの燃費は欧州で検査値が発表されており、約17.2km/Lとなっています。

 

この燃費は、欧州で約18.2km/L(5.5L/100km、日本燃費値:17.2km/L)となっている下位モデルの「キャプチャー」から、ボディサイズを拡大しながらも1km/Lほどの差に抑えられています。

 

ルノー新型カジャーの安全装備は?

f:id:carislife:20180406114251j:plain

ルノー新型カジャーの安全装備には、2つのカメラと12個のセンサー、ミリ波レーダーを使って車両の周辺状況を検知し、安全なドライブをサポートするADAS(先進安全支援システム)が採用されています。

 

システムには、「エマージェンシーブレーキサポート」や「LDW(車線逸脱警報)」、「BSW(後側方車両検知警報)」、「オートハイ/ロービーム」などを搭載。

 

その他、ステアリングを自動操作して車庫入れや縦列駐車などをサポートする「イージーパーキングアシスト」も標準装備されています。

 

ルノー新型カジャーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型カジャーの価格

  • カジャー・インテンス:347万円

ルノー新型カジャーの価格は、1グレード設定となり347万円とされました。

 

この価格は270万円から用意される下位モデルのキャプチャーと比較して、77万差になっています。

 

ルノー新型カジャーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ルノー新型カジャーは、日本発売日が2018年4月12日と発表されました。

 

3月にマイナーチェンジしていたキャプチャーと一緒に、ルノーSUVの魅力がアピールされます。

 

▼ルノー・キャプチャー

【ルノー新型キャプチャー最新情報】マイナーチェンジ日本発売日は3月8日!燃費やスペック、価格は?

  

ルノー・カジャーを「おさらい」

f:id:carislife:20180305151335j:plain

ルノー・カジャー(Kadjar)は、現行モデルが初代となるルノーブランドのSUVです。

 

カジャーの車名は由来は、「quad(4つ)」をイメージする「KAD」、フランス語の「agile(機敏)」、「jaillir(湧き出る)」をイメージする「JAR」を組み合わせた造語になっています。

 

欧州CセグメントクラスのクロスオーバーSUVとして計画され、ルノーのSUVラインナップではキャプチャーと海外で販売されるコレオスの中間に位置するモデルになっています。

 

プラットフォームは、日産キャシュカイ(日本名:デュアリス)や日産エクストレイルと共有し、海外では駆動方式に日本で未設定となっている4WDも用意されています。

 

カジャーの生産はスペインのパレンシア工場にて行われ、ヨーロッパのほか、地中海・北アフリカ地域などでも販売されるグローバルモデルになっています。

 

日本では正式発表前に、「メガーヌ」がフルモデルチェンジするため一時的に不在になるCセグメントを担当するモデルとして、オーディオブランドとのコラボモデル「カジャー BOSE」が100台限定で先行販売されました。

 

新型ルノー・カジャーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!